« 腰痛予防の筋トレは美容にも良く、キーワードはインナーマッスルだった。 | トップページ | 五十肩、四十肩と野球投手との意外な共通点、そのキーワードはやはりインナーマッスルだった。 »

2005年6月12日 (日)

古武術やヨーガとインナーマッスル。

 「腰痛予防の筋トレは美容にも良く、キーワードはインナーマッスルだった。」でご紹介した記事の、下記部分を読んでいて、古武術とかヨーガも経験的にアウターマッスルだけではなくインナーマッスルを鍛錬していたのではないかと思いました。


インナーマッスルトレーニング術 解説1
http://www.aqa-max.com/inner1.html

(略)
『アウターマッスル、外側の筋肉、見える筋肉、太い筋肉、赤い筋肉』では、大きな力が必要な時に使う筋肉、使ってる力を維持する持久力に使う筋肉と言われています。

『インナーマッスル、内側の筋肉、見えない筋肉、細い筋肉、白い筋肉』では、反射神経にかかわる動作時に使う筋肉、力を抜いて動作する時に使う筋肉と言われています。

 インナーマッスルは、大きさ・長さ・箇所などさまざまで、棘下筋、小円筋、肩甲下筋のように単体で呼ばれる場合と肩の外旋筋群のようにまとめて言う場合があります。

 インナーマッスルの働きは、筋群でおこなわれ、アウターマッスルを働きやすくする、サポートする目的があります。

 例えば、ボクシングの場合フットワークの動作のように、柔らかく素早い動作やガードやパンチ動作のように力や耐久力を必要とします。
 スピードとパワーは、アウターマッスルとインナーマッスルがバランスよく存在してはじめて発揮できます。
(略)


 で、古武術研究家と言うと思い浮かぶのは甲野善紀さんと言うことで、本のご紹介、

古の武術を知れば動きが変わるカラダが変わる
写真と図解 実践! 今すぐできる 古武術で蘇るカラダ
表の体育 裏の体育―日本の近代化と古の伝承の間に生まれた身体観・鍛練法
身体から革命を起こす
古武術の発見―日本人にとって「身体」とは何か
自分の頭と身体で考える
古武術に学ぶ身体操法
武学探究―その真を求めて
古武術からの発想
武術を語る―身体を通しての「学び」の原点

 ヨーガは以前NHKで講座をやっていた 番場一雄さん関連です。「ヨーガ 写真で見る行法のすべて 番場一雄」を購入して持っていますが写真をふんだんに使っていて分かりやすかったです。でもこれは品切れみたいですね。

1分間「ちょこっとヨーガ」健康法
1日5分「簡単ヨーガ」健康法 番場裕之
健康になる 目覚めのヨーガ  番場一雄
ヨーガ 呼吸ウォーキングから始める健康法  番場一雄
マンガ ひとめでできる「ヨーガ健康法」  原作監修:番場一雄
1日15分ヨーガ健康法  番場一雄
息のしかた きもちいい生活のための呼吸法 春木豊・本間生夫 「息のしかた」パートIII(番場一雄)
ヨーガ 写真で見る行法のすべて  番場一雄

関連投稿
 ヨガがブームらしい。しかし、誤解とか頓珍漢なのが相変わらず多いなぁ~、、。
若者に増える腰痛と馬鹿なマスコミ。
最初にマスコミの出鱈目ぶりに憤りを感じたのはヨーガ関連だった。
腰痛にも良いバランスボール。最初は座るだけでも良いのにネ。宝の持ち腐れはもったいないです。
このバランスボールFAQは、写真入、説明も分かりやすくて参考になりました。
早くもバランスボール到着、最高です。
ついにバランスボール注文しちゃいました。
バランスボールでの気づきその2。(普段の椅子の座り方を変えました)
バランスボールの良さに今まで気がつきませんでした。
五十肩、四十肩と野球投手との意外な共通点、そのキーワードはやはりインナーマッスルだった。
腰痛予防の筋トレは美容にも良く、キーワードはインナーマッスルだった。

|

« 腰痛予防の筋トレは美容にも良く、キーワードはインナーマッスルだった。 | トップページ | 五十肩、四十肩と野球投手との意外な共通点、そのキーワードはやはりインナーマッスルだった。 »

コメント

上記に引用されている文章に「赤い筋肉」「白い筋肉」と出てきますが、おそらく白筋(速筋)と赤筋(遅筋)のことを言っているものと思いますが、アウター=赤 インナー=白 とは限りません。この部分については訂正された方がよろしいかと思います。

投稿: ENDO | 2005年6月12日 (日) 20時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古武術やヨーガとインナーマッスル。:

» 古武術について [誰でもわかる!最新医学ニュース]
古武術の第一人者である 甲野善紀さんの『古武術に学ぶ身体操法』を読みました。 少し前に桑田投手が取り入れブームになった古武術。 この人は、幼少から武術をやっていたわけではなく、 畜産を学んでいた普通の大学生だったらしいのですが、 その生き方に疑問を感... [続きを読む]

受信: 2005年6月15日 (水) 10時55分

» 自分自身の余力を引き出す [個人的 書評ブログ]
著者: 石井 直方 タイトル: 筋と筋力の科学〈1〉重力と闘う筋―筋はどのようにして力を出すのか? 「火事場の馬鹿力」という言葉がありますが、この力は生理学的にみても人間に備わっているものといえます。 ただし、当然のことながら、それには上限というものがあります。この言葉には、家ごと引っ張ってしまうといったイメージがあると思いますが、残念ながら、そういう漫... [続きを読む]

受信: 2005年6月23日 (木) 20時49分

« 腰痛予防の筋トレは美容にも良く、キーワードはインナーマッスルだった。 | トップページ | 五十肩、四十肩と野球投手との意外な共通点、そのキーワードはやはりインナーマッスルだった。 »