« DokoPopで更に便利に英辞郎。便利だぁ~ぁぁ! | トップページ | 英辞郎は130万あります。&、DokoPopは右クリックだけでOKです。 »

2005年4月24日 (日)

この説明の例えは分りやすい。使えるかも、、、。

 フォーマットすればデータが消えると思っている人は多い。だからいまだに廃棄パソコンからのデータ漏えいなんていうのがニュースになったりする。

 デスクトップのゴミ箱に捨てのだから、ましてそのゴミ箱から消去したのだから、つまり消えたのだと思ってしまうのだろう。実はデータを示す位置情報が消されただけでデータそのものはまだハードディスクに残っているのに、である。

 下記の記事を読んだ。引き出しを例にとって説明しているのがなんとも即物的、具体的な感じを与えてくれる。つまりイメージ的に分かりやすいのである。また、それとフロッピーディスクを関連付けているのもいい。一つの説明例として頭に入れておこうと思う。

フォーマットしてしまいました。
http://orbit.cocolog-nifty.com/supportdiary/2005/04/post_6396.html

(略)

判りやすくフロッピーの例で説明してみましょう。
でも、フロッピーのフォーマットをしたことがある人は…最近は減ってきているんでしょうねぇ。

Windows95以降からは、フロッピーのフォーマットには「通常のフォーマット」とは別に「クイックフォーマット」というやり方が出現しました。
通常のフォーマットは「データがあってもなくても、全て消す操作をする」というもの。
「クイックフォーマット」と何が違うのかというと、簡単に言えば、クイックフォーマットは「データがあってもなくても、全部ないことにします」というもの。

もう少し噛み砕いて言うと、引き出しに書類の名前を書いて書類を入れていたとすると、引き出しの中身を空にせずに、引き出しの名前を外して、何も入っていないことにした、というのに近いですね。

つまり、「ないことにした」というだけで、中身はとりあえず残っている状態が「クイックフォーマット」なのです。

ハードディスクの場合は、普通にフォーマットした場合は、実は、フロッピーで言う「クイックフォーマット」になります。

おじさんのIT的情報生活、日々発見・感激・進化の日記&備忘録に共感する人はバナークリック(^^;⇒汗
人気blogランキングバナー

|

« DokoPopで更に便利に英辞郎。便利だぁ~ぁぁ! | トップページ | 英辞郎は130万あります。&、DokoPopは右クリックだけでOKです。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91038/3836443

この記事へのトラックバック一覧です: この説明の例えは分りやすい。使えるかも、、、。:

« DokoPopで更に便利に英辞郎。便利だぁ~ぁぁ! | トップページ | 英辞郎は130万あります。&、DokoPopは右クリックだけでOKです。 »