« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月23日 (日)

鄧小平の鄧は出るようになりましたが、それ以外の中国の簡体字をパソコンで入力・表示させたい時。

追記(2014/04/29):今まで以下書いてきましたが、もっと簡単に拼音(ピンイン)入力简体字変換したり、出ない字を探す事ができる方法を見つけました。简体字変換は、「ATOK 」の利用。出ない字を探すのは、中国サイトでの「手書きによる検索」です。詳しくはこちらで

 

 昨日書いた、「パソコンで中国語の簡体字を使えるように設定するには。」の続きです。

 以前は、鄧小平の鄧も入力表示できなかったのですが、現在は入力・表示できるようです。それ以外の簡体字を使いたい時のやり方です。

 xyzzyなどのUnicode対応のエディタ(言い方をかれれば、フォントセットの「文字セット」に中国語の簡体字のセットを使えるエディタ)を立ち上げます。
※xyzzyは多言語にも強く高機能なエディタです。しかも、フリーウェアです。詳しくは末尾の関連投稿を参照してください。

「Shift+Alt」で中国入力モードに切り替え、更に「Ctrl+Space」で中国語の時の簡体字中国語IME-入力システムへの切り替えします。
※上記部分は、末尾関連投稿参照。
(画像をクリックすると拡大します。)
20051024画像中の赤丸の部分「Input Pad」(いわゆるIMEパッド)をクリックすると

200510242のようにパッドが立ち上がります。後は普通に左の窓で手書きで書き、右の窓で該当文字を選んだら「Enter」すればエディタのカーソルがある部分に選択した文字が「」とか挿入されます。

 なお、画像の赤丸部分「手書き入力」のアイコンが出ていない時があります。その時はブックのアイコンを右クリックし、「ユーザー設定」をクリック、出たダイアログで「手書き入力」のアイコンを追加できます。

※中国語が出来る方は、「何でそんな面倒なやり方をするのだ。ピンイン入力して変換で出来ないのか」と考えると思います。

 これができないのです。僕も驚いたのですが、変換で1種類しか出ないのです。例えば「ni」だったら「你」しか出ません。文字としてはたくさんあるのですが、変換の候補に出ないのです。ちょっとお粗末過ぎます。逆に言うと、あらためて日本語のFEP変換の機能的な優秀さを実感しました。以前、ワープロ開発の苦闘物語をNHKのプロジェクトXでやっていました。日本の技術者の優秀さはたいしたものです。再放送をまた見てみたいですね。
(実際、中国の人たちはもっと効率的な入力方法をしているのかもしれません。その場合は書き直します。この部分の記述は暫定です。
 あるいは変換方式が日本の特許になっている可能性もありますね。)

関連投稿
パソコンで中国語の簡体字を使えるように設定するには。」
エディタ解説本、昔は少なかったが、今は結構ありますネ。

始めに戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パソコンで中国語の簡体字を使えるように設定するには。

追記(2014/04/29):今まで以下書いてきましたが、もっと簡単に拼音(ピンイン)入力简体字変換したり、出ない字を探す事ができる方法を見つけました。简体字変換は、「ATOK 」の利用。出ない字を探すのは、中国サイトでの「手書きによる検索」です。詳しくはこちらで

 

 WindowsXPの場合には比較的簡単です。

1、コントロールパネルの「地域と言語のオプション」で言語タブの「テキストサービスと入力言語」の「詳細」ボタンをクリック。

2、「テキストサービスと入力言語」ダイアログの設定タブの「インストールされているサービス」の追加ボタンをクリック

3、入力言語の追加の「入力言語」のプルダウンから「中国語(中国)」を選び、その下のキーボード/入力システムにチェックを入れ中国語(簡体字)US Keyboardを選びOKする。

4、再度2からの作業を繰り返しこんどは中国語(繁体字)US Keyboardもインストールする。

5、インストールされているサービスの一覧に上記中国語(簡体字)US Keyboardと中国語(繁体字)US Keyboardが追加されているのが分かる。

6、既定の言語「コンピュータを起動するときに使用する入力言語を、インストールされているものから1つ選んでください。」のところは今までどおり「日本語-Microsoft IME Standard2002ver.8.1」とかを選んでおく。

※なお、「キーの設定」ボタンを押下して入力言語のホットキーをのキーシーケンスを見ておくと参考になります。良く使うのは、
左Alt+Shift→日本語と中国語の切り替え
Ctrl+Space→中国語の時の簡体字中国語IME-入力システムの切り替え
です。

