« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月25日 (火)

ネットウヨをいなし、かわし&最終的には善導して心を入れ替えさせてしまう(笑)ハッシュタグ利用悩殺テクニック(笑)

8・30の勝利⇒7・11天王山決戦勝利!
↓植草さんのココログへ、、右バナーは モルダウ(我が祖国)スメタナ。
8・30勝利記念バナー

 

 やり方は簡単、 #OKINAWA #futenma #hutenma  #kasika_yes #kasika  #kishakaiken #openkaiken 等のハッシュタグと一緒に #T_demo を組み合わせておく。これだけです。

 各ハッシュタグを見て頂ければ分かりますが、特に時間帯では夕方から夜半にかけて、タグで言うと #futenma の普天間問題のハッシュタグでネットウヨの書き込みで溢れたりします。少し時間をおくと自分のTwitterなどあっと言う間に流されてしまいます。自分のはすぐTL一覧を確認出来るから良いのですが、ネットウヨ以外の他の方の良質なTwitter情報が流れてしまうのは困ります。

 そんな時、上記のやり方で #T_demo を組み合わせておくと有効です。どうもデモと言う語彙に反応しているのかネットウヨがほとんど寄りつかないからです。

 なおこう書くと、ネットウヨがこの #T_demo タグに押し寄せるかもですが、むしろ「おっ来たか、さあいらっしゃい」です(笑) #T_demo タグには沖縄関連以外、格差問題への呟きを始めとして身近な生活の問題から、可視化の問題、もちろん沖縄問題まで色々あります。いわばメーデーの時のデモ行進の様な感じですが、タイムリーな時事問題が急激にTデモのTLを埋める事があります。押し寄せたネットウヨ自体何かを感じざるを得ないでしょう。似非愛国者気取りのものも生活はしています。Tデモハッシュタグの大海の中で気がつき真人間になるカモです。

※なお #OKINAWA のタグもネットウヨから観光の宣伝まがいのもの、冷やかしまで散々の状態でしたが、だいぶ落ち着いてきました。皆さんの奮闘のお陰だと思います。特に午前中は落ち着いているようです。 #OKINAWA の様に大文字で例えば書いてもらえればFirefoxなどでは「大文字/小文字」区別検索が出来ますし、同じくFirefoxなら「すべて強調表示」で選択的に読むことが出来便利です。

※参考:「ハッシュタグ」検索で特定のIDの発言を除外する書式です。「#タグ -from:ユーザーID -from:ユーザーID」←これを右サイドの検索窓で検索するとそのIDだけはじいたTLを見る事が出来ます。例えば、「ネットウヨなんてどうってことはないや、でもコイツだけは連発・シツコイのでシャットアウトしたい」の様な時にこのやり方を利用すると便利です。例「#futenma -from:ユーザーID -from:ユーザーID」←これを右サイドの検索窓で検索します。タグの後ろと各IDの後ろは必ず半角スペースで区切ります。

 

※参考:以下28SOBAのTwitterでの足跡です。

※関連:鳩山さん、昨年末フリー田中記者に明言「来年は記者会見必ず開放」の早急な実現を望む!ネットとの連携・戦線構築せよ! (会見開放が実施されるまで可視化要望エントリーの次に並べトップ表示させていたエントリーです)

 以下、Twitterでの呟き活動の記録。

2008年1月23日にID:28SOBA を登録。

2008年2月12日、「時事川柳とか、政治小話とか短文が腐敗政権を脅かすことだってある。今twitterが面白い。長短、硬軟織り交ぜてやりたいね自End。」とエントリーをアップするも、当時は圧倒的にチャット系が多く、何だこれとあきれかえりほとんど放置状態で使わなくなる。

2009年衆院選1ヶ月前あたりから、はなゆーさんからの刺激を受け再び呟きを再開す。(呟きだして暫く経ってからTwitterを記録したエントリー

2010年1月28日官邸記者会見開放で呟きロビー活動する事をBBSで呼びかけた。(そのBBSでの呼びかけを記録したエントリー

2月6日可視化でも呟きロビー活動開始。

2月25日、28SOBAが #T_demo のハッシュタグを作成し、今まで呟きロビー活動と称していたものをTwitterデモと名称変更、他の人にもやるようTwitterで扇動した(^^;汗。

3月24日官邸開放勝利す。
3月24日6時過ぎに開放のニュースが飛び込んできました。鳩山総理が昨年末クリスマスイブに約束をしてから91日目だった。http://bit.ly/b0U9GC 初回の開放記者会見実施は2010年 3月26日(金)午後4:00〜、約束してから93日目)

 ニュースが飛び込んできた時のTwitterを採録しておきます。上が最新、下から読んで頂くと流れが分かります。

(以下略)

更に詳しくはこちらで⇒2010・3・26官邸前5PM、小さなしかし偉大な第一歩・証言者達の声、上杉、川村、神保、岩上(全29分)

 

俺たちが君達 を応援している。断固ファイトだ、世直しをやろう!

