« エディタは永遠に不滅。たとえココログがリッチテキストエディタ対応になっても、、。 | トップページ | やっとカテゴリーのリンクを張れました。 »

2005年4月 8日 (金)

引用の開始解除が分かり難いな。

 今回バージョンアップ前までは、範囲選択して引用ボタンをクリックしていた。いわゆる、タグで言うと「<blockquote>」ね。

 ところが、今回VerUpしたリッチテキストエディタで「引用の開始」と「引用の解除」ボタンとなった。開始と解除なら当然カーソル置いたら「開始」となる。案の定HTMLの編集タブ側で見ると「<blockquote>」が書き込まれている。ところがである、やめたいところでカーソルを置き「解除」としても、「</blockquote>」が書き込まれない。

 調べたところ結局はやり方を間違えていたわけだが、これって分かりにくくはないか。

正解は、
 今までと同じで、引用したい範囲を選択状態にしたら、「引用の開始」ボタンをクリックすればよいのだった。

 では、「引用の解除」ボタンの方はどういう時に使うのか、なにも文字が入力されていない場所で「引用の開始」をクリック、以下インデントが開始されるのでそれを解除したいところで「引用の解除」をクリックするのだそうだ。複数段落を貼り付け、その最初の段落で「引用の開始」ボタンをクリックしたので上手くいかなかったのだった。

 以下、「引用」についての説明部分、

「ココログでの「引用の開始」ボタン
 行のどこかにカーソルを置いた状態でクリックすると、その行がインデントされます。
 複数行をインデントする場合は、それらの行をすべて範囲選択してから、ボタンをクリックします。
 また、何もテキストが入力されていない場所で「引用の開始」をクリックしカーソルの位置をインデントした後に文字を入力していくと、それ以降は行は改行をしても「引用の解除」ボタンを押すまでずっとインデントされ続けます。

「引用の解除」ボタンは「引用の開始」ボタンとは逆に、テキストを左側に移動します。 すでにテキストが左端にある場合は「引用の解除」ボタンをクリックしても何も起こりません。

 ニフティヘルプの下記ページは読んでおいた方が良いですね。

ココログバージョンアップ(2005/4/7)での主要変更箇所について
ココログリッチテキストエディタ 記事作成画面の編集モードについて

|

« エディタは永遠に不滅。たとえココログがリッチテキストエディタ対応になっても、、。 | トップページ | やっとカテゴリーのリンクを張れました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 引用の開始解除が分かり難いな。:

« エディタは永遠に不滅。たとえココログがリッチテキストエディタ対応になっても、、。 | トップページ | やっとカテゴリーのリンクを張れました。 »