« 民主党「日本をあきらめない」の謎。提案したPR会社はどこのどいつだ。 | トップページ | 「党として刺客と呼んだことはない」?閣議ではしゃいでいたくせに。(笑) »

2005年8月29日 (月)

森元首相の郵政解散2日前、8月6日夜の猿芝居TVニュースの写真と、投票2週間前、10chサンプロ出演時の写真。

 (TV見逃した人はどうぞ。)

 昨日のサンプロです。

 解散8月8日の2日前、8月6日夜、ニュースに出た頃からネットでは芝居臭いと見抜かれていた。あまり臭すぎて、少しはマスゴミも言わなければと言うことなのか。(笑)

 スケベ顔の森派親分がボヤケばボヤクほど小泉がイメージアップするという構図、とネットではほとんど見抜かれていたのだが、、、。

 それにしても、国民もなめられたものだ。

※追記(2011/01/20):電通あたりのアホが思いついたのかも。それにしてもこんな猿芝居とその後失われた4年間、小泉・安倍・福田・麻生の悪政でどれ程日本と言う国が破壊されたことか。(当時の阿修羅のリンク・リストを後ろに記載

949 1、「缶ビール10本だよ」


950 2、ミモレットチーズ


951 3、「硬くて食えないよ」


952 4、ミモレットアップ——見慣れない小道具 奇妙なテンション——


953 5、「変人以上だな」


954 6、「サジ投げたな」


955 7、田原の前でミモレットチーズを食う


956 8、今だから言う猿芝居。——チーズ会談決裂 今だから言う!!解散劇の舞台裏——


957 9、ニヤニヤ顔の田原——解散の真相 主演森氏 脚本小泉氏 秘められたシナリオ——


958 10、CM前にスタジオで例の缶ビールを飲む森元首相


※上記画像は当初阿修羅のテスト板(http://www.asyura2.com/0502/test9/msg/528.html )にアップし、リンク紹介だけしました。テスト板には場違いなアクセスでしたが、その後カウンターがぶっ壊れ最終的な数字は確認出来ていません。

関連:
民主党TV-CF政見映像には、あからさまで悪意なイメージ操作があった。(PR会社FHJは糞だ。岡田も糞だ。)

 

関連投稿
自民党が推すホリエモンについてのナルホド。
郵政民営化とは本当は何なのか - 公社分割と株式売却の中身(なるほど、キーワードはホリエモンだ)
皆さん読んだ方がいい「海外メディアが伝えた小泉・郵政解散劇の評判」
今「時事・評論」が女性にもトレンド。嘘だらけのマスゴミなんで、当然ではある。(笑)
小泉ヒットラーのパロディ写真が面白いです。
この毎日新聞の見出しのつけ方は恐ろしく「衝撃的」である。いや、間違えた「笑撃的」である。(爆笑)
ネットTVで反対派荒井広幸氏(参院議員)の話しをじっくり聞きました。いや~ぁ、小泉の"郵政民営化"なんてとんでもないナ。
広告会社とマスゴミを使った洗脳チョロマカシ作戦ははたして成功するのか。
「争点限定誘導・マインドコントロール解散」だ。もし命名するとすれば。
確かに最近のマスゴミは小泉ヨイショに偏向していると思う。気持ちが悪いくらいだ。
英フィナンシャルタイムズ記事「国際金融が日本の郵貯350兆円を手に入れるのは、もうちょとの辛抱」
ココフラッシュにマスコミ批評カテゴリーがついに登場。


 以下、資料として採録。

<郵政法案>小泉・森会談が決裂 首相、解散見送り拒否【共同通信】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050806-00000085-mai-pol

 小泉純一郎首相が政権の最重要課題と位置付ける郵政民営化関連法案は、8日午後の参院本会議で採決される。法案の成立が依然厳しく、衆院解散が不可避と の見方が広まる中、自民党の森喜朗前首相は6日夜、首相公邸に小泉首相を訪ね、解散回避に向け大詰めの説得を試みた。しかし、首相は法案が否決された場合 の解散見送りを拒否し、会談は決裂した。森氏による説得が不調に終わったことで、同党執行部は7日に役員会を開き、本会議採決への最終的な対応を協議する 見通しだ。

 首相と森氏の会談は約1時間半に及んだ。森氏によると、同氏は同党の青木幹雄参院議員会長や片山虎之助参院幹事長らの名を挙げ、「多 くの人が解散を避けるために努力している。その人たちを苦しめて何の意味があるんだ」と、首相に翻意を求めた。しかし、首相は「(郵政民営化は)おれの信 念だ。殺されてもいいんだ。解散を好んでいるわけではない」と答え、郵政法案が否決されたら解散で信を問う姿勢を変えなかった。

 会談後、森氏は記者団に「さじを投げた」と語り、首相に対する説得を断念したことを明らかにした。森氏はこの後、森派の事務所で福田康夫前官房長官と善後策を協議した。

  青木氏ら参院自民党幹部も6日夕、国会近くのホテルに集まり、賛否を明確にしていない議員への働きかけを強めることを確認した。また片山氏は、岡山県真庭 市での式典のあいさつで「あと1日半ある。全力を挙げて解散にならない道を考えていかないといけない。賛成派も反対派も虚心に胸を開いて議論し、国民のた めにどうあるべきかを話していく必要がある」と述べ、説得工作を続ける意向を示した。

 さらに同党の与謝野馨政調会長は6日、民放の報道番組で 「可決に持ちこむためにいくらでも工夫する。今すぐには修正できなくても、公明党と自民党の間で『将来修正しよう』と決めておいてもいい」と述べ、政府・ 与党の覚書によって事実上、法案を再修正し、反対派の理解を得ることも検討対象になるとの考えを明らかにした。

 自民党幹部は法案成立が困難との 前提で「衆院では委員会可決後に議長の発議で継続審議にした例がある。参院でも政治判断でできる」と語り、8日の採決は避けて継続審議にする方策を探る考 えを示した。公明党は党本部で臨時の幹部会を開き、法案をめぐる厳しい情勢を踏まえて、小選挙区の第1次公認候補11人を衆院解散の直後に発表することを 決めた。

 参院自民党では、亀井派の13人前後を中心に21人前後が郵政法案に反対に回る可能性があり、成立が困難な情勢が続いている。
(毎日新聞) - 8月6日21時55分更新

 

首相、森氏の要請拒否 否決なら解散は「信念」【共同通信】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050806-00000169-kyodo-pol

 郵政民営化関連法案は8日午後の参院本会議で採決される。小泉純一郎首相は6日夜、森喜朗前首相が否決された場合の衆院解散回避を求めたのに対し「おれの信念だ。殺されてもいい。それくらいの気構えでやっている」と拒否した。

 6日現在、自民党から欠席・棄権を含め「否決ライン」の18票を超える造反が出る可能性が強い情勢は変わっておらず、与党執行部は反対派の説得に全力を挙げるとともに、本会議での法案修正などを模索する解散回避を目指す動きも活発化した。

 これに対し、反対派は大差での否決を目指して多数派工作を展開、幹部は「反対票だけで18を超えた」と否決に自信を示した。

 自民党の与謝野馨政調会長はテレビ番組で「(反対派からの)要求があれば、いくらでも工夫する。今すぐ修正できなくても、自民党と公明党でこの部分を将来修正しようと決めてもいい」と述べ、説得材料として、将来の法改正を確約することも検討する考えを明らかにした。
(共同通信) - 8月6日21時43分更新

 

 郵政選挙の頃の阿修羅の政治・選挙板

2005/8/06から
http://www.asyura2.com/0505/senkyo11/index.html

2005/8/21から
http://www.asyura2.com/0505/senkyo12/index.html

2005/9/07から
http://www.asyura2.com/0505/senkyo13/index.html

2005/9/11から
http://www.asyura2.com/0505/senkyo14/index.html

始めに戻る


|

« 民主党「日本をあきらめない」の謎。提案したPR会社はどこのどいつだ。 | トップページ | 「党として刺客と呼んだことはない」?閣議ではしゃいでいたくせに。(笑) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 森元首相の郵政解散2日前、8月6日夜の猿芝居TVニュースの写真と、投票2週間前、10chサンプロ出演時の写真。:

» 小泉圧勝の「起点」はミモレット [万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記]
 わが家のある北白川周辺には、フランス料理店も多い。その一つ、御蔭通り沿いの「Le Bellecour」にランチを食べに歩いて行った。明日が妻の誕生日なので、その前日(夜)祭(と妻が言っていた)。ここはランチコースが3200円とちょっと高い。でも、料理はかなり本格的....... [続きを読む]

受信: 2005年10月 9日 (日) 22時22分

« 民主党「日本をあきらめない」の謎。提案したPR会社はどこのどいつだ。 | トップページ | 「党として刺客と呼んだことはない」?閣議ではしゃいでいたくせに。(笑) »