※なお、僕が良く使っているQXエディタは「今のところUnicode完全対応ではありません。」とのことです。当然QTClipも使えません。
 エディタに関しては、xyzzyが言語対応的には強いですね。中国語を書くときにはxyzzyを使うことにしました。

※XP以外のOSの場合には「PCで中国語を扱う方法」が参考になります。

関連投稿
鄧小平の鄧は出るようになりましたが、それ以外の中国の簡体字をパソコンで入力・表示させたい時。
エディタ解説本、昔は少なかったが、今は結構ありますネ。

始めに戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月17日 (月)

アニメーションGIFって簡単なんですね。

 左のブロガー同盟のバナーをアニメーションGIFに変えてみました。

 この場合は、画像を4枚しか用意していないのでたいしたことないですが、こちらのサイトなどでは猫ちゃんがパソコンのキーボードを叩いていて楽しいですね(何回かスクロールした左サイドエリアプロフィールのところ)。

 これ使っている画像は以下の3枚だけです。1前足をキーボードの上、2少し前足を振り上げ、3顔近くまで足振り上げ。4と5は1の画像を使ってます。あとはその5枚の画像を使い、画像の切り替えのタイミング時間を短くしたのを繰り返しているだけ。

 アニメGIFを作るためのソフトをご紹介しておきます。フリーソフトです。

Giam」です。

使い方は、

1、例えば1、2、3、4、5と画像を用意します。

2、画像を5、4、3、2、1と表示したい順とは逆に「Giam」の左上の四角エリアにドラッグアンドドロップします。全部を一気に並べてしまいます。
(順番を間違えた場合でも、左下の↑↓の矢印で順番の入れ替えができます。)

3、並べ終えたら今度は表示する時間を設定していきます。1コマ目を選び、そして右下の「ウェイトあり」にチェックがついているのを確認してから、

4、ウェイト[1/100]のところに数字を入れて表示時間を設定します。例えば「100」を入れると100分の100秒、つまり1秒です。「20」を入れると100分の20秒、つまり0.2秒です。

5、以下、順番にすべてのコマに3と4の作業でウェイトを設定していきます。

6、「繰り返しセット」にチェックを入れ、「永久に繰り返す」にもチェックを入れます。

7、以上設定が終わったら、「表示メニュー」→「View」とやると画像の動きを確認できます。
※もし、動きが納得いかなかったら3、4の作業をやり直して時間の重み付けを設定しなおします。

8、最後に「ファイルメニュー」→「名前をつけて保存」としgifファイルとして保存すればアニメーションGIFの完成です。

※注意点:GIF画像をたくさん用意して、時間設定を短くすれば滑らかな動きになります。しかし、画像が多くなりすぎると仕上がりのアニメーションGIFの画像サイズが大きくなりすぎる場合があります。

関連投稿
大きいサイズのアニメGIFを縮小表示、それを「クリック⇒拡大ポップアップでコマ送り」させる方法:どんなタグ表記か。
アニメーションGIFをゲット&自分好みに編集したい時のやり方。
画面キャプチャ自由自在って必要かもね。
Under the SUNに提案します。
狂牛病、耐震偽装問題をあきれるくらいに書かない時事ブログ・世に倦む日日の怪しさ。
武部・小泉・竹中のこの映像とこのせりふを僕たちは決して忘れない。
そうだ、マグマだよマグマ。3419万4372票の怒りのマグマがフツフツと、地中深く静かに滾り(たぎり)はじめている。
確かに、ヒットラーと言うよりせいぜいボカサかもね。(笑)

おじさんのIT的情報生活、日々発見・感激・進化の日記&備忘録に共感する人はバナークリック(^^;⇒汗
人気blogランキングバナー

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年10月12日 (水)

セキュリティ関連ニュース。「10月の月例パッチは最大深刻度“緊急”を含む9件」「ステルス機能を持つマルウエアへの対処法」

 米時間第2火曜日の11日(日本時間第2水曜日の12日未明)からアップデート可能です。

マイクロソフト、10月の月例パッチは最大深刻度“緊急”を含む9件

(略)
 パッチの提供のほか、「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」も同日バージョンアップする。新バージョンでは、Winnyで感染を拡げ、日本で情報漏洩などのトラブルの原因にもなっているウイルス「Antinny」に対応することがすでに発表されている。
(略)

ステルス機能を持つマルウエアへの対処法【アダルトサイト被害対策の部屋】

ステルス機能を持つマルウエア

マルウエアの中には自身の存在を隠蔽して駆除をより困難にするタイプのものがいます。
具体的には、

    * Windows エクスプローラ、コマンドプロンプトでの dir などのコマンドから自身のファイルの存在を隠す
    * レジストリエディタ、reg query コマンドなどから自身の作成したレジストリエントリの存在を隠す
    * タスクマネージャやその他のプロセス管理ユーティリティから自身が実行しているプロセスを隠す

といった手法です。
いわゆる Backdoor 系のトロイ、それから Downloader/Agent 系のトロイはもちろんのこと、
最近はスパイウエア・アドウエアレベルのものでも当然のようにステルス機能を持つものがあります。
これにやられると、たとえ HijackThis といえども自動起動設定を見つけることが出来ず、
またファイルを先に削除しようにも肝心のファイルが見えない、と基本的な駆除作業が困難になります。

こういったタイプのマルウエアに感染してしまった場合の対処法(というほど汎用的ではない部分もありますが)を
いくつかここで紹介したいと思います。
(以下略)

おじさんのIT的情報生活、日々発見・感激・進化の日記&備忘録に共感する人はバナークリック(^^;⇒汗
人気blogランキングバナー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月 9日 (日)

なるほど、ラベルの位置指定でそこへジャンプか。

 ページのトップに
47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民。小選挙区制インチキ選挙。」とか
竹中平蔵は、なんと「人頭税」論者だった」とか
皆さん読んだ方がいい「海外メディアが伝えた小泉・郵政解散劇の評判」」のリンクをはっています。それ以外は、他の方のサイトとか自分のでも掲示板に投稿した文章です。

 上記3つの場合、リンクをクリックしてもわんこちゃんの画面表示が変わらないので、「なにかな」とクリックしてくれた人が迷うかもしれないですね。まあ、すぐに気がつくと思いますが、あまり親切でないことは確かです。

 そこで、読んで欲しい箇所へラベルをつけて、クリックして頂いた時にその部分がWeb画面の最上部に来るようにジャンプ設定をしました。

ラベルのタグは

<a name="※">文字列</a>

です。上記、「47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民。小選挙区制インチキ選挙。」の場合、一行目の行頭に、

<a name="z20050916"></a>

をはりつけました。「z」は雑談日記の「z」、「20050916」は上記記事の投稿した日付です。【セキュリティーホールmemo】などでは、各記事の先頭の「■」にラベルをはっているようです。上記文字列のところに「■」がきます。ポインタカーソルを持ってくると手の形になり、右クリックでURLをコピーしたりできると言うわけです。今回指定箇所にジャンプして欲しいだけなので文字列は指定しませんでしたが、ジャンプはします。ジャンプ箇所の数単語をラベル箇所として指定しても良いかもしれないですね。「QXエディタ」に「HTML作成支援 Expert版」を組み合わせていると、「マクロメニュー→リンク→名前付け」で窓が現れるので「z20050916」とか入力してOKすれば簡単に上記タグを生成できます。「へてむるクリエイタ~」では「タグメニュー→ハイパーリンクの設定→アンカーの設定」で窓が出るので「z20050916」とか入力してOKします。

 リンク元側の、ページトップの「47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民。小選挙区制インチキ選挙。」は
<a href="http://soba.txt-nifty.com/zatudan/2005/09/47773_01a4.html#z20050916">47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民。小選挙区制インチキ選挙。</a>

つまり、
<a href="リンクページ先URL#ラベル名">リンクの文字表示</a>
と言うわけです。

 同一ページ内で目次から該当キーワードにジャンプさせたい場合などは、
<a href="#ラベル名">リンクの文字表示</a>

 つまり、宛先が「#ラベル名」と簡単なので楽ですね。「QXエディタ」に「HTML作成支援 Expert版」を組み合わせているマクロでは「マクロメニュー→リンク→同一ページ内参照」でラベルの一覧が出ます。選んでOKするだけでタグが生成されます。

 特に同一ページ内では、リンクをクリックすると待ち時間なしでスパッという感じでラベル先に飛びます。目次があって、長い文章の時とか、これ結構使えますね。

関連投稿
そうか、画像の回り込み解除のタグか。(汗)
こんな感じで英辞郎を使ってます
DokoPopで更に便利に英辞郎。便利だぁ~ぁぁ!
エディタ解説本、昔は少なかったが、今は結構ありますネ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年10月 8日 (土)

そうか、画像の回り込み解除のタグか。(汗)

 現在、「ホームページ作成」の通信教育やってます。初心者コースです。今日、回り込み解除のタグを知りました。

 例えば、画像を挿入してその次に文章を書いた場合、その段落の字数が少ないと、次の画像や、段落がぶら下がることがあります。こんな感じ、

200510071 こんな時、回り込み解除のタグを使うと良いみたいです。



200510072 タグ的には
<br clear="all">
<br>


です。1行改行する為の<br>をプラスしてます。<p></p>で囲んだ説明段落の後に、このタグを続けます。

 まあ、簡単なタグなので単語登録しておいたりしても良いのですが、軽快HTMLエディタ「へてむるクリエイタ~」を利用してタグを書くのも良いですね。フリーのソフトです。

200510073 レイアウトタブを選んで、赤丸のアイコンです。クリックすると次の画像、



200510074 OKすると、(なお左の方にある、目玉のアイコンをクリックするとタグを生成する前にプレビューできます)


200510075OKした後の生成されたタグです。

 前に、「「Nvu 1.0」正式公開。アフィリエイトやココログやるならHTMLエディタくらい使わなきゃね。」とご紹介しましたが、やはり「へてむるクリエイタ~」のシンプルな良さは捨てがたいですね。「Nvu 1.0」は余計なタグが出来すぎたりします。現在は、「へてむるクリエイタ~」と、「QXエディタ」にマクロの「HTML作成支援 Expert版」を組み合わせた状態のを使ってます。ほとんどのタグ生成は「へてむるクリエイタ~」でやり、「QXエディタ」は文書作成中のリンク関連くらいです。むしろ文字操作に優れているので、たとえば似た選択リストのタグの時に、コピペし検索・置換で利用しています。さらに複雑なクライアントサイド・クリッカブルマップ(イメージマップ)とかは最近購入したホームページビルダーでやることにしました。

※関連投稿
ブログやココログやるなら、エディタくらい使わなきゃね。(別表題:もし、あなたがタグを自由自在に使いたいなら)
こんな感じで英辞郎を使ってます
DokoPopで更に便利に英辞郎。便利だぁ~ぁぁ!
エディタ解説本、昔は少なかったが、今は結構ありますネ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年10月 6日 (木)

改革ファシズムを止めろSTOP THE KOIZUMIバナーのはりかた。


 昨日    今日


ブロガー同盟に賛同します
従米売国奴小泉にNO!

参考
あなたにとって小泉政治とは何ですか? 何が変わりましたか? 正体は何だとお考えですか?

 昨日から、アクセスカウンターの上に上記のバナーをはりました。バナーをクリックすると、バナーサンプルのある「【改革ファシズムを止めるブロガー同盟】」に飛びます。その下の、「ブロガー同盟に賛同します」のところをクリックすると、「STOP THE KOIZUMI - 改革ファシズムを止めるブロガー同盟 」に飛びます。

 はってあるタグはこんな感じです。

<a href="http://nokoizumi.exblog.jp/"><img src="http://pds.exblog.jp/pds/1/200510/08/87/e0089387_845407.jpg" alt=""></a><br>
<b><a href="http://critic2.exblog.jp/1260870">ブロガー同盟</a>に賛同します<br>
従米売国奴小泉にNO!</b><br>
参考<br>
「<a href="http://www.pluto.dti.ne.jp/~mor97512/C02192.HTML">あなたにとって小泉政治とは何ですか? 何が変わりましたか? 正体は何だとお考えですか?</a>」

 赤字の部分を他のバナー画像に変えればお好みのバナーに切り替えられます。

 タグのサイドバーへの貼り付け方については、「アクセスカウンターのやり方がもっと簡単になってますね。」の「その内、サイドバーに表示する場合を説明しておきます。」以下の太字の部分を参考にしてもらえば簡単にできます。一応説明はココログ用ですが、他のブログでも基本的に同じです。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2005年10月 1日 (土)

宮下彩子<カリビアンBOM>と言うエロトラックバックが話題になってますね。特にココログ開設した初心者は注意すべきです。

 エロトラックバック→サイトへ誘導→画像クリックしてしまうと→「メールアカウント(アドレス)を全て抜き出す為のプログラムをダウンロード」(スパイウェア)だそうです。

 IE使っていて、ActiveXの設定が甘いと、やられ放題ですね。

 僕の場合、IEのインターネットゾーンでは
※下記以外はすべて「無効」にしてます。
・ソフトウェアチャンネルのアクセス許可安全性高
・デスクトップ項目のインストール「ダイアログを表示にする」
・ファイルのドラッグ/ドロップ、またはコピー/貼り付け「ダイアログ表示にする」
・暗号化されていないフォームデータの送信「ダイアログ表示にする」
・異なるサブフレーム間の移動「有効にする」

 そしてWindowsのアップデートとか、必要な時だけ信頼済みサイトに登録してIEを使います。但し、IEを使うことはめったにない。普段はFirefoxがほとんどです。

※なお、2005-08 から信頼済みサイトに下記のアップデートサイトを登録しても、インターネットゾーンでActiveXを有効にしないとアップデートできなくなってますね(7月までは出来ていた)。これでは何の為のインターネットゾーンと信頼済みサイトの使い分けか。
 アップデート後は忘れずにActiveXを必ずオフにしてます。
http://*.update.microsoft.com
https://*.update.microsoft.com
http://download.windowsupdate.com

関連投稿
IE、Opera、FireFoxのどれを選ぶか、使うか。基本設計思想の違いに注目しよう。


宮下彩子<カリビアンBOM>に注意!!

(略)
画像や動画をクリックすると exeファイル をダウンロードさせられます。
そして exeファイル をダブルクリックすると勝手にメールアドレスを
抜き取られてしまうのです。
ですから絶対にダブルクリックしないようにしましょう。

(略)

リンクされている先はYahooブログじゃない!!!
動画配信アダルトサイトである・・・だがここからが問題です。
このサイトは、動画に関するプログラムをダウンロードさせるように見せて
実は、PCに登録してあるメールアカウント(アドレス)を全て抜き出す為の
プログラムをダウンロードさせます。
巧妙に無料ダウンロードなるエロビデオを配置しプログラムをDLさせようとしています。
それを実行させることでメールアドレスを抜き出し、そのアドレスに請求メールを
送りつけとという仕組みなのです。
また、請求書をデスクトップに貼り付けたりもします。(調子コキ過ぎです(怒))
この種のプログラムはスパイウエアですが、
見かけは普通のアダルトサイトですが、リンク先は不当請求してくる
ワンクリサイト悪質不良サイトなのです。
(以下略)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IE、Opera、FireFoxのどれを選ぶか、使うか。基本設計思想の違いに注目しよう。

◎セキュリティに関する考え方の違い。

 IEは、アクセス先Webサイトを信頼できるサイトとそうでないサイトに区別。信頼できるサイトではActiveXコントロールなどが実行される。信頼できないサイトにアクセスの時に制限をきつくしている。

 Opera、FireFoxは、Webサイトはどれも完全には信頼できないという前提。どのサイトにアクセスする時にも最悪のケースを想定した同じセキュリティ設定を適用する。

 ActiveXを使えるのはIEだけ。但し、ActiveXコントロールにはセキュリティ上の問題が常につきまとう。
 同様に使われるJavaアプレットにはファイル・アクセスや通信などに厳しい制限が課せられている。しかし、ActiveXコントロールには機能制限がほとんどない。パソコンに保存しているファイルを取得して送信するといったことも出来てしまう。デフォルト設定のIEはインターネット上ではActiveXコントロールの内、署名されているものだけダウンロードして実行する。イントラネット上にあるものは、無条件で読み込み
(略)
※日経NET WORK2005年3月号、「出そろったWebブラウザ最新版 IE6、Opera7.5、FireFoxはどこが違う」を参考にしました。

 詳しくは掲示板への投稿を参考にしてください。
IE、Opera、FireFoxの違い。これでもあなたはまだIEを使いますか。

※なお、2005-08 から信頼済みサイトに下記のアップデートサイトを登録しても、インターネットゾーンでActiveXを有効にしないとアップデートできなくなってますね(7月までは出来ていた)。これでは何の為のインターネットゾーンと信頼済みサイトの使い分けか。
 アップデート後は忘れずにActiveXを必ずオフにしてます。
http://*.update.microsoft.com
https://*.update.microsoft.com
http://download.windowsupdate.com

関連投稿
FireFoxにTab Mixで拡張機能。タブをドラッグして入れ替えたりとか、便利だ~ぁぁぁ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »