« 今回初めてココログのモブログ投稿をしてみました。それも写真つきの投稿です。やってみればあっさりし過ぎるくらい簡単でした。 | トップページ | ブログの大海の中で航海するためにはサーチエンジンは必須⇒ブログサーチ(検索)エンジンリスト、自信を持ってお勧めします。 »

2007年10月25日 (木)

QXエディタで文字数を初めてカウントしてみた。便利だ~ぁ。Wordでも同じように文字数を数えてみた。どちらでもできるのだが、。

(クリックすると拡大します)

5_2  ミクロネシアの小さな島・ヤップよりさんの「対米従属でっちあげ(冤罪)天国」にコメントして送信しようとしたら、「内容が多すぎますので788文字以上を減らした後、もう一度行ってください。」と文字数オーバーのエラーが出てしまった。

 文書の下書きはいつでも、動きの軽快なQXエディタでやってます。

8_2  字数も、一段落だけなら即うえのルーラー上に文字数が表示されます(カーソルの前までの文字数を半角換算で表示)。


6  しかし、幾つか段落があったりする場合には「ファイルメニュー→その他→文書情報」で表示させます(範囲指定してからやるとその部分、そうでなければファイル全体の文字をカウント表示します)。

 今日始めて「文書情報ダイアログボックス」を表示させてみました。
「A:全角記号」と言うのは「、。」などの全角の記号。
「B:その他全角」がひらがな・カタカナ・漢字などの全角文字。
「G:その他半角」が全角文字以外「<」などの半角記号です。

 普通「何文字以内」と言う場合には、A+B+C+E+Gの部分の数字でしょう。


 QXエディタのこの素っ気ないくらいなシンプルさと、内訳の詳しさはやはり捨てがたい味がありますね。

7  同じことをWordでもできるのを思い出しやってみました。

* ページ数
* 単語数
* 文字数(スペースを含めない)
* 文字数(スペースを含める)
* 段落数
* 行数
* 半角英数の単語数
* 全角文字+半角カタカナの数

と表示されます。「何文字以内」と言う場合の表示は「文字数(スペースを含める)」の部分が相当するでしょう。QXと1カウント違っているのは、QXは最後の改行コードをカウントし、Wordは最後の改行コードを数えていないからのようです。

 (範囲指定してからやるとその部分、そうでなければファイル全体の文字をカウント表示します)についてはWordも同様です。どちらかと言うと原稿の下書きはすべてQXでやっているのでQXの表示の方が好きなのですが、敢えてwordの良い点を言えばショートカットキーが使えると言うことかな、、。「Shift+Ctrl+G」で出来ます。

 それにしてもOffice2007のWordは全体のレイアウトが大幅に変わって使いづらくなりましたね(Microsoftのユーザーのことを考えない強引なやり方にはあきれます)。もしメニューバーからやるとすると校閲メニュータブ内右下の文字カウントアイコンです。

※参考にしたサイト。
Wordで文字数をカウントするショートカットキー
Word2007で文字数のカウントは?
Wordで文字数をカウントする

おじさんのIT的情報生活、日々発見・感激・進化の日記&備忘録に共感する人はバナークリック(^^;⇒汗
人気blogランキングバナー

 

|

« 今回初めてココログのモブログ投稿をしてみました。それも写真つきの投稿です。やってみればあっさりし過ぎるくらい簡単でした。 | トップページ | ブログの大海の中で航海するためにはサーチエンジンは必須⇒ブログサーチ(検索)エンジンリスト、自信を持ってお勧めします。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91038/16867011

この記事へのトラックバック一覧です: QXエディタで文字数を初めてカウントしてみた。便利だ~ぁ。Wordでも同じように文字数を数えてみた。どちらでもできるのだが、。 :

« 今回初めてココログのモブログ投稿をしてみました。それも写真つきの投稿です。やってみればあっさりし過ぎるくらい簡単でした。 | トップページ | ブログの大海の中で航海するためにはサーチエンジンは必須⇒ブログサーチ(検索)エンジンリスト、自信を持ってお勧めします。 »