« 広告会社とマスゴミを使った洗脳チョロマカシ作戦ははたして成功するのか。 | トップページ | 郵政民営化と金の流れを図に描いて考えてみました。 »

2005年8月13日 (土)

英フィナンシャルタイムズ記事「国際金融が日本の郵貯350兆円を手に入れるのは、もうちょっとの辛抱」

  以下文中「$3,000bn」と言うのは言わずと知れた「Japanese savings」つまり庶民の汗の結晶、郵貯の350兆円である(現在のレート、110.93円/$だと約332.8兆円)。
※bnと言うのは「billion」の略。
■billion  {名・形} → 10億(の)、莫大な、無数の◆G(giga)と同じ。=1,000,000,000◆独・英で1兆を指す時もある。◆【略】b ; b. ; bn. ; bln ; Bln ; BLN(英辞郎より)

 それを、「will have to wait a little longer to get its hands on」つまり、「もう少し待つことなるよ、手に入れるにはネ、」と言っているのである。
 ずうずうしいと言うか、正直にも。(汗)(^^;

 小泉の郵政民有化は、まさにそれに向かってまっしぐらと言う訳である。そして、それを日本のマスゴミはまともに報道しようともしない。広告会社を通してキンタマでも握られてでもいるかのごとく、、。

※国際金融資本と言えば米国、米国と言えば国際金融資本。小泉の対米従属を見るとき、頭に入れておいて損はない。


◆A contemporary dilemma haunted by history (Financial Times)
http://news.ft.com/cms/s/ae844de4-0834-11da-97a6-00000e2511c8.html

By Ronald Dore
Published: August 8 2005 20:22 | Last updated: August 8 2005 20:22

Junichiro Koizumi, Japan’s prime minister, has lost the vote on his grand scheme to privatise the country’s post office with its vast savings pool and will go to the polls. For now, the village-pump communitarian face of Japanese conservatism has won out over anti-bureaucratic, privatising radicalism. The global finance industry will have to wait a little longer to get its hands on that $3,000bn of Japanese savings.

But the snap election next month is likely to focus as much on the dire state of Japan’s relations with China and Korea as on privatisation. Here at issue is the other face of Japanese conservatism: the reluctance to feel guilty about the war. The key symbol of that reluctance has been Mr Koizumi’s visits to the Yasukuni shrine in Tokyo to pay respects to Japan’s war dead. There is speculation he might open his election campaign with such a visit on the 60th anniversary of the war’s end next Monday. Opinion polls show a bare majority think it “wiser” not to go. Mr Koizumi may think bravado and talking tough to the Chinese will win more votes than wisdom.

 

(クリックで拡大)
20100127img320e62f5zik0zj ←このエントリーを投稿してから5年後の2010年1月27日、参院予算委員会で質疑する国民新森田高議員。「これは郵政解散翌日の某海外の新聞のトップ紙面であります」 と言及しているFinancial Times。一見新聞そのままの様に見えますが、一面トップ部分と漫画部分と上記記事中赤字の部分を貼り付けてコラージュでまとめたもののようです。


20050809ingram_pinnimg7388a564zik9 ←質疑中、森田高議員が持つFinancial Timesの漫画部分。作者はIllustration by Ingram Pinn


※追加:最初の記事(◆A contemporary dilemma〜)の翌日の記事です。

Koizumi's contemporary dilemma is haunted by history(Financial Times)
http://www.ft.com/cms/s/0/f4a2fd10-0871-11da-97a6-00000e2511c8.html
By Ronald Dore

Published: August 9 2005 03:00 | Last updated: August 9 2005 03:00

Junichiro Koizumi, Japan's prime minister, has lost the vote on his grand scheme to privatise the country's post office with its vast savings pool and will go to the polls. For now, the village-pump communitarian face of Japanese conservatism has won out over anti-bureaucratic, privatising radicalism. The global finance industry will have to wait a little longer to get its hands on that $3,000bn (£1,700bn) of Japanese savings.

But the snap election next month is likely to focus as much on the dire state of Japan's relations with China and Korea as on privatisation. Here at issue is the other face of Japanese conservatism: the reluctance to feel guilty about the war. The key symbol of that reluctance has been Mr Koizumi's visits to the Yasukuni shrine in Tokyo to pay respects to Japan's war dead. There is speculation he might open his election campaign with such a visit on the 60th anniversary of the war's end next Monday. Opinion polls show a bare majority think it "wiser" not to go. Mr Koizumi may think bravado and talking tough to the Chinese will win more votes than wisdom.

Certainly, Yasukuni shrine, centre of the oppressive pre-war state Shinto cult of patriotism, is a strange place to go to pray for peace - which is what Mr Koizumi says he does. It is exclusively dedicated to those who "gave their lives for the Emperor" (not including air-raid victims). An attached museum glories in the patriotic heroism of Japan's tragic failure. Also - a core theme of Chinese complaints - it enshrines those judged by the Tokyo war crimes trials to be war criminals.

In the wake of Mr Koizumi's legislative defeat, the opposition Minshuto now has a real chance of governing. What line might it take? One possibility is to promise serious debate about the justice of those war crimes trials. Every Japanese party leader must take into account a widespread feeling that Japan was not singly to blame for the war. Only one-fifth of that bare majority in opinion polls who thought official visits to the shrine unwise thought also they were "wrong". But this vague unease is currently expressed and exploited only by the fanatic populist right whose blogs and manga cartoons make martyred heroes out of the "victims of victor's justice". The establishment line hitherto has been not that the trials were "just", but that "Japan accepted the justice of the trials in the San Francisco peace treaty: the matter is closed". Nothing could more clearly signal the absence of that key Confucian virtue, sincerity.

One idea might be to ask an international body, possibly one under the United Nations umbrella, to set up a panel - three internationally distinguished historians, say, with one Japanese, one Chinese and one Korean adviser - to reassess the trials. In opening the issue, any "revisionist" should make clear to China and Korea that the debate is not about the scale and nature of individual atrocities for which the "B" and "C" class war criminals were punished - many with death sentences. The standards of military justice applied may well have been wanting; but only the rabid fringe in Japan would deny that atrocities were committed, or seek to justify them.

It is, instead, about the events leading up to the war itself, and the burden of guilt of the so-called "A" class war criminals, including the seven who were hanged, and whose enshrinement in Yasukuni drives Chinese protests.

The first point for any revisionist to make is that the "orthodox" thesis - a blameless Japanese people dragged into war by a fanatical militarist faction whose leaders were properly hanged - is too easy a cop-out. As an excuse, it is morally available only to the relative few who passed the war in prison and the slightly larger number who sat it out in sullen alienation. Any 70-year-old Japanese will remember the general feeling, a month before Pearl Harbor, that war could not honourably be avoided, given US demands. They will remember, too, the national euphoria that prevailed in the initial, victorious six months of the war.

If by any chance Mr Koizumi adopts this line, he might even mentionhis politician grandfather who hounded an "unpatriotic" pacifist out ofhis party in the late 1930s, in theend finally destroying party politics.

The key question, however, is whether the sins of the Japanese nation were so extraordinary as to warrant execution of its leaders, even as a symbolic act. General Tojo and his crowd were certainly racists, but their assertions of Japanese superiority were partly a response to slights from the white, western world, such as the rejection of Japan's proposal for a declaration of racial equality in the preamble of the Versailles treaty. It was a racial war, but the Japanese had no genocidal project equal to the Nazis' systematic slaughter of Jews and Gypsies.

They were racists, yes, but all imperialists were racists. Like earlier generations who fought China and Russia to win Taiwan and Korea, they were trying to build an empire that could claim equality with the European empires. Racial resentment apart, they had similar motives to the European imperialists: the same sheer national self-aggrandisement, the self-righteous belief in a civilising mission and the hypocritical cynicism to use the one to justify the other.

An amusing history game: try to match Japanese leaders with the imposing figures of 19th-century British history. Matsuoka Yosuke had a bit of the flamboyant self-assurance of Palmerston, if not the wit. In the freelance buccaneer class, Sasakawa matches with Cecil Rhodes (both eventually set up British educational foundations). The dour Tojo perhaps most resembled the pious General Gordon, who sacked Beijing only 40 years before Tojo's men sacked Nanjing.

The big difference was that the Japanese came too late. And lost. The winners could declare the imperial age over, cede their colonies and claim they had saved the world for freedom and democracy. Why would mainstream Japanese politicians hesitate to talk in these terms? Probably because it would upset too many powerful Americans. Yohei Kono, speaker of the lower house of Japan's Diet and a former foreign minister, got to the heart of it when he said last weekend: "We need an even-handed approach . . . We need to rethink our habit of doffing our caps to America on the one hand and talking down to the Chinese on the other." Perhaps he had in mind the Chinese charge that putting Japan on the UN Security Council would be giving two votes to the US.

The writer is author of Stock Market Capitalism, Welfare Capitalism: Japan and Germany vs. the Anglo-Saxons (OUP)

Copyright The Financial Times Limited 2010. You may share using our article tools. Please don't cut articles from FT.com and redistribute by email or post to the web.


関連投稿
午後七時四分、衆議院解散。(2005・9・11投開票の小泉ワンフレーズ郵政詐欺紛い選挙)

郵政民営化とは本当は何なのか - 公社分割と株式売却の中身(なるほど、キーワードはホリエモンだ)
郵政民営化と金の流れを図に描いて考えてみた。

 

自民党が推すホリエモンについてのナルホド。
皆さん読んだ方がいい「海外メディアが伝えた小泉・郵政解散劇の評判」
今「時事・評論」が女性にもトレンド。嘘だらけのマスゴミなんで、当然ではある。(笑)
「ネットTVで反対派荒井広幸氏(参院議員)の話しをじっくり聞きました。いや~ぁ、小泉の"郵政民営化"なんてとんでもないナ。
広告会社とマスゴミを使った洗脳チョロマカシ作戦ははたして成功するのか。
「争点限定誘導・マインドコントロール解散」だ。もし命名するとすれば。
確かに最近のマスゴミは小泉ヨイショに偏向していると思う。気持ちが悪いくらいだ。
マスゴミが小泉をヨイショしている間に、その時まわりに誰もいなくなった状態だな~ぁ。ブッシュのポチ犬・小泉外交。
「(年次改革要望書を)見たこともありません」の竹中の大嘘答弁、小泉は「思い過ごし」とはぐらかし、それを報道しないマスゴミ。
ココフラッシュにマスコミ批評カテゴリーがついに登場。

 

追加(2009-03-01)
↓クリックで特捜佐久間よ国策逮捕だけ?(笑)
   サンプロで亀井氏に「告発しますよ」で竹中動揺↓
竹中も=上祐も、このディベート屋の糞野郎! 竹中も=上祐も、このディベート屋の糞野郎!
ポスターバナー第50作目と第51作目。

↓自Endポスターバナーの第49作目、幅370px、縦370pxです。さらに大きい幅550px、縦550pxもあります。クリックで、雑談日記の植草一秀さんと保坂展人さんの関連記事リンク集エントリー。

 同じココログなら範囲指定し、コピーアンドペーストで簡単にはって表示できます
小泉の2005・9・11郵政詐欺選挙「郵政民営化は改革の本丸です」バナー

 ↓下のバナーをクリックすると、上のバナーのもっと大きい、幅550px、縦550pxが出ます。
地方いじめの自公は自Endバナー 3代連続衆院選挙なし総理、世襲政治を自Endバナー

 

|

« 広告会社とマスゴミを使った洗脳チョロマカシ作戦ははたして成功するのか。 | トップページ | 郵政民営化と金の流れを図に描いて考えてみました。 »

コメント

年次改革要望書に郵政民営化が盛り込まれているということなのだろうけど、アメリカが民営化された郵貯の大株主になったとしても、それで、郵貯に預けられたお金を「とる」という事になるのだろうか。あくまで、預けているお金なのだから、いやな人は解約すればいいんだし。ちょっとその辺がよくわからないのですが。

投稿: 木村ざぶき | 2005年8月13日 (土) 14時24分

訳がおかしいよ。「get its hands on that $3,000bn of Japanese savings」は直訳すると、「その3兆ドルの日本の貯金に手を触れる」であって「手に入れる」ではない。取り扱いに加われる、という程度の意味では。

投稿: き | 2005年8月14日 (日) 20時19分

get one's hand onで「~を手に入れる」なんですが・・・

投稿: てっく | 2005年8月14日 (日) 21時08分

外資参入に“国策企業や悪徳系ファンド”が手を伸ばさないか確証があるわけ?“外資規制がない”ということは“株式取得により経営権を握れば”…わからないかな?アメリカの対日政策が『日本の郵政民営化が最重要事案』としている意図を。アメリカが買収すれば、アメリカ国債の大量買い増しも考えられる。もとより転売、切り売りも考えられるわけで英国が米資本流入により、国内経済をボロボロにされたのを知らない人達かな?

はて?郵政の中身がわからないと言う層が解約するとは思えない。第一、340兆ほどあるうちのどれだけが?

投稿: ファンド | 2005年8月15日 (月) 06時08分

外資が経営権を握るのもいいのではないでしょうか。
日本の産業のために世界中のお金が日本へ入ってくるのはよいことです。
外資を利用して、日本の産業が強くなればいい。
資本というのは、産業の種です。種を蒔いてくれるのは大いに結構。しかも、外国から日本にお金を入れてくれるのですよ。
悪いはずがありません。
外資が買う、ということは、外国からそれだけのお金が日本に入ってくるということです。ただでもっていかれるのではなく、買ってくれるのです。きちんと対価は入ってくるのです。


なぜ、外資はいけないのか、その根拠を明示せず、外資だからダメ、というのは資本主義をよく理解されていないのではないでしょうか。

投稿: 阿川大樹 | 2005年8月15日 (月) 22時21分

>てっくさん
といってもそれ口語だからなぁ・・・。まぁ僕もネイティブじゃないので微妙なニュアンスは置いといて、こんなんはどうですか?http://d.hatena.ne.jp/svnseeds/20050816#p4

投稿: き | 2005年8月16日 (火) 23時45分

TBありがとうございます。
この件についてはいろんなところで議論されているので勉強になりますね。
僕が重要視しているのは,資本主義だ外資だ云々ではなくて,『年次改革要望書』っていう内政干渉を国民にろくすっぽ説明もせずにコソコソと受け入れている情けない日本の状態を放置していいのか?ということです。
石原慎太郎都知事が先日行った会見でもはっきりと『年次改革要望書』という言葉が使われたのにテレビではカットされたり,国会質問で民主党の質問で使われたときも翌日の新聞には出ていなかったり・・・とにかくマスコミが要望書の存在を隠し続けている,そんな大政翼賛的なマスコミ規制の下で外資と経済戦争したって日本のヒヨコ達が勝てるわけないでしょう。大事な情報を知らされずに政府の音頭に躍らされて民営化マンセーで突撃・・・昔の日本に似ていませんか?
竹中大臣が委員会や国会で認めているように,18回にもわたってアメリカの担当者と民営化の打ち合わせをしてきたのにそんなこと野党が突っ込まなければ知られることがなかったという状態の,しかもその事実を新聞などの大手マスコミが全く伝えないという状態のどこがフェアでフリーでグローバルな自由競争なんですか?
(参考:http://amesei.exblog.jp/1494566など)
(この続きは僕のブログで・・・)

投稿: ボウズ丸もうけ | 2005年8月17日 (水) 00時27分

3連発TBはじめて!ありがとうございます。
私も年次改革要望書にはこのエントリーで触れています。
http://akiller.cocolog-nifty.com/blog_of_akiller/2005/03/post_17.html
問題は、総務省と金融庁の縄張り争い、外資と国内金融機関のつばぜり合い、SOBAさんも過去のエントリーで指摘されている財投や特殊法人の非効率、に集約されると思います。
極東ブログさんの記事ではウォルフレン教授が小泉首相と何度も郵政民営化の理由をたずねたところ、財投や国際金融の話しはその当時は理解していなかったと書いてあります。

アメリカは驚くほど日本について研究して痛いところをついてきます。我々も国際的に通用するような政治意識をもって理論武装する必要があると思います。
政治家が郵政民営化(賛成or反対)で何を目指しているのかはっきり言わないから、対米追従を批判することなど、批判のための批判に、マスゴミもおもしろおかしく報道するという旧態依然とした構図が続くのです。

投稿: akiller | 2005年8月19日 (金) 11時57分

続けてすいません。
私の現在の政治意識は、グローバル化のメリット・デメリット、小さな政府のメリット・デメリット、とそれらを急進的にやるか漸進的にやるのかという点をあれやこれや考えては迷うという、へたれな状態です。

投稿: akiller | 2005年8月19日 (金) 12時01分

TBを見て来ました。このエントリーの内容に関しては、irregular Expression のgoriさんが8/20記事で書いた以下の訳が最も妥当かなと思います。

<以下引用>

「For now, the village-pump communitarian face of Japanese conservatism has won out over anti-bureaucratic, privatising radicalism. The global finance industry will have to wait a ??little longer to get its hands on that $3,000bn of Japanese savings.」
  ↓
これは直訳すると
  ↓
「(参議院で郵政民営化法案が否決される事により)現時点では、日本保守主義における村社会の共産主義的な側面がアンチ官僚的・民営化改革主義に勝利を収めることが出来た。世界の金融業界が3兆ドルの日本の預金を手に入れるにはもうしばらく待たねばならないだろう」
  ↓
さらに超訳すると
  ↓
「郵政民営化法案否決のおかげで、今まで財政投融資や国債という非常にクローズドな『村社会の共産主義的』運用をされていた3兆ドルといわれる郵貯・簡保の金融資産が『開かれた資本主義的世界の金融市場』に流れ込むにはもうしばらく時間がかかるだろう」

<引用終わり>

私はgoriさんの他の主張には必ずしも同調しませんが、自分で訳してみてこちらが妥当と判断しました。

投稿: JET | 2005年8月20日 (土) 01時33分

 アメリカの基準について。アメリカは自分たちの基準を世界基準とにしたいためアメリカが「解放」した経済分野は他の国にも解放するように働きかけます。(実質は障壁を自分の企業にかけたりしますが)そこから考えて日本はアメリカの貯金市場に参入しているのではないですか。もしそうするときびしいですね。国際的な「解放」や自由化の波を止めるか、郵貯等は解放しなくても他の金融機関を開かないと圧力が来そう。
 外資にも良い企業はあるかもしれませんが、今の国際市場では「責任」がありませんから、アジア金融危機の時観たいに撤退された国の金融を壊していったら最悪、地域にも影響が出る。世界銀行もWATOも自由化推進で「責任」は作らないでしょう。希望は東太平洋(オーストラリアも)連合体かな

投稿: pixy | 2005年9月 1日 (木) 13時24分

ロナルド・ドーア氏は、「階層間格差拡大は破滅への道か 斎藤貴男さんhttp://book.asahi.com/pocket/TKY200505180211.html
で紹介されている『働くということ - グローバル化と労働の新しい意味』の著者で Koizumi's Snap Election: a contemporary dilemma haunted by history By Ronald Dore http://japanfocus.org/article.asp?id=360
This article appeared in Financial Times, August 9, 2005. Ronald Dore is author of Stock Market Capitalism, Welfare Capitalism: Japan and Germany vs. the Anglo-Saxons. Posted at Japan Focus August 10, 2005. から(というか『働くということ』に目を通しましたが・・・)、ドーア氏は、国際金融業者に批判的立場であり、「そうは問屋がおろさない、おあずけになったね」W と国際金融業者に皮肉を述べていると推測されます。情報を意図的にミスリードしたと推測される方は、わかっておりますが・・・

投稿: なるほど | 2005年9月 2日 (金) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91038/5446582

この記事へのトラックバック一覧です: 英フィナンシャルタイムズ記事「国際金融が日本の郵貯350兆円を手に入れるのは、もうちょっとの辛抱」:

» 郵政公社に思う [きむライダー]
民にできることは民にやらせて、 民業圧迫はやめたほうがいい。 郵政は 今まで国民 [続きを読む]

受信: 2005年8月13日 (土) 14時05分

» 素朴な疑問色々 [Let's Blow!  毒吐き@てっく ]
2008年問題って知ってますか? SAPIO新春号の特集より 〓1998年に当時... [続きを読む]

受信: 2005年8月14日 (日) 21時09分

» マスコミと内閣支持率世論調査に思う [社長の本音日記]
小泉総理の歯切れの良い短いフレーズのみを鵜呑みにしてはいけないということを書きました拙ブログ「小泉総理の言葉に騙されてはいけない」に対して多くの方からコメントをいただきました。 社長の本音日記「小泉総理の言葉に騙されてはいけない」 http://blog.livedoor.... [続きを読む]

受信: 2005年8月15日 (月) 11時42分

» 今回の選挙について [一日考察 色々な感想]
私のごく近い年長者からお叱りをうけた。 先日書いた今回の選挙での民主党への思いに [続きを読む]

受信: 2005年8月16日 (火) 15時44分

» 「郵政民営化法案」自民党造反組の追跡(随時更新中) [時評親爺]
早くも「郵政民営化法案」を巡る、自民党造反組の選挙動向が動き出した。以後、棄権・欠席組及び反対投票組の動向に何か変化のあった際にこの記事に随時書き込んでいくことにする。記事末「議員名リスト」中の氏名赤字が候補動向や選挙区動向に変化のあった議員で、氏名太字は私が個人的に特に注目している議員である。尚、「議員名リスト」の分類等は8日付毎日新聞報道に従った。 1.古賀誠元幹事長が賛成転身・公認へ(10日)ニュースソースは10日付毎日新聞からである。以下参考のため引用しておく。 > 一方、衆院採決で... [続きを読む]

受信: 2005年8月16日 (火) 19時54分

» 投票率の低下は当たり前 [狸議長の寝入り]
投票率の低下は選挙のあるごとに問題視されています。「政治離れ」とか、「みんな選挙 [続きを読む]

受信: 2005年8月18日 (木) 22時38分

» 郵政民営化と小泉 [手前ら、日本人をなめんじゃあねぇ]
小泉純一郎が、今日の参議院本会議において、『郵政民営化法案』の採決において、『否決』された場合に、憲法の規定による、内閣総理大臣の権限での『衆議院解散』を行う可能性が大きくなってきた。 後見人の『森喜郎』前総理の説得にも、『殺されても法案は成立させる』とのたまったといわれているが、ずいぶん軽い命だ。 いったい、『郵政民営化』という、小泉内閣最優先の法案というものは、そんなに重大な法案なのだろうか。他に、これ以上重大な法案を葬ってもよいほどの法案だとは思えないし、『否決』が予測されるのであれば『継続審... [続きを読む]

受信: 2005年8月22日 (月) 16時45分

» 誰が喜ぶ郵政民営化 [ウオッチャー]
今回の選挙は郵政民営化一色に染まってる感じですが、本当にこの時期に民営化してよいものなのでしょうかね? 「とくだね」でも小倉キャスターが「他にも重要な問題がいっぱいある」といっていた。民主党は年金といってるけど、なんかそれも違う気がする。 マスコミ、とくにテレ... [続きを読む]

受信: 2005年8月26日 (金) 15時45分

» エクソダス2005《脱米救国》国民運動ブログサイトを構築して分かったこと [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
http://www.asyura2.com/0505/senkyo13/msg/400.html 投稿者 馬場英治 日時 2005 年 9 月 04 日 17:29:36: dcAX/x0KhXeNE ゲッペルス流のメディアコントロールを目的として外資によって設立されたPR会社・調査会社はこの選挙でとんでもない儲けを出していることだろう.ある会社はアルバイト5000名を緊急募集し,時給1625... [続きを読む]

受信: 2005年9月 5日 (月) 19時03分

» 選挙前の不吉な予感(特にまだ投票先に迷っている達へ。) [トドちゃんの風刺画 Critic Cartoons Todo-chan]
 いよいよ選挙が近付いていますね。・・・なんか不吉ですねぇ。「自民圧勝・・・!?」 何が不吉・・・ってぇと、日本の民主主義の前途に大きな壁が立ちはだかっている感じ、と言いましょうか。別にこう感じているのはわたしだけではないでしょう。何かが「オカ... [続きを読む]

受信: 2005年9月 9日 (金) 08時02分

« 広告会社とマスゴミを使った洗脳チョロマカシ作戦ははたして成功するのか。 | トップページ | 郵政民営化と金の流れを図に描いて考えてみました。 »