« アニメーションGIFって簡単なんですね。 | トップページ | 鄧小平の鄧は出るようになりましたが、それ以外の中国の簡体字をパソコンで入力・表示させたい時。 »

2005年10月23日 (日)

パソコンで中国語の簡体字を使えるように設定するには。

追記(2014/04/29):今まで以下書いてきましたが、もっと簡単に拼音(ピンイン)入力简体字変換したり、出ない字を探す事ができる方法を見つけました。简体字変換は、「ATOK 」の利用。出ない字を探すのは、中国サイトでの「手書きによる検索」です。詳しくはこちらで

 

 WindowsXPの場合には比較的簡単です。

1、コントロールパネルの「地域と言語のオプション」で言語タブの「テキストサービスと入力言語」の「詳細」ボタンをクリック。

2、「テキストサービスと入力言語」ダイアログの設定タブの「インストールされているサービス」の追加ボタンをクリック

3、入力言語の追加の「入力言語」のプルダウンから「中国語(中国)」を選び、その下のキーボード/入力システムにチェックを入れ中国語(簡体字)US Keyboardを選びOKする。

4、再度2からの作業を繰り返しこんどは中国語(繁体字)US Keyboardもインストールする。

5、インストールされているサービスの一覧に上記中国語(簡体字)US Keyboardと中国語(繁体字)US Keyboardが追加されているのが分かる。

6、既定の言語「コンピュータを起動するときに使用する入力言語を、インストールされているものから1つ選んでください。」のところは今までどおり「日本語-Microsoft IME Standard2002ver.8.1」とかを選んでおく。

※なお、「キーの設定」ボタンを押下して入力言語のホットキーをのキーシーケンスを見ておくと参考になります。良く使うのは、
左Alt+Shift→日本語と中国語の切り替え
Ctrl+Space→中国語の時の簡体字中国語IME-入力システムの切り替え
です。

※なお、僕が良く使っているQXエディタは「今のところUnicode完全対応ではありません。」とのことです。当然QTClipも使えません。
 エディタに関しては、xyzzyが言語対応的には強いですね。中国語を書くときにはxyzzyを使うことにしました。

※XP以外のOSの場合には「PCで中国語を扱う方法」が参考になります。

関連投稿
鄧小平の鄧は出るようになりましたが、それ以外の中国の簡体字をパソコンで入力・表示させたい時。
エディタ解説本、昔は少なかったが、今は結構ありますネ。

始めに戻る

|

« アニメーションGIFって簡単なんですね。 | トップページ | 鄧小平の鄧は出るようになりましたが、それ以外の中国の簡体字をパソコンで入力・表示させたい時。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91038/6522432

この記事へのトラックバック一覧です: パソコンで中国語の簡体字を使えるように設定するには。:

« アニメーションGIFって簡単なんですね。 | トップページ | 鄧小平の鄧は出るようになりましたが、それ以外の中国の簡体字をパソコンで入力・表示させたい時。 »