« ipadで小沢さんの動画を出前紹介の提案。 | トップページ | メモ:もっと知りたい! Snow Leopard、第1回〜8回。 »

2011年1月19日 (水)

投稿後にエントリーの日付を変える時の注意点(ココログだけかな、いやブログ一般の仕様かもネ)

 ブログの名前の由来は、元々Webログから来ていると聞いた事があります。日記ですね。手書きの日記でも、毎日付けることはなくて、日付を書き間違え、後で訂正するというのはあります。

 それが日記でなく、ブログをデータベース代わりに使っているのであれば、投稿後に日付を変更するというのはあるでしょう。

※ココログ最強カレンダーはポインタを日付の上に持って行くと、表題をポップアップしてくれます。同一日付の場合は時間的に最後のエントリーの表題がポップアップです。前後の日付が空いている場合にポップアップしないエントリーの日付を変えると言うのはやりそうです。それ以外の理由でも日付を変えるというのはあるでしょう。

 そこで本題、エントリーの日付を変えるとどうなるか。

1、日付を変えた時点で新しいURLがふられる。

2、管理画面の「記事一覧」から、旧日付の順番部分にあったエントリー名は消え、新日付順番部分にエントリー名が表示される。

3、ただし、旧日付URLのものと、新URLのものは併存している。

※問題点:旧日付URLのものは管理画面の「記事一覧」から消えているので内容を訂正する事も、エントリーを削除する事も出来ない。ただし、単に日付変更で旧日付URLのものと、新URLのものが併存する状態は長くないのかも知れません。検索でどのくらいの期間併存状態が続くのか実験してみます。

※結論:取り敢えず以下、単に時間でなく日付を変えるときの正しいやり方。

 まず、管理画面の「日時を変更」の表示に油断しないこと。単に時間だけでなく日付を変える場合には新しいエントリーをアップし直すと考えること。この事を念頭に置いて以下作業する。

1、Firefoxなら、タブを並べて作業する(左に日付を変えたいエントリーの「記事の作成」画面、右に日付引っ越し先の「記事の作成」画面)。

2、左タブ(旧)のデータを右タブ(新)にコピペする。

3、2の作業後、「記事一覧」で見ると、旧は日付変更したりしていないので「記事一覧」の順番部分に表示されている。

4、旧を削除する。

5、新を下書きから公開状態にする。(2の時に公開しても良いです)

|

« ipadで小沢さんの動画を出前紹介の提案。 | トップページ | メモ:もっと知りたい! Snow Leopard、第1回〜8回。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91038/50626680

この記事へのトラックバック一覧です: 投稿後にエントリーの日付を変える時の注意点(ココログだけかな、いやブログ一般の仕様かもネ):

« ipadで小沢さんの動画を出前紹介の提案。 | トップページ | メモ:もっと知りたい! Snow Leopard、第1回〜8回。 »