« 「マスコミ」のカテゴリーも登場。 | トップページ | 腰痛予防の筋トレは美容にも良く、キーワードはインナーマッスルだった。 »

2005年6月 8日 (水)

負けるかもを覆すこれだけの理由。(今夜の日本対北朝鮮W杯予選)

 今夜の北朝鮮戦、油断するとあぶない。

 まずワールドカップ予選では何が起きるか分らないと言うこと。ドーハの悲劇を持ちますまでもないだろう。また、1994年のアメリカ大会の予選で、強豪国フランスが予選落ちした。ホームでイスラエルに敗れたのが、本大会進出を逃がした大きな原因と言われた。

 そして、北朝鮮は言われているほどには弱くはないということである。先日のアウェイでのイラン戦1:0で負けたとは言え、粘り強い戦いをしていた。

 で、にもかかわらず日本が勝つという表題のテーマである。日本は今夜勝つだろう。しかも、2:1あるいは3:1くらいで。(^^;(汗)

理由その1、
 中田(英)、中村、三都主が出られない。また、小野は怪我、中沢も足の怪我情報で微妙である。普通なら、大マイナス要因だろう。しかし、それが逆にプラスに働くと見る。緊急事態と言うことでチーム全体が油断せず引き締まると思うのだ。

 しかも、代わりに出るのが、中田(浩)、稲本、小笠原である。(小笠原は前試合も出ているが、小野あるいは中田(英)の代わりと言う意味で)
 小笠原は派手さはないが、その実力には定評がある。玄人好みする選手である。稲本も怪我とかで出遅れた感があるけれども、本来ならスタメンで出るべき実力の選手だ。ボランチを得意とするが、ディフェンスも強いし折を見て飛び出す攻撃センスも優れている。
 中田(浩)もディフェンス、攻撃両方のセンスが良い。そしてなにより頼もしいのがFWを予想される柳沢・鈴木と鹿島アントラーズでお互いの特長を知り尽くしていると言うことである。

 柳沢・鈴木、小笠原、中田(浩)の鹿島アントラーズラインが強力な芯となるだろう。

理由その2、
 無観客試合である。本来なら平壌でやる時のことを考えればこれは日本にとって大きなアドバンテージとなる。

理由その3、
 夕方以降のスコールでグラウンドがぬかるむことが予想されている。日本開催W杯前に日本代表はヨーロッパに遠征しフランスとテストマッチを行った。その時、やはりひどい雨中だった。日本はフランスに子供のようにあしらわれてしまった。実力の差がもろに出てしまったのである。好コンデションならそれほど現れない実力差が、グラウンドの悪条件ではもろに出てくる。

 パワー的に侮れない北朝鮮だが、技術的な面では日本の方が現在では上と見ている。グラウンドが悪条件になれば技術差で日本有利と見る。
※普通、悪条件だと精密なパスなどが出来ず、実力差が出ないように思われている。しかし、むしろ逆で、ボール扱いの基本技術の差が体力の消耗度に影響するらしい。

結論、
 中田(英)、中村、三都主が出られず、また、小野は怪我。中沢も足の怪我情報で微妙と言う悪条件にもかかわらず、いやそれだからこそ、逆にマイナスがプラスに働きチームの雰囲気を引き締め日本は北朝鮮に勝つであろう、

 2:1あるいは3:1くらいで。(^^;(汗)

|

« 「マスコミ」のカテゴリーも登場。 | トップページ | 腰痛予防の筋トレは美容にも良く、キーワードはインナーマッスルだった。 »

コメント

こんにちわ★
あなたのサイトをランキングに参加しませんか?
ランキングに参加すると見てくれる人が今以上に増えますのでお得です(^^)/
ではこれからも頑張って下さい☆

投稿: 人気BLOGRANK | 2005年6月 8日 (水) 20時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 負けるかもを覆すこれだけの理由。(今夜の日本対北朝鮮W杯予選):

» おめでとうNIPPON!! [ポートイマジンblog]
ついに信じていたこのときがやって来た! 柳沢がゴールを決めたあの瞬間の 爆発的感 [続きを読む]

受信: 2005年6月19日 (日) 18時36分

« 「マスコミ」のカテゴリーも登場。 | トップページ | 腰痛予防の筋トレは美容にも良く、キーワードはインナーマッスルだった。 »