知裕ファイト、千代 美ファイト断固闘うぞ! 

↓クリックすると拡大します。(歌なら、ゆず 栄光の架橋
ネチネチネチネチ、検察はネオネチか、裏金天下りの糞検察は消えろバナー

石川知裕ファイト、北海道11区総支部ファイト!!!知裕ファイト、断固闘うぞ!

ネチネチネチネチ、検察はネオネチか、糞検察は消えろバナー

小林千代美ファイト、北海道5区総支部ファイト!!!千代美ファイト、断固闘うぞ!バナー

 ココログのようなタイプのブログならコピーアンドペーストで表示させる事が出来ます。

バナーを使う場合はファイル名を変えないで下さい。(バ ナー管理の都合です)

 

 植草さんの主権者国民レジスタン ス戦線結成の呼びかけ に賛同します。

 幅300px。二コマのコマ送りタイプです。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 ↓以下のバナーは↑上記バナーの二コマをバラしたもの。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 

 幅370px。二コマのコマ送りタイプです。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 ↓以下のバナーは↑上記バナーの二コマをバラしたもの。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 

 政権交代確定後、31日午後に制作したバナーです。植草バナー「心を一つにし断固闘う」シリーズ最後のバナーです。

「政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち」版。

政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち 政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち

 

クリックで拡大、「攻撃されているのは~」コマの説明
攻撃されているのは小沢氏ではない権力による民衆の希望への攻撃なのです

守ってあげたい / 荒井由実

 ↓大林宏は、関係者によるとw(笑)、 漆間と連携・共謀し民主党党首小沢氏を選挙直前を狙い国策捜査。また5月から導入の米国猿まね裁判員制度では盛んに広報してい た。さらに郵政詐欺選挙直後のどさくさには共謀罪導入をしようとしていた。その人物像は治安維持法下の特高警察あるいは思想検事。(関連

↓クリックで和製ヒムラーの漆間巌
国策捜査、裁判員制度、共謀罪の推進者大林宏糾弾バナー

国策捜査で自公の犬、検事総長樋渡利秋糾弾バナー

 

 主権者国 民の上に検察がいて政治を壟断するかの状況は許せない。腐敗法務官僚法匪を粛正せよ!

↓クリックするとさらに大きくなります。

↓クリックするとさらに大きくなります。

 

 自Endポスターバナーの第52作目です。クリックすると日本社会を荒廃させた小泉・竹中路線のなれのはてと2005・9・11小泉のワンフレー ズ郵政詐欺選挙糾弾バナーが出ます。
※追記:その後、特捜の佐久間達哉が在米日本大使館1等書記官で赴任していたと言う話がネットで出てます。米 国と言えば連想するのはCIA。
国策捜査を白状した漆間巌官房副長官(事務)元警察庁長官(笑)

 

↓おじさんのIT的情報生活奮戦記もなかなかやるジャンと共感する人はクリック(^^;人気blogランキングバナー

 TBPのライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリッ ク。

 特にココログの場合で、即行でライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラを クリック。(なお、作業する時にはTBP自民党政治の所を適宜読み替えてください)

倭国大乱を記録する ブログの数々♪ブログリストとイメージソングその1その2その3その4その5その6その7。人生の扉 昴 春よ、来い 宙船(そらふね) 地球兄弟 やさしさに包まれたなら 愛は勝つです。

自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりにトラックバックしたブログをすべて「倭国大乱を記録するブログの数々」として見つける毎に適宜追加していきます。
(↑クリッ クするとさらに大きなバナーが出ます(汗))

以下のトラックバック・ピープルに 参加してます。
民主党に愛のムチを! いいニャ~自Endバナー
民主党政治と      自民党政治

TBP「社民党や共産党」バナー
主権者は私たち国民と  社民党や共産党
ト ラックバックしてます。(各バナーとも、クリックでスタート記事に飛びます)

郵政民営化凍結野党共闘政治全般にもす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »