2006/02/04

主張バナーストアです。ただし、全てを収録しきれてません。雑談日記の各エントリーに散在しているのもあります。

※「選挙期間中の小泉ヨイショ翼賛体制と古舘起用継続に抗議の意味で「今日の英和対訳天声人語」の更新を中止します。」のエントリー後、このココログはバナーストアになってしまいました。(笑)どちらかと言うとお見せすると言うよりも自分自身のバナー管理のための倉庫です。古くなって外したのもありますが、一時整理し次の出番を待ってるのもあります。醜悪な媚米ネオコン婆あ小池百合子のバナーなどはそれで、またシャシャリ出てくるようなら、そのままあるいは再編集作り直して間髪入れず再利用するつもりです。

※追記(2008-02-23):もしはる場合、アニメGIFバナーは2、3個以内を推奨します。それ以上にはり過ぎるとADSLや光のブロードバンド環境以外の人はきつくなります。ADSLや光環境では10個前後あってもまったく問題ないです。余談ですが、数が多くても同じバナーなら問題ありません。小さい画像が多く配置されている壁紙の表示が重くないのと似た原理です。数が多くても読み込むのは一つのファイルだからです。今、極力雑談日記のサイドエリアのバナーを整理・はずして軽くしました。数えたら50個前後ありました。(大汗)

 当初雑談日記以外のバナーも置いていた頃は、ネット自体に出回っているメッセージバナーも圧倒的に少なかった。その後、雑談日記で次々に作成、それがネット界にも伝播したのか、ネットに出回るメッセージバナーの種類も非常に多くなりました。

 結果、雑談日記以外のバナーまでコレクションとして集めるのは事実上不可能と判断しました。また、雑談日記作成のバナーもここには完全に収容し切れていません。全てのバナーは雑談日記の今までの各エントリーに散在しています。

 一度雑談日記で見たとか、あるいは他のブログで雑談日記作成としているのを再び見たいという場合には、雑談日記内スピード検索で探してください。

 「安倍を終了」とならないので、バナー自体を用済みとすることができず、実に困ったものです。すべてのバナーを課題達成、「記録資料」としてこのバナーストアに置けるようにしたいですネ。一日も早く、。

 祝、AbEnd達成。ついに9月12日に安倍が辞任の記者会見をしました。AbEndのライブリンクはそれに伴い非表示とします。ただし、安倍が強行採決連発でこの国に残した傷あとはすべて残ったままです。防衛省しかり、教育基本法しかり、国民投票法しかりです。サイドエリアのバナーは残しておくことにしました。

関連投稿
バナーのタグを知るには

※スタート時に置いた他の方のバナーは整理し外しました。バナーの数が多くなったのでこのエントリーはあくまでも雑談日記作成バナーの倉庫として使います。


「朝日はナンセンスだ、私たちは信じている情報の力を」バナーです。
野口氏殺害事件と電波芸者大谷昭宏バナー

masukomihaijouda 首相官邸に突入し、自殺をこころみた女性が



朝日のジャーナリスト宣言と読み朝る毎ブロガー同盟バナー 見ましたか、朝日の~



 以下課題解決等で既に使っていない旧バナー

1ヶ月もメール問題?なにやってんだバカヤローバナー 疑惑隠しのお手伝い?前原オマエもむかつくバナー

民主のネオコン前原バナー

(画像をクリックすると拡大、コマ送りします。左が拡大で幅640px、右が幅550px)

Ayamarusakigatigaudarou Ayamarusakigatigaudarou



共謀罪関連

 なお、バナーのタグを知りたい場合には、お好きなバナーをポインタカーソルでズルッと範囲指定します。FireFoxなら「選択した部分のソース を表示」でバナーのタグを調べることが出来ます。(なお、FireFoxの方がセキュリティ的にもIEより上です。僕の雑談日記読者はFireFox利用 者が異常に多いです。(笑)アクセス解析によればFireFox利用者が35%に達してます。夜中には完全に逆転でIEよりFireFoxの方が多くなっ てます。(笑))

 余談ですが、上記範囲指定した状態でコピーしリッチテキストに貼り付けると簡単にバナーを表示することも出来ます。(ココログなら投稿画面の「記事の作成」タブの画面です。)

 タグをコピーしたら、たとえばココログの「新規登録」画面なら「HTMLの編集」に切り替えてコピペで貼り付けるだけです。

 またたとえばココログのサイドエリアに張りたい場合だと、マイリストの新規作成でリストのタイプ「リンク」で「リストの新規作成」ボタンクリック、設定の「高度な設定」で「メモの表示」 を「テキスト表示」にしておいて「変更を保存」をクリック、管理タブの「メモ:」のところに下記タブを貼り付ければ作業完了、サイドエリアに表示されるよ うになります。

関連:なぜ、小沢氏は検察に目の敵にされ執拗に検察に攻撃されるのか、その理由はこれ

密告奨励法の共謀罪は廃案!バナー

共謀罪クイズ、共謀罪は密告奨励でっち上げやり放題現代版治安維持法バナー

プレカリアートへの弾圧は言論・表現への弾圧、共謀罪と同じだバナー

国権の最高機関への冒涜じゃん、法無大臣呆務大臣と名前変えなよアニメバナー

青木幹雄、オマエって本当に参院議員会長!?バナー

共謀罪は廃案!バナー

共謀罪は廃案!バナー

 ↑この最後の2個は、動くアニメバナーが苦手な方のための最終コマだけの動かないバナーです。前のがオスのトラ、後のがメスのミケです。

トラちゃんも共謀罪は廃案だバナー

↑猫ちゃんも反対だ~ぁ!
バナークリックでZAKIさんの「共謀罪」プロテストソング

 以下は、最初に作ったロキさんの猫画像をお借りしたバージョン。

密告奨励法の共謀罪は廃案!バナー

共謀罪クイズ、共謀罪は密告奨励でっち上げやり放題現代版治安維持法バナー

プレカリアートへの弾圧は言論・表現への弾圧、共謀罪と同じだバナー

ロキさん作サングラスの猫ちゃんも共謀罪反対バナー

↑猫ちゃんも反対だ~ぁ!
バナークリックでZAKIさんの「共謀罪」プロテストソング


美しい国、逆から読めば、憎いし 苦痛シリーズ

 なお、バナーのタグを知りたい場合には、お好きなバナーをポインタカーソルでズルッと範囲指定します。FireFoxなら「選択した部分のソース を表示」でバナーのタグを調べることが出来ます。(なお、FireFoxの方がセキュリティ的にもIEより上です。僕の雑談日記読者はFireFox利用 者が異常に多いです。(笑)アクセス解析によればFireFox利用者が35%に達してます。夜中には完全に逆転でIEよりFireFoxの方が多くなっ てます。(笑))

 余談ですが、上記範囲指定した状態でコピーしリッチテキストに貼り付けると簡単にバナーを表示することも出来ます。(ココログなら投稿画面の「記事の作成」タブの画面です。)

 タグをコピーしたら、たとえばココログの「新規登録」画面なら「HTMLの編集」に切り替えてコピペで貼り付けるだけです。

 またたとえばココログのサイドエリアに張りたい場合だと、マイリストの新規作成でリストのタイプ「リンク」で「リストの新規作成」ボタンクリック、設定の「高度な設定」で「メモの表示」 を「テキスト表示」にしておいて「変更を保存」をクリック、管理タブの「メモ:」のところに下記タブを貼り付ければ作業完了、サイドエリアに表示されるよ うになります。

関連投稿
安倍晋三バナー決定版、「美しい国」逆から読んだら「憎いし、苦痛」ニャロ~。(笑)」(記念すべき美しい国逆から読んだら「憎いし、苦痛」シリーズの第一弾エントリーです)
民主党の山口壮議員が13日国会本会議で「憎いし苦痛」をキーワードとして安倍を糾弾した。追加バナーを作成することを誓う。

1、戦時体制3点セット糾弾バナー
 一コマ目「ジャーン」→「美しい国 3点セット編」と変更。

美しい国、逆から読んだら憎いし苦痛、戦時体制3点セット糾弾バナー

(録音:TVマスゴミの露骨な安倍ヨイショ)

2、糞米ポチで石油撤退糾弾バナー
 一コマ目「ジャーン」→「美しい国 資源戦略編」と変更。

美しい国、逆から読んだら憎いし苦痛、糞米ポチで石油撤退糾弾バナー
(録音:TVマスゴミの露骨な安倍ヨイショ) 

3、下心ナイショナイショの教育基本法バナー
 一コマ目「ジャーン」→「美しい国 教育基本法編」と変更。

美しい国、逆から読んだら憎いし苦痛、下心ナイショナイショの教育基本法バナー
(録音:TVマスゴミの露骨な安倍ヨイショ) 

4、統一協会、娘6500人行方不明カルトに祝電じゃ、憎いし 苦痛じゃんバナー
 一コマ目「ジャーン」→「美しい国 統一協会編」と変更。

統一協会、娘6500人行方不明カルトに祝電じゃ、憎いし 苦痛じゃんバナー
(録音:TVマスゴミの露骨な安倍ヨイショ) 

5、狂牛肉食わせて、肉食いし苦痛ってかバナー
 一コマ目「ジャーン」→「美しい国 狂牛病編」と変更。

狂牛肉食わせて、肉食いし苦痛ってかバナー
(録音:TVマスゴミの露骨な安倍ヨイショ) 

6、美国は中国語で米国のこと、「美しい国へ」の「美国へ」は米国へってか編

美国は中国語で米国のこと、「美しい国へ」の「美国へ」は米国へってかバナー
(録音:TVマスゴミの露骨な安倍ヨイショ) 

7、アパの耐震偽装疑惑、ほとんどのマスゴミがスルー、アパの元谷が安晋会副会長だから?地震がおきて犠牲者が出たらどうするの?編

ほとんどのマスゴミがスルー、アパの元谷が安晋会副会長だから?地震がおきて犠牲者が出たらどうするの?それじゃあ「憎いし苦痛じゃん」バナー
(録音:TVマスゴミの露骨な安倍ヨイショ) 

8、『自民党をぶっ壊す』はオレオレ詐欺並みの詐欺手法だった編

美しい国、自民党をぶっ壊す詐欺手法編
(録音:TVマスゴミの露骨な安倍ヨイショ) 

9、安晋会は安普請かい(やすぶしんかい)編

美しい国「安晋会は安普請かい?」編
(録音:TVマスゴミの露骨な安倍ヨイショ) 

10、自民党は創価学会なければ選挙にもはや勝てず、自民党は既に創価学会党だ編(左が新しく加わった「生き難いし苦痛」バージョンです。)

美しい国、自民党創価学会なければ選挙負けてるじゃん、自民党は創価学会党だ編 美しい国、自民党創価学会なければ選挙負けてるじゃん、自民党は創価学会党だ編
(録音:TVマスゴミの露骨な安倍ヨイショ) 

11、自民党HPトップのなんだか気になる「創」の字編(左が新しく加わった「生き難いし苦痛」バージョンです。)このバナーはこれからの政治情勢 の中で重要になると思うのでコマ落ししたシンプルなタイプを作りました。後の方ほどコマ数の少ないシンプルなバナーになります。それにしても、自民党HPはあまりにも創価で見れば見るほど気持ち悪い(笑)

自民党のHP、どうも気になる「創」バナー 自民党のHP、どうも気になる「創」バナー
自民党のHP、どうも気になる「創」バナー
(録音:TVマスゴミの露骨な安倍ヨイショ) 

12、北朝鮮外務省の「米国の1州にすぎない日本が、地方代表として協議に参加する必要はない」はあまりにも本当すぎて

あまりにも本当すぎて「米国の1州にすぎない日本が、地方代表として協議に参加する必要はない」
(録音:TVマスゴミの露骨な安倍ヨイショ) 

13、AbEndバナーと憎いし苦痛バナーの合体版「安倍のなにがなんでも教育基本法」編

「安倍のなにがなんでも教育基本法」ならばAbEndバナー
(録音:TVマスゴミの露骨な安倍ヨイショ) 

14、AbEndバナーと憎いし苦痛バナーの合体版「格差あろうが、イジメあろうが、非正規増えよが、安部の何があろうが拉致問題」編
格差あろうが、イジメあろうが、非正規増えよが、安部の何があろうが拉致問題AbEndバナー
(録音:TVマスゴミの露骨な安倍ヨイショ) 


AbEndバナーシリーズ

 なお、バナーのタグを知りたい場合には、お好きなバナーをポインタカーソルでズルッと範囲指定します。FireFoxなら「選択した部分のソース を表示」でバナーのタグを調べることが出来ます。(なお、FireFoxの方がセキュリティ的にもIEより上です。僕の雑談日記読者はFireFox利用 者が異常に多いです。(笑)アクセス解析によればFireFox利用者が35%に達してます。夜中には完全に逆転でIEよりFireFoxの方が多くなっ てます。(笑))

 余談ですが、上記範囲指定した状態でコピーしリッチテキストに貼り付けると簡単にバナーを表示することも出来ます。(ココログなら投稿画面の「記事の作成」タブの画面です。)

 タグをコピーしたら、たとえばココログの「新規登録」画面なら「HTMLの編集」に切り替えてコピペで貼り付けるだけです。

 またたとえばココログのサイドエリアに張りたい場合だと、マイリストの新規作成でリストのタイプ「リンク」で「リストの新規作成」ボタンクリック、設定の「高度な設定」で「メモの表示」 を「テキスト表示」にしておいて「変更を保存」をクリック、管理タブの「メモ:」のところに下記タブを貼り付ければ作業完了、サイドエリアに表示されるよ うになります。

◎2005年9・11以降を振り返り2006年末に作成の、最重要バナー2タイプ。このバナーが広まらないようなら2007年参院選決戦に間違いなく我々は負けるだろう、はりまくれ!

小泉の「自民党をぶっ壊す、「47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民。小選挙区制インチキ選挙。」、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題、で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー
(録音:TVマスゴミの露骨な安倍ヨイショ) 

の最初に作ったタイプと、以下の3コマを追加した、

7_3 8_1


92


 ↓特に猫好きに好評のタイプです。、

小泉の「自民党をぶっ壊す、「47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民。小選挙区制インチキ選挙。」、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題、で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー
(録音:TVマスゴミの露骨な安倍ヨイショ) 

1、最初の作品、シンプルで好評です。

安倍をエンドでAbEndバナー
(録音:TVマスゴミの露骨な安倍ヨイショ) 

2、NHK放送命令と創りあげたい日本がある編

「命令してでも、、、創りあげたい日本がある」AbEndバナー
(録音:TVマスゴミの露骨な安倍ヨイショ) 

3、「安倍のなにがなんでも教育基本法」ならばAbEndバナー編

「安倍のなにがなんでも教育基本法」ならばAbEndバナー
(録音:TVマスゴミの露骨な安倍ヨイショ) 

4、「カルトの洗脳は人生を狂わせる究極のいじめ、そんなカルト祝電総理の教基法って一体」安倍→文鮮明変身AbEndバナー

「カルトの洗脳は人生を狂わせる究極のいじめ、そんなカルト祝電総理の教基法って一体」安倍→文鮮明変身AbEndバナー
(録音:TVマスゴミの露骨な安倍ヨイショ) 

5、格差あろうが、イジメあろうが、非正規増えよが、安部の何があろうが拉致問題AbEndバナー

格差あろうが、イジメあろうが、非正規増えよが、安部の何があろうが拉致問題AbEndバナー
(録音:TVマスゴミの露骨な安倍ヨイショ) 

6、触れないで欲しい関係があるバナー

安倍と文鮮明、触れないで欲しい関係があるアニメGIFバナー
(録音:TVマスゴミの露骨な安倍ヨイショ) 

 幅150ピクセルのサイドエリアにはりやすいタイプ

安倍と文鮮明、触れないで欲しい関係があるアニメGIFバナー
(録音:TVマスゴミの露骨な安倍ヨイショ) 

7、「カルトに祝電男が教基法変えて教育改革だって?(笑)」バナー、このシリーズ中一番人気のあるバナーです。
「カルトに祝電男が教基法変えて教育改革だって?(笑)」AbEnd+醜いし苦痛合体バナー
(録音:TVマスゴミの露骨な安倍ヨイショ) 

 上と同じですが、「ニャらば、それニャら」を「ニャらば、ニャろ~」にして、凄みのきいたシロ君のコマを使ったタイプです。どういう訳か意外と女性に人気です。

「カルトに祝電男が教基法変えて教育改革だって?(笑)」AbEnd+醜いし苦痛合体バナー
(録音:TVマスゴミの露骨な安倍ヨイショ) 

 カルトに祝電男がご執心の教基法は凶器法だろうバナー

「安倍と文鮮明、触れないで欲しい関係がある」の安倍ご執心改悪教基法は凶器法アニメGIFバナー
(録音:TVマスゴミの露骨な安倍ヨイショ) 

「カルトに祝電男が教基法変えて教育改革だって?(笑)」AbEnd+醜いし苦痛合体バナー

「カルトに祝電男が教基法変えて教育改革だって?(笑)」AbEnd+醜いし苦痛合体バナー
(録音:TVマスゴミの露骨な安倍ヨイショ) 

拉致ワンパターンの安倍君、ならば叩いてやろうじゃないのバナー
(録音:TVマスゴミの露骨な安倍ヨイショ) 

8、「すべての宗教家に問う、このまま創価学会の跳梁跋扈を許していて良いのか。」バナー
すべての宗教家に問う、このまま創価学会の跳梁跋扈を許していて良いのかバナー 自民党のHP、どうも気になる「創」バナー
(録音:TVマスゴミの露骨な安倍ヨイショ) 

9、「可愛いい動物たちに任せておけない、人間も決起せよ!!⇒経済振興のためにも基地をなくすためにも沖縄を免税経済特区に!」バナー
自立した経済振興のためにも、美しい自然を守るためにも、基地をなくすためにも沖縄を免税経済特区に!AbEndバナー
(録音:TVマスゴミの露骨な安倍ヨイショ) 

10、「復党騒動、中川秀直と中川昭一は掛け合い漫才だろう。(笑)」バナー
中川秀直と中川昭一は掛け合い漫才だろう。(笑)バナー
(録音:TVマスゴミの露骨な安倍ヨイショ) 

11、「自民党の、創価にあげたい日本がある。」バナー。キーになるコマは「穴あき(anarchy)」さんからです。合体して作ってみました。

ただし、「ワシにもちょうだい」のところの字が小さかったので噴出しと字を大きめにし、フォントの色も赤に一部修正しました。

「安倍の創価にあげたい日本がある」バナー
(録音:TVマスゴミの露骨な安倍ヨイショ) 


「安倍の創価にあげたい日本がある」バナー
(録音:TVマスゴミの露骨な安倍ヨイショ)

「弔問パフォーマンスはしても弔問外交もできないお子ちゃま安倍のアフォ~」バナー 『美しい国⇒美しい星、「美し」連呼で年金問題関心そらしの臭い物に蓋・護美箱内閣、ニャらばそれニャら、ゴミは護美箱へ、美しく』バナー

自民党と安倍の、国民・選挙民をなめきった、そして馬鹿にした、パフォーマンス政治を断固糾弾する。バナー カルトに祝電男が憲法変えて米国の代わりに戦争する国づくり(属国)バナー

企業減税、国民増税の御用学者の任命権者・安倍の未練たらたら、ならばそれニャら(笑)バナー 残業代不払い法の、あの柳沢厚労省が今度は「少子化は女性がわがままで産まないから」みたいな発言、その後あの占いの細木数子が、(笑)バナー> <img src=

植草一秀氏の不当長期勾留は共謀罪ファッショ体制の先取りである。一体何時まで?日数をカウント毎日更新バナー

※なお、この植草さんのバナー画像はダウンロードしてからではなく、必ず直リンクではってください。当雑談日記のバナー更新と同時に勾留日数が自動的に更新表示されます。バナーの下にタグを書いておきます。

 左は最初に作ったシンプルタイプ、右はマスゴミ糾弾コマと、共謀罪体制糾弾コマを追加したタイプです。

植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー 植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー

左のタグは
<p><a href="http://soba.txt-nifty.com/zatudan/2006/11/post_26c1.html"><img src="http://soba.txt-nifty.com/zatudan/0anime/abewoendodeabend15.gif" alt="植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー" /></a></p>

右のタグは
<p><a href="http://soba.txt-nifty.com/zatudan/2006/11/post_26c1.html"><img alt="植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー" src="http://soba.txt-nifty.com/zatudan/0anime/abewoendodeabend16.gif" /></a></p>

 下記はコマ数を少なくし、長期拘束が冤罪の温床になることを強調した最新の普及バージョンです。
植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー

<p><a href="http://soba.txt-nifty.com/zatudan/2006/11/post_26c1.html"><img alt="植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー" src="http://soba.txt-nifty.com/zatudan/0anime/abewoendodeabend17.gif" /></a></p>

 最新作の『「大阪大学大学院教授・本間税調会長が超1等地原宿近くの官舎に格安入居でしかも愛人と同居だって」、片や植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー』です。

植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー
(録音:TVマスゴミの露骨な安倍ヨイショ) 

<p><a href="http://soba.txt-nifty.com/zatudan/2006/12/post_ec78.html"><img alt="植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー" src="http://soba.txt-nifty.com/zatudan/0anime/abewoendodeabend18.gif" /></a></p>



| | コメント (0)

2005/03/29

The battle between `media chivalric orders'

 僕は英辞郎を使って英語を読みまくり、インターネットラジオのNHKのラジオジャパン英語ニュースで時事英語を聞きまくってます。(^^;
参考「こんな感じで英辞郎を使ってます

The battle between `media chivalric orders'

03/29/2005

A book from Hara Shobo, titled ``Shinpan Seiyo Kishido Jiten'' (Encyclopedia of European chivalry: Revised edition), lists the names of medieval chivalric orders.

Here are some: The Dog and Cock, the Scarf and the Broom Flowers, the Angelic Knights, the Fools, the White Falcon, and the Slaves of Virtue and Neighborly Love.

Medieval knights went into battle on horseback. The horses were said to symbolize power and royal sovereignty.

2005年03月26日(土曜日)付
【天声人語】

 「犬と雄鳥」「襟巻と金雀児(エニシダ)」「天使」「愚者」。これらはいずれも、昔の騎士団に付けられていた名前である(『新版・西洋騎士道事典』原書房)。「白い隼の騎士団」や「美徳と隣人愛の奴隷の騎士団」もあった。騎士にとっては、馬の背こそが戦場であり、馬は、力と王権の象徴でもあったという。

It is as if those knights of yore had suddenly descended from heaven upon present-day Japan. A financial firm affiliated with Softbank Corp. is being likened to a white knight for entering the fray between Livedoor Co. and Fuji Television Network Inc. over Nippon Broadcasting System Inc. shares.

 いにしえの時代の騎士が、突然、現代日本の空から舞い降りたような様相になっている。ニッポン放送の株を巡るライブドアとフジテレビの争いに、ソフトバンク系の投資会社が参入し、「ホワイトナイト(白馬の騎士)」になぞらえられた。

In a hostile takeover, a firm that comes in as a defensive ``reinforcement'' is referred to as a white knight. But it has been pointed out that the company could turn out to be a proverbial Trojan horse, should it come to hold the power of life or death.

 敵対的な買収を仕掛けられた時に、防衛のための「援軍」になる企業を、そう呼んでいるという。しかし、その「援軍」が生殺与奪の権を握るとしたら、後に災いを招く「トロイの木馬」になる可能性も指摘されている。

The Fuji shares that Nippon Broadcasting lent to the financial firm are described as the ``crown jewel.''

Such metaphors conjure an interesting mix of images. It is as if a medieval romance is unfolding-with galloping knights and the crown jewel-against the backdrop of a high-tech, electronic marketplace of the 21st century.

 ニッポン放送から投資会社に貸し出されるフジテレビの株は「クラウンジュエル(王冠の宝石)」と形容された。電子の回線を張り巡らせた21世紀の市場での厳しい攻防に、馬にまたがった古い騎士と宝冠の物語が絡み合う不思議な取り合わせになっている。

Speaking of the white knight, I am reminded of Chapter 6 of the Revelation of St. John the Divine in the New Testament: ``And I saw when the Lamb opened one of the seals ... and behold a white horse: and he that sat on him had a bow; and a crown was given unto him: and he went forth conquering, and to conquer.''

 白馬の騎士では、聖書の「ヨハネの黙示録」が思い浮かぶ。「小羊が七つの封印の一つを開いた……見よ、白い馬が現れた。それに乗っている者は、弓を持っていた。彼は冠を与えられ、勝利の上にさらに勝利を得ようとして出て行った」(共同訳)。

How will the present-day story of the crown and the white knight end?

This is a battle between ``media chivalric orders.''

 現代の冠と白馬の騎士とは、どこに、どう帰着するのだろうか。「メディアの騎士団」同士の戦いだ。

--The Asahi Shimbun, March 26(IHT/Asahi: March 29,2005)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/03/17

Livedoor bid strikes a blow in war of the media

 天声人語を英和対訳させて読んでいます。テキストをエディタに貼り付けて、英辞郎のポップアップ訳を利用すると楽です。

 大量に英語を読むとヒアリングも向上します。NHKのラジオジャパン英語ニュースをインターネットラジオで好きな時に聞いています。
参考「こんな感じで英辞郎を使ってます

Livedoor bid strikes a blow in war of the media

03/16/2005

When Napoleon Bonaparte's army attacked Moscow in 1812, Russian forces fled after emptying the city of everything of value to the French. A conflagration that swept through the capital added to the deprivation of the occupation army.

Worse still, winter was approaching. There was no choice for the French but to withdraw.

2005年03月15日(火曜日)付
【天声人語】

 その昔、ナポレオンがロシアを攻めた時、ロシア側はモスクワをもぬけの殻にして逃げた。大火が起こり、冬将軍も迫って、ついにナポレオン軍は退却する。

Nippon Broadcasting System Inc. (NBS), the target of rival takeover bids, is said to be considering a similar scorched-earth strategy with the aim of making itself less attractive to its enemy, Livedoor Co., by shedding as many assets as possible.

Specifically, this strategy is reported to involve the sale of the NBS equity holding in a major subsidiary to the friendly bidder, Fuji Television Network Inc.

 価値あるものを空っぽにし、迫る敵の意欲をくじく「焦土作戦」を、ニッポン放送が検討中という。主要子会社の株をフジテレビに売ってしまう構想らしい。めまぐるしい動きが続くが、ここでは、今回の攻防とは何なのかを考えてみたい。

While developments in the tug-of-war over NBS are dizzying, what is the true significance of the dispute? Does it portend the rise of one medium and the decline of another?

History has shown time and again that the prevailing medium of a certain period gradually loses its influence until it becomes another more or less equal arm of the media as a whole.

Newspapers were the ``king'' of media after the Meiji Restoration of 1868. But they became just part of the media with the rise of television after World War II.

 これは、「メディア(媒体)の興亡」なのか。ある時代の最大のメディアが「メディアの一つ」になってゆく。これがメディアの歴史だった。明治以後、メディアの首座を占めた新聞は、戦後のテレビの興隆で、メディアの一つとなった。

One wonders if the rise of the Internet will force television to become a less influential medium.

Three kinds of medium-print, TV and the Internet-are competing to survive. The outcome of the contest will be determined by consumers judging the service and content provided by each of them.

As for the Livedoor-Fuji dispute, all I can say for now is that though it could lead to the rise of one medium at the expense of others, it is not clear whether the outcome will be of a tide-turning nature for whole industries.

 インターネットの興隆で、テレビは存在感の薄い一メディアになってゆくのか。文字、映像、電子情報という三つのメディアが絡み合う興亡の帰着は、その中身も含めた各メディアの競い方と、受け手の選択次第だろう。「メディアの興亡」をはらんではいるが、その帰趨(きすう)を決するほどの争いかどうかは、不透明だ。

Is it a struggle between the old and new generations?

For old generations, the standard raised by a new generation is always baffling. A generation consists of a group of people who would notch their limited histories as individuals in the everlasting history of humanity. Those who are born later are always entitled-indeed, destined-to challenge the established order. In this sense, it is a generational tug-of-war.

 それでは「新旧の攻防」なのか。新世代の掲げる旗は、いつも旧世代を戸惑わせてきた。世代とは、人類の悠久の歴史の上に個々人の限りある歴史を乗せた、ひとまとまりの集団だ。性急とも見える既存のものへの挑戦は、後から生まれた者の永遠の権利であり宿命でもある。その意味では「新旧の攻防」だ。

The scorched-earth strategy being mulled by NBS is intended to protect itself from a hostile takeover. My worry is whether it will also serve to protect the employees of the affected subsidiary and their families.

 「焦土作戦」は企業防衛の手段という。それが「焦土」にされる会社の社員や家族の防衛にもなるのかどうかが気にかかる。

--The Asahi Shimbun, March 15(IHT/Asahi: March 16,2005)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/15

Fabled fight of Livedoor, Fuji TV lacks virtue

 天声人語を英和対訳させて読んでいます。テキストをエディタに貼り付けて、単語の分らない所は英辞郎のポップアップ訳を利用すると楽です。

 大量に英語を読むとヒアリングも向上します。NHKのラジオジャパン英語ニュースをインターネットラジオで好きな時に聞いています。
参考「こんな感じで英辞郎を使ってます

Fabled fight of Livedoor, Fuji TV lacks virtue

03/15/2005

An oak tree and a reed discuss who is the stronger in Aesop's ``The Oak and the Reed.'' (An Iwanami paperback gives a Japanese translation.) When a storm comes, the reed survives by bending as the wind gusts, but the oak is uprooted for standing tall to defy the wind.

03月12日付
■《天声人語》

 樫(かし)と葦(あし)が頑丈さを競い合った。大風が吹いた時、葦は体を曲げ突風に身を任せて、根こそぎにされるのを免(まぬ)かれたが、樫は、抵抗して根っこから覆されてしまった(『イソップ寓話(ぐうわ)集』岩波文庫)。

The moral of the story is ``Stoop to conquer.'' The idea is that one is better off not fighting or resisting someone who holds great power. True, I admire the reed's resilience and obstinacy. But I am not averse to the oak's proud defiance, either.

 強い者に対しては争ったり抵抗したりすべきではないという教えがこめられているという。確かに、葦のしなやかな対応ぶりや、そのしぶとさはいい。しかし風に向かって立ち続ける樫の姿にも、捨てがたいものがある。

Not that it matters who is what, but I was reminded of this fable as I followed the struggle between Fuji Television Network Inc. and Livedoor Co. to outdo each other and weather a storm.

 どちらが樫で、どちらが葦というのではない。吹きつけてくる大風をしのごうとして、手だてを競い合うフジテレビとライブドアの姿に、この寓話を連想した。

On Friday, the Tokyo District Court backed a court injunction, filed by Livedoor, against Nippon Broadcasting System Inc.'s planned issuance of subscription warrant to Fuji TV. I wonder what next step the latter is going to take.

Livedoor owes its current stature to the Internet's phenomenal growth in the media industry. Fuji TV is one of Japan's mammoth broadcasters established after World War II. The two rivals differ in history as well as function.

 東京地裁が、ライブドアの主張を認めて、ニッポン放送が予定していた新株予約権の発行を差し止める仮処分を決定した。フジテレビは、今度は、どんな構えでしのごうとするのか。ライブドアは、インターネットという新しいメディアの勢いに乗って大きくなってきた。フジテレビは、戦後の日本に築かれた巨大な電波メディアの一つだ。来歴も機能も異なる。

In another Aesop's fable, a fox and a leopard argue about their beauty. The leopard keeps bragging about the variety of hues decorating his fur.

The fox retorts: ``And how much more beautiful than you am I, who am decorated, not in body but in mind.'' The moral here is that beauty of the mind is more important than beauty of the body.

 イソップには、狐(きつね)と豹(ひょう)が競い合う話もあった。豹が二言目には体色の多彩さを言い立てるので、狐が言った。「わたしの方がどれ程美しいことでしょう。だって、体ではなく、心が多彩なんですもの」。体の美しさより知性の装いが大事なことを説いているという。

Again, I am not identifying Fuji or Livedoor with either of the animals. The rivals ought to be competing in the contents of their respective media. It is unfortunate that they are fighting over the number of shares.

 これも、どちらがどちらと言うのではない。本来、両者の競い合いは、それぞれのメディアの中身でするものではないか。それが、株の数の競い合いになっているところが残念だ。

--The Asahi Shimbun, March 12(IHT/Asahi: March 15,2005)

| | コメント (0) | トラックバック (0)