« 2011年3月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月16日 (火)

数学に興味をもってしまった(汗)

 昔、英語が嫌いだったこともあったのだが、特にインターネットをやるようになり、読むことはそれ程苦にならなくなった(汗)

 数学なども、嫌いだったのだが、図に描いて物事を考えるクセがついたり、また物事を理詰めで考える事の好きな自分にはむしろあっているのではないかと思うようになった(汗)

 パソコンなども、食わず嫌いがやり出したらはまりにはまりまくって、むしろ若い人より詳しいかもネ(汗)

 まあ、少年老いやすく学なりがたしの見本のような自分ではあるけれど、興味を持ってしまったのだからしょうがないジャン(汗)で、以下メモ(大汗)

※特に『語りかける中学数学』(高橋一雄著 ベレ出版)と、アメリカの数学者G・ポリアの『いかにして問題をとくか』(丸善)は図書館で借りるか、あるいは自分でも購入してしまうかもネ。

 

(要約メモを、以下引用始め)

クローズアップ現代「大人がハマる“数学ブーム”の謎」(2011年7月27日放送)
http://francesco-clara.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/nhk2011727-10f1.html

最近売れている数学の本として、
『語りかける中学数学』(高橋一雄著 ベレ出版)

「オイラーの等式」は、
小説・映画の『博士の愛した数式』で取り上げられていましたね。
実にエレガントでフシギな公式です。

アメリカの数学者G・ポリアの『いかにして問題をとくか』(丸善)

藤原正彦・小川洋子共著『世にも美しい数学入門』 (ちくまプリマー新書)
美しい文章で、数学の魅力を伝えています。

サイモン・シン著『フェルマーの最終定理』 (新潮文庫)

(要約メモを、以上引用終り)

 

追記:面白いページを見つけた。

私的数学塾http://www004.upp.so-net.ne.jp/s_honma/ で、

私の備忘録から、幾何学分野(図形に関する話題です)の「円と球の求積(直感的方法)」と「角錐の体積」を読んだ。数学的なものの見方・考え方についてとか、図形を見ながら直観的に理解するなど興味をそそられる点が多かった。

球の体積 は、 身の上に心配あるので、参上。(4/3) π r3

球の表面積は、心配ある事情。4 π r2 

など、式の憶え方も面白いが、式にいたるまでの理解がかなり楽に出来、とても得した気分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年9月 »