« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月28日 (火)

これが恐怖のTwitterアカウントロック画面表示(汗)&認証用2英単語の崩れた文字読めますか(^^;

 いつもはFirefoxを終了する時、(※1)BBS関連の複数タブを終了し(ブラウザが「複数タブを終了しますか」と聞いてくる)、(※2)Twitterや雑談日記やココログ管理画面など一群の複数タブを最後に終了してます(「複数タブを保存しますか」と聞いてくる)。

 昨晩(27日)、所用があり一旦PCを終了する時この順番を逆にやってしまった。Twitterをログアウトした状態になったようだ。いつもはFirefoxを立ち上げると、(※2)の一群の頁が立ち上がります。もちろんTwitterはログアウトしていないので立ち上がった状態でです。今回は(※1)の一群ページが立ち上がり、次に(※2)群のページを立ち上げたのですがTwitterはログアウトの状態でした。

 で、ログイン操作をしました。最初入力をミスったようで、2英単語表示の認証画面に変わりました。正しく入力している(つもり、実際は下の方で案内するように崩れていて良く分かりません)のにログイン出来ない。何度かやっている内に下記の画面が出ました。Twitterのアカウントをロックしたと通告する画面です。

https://twitter.com/account/locked
20101227twitter

←の英文は下記、

Yikes!We need you to wait for a bit before trying to login again.

To control abuse, we limit the number of attempted logins per hour.

If the password to your account has recently changed, ensure that all 3rd party Twitter applications and clients are closed before attempting to log in again.
For more information, please visit this help article.

 

 さて、今朝(27日)信子先生のアドバイスなどもあったので、再ログインを試してみました。あっさりとログイン。しかし、ムクムクとわき出す持って生まれた好奇心を押さえる事が出来ず、即行でログアウトしわざとPWを間違えてみました。案の定、2英単語表示の認証画面が出てきました。

 下記です、これって皆さん読めますか?(汗)

(クリックすると拡大します)

20101228twitter 1、


20101228twitter_2 2、


20101228twitter_3 3、


20101228twitter_4 4、


20101228twitter_5 5、


20101228twitter_6 6、


20101228twitter_7 7、


20101228twitter_8 8、


20101228twitter_9 9、


20101228twitter_10 10、


20101228twitter_11 11、


20101228twitter_12 12、


20101228twitter_13 13、


20101228twitter_14 14、「medicine,Gualteri 」かな?


20101228twitter_15 15、「very oldrety 」かな?


 

 入力フォームの右側のアイコンは、それぞれ上から順に、

Get a new challenge
Get an audio challenge
Help

です。「Get a new challenge」をクリックすると認証英単語の表示候補が変わります。「Get an audio challenge」をクリックすると、音声での認証案内と音声での候補単語の読み上げです。ただし、「medicine,Gualteri 」かな?の時も、「very oldrety 」かな?の時も、テキスト表示とは全然関係ない単語の組合せが読み上げられました。テキスト候補と音声での候補は全く独立した仕様になってますね。(後でmp3にしたのをアップします)

 

 なお、その後Twitterの画面表示のタブを全然関係ないページを表示させておいてから、ブラウザのFirefoxを終了。念の為にPCも立ち上げ直し(こうすると2英単語表示の認証画面が出ることなく、IDとPWの入力フォームだけの表示が出ます)、ログイン作業をしてみました。PWは念の為にテキストファイルにメモしていたのをコピペしてです(これなら間違いようがない)。ところが、な、な、なんとログイン出来ない。

結論:どうもPCでは、一度PWを間違えたりすると再度のログインは出来ないようです。少なくとも1時間の間隔をおかないとログイン出来ない。前段落の赤字の部分の作業をした後で、時間をおいてからログインしたら案の定今度は無事TwitterのホームTLを立ち上げることが出来ました。2英単語表示の認証画面が出たらログインは諦めた方がいいです。この結論で書いた一発勝負のIDとPWでログインすべきと思います。

Twitter運営上の対策:

1、IDは複数持つべき(個別のIDには個別のメールアドレスが必要)。

2、ログアウトせず、ブラウザ終了時にTwitterのタブを保存しておく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月26日 (日)

サンタ帽の脱ぎ方(その前にかぶり方、汗)

 脱ぎ方の前に先ずかぶり方。来年に備えてね(汗)

 12月に入ったら、TwitterのTL(タイムライン)でサンタ帽を目立ちだしたので「サンタ帽 Twitter」で検索したら、すぐにかぶり方は分かりました。

 Twibbonでやっていて(http://twitter.com/twibbon )、使うにはFacebookへの登録が必要で(http://www.facebook.com/ )登録。

 その後、同じくTwibbonのサンタ帽のページ(http://twibbon.com/join/Ultimate-Santa-Hat )で帽子を選びかぶりました。

 

 今日、Twitterで、ぼやきつぶやきを見つけた。

ky00950 サンタさんの帽子の取り方がわかんなくなっちゃたww
38分前 webから

60 ←@ky00950 ズーッとかぶっているのも可愛いかもネ(笑)オイラはこれから取ります。やり方をBBSで紹介する予定(汗)QT@ky00950:サンタさんの帽子の取り方がわかんなくなっちゃたww
34分前 webから ky00950宛

 早速、サンタ帽子の取り方。

◎自分のオリジナルな「画像で上書きする」これだけです(汗)

 具体的には、(28SOBAの所を各自ご自分にIDで読み替えて下さい)

Twitterの設定→28SOBAの設定左のアイコンをクリック、変わった画面で画像を変更するをクリック。

新しい画像を選択で選んだら、「保存する」をクリック。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月10日 (金)

バグとか調子が悪く、Fire foxを以前のバージョンに戻したい時。

 時々ありますネ。即行でリリースされたVerアップをしたら、不具合があり前のに戻したい時って。そんな時の対処法です。

※基本的にVerアップはセキュリティ関連とかが理由なのでアップする事が基本です。Verダウンはあくまでも例外、不具合改善情報が出たら再度早急にVerアップしましょう。

※以下、関連頁。

以前のバージョンの Firefox をインストールするには

 以前のバージョンを見つけるには:

   1. Mozilla の FTP サーバ を開きます。
   2. インストールしたいバージョンを選びます。
   3. win32/mac/linux-1686/ フォルダを選びます。
   4. 言語を選びます。 ja は Windows および Linux の日本語版、ja-JP-mac は Mac の日本語版です。
   5. ファイル名の末尾が .asc ではないほうのファイルを選び、ダウンロードしてください。
   6. ファイルのダウンロードが完了したら インストール してください。

バージョンのダウングレード後、そのバージョンを使い続ける場合は、ソフトウェアの更新 機能をオフにする必要があります。その後、新しいバージョンの Firefox がリリースされたら、問題が解決されているか確認し、新しいバージョンを使用してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 9日 (木)

iOS 4.2にVerアップしたら、ipad回転固定がチャラになったので再設定す。固定ボタンは割り当てが変わったよ。

 メモエントリーです。

iPod/iPhone/iPadのバージョンアップの方法
http://www2k.biglobe.ne.jp/~t_muto/ipod/howto_versionup.htm#iPod/iPhone/iPad%E3%81%AE%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E6%96%B9%E6%B3%95

(以下転載始め)
iPad:スクリーン回転ロックについて
http://support.apple.com/kb/HT4085?viewlocale=ja_JP

概要

iPad のスクリーン回転ロックを使って、iPad を回転させたときに画面の縦向きモードと横向きモードが切り替わらないように設定できます。スクリーン回転ロックを有効にすると、以下のことが起こります。

    * ステータスバーに「回転ロック」アイコンが表示されます。(※)
    * iPad をどのように持っても、画面は横向きまたは縦向きに固定されます。

(※)SOBA:ipadの電波受信状態や時間を表示している上辺部分。その右端バテリー残量表示の左隣りに回転ロックを表示するアイコンが表示されます(カギを矢印が巻いているアイコン)

対象製品

iPad

スクリーン回転ロックを有効にするには、以下の手順を実行します。

   1. iPad を回転させ、画面の向きを決定します。
   2. ホームボタンをダブルクリックして、最近使ったアプリケーションを表示します。
(SOBA:「最近使ったアプリケーション」は最下部にアイコン表示)
   3. 画面の下部で左から右にフリックします。
(SOBA:フリックと言うのはこの場合左から右へサッと画面をこすってずらすこと)
   4. 画面左下の回転ロックボタンをタップします。
(SOBA:タップと言うのはトンとさわること。ロック解除の時は、同じくここで鍵アイコンの回転ロックボタンをタップ)
   5. 回転ロックボタンに鍵アイコンが表示されます。
(SOBA:ロック解除すると鍵アイコンでなくなる)

スクリーン回転ロックを解除するまで、小さい「回転ロック」アイコンがステータスバーに表示されます。

追加情報

iPad 画面が期待どおりに回転しない場合は、スクリーン回転ロックが解除されていることを確認してください。

   1. ステータスバーの「スクリーン回転ロック」アイコンを確認します。
   2. スクリーン回転ロックがオフになっているにもかかわらず、iPad 画面が回転しない場合は、iPad を再起動します。
      「電源オフ」が表示されるまでスリープ/スリープ解除ボタンを押し続け、スライダをスライドさせて電源をオフにします。電源がオフになったら、スリープ/スリープ解除ボタンを押して電源をもう一度オンにします。

注意:

    * 以前スクリーン回転ロックに使われていたスイッチは、iOS 4.2 からは通知およびシステム音のためのサイレントスイッチとして機能します。オーディオやビデオの再生時の消音用ではありません。
    * アプリケーションによっては、縦向きまたは横向きモードしか使えないものがあります。この場合は持ち方を変えても画面は回転しません。

(以上転載終り)

※SOBA:リンク先本文中、「フリップ」と言うのは指でこすること。

もし分からない事があれば、下記僕のTwitterIDに質問して下さい
28SOBA

※参考:↓これはiOS 4.2にVerアップしてなくなりました。あくまでも参考情報です。要するに今迄のVerでは物理的スイッチと言うハードでやっていたものを、iOS 4.2からはソフトで回転をさせるか、回転ロック(自動回転ロック)にするかを管理するって事です。
March 13, 2010 06:19
iPadのサイドスイッチが「ミュート」から「スクリーン回転ロック」に変更、Motion JPEG, AVI 対応/iBooksアプリ、フリーDRM ePub 対応、App Store に iPad専用ページを新設・・・など
http://blog.livedoor.jp/applebrothers/archives/52018501.html

※リンク先の説明:

iPad発表時は、iPhone 3G など iPhone と同様に、ミュートするためのスイッチと説明されていましたが、画面を縦か横向きに固定するための「Screen rotation lock(スクリーン回転ロック)」用のスイッチに変更されたようです。

SOBA補足:音量調節ボタンの隣り(水平に置いてるなら右)のボタンのこと。このボタンの変遷は、

1、発表時はミュートボタン。水平に置いてるなら右でミュートオフ(音を出す)、左でミュートオン(消音)。

2、次に「Screen rotation lock(スクリーン回転ロック)」用のスイッチ。水平に置いてるなら右で回転ロックオフ(回転する)、左で回転ロックオン(回転しない)。

3、iOS 4.2にVerアップ後、ミュートボタンに戻るも、機能してないですね。(2011/02/11 現在)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »