« ネットウヨをいなし、かわし&最終的には善導して心を入れ替えさせてしまう(笑)ハッシュタグ利用悩殺テクニック(笑) | トップページ | Photo Shopを使い、文字の立ち上がるような変形(遠近法)についてのメモ。 »

2010年6月20日 (日)

メモ、窓Vistaで右クリック送る(SendTo)に項目追加、Macと窓での文字化け関連。

◎右クリック送るにメモ帳とワードパッドの項目を追加して見た。

現在のユーザーに対応するプロファイル・フォルダを素早く見つける方法
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/084prof_folder/084prof_folder.html

 ↑参考にし、要点だけメモ。

1、スタート→右クリック→エクスプローラー、でユーザープロファイルに対応したエクスプローラーがスタートメニューフォルダーが開いた状態で立ち上がる。その上の方にSendToフォルダがあるので、クリックしフォルダを開いておく。

2、スタート→全てのプログラム→アクセサリをクリック。メモ帳とワードパッドもある。

3、メモ帳を左クリックでつかんだら、1で開いたSendToフォルダに持って行く。Ctrl+Shiftを同時に押下するとショーとカットの状態になるので、左クリックを離しSendToフォルダにショートカットアイコンをおく。ワードパッドも同じようにやる。

 

Windowsで文字化けしないようにMacのテキストエディット.appで保存する方法
http://inforati.jp/apple/mac-tips-techniques/application-hints/how-to-save-windows-compatible-text-with-mac-textedit-app.html

 

Windows環境との互換性[4]:テキストファイル
http://mac.camerino.jp/2009/04/windows_1baa.html

(略)

では、プレーンテキストは、どうでしょう? VMware Fusion 上で動かしている Windows XP (SP3) と、Mac OS X 10.5 (Leopard) を使い、挙動を調べてみました。

1.Mac で作成したプレーンテキストを、メモ帳で開いてみる
・改行が「↑」に化け、次の行が改行されずに続く。
・文字コードの問題は無い。

2.Mac で作成したプレーンテキストを、ワードパッドで開いてみる
・表示上は、特に何の問題もない。
・ワードパッドは文字コード UTF-8 に対応していないが、テキストエディットは UTF-8 にも対応している。テキストエディットで作成したテキストを UTF-8 で保存した場合、その文書はワードパッドでは読めない。

3.Windows で作成したプレーンテキストを、テキストエディットで開いてみる
・メモ帳やワードパッドで作成したファイルは、特に問題なく開くことができる。
・文字コードの問題は無い。

こうしてみますと、
・Windows で作成したテキストファイルは、そのまま Mac で読める。
・Mac で作成したテキストファイルは、ワードパッドで読める。(メモ帳は不適)
ということになります。

ただ、Mac でテキストファイルを保存する際、文字コードを UTF-8 にすると、そのままではワードパッドで読み込めません。いったんメモ帳で開き、改行が「↑」に化けていることは気にせず、「名前をつけて保存」で、文字コードを Unicode にして保存しなおせば、ワードパッドで綺麗に読み込めるようになります。

というわけで、テキストファイルを Windows と Mac の間でやりとりするとしても、通常は特に問題ありません。

例外的なケースですが、国外から受け取ったテキストファイルの場合、グラフィック文字を使っている場合があります。グラフィック文字が入っているテキストファイルは、Mac のテキストエディットでは開けません。開けるけど文字化けしている、というのではありません。「開けません」というメッセージが出るだけで、ファイルの中身を一切表示してくれないのです。

こういう場合は、Windows のメモ帳で開いて保存しなおせば、Mac でも開けるようになります。

 

Macで文字化けを未然に防ぐ方法
http://allabout.co.jp/gm/gc/2456/

(略)

これらのトラブルが頻繁に発生するようであれば、文字コード変換機能が充実しているオンラインソフトを使用するほうが便利です。
代表的なものでは以下のようなものがあります。

mi (http://www.mimikaki.net/index.html)
CotEditor (http://sourceforge.jp/projects/coteditor/)
・KEdit (http://www.drycarbon.com/macosx/kedit/)

これらのソフトウェアを利用して、保存時/編集時の文字コードを「Shift JIS」あるいは、「日本語 (Windows, DOS)」で保存すれば、Windows環境などでも問題なく読み込むことができます。改行コード(行末コード)も「CR/LF」にしておきましょう。

※追記:Macではエディタを3個使っています。最初に上記miを使い、次にアップルのHPで探したiText Express。最後は、上記のCotEditorを推友(中国語でTwitter友達)の永瀬ユキさんに教えてもらい使い始めました。(このエントリーにある事は全く忘れていました)

ひと言で言うなら、miは高機能、iText Expressはリッチテキストをコピペ出来ます。最後のCotEditorはそのシンプルさがたまらなくいいです。3個とも検索機能が強力で、正規表現検索なども出来ます。

使い方としては、保存するテキストはmiで、投稿の下書きなどはCotEditorでやっています。

※Windowsの方で、QXエディタで作ったファイルをMacで何度か開いて見ていたら、今度はWindowsの方で開いてもひどい文字化けで読めなくなりました。やむを得ず、Windowsに付録でついてくるメモ帳で開いたら無事読めました。

何か困ったら最終的にはそのOSにデフォルトでついているものでやる。WindowsならブラウザはIE、エディタならメモ帳。Macならブラウザはsafari、エディタならテキストエディット。

|

« ネットウヨをいなし、かわし&最終的には善導して心を入れ替えさせてしまう(笑)ハッシュタグ利用悩殺テクニック(笑) | トップページ | Photo Shopを使い、文字の立ち上がるような変形(遠近法)についてのメモ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91038/48678876

この記事へのトラックバック一覧です: メモ、窓Vistaで右クリック送る(SendTo)に項目追加、Macと窓での文字化け関連。:

« ネットウヨをいなし、かわし&最終的には善導して心を入れ替えさせてしまう(笑)ハッシュタグ利用悩殺テクニック(笑) | トップページ | Photo Shopを使い、文字の立ち上がるような変形(遠近法)についてのメモ。 »