« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月29日 (月)

ブログの大海の中で航海するためにはサーチエンジンは必須⇒ブログサーチ(検索)エンジンリスト、自信を持ってお勧めします。

※現在の順位は2008-05-16更新、『スポット派遣の逆襲 劣悪現場に潜り込み「闘う」 「派遣ユニオン」書記長』で検索し、全然出てこない不思議なくらいの偏りに気がつきました。

※右下の「お勧めサイト&ブログ」のトップにこのエントリーへの入口を作りました。このリストはあるキーワードを元に検索し時々見直して順位を入れ替えます。他にも良いのがある場合、追加あるいは差し替え等やります。まずブログサーチエンジン、そして一般的なサーチエンジンとご紹介します。いずれも中間くらいまでを参考にしてください。下位はあまり「お勧め」ではありません。

 比較的検索結果が正確と思われる印象の順番です。自分のココログ(雑談日記等)へのアクセス順ではありません(それだとGoogleはまだそれほど悪くはない)。テクノラティジャパンは、砂時計状態が長すぎて使い物にならない場合が最近あります。それさえなければまあ良い検索エンジンです。ハッキリ言ってGoogleは政治関連を始めとしてかなり変な検索結果を出します。Google八分も明らかにあるようですし、相当意図的・恣意的な検索結果を出します。このままだとGoogleは「おごる平家は久しからず」になりますね。Google MapとかGoogle earthなどは便利に使わせてもらっていますが、もはや駄目検索エンジンの筆頭です。すでにGoogle王国は終わったと見てます。

 先ず、ブログサーチ(検索)エンジンです。ブログ関連で探すときには一般的なサーチエンジンよりもブログサーチ(検索)エンジンを使うことをお勧めします。はるかに正確です。一般サーチエンジンは特に政治的なことに関してかなり意図的に検索結果がいじられています。実際に試していただければ納得されるでしょう

※追加:Twitter 検索 トォイッター専用の検索エンジン。日本語で検索できます。

1、@nifty@search (niftyの検索エンジン、検索力あるも内容無関係スパムブログも拾うので注意が必要。)

2、TAGGYブログ検索だけでなく、動画検索、画像検索、ニュース検索でもかなりいいです。

3、livedoor検索(最近反応がすごく早くなった。ブログの実力を正確に反映する感じ)

4、Google Blog Search

5、アクセラナビ (検索力あるも内容無関係スパムブログも拾うので注意が必要。)

6、Yahoo!ブログ検索 (比較的反応が早い、キーワード頻出のグラフ表示も面白い→一日単位)(検索力あるも内容無関係スパムブログも拾うので注意が必要。)

7、gooブログ(エントリー中の画像をサムネイルで表示、また評判グラフを楽しめます)

8、kizasi.jp(同じくキーワード頻出のグラフ表示が面白い→1週間単位)

9、Technorati Search(同じテクノラティでもこちらの方は使えます。)

10、テクノラティジャパン(最近、砂時計状態が長すぎて使い物にならず。それさえなければまあ良い検索エンジン。)

11、Ask.jp : ブログ検索

12、百度 (中国産検索エンジン)

 次に参考として、一般的なサーチ(検索)エンジンです。Googleは画像検索や、Google Map、Google earthなど特化した機能はお勧めです(ただし画像検索でも最近?なことがままあり)。一般的な検索では他のものを使う方が賢明です。Yahoo、Excite、MSN JapanとGoogle、goo、BIGLOBEでは明らかに傾向が変わります。

※追記(2007年12月29日):Yahooが変な操作をしているのを発見しました。( ネットコントロールの恐怖、Yahooは検索結果を急に変更した。恣意的な操作をしていったい我々をどこに連れて行こうとするの?

※現在の順位は2008-05-20更新

4、Excite エキサイト

5、Yahoo! JAPAN

6、百度(中国の検索エンジン)←かなり個性的だが、1~5より」正確な場合あり。

2、Google

1、goo ウェブ

3、BIGLOBE(ちょっと長いと「検索キーワードが多すぎます」の表示が出すぎる)

7、MSN Japan←かなり個性的だが、1~5より」正確な場合あり。


年金支払い「約束」→「全力尽くす」 自民機関紙が参院選公約書き換え

↑【産経】の記事なんだけれど、検索結果の差がひどすぎるんで(2007-12-23 10:05現在)これ限定で順位を並べ替えます。ただし、政治的な関連情報についてGoogleが変な操作をしているという疑念には何らの揺らぎはないで す。(笑)記事についてのエントリーは「自民党はやることがセコイね。⇒年金支払い「約束」→「全力尽くす」 自民機関紙が参院選公約書き換え【産経】」参照。

1 1、Google


2 2、Yahoo! JAPAN


3 3、Excite エキサイト


4 4、MSN Japan


5 5、BIGLOBE


6 6、goo ウェブ


関連投稿
ネットコントロールの恐怖、Yahooは検索結果を急に変更した。恣意的な操作をしていったい我々をどこに連れて行こうとするの?
Yahoo!、「自民党政治」検索で「TBP自民党政治」がまた元の1位に戻ってるが29日前後にいったい何があったのか?
代表的な検索エンジン8個での「自民党政治」検索結果とTBP「自民党政治」の関係です。すべて1位か3位(最初の頁)でした。


 このエントリーは、トラックバック・ピープル

いいニャ~自Endバナー 自民党政治

いいニャ~、郵政民営化凍結 郵政民営化凍結

野党共闘はいいニャ~バナー 野党共闘にトラックバックしています。(各バナーとも、クリックでスタート記事に飛びます)また自民党にもTBしてます。

自Endライブを表示する方法(詳細な説明)

 おじさんのIT的情報生活、日々発見・感激・進化の日記&備忘録に共感する人はバナークリック(^^;⇒汗
人気blogランキングバナー

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月25日 (木)

QXエディタで文字数を初めてカウントしてみた。便利だ~ぁ。Wordでも同じように文字数を数えてみた。どちらでもできるのだが、。

(クリックすると拡大します)

5_2  ミクロネシアの小さな島・ヤップよりさんの「対米従属でっちあげ(冤罪)天国」にコメントして送信しようとしたら、「内容が多すぎますので788文字以上を減らした後、もう一度行ってください。」と文字数オーバーのエラーが出てしまった。

 文書の下書きはいつでも、動きの軽快なQXエディタでやってます。

8_2  字数も、一段落だけなら即うえのルーラー上に文字数が表示されます(カーソルの前までの文字数を半角換算で表示)。


6  しかし、幾つか段落があったりする場合には「ファイルメニュー→その他→文書情報」で表示させます(範囲指定してからやるとその部分、そうでなければファイル全体の文字をカウント表示します)。

 今日始めて「文書情報ダイアログボックス」を表示させてみました。
「A:全角記号」と言うのは「、。」などの全角の記号。
「B:その他全角」がひらがな・カタカナ・漢字などの全角文字。
「G:その他半角」が全角文字以外「<」などの半角記号です。

 普通「何文字以内」と言う場合には、A+B+C+E+Gの部分の数字でしょう。


 QXエディタのこの素っ気ないくらいなシンプルさと、内訳の詳しさはやはり捨てがたい味がありますね。

7  同じことをWordでもできるのを思い出しやってみました。

* ページ数
* 単語数
* 文字数(スペースを含めない)
* 文字数(スペースを含める)
* 段落数
* 行数
* 半角英数の単語数
* 全角文字+半角カタカナの数

と表示されます。「何文字以内」と言う場合の表示は「文字数(スペースを含める)」の部分が相当するでしょう。QXと1カウント違っているのは、QXは最後の改行コードをカウントし、Wordは最後の改行コードを数えていないからのようです。

 (範囲指定してからやるとその部分、そうでなければファイル全体の文字をカウント表示します)についてはWordも同様です。どちらかと言うと原稿の下書きはすべてQXでやっているのでQXの表示の方が好きなのですが、敢えてwordの良い点を言えばショートカットキーが使えると言うことかな、、。「Shift+Ctrl+G」で出来ます。

 それにしてもOffice2007のWordは全体のレイアウトが大幅に変わって使いづらくなりましたね(Microsoftのユーザーのことを考えない強引なやり方にはあきれます)。もしメニューバーからやるとすると校閲メニュータブ内右下の文字カウントアイコンです。

※参考にしたサイト。
Wordで文字数をカウントするショートカットキー
Word2007で文字数のカウントは?
Wordで文字数をカウントする

おじさんのIT的情報生活、日々発見・感激・進化の日記&備忘録に共感する人はバナークリック(^^;⇒汗
人気blogランキングバナー

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月21日 (日)

今回初めてココログのモブログ投稿をしてみました。それも写真つきの投稿です。やってみればあっさりし過ぎるくらい簡単でした。

その時の投稿
白神山地3日の旅に来てます
白神山地のブナの原生林を散策す
最後の日、紅葉を楽しんで来ました

 今回初めてモバイルからの投稿をしてみました。それも写真つきの投稿です。当然自分の携帯でも見ました。

 実感したのは、雑談日記本体は前書きの「47.7%の得票率で、73%の議席獲得の、、、」から「、、、てやんでぇべらぼーめ」までがあって全然携帯からのアクセスには最適化されていないのを痛感しました。(汗)

 その点、携帯版雑談日記の方が良いわけですが、普段からモバイル投稿などしていなかったので、携帯版雑談日記(フリー版)の方のモブログ設定をし忘れて旅行に行ってしまったことです。迂闊でした。(^^;

※ココログのモバイル設定はとても簡単です。「コントロールパネル→プロフィール」でプロフィールタブの真下にある「モブログ設定」をクリック。そこで、

1、デフォルト投稿先の選択
2、メールアドレスの設定
3、投稿確認方法の選択

以上を、設定するだけです。

 携帯版は雑談日記1個だけなので雑談日記です。本体の方はプラスコースで、雑談日記以外にひなたぼっこ、英語で天声人語と3ブログあるので、雑談日記をデフォルト投稿先にしました。ただし、モバイルに最適化されてないので本家雑談日記への携帯からの投稿はほとんどやらないと思います。

 2は自分の携帯電話のメールアドレスを指定します。

 3はデフォルトの「秘密のメールアドレスを使用する」のままにしました。ココログから与えられた秘密のメールアドレスに投稿確認のメッセージが送られてきます(「投稿しました。ありがとうございます。」の表題、本文は「あなたのメール「表題」の投稿に成功しました。投稿内容は「雑談日記(徒然なるままに、。)」のブログに投稿されました。」)。実際にはリダイレクトされて2のメールアドレスの携帯に送られてきます。

 いくつか気がついたこと。

・ココログのログイン画面ですが、パソコンからのメールで携帯にログインアドレスを送り携帯で表示、その画面を「画面メモ」しました。ブックマークしておくよりもこの方が楽。(ただし、携帯はドコモの場合です)

・「記事の作成」で決定し、次の「新規記事を作成」の投稿画面はココログのパソコン画面で言うと「記事の作成」ではなく「HTMLの編集」画面です。つまりリッチテキストではなくタグが素で表示されている画面です。それでなくても携帯は一文字一文字ピコピコですのでこれでは普通の人はHTML編集などできない。(汗)特に写真や動画のリンクを貼る時に困ります。そこで簡易な投稿方法が工夫されてます。3で選択したメールアドレスに送る方法です。「記事の作成」で決定し、次の「新規記事を作成」画面をスクロールすると「写真や動画付きで投稿するには、以下のアドレスにメールで投稿します」とあり、その下に秘密のメールアドレスが出て来ます。「決定」すると、次にメール作成画面が現れます。ここでメール作成(題、メール本文部分、貼付なし有りと順に作業します)し、サブメニューで「メール送信」あるいは「iショット送信」(写真添付がある場合)するだけです。上記秘密のメールアドレスの下に「タイトル、カテゴリー、本文」などを入力する部分もありますので、写真や動画を使わず簡単なテキストだけのエントリーの場合はここの部分を順にやります。

・なお上記メールでやる場合、ファイルサイズは制限があるので、あまり文字を書きすぎると写真を添付できなくなります。(参考例は「最後の日、紅葉を楽しんで来ました」)

・普通のメール作成では、あらかじめ作成し、その後サブメニューから「メール送信」します。しかし、モブログ投稿の場合、ログインして以降パケット代がかかるので上記メール作成でモタモタしてられません。そこでやった工夫です。ドコモの場合、メニュー、ジョグダイヤル↓で「アクセサリー」、次↑で「フリーメモ」がでます。モブログにログインする前に、そこで文字入力しテキストを用意し、上記メール作成のときにサブメニューから呼び出し貼り付けました。ただしサイズが100バイトなので文章が長い場合には続けて幾つか用意する必要があります。(再度書きますが、メールのファイルサイズに制限がありますし、またファイルサイズとの兼ね合いで文章が長くなると写真が添付できなくなります。)

・取り敢えず現場感覚と言うことでモブログ投稿し、あとでパソコン環境で付け足すのが良いかも知れませんね。

おじさんのIT的情報生活、日々発見・感激・進化の日記&備忘録に共感する人はバナークリック(^^;⇒汗
人気blogランキングバナー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月14日 (日)

Google Earth、饅頭の薄皮のような大気に包まれた地球の姿は一種幻想的。宇宙に浮かぶ地球を見ているといとおしくなりますね。

「Google Earth、確かに、これは迫力があるね。いや~ぁ、こんなのがあるの知らなかった。でも微妙な場所は、、、だけどね。(笑) 」から改題。

 取り敢えず画像だけアップ。眠いんで、明日また追加。

 ここで使ったGoogle Earthは有料版ではなく無料サービス版です。

(クリックすると拡大します)

200710141google_earth1、Google Earthを立ち上げた最初の画面、薄皮のような大気に包まれた地球です。左の検索窓に、「パリ 凱旋門」と入力し、


200710142google_earth_2 2、地球をぐるっと回り(まるで宇宙飛行士の気分だね)、フランス上空からパリにズームアップして行く。


200710143google_earth23、さらにスケールを引っ張り(あるいはマウスホイールグリグリとか(笑))ズームアップ。グルッと回転させ、水平をこれまたズルッとドラッグして調節したところ、。これはフリー版だけれど、有料版はもっと細かいところが写るらしい。


200710144google_earth4、次に、「刈羽」で宇宙飛行士気分を味わい、ズームアップ、グルリッ、ズルッで柏崎刈羽原発、例のAPで配信された写真撮影のあたりから眺めてみた。金日成の銅像のところもそうだったが、微妙なところは3D表示にはならんなぁ。鉄塔も、建物も写ってない。(笑)これなら「Googleマップ」で航空写真を見たほうがいい。って言うか、ズームアップ後3D表示以外のところは衛星写真が元データで共通みたいだね。要は使い分け。これはこれで面白い。

20070716ap_artnukereactorgi5、 ※参考:AP配信の写真。(関連エントリー


  例えばこんな使い方もできるだろう。これから郵政民営化でかなりな数の郵便局がなくってしまう。このGoogle Earthを使ってその地点に飛び、その郵便局の地点から360度どんな風景が見えていたのか確かめたりもできるはずである。あまり山間僻地だとデータがない恐れがあるにはあるのだが、。ユニバーサルサービス(あまねく全国民にサービスを提供すること)として、日数の遅れはあるにしろ僻地まで届けるサービスが行われていた。配達元の郵便局はそこそこの人口のある地点にあったはずで、この地図情報で周りの風景を確かめられる可能性が高い。

Photo  この説明画像を見る限りかなりのエリアでカバーしている感じですね。

 あと、2の画像を見て欲しいのですが、「定規を表示」アイコンと言うのがあります。「長さ」の単位がデフォルトでは「マイル」になっています。タブを「パス」に切り替えてから単位をメートルやキロメートル表示に変更します。その後、四角く変わったポインタカーソルで、クリッククリックとトレースしていくと距離を測ることもできます。

 僻地で、どんなに日数がかかろうが、ユニバーサルサービス(あまねく全国民にサービスを提供すること)を支えていた郵便配達労働者の苦労と・誇り・矜持を考えるときの一助ともなるでしょう。

※敢えて少し脱線しますが、小泉・竹中買弁勢力は米国からの指示書「年次改革要望書」に従って郵政民営化を推し進めました。しかし、その米国自体は郵便事業を国営でやっているそうですね。開いた口がふさがらないとはこのことです。

※Google Earthのダウンロードページ

※3D操作の若干の説明。2の画像で右に3個のガイド表示があります。上にあるガイドはクリックして右にずらすと真上の鳥瞰状態から俯瞰状態に変わっていきます。左のガイドはズームです。真ん中の円形のはグルッと回すことで回転します。

※1の画像の、饅頭の薄皮のような大気に包まれた地球の姿は一種幻想的です。宇宙に浮かぶ地球を見ているといとおしくなりますね。

 このエントリーは、トラックバック・ピープル

いいニャ~自Endバナー 自民党政治

いいニャ~、郵政民営化凍結 郵政民営化凍結

野党共闘はいいニャ~バナー 野党共闘にトラックバックしています。(各バナーとも、クリックでスタート記事に飛びます)また自民党にもTBしてます。

自Endライブを表示する方法(詳細な説明)

おじさんのIT的情報生活、日々発見・感激・進化の日記&備忘録に共感する人はバナークリック(^^;⇒汗
人気blogランキングバナー


| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »