« 「(年次改革要望書を)見たこともありません」の竹中の大嘘答弁、小泉は「思い過ごし」とはぐらかし、それを報道しないマスゴミ。 | トップページ | 広告会社とマスゴミを使った洗脳チョロマカシ作戦ははたして成功するのか。 »

2005年8月13日 (土)

女性候補を対抗馬に使い「刺客」などとうそぶく小泉・武部、ねらいは無党派層のようだ。なめるなよ我ら無党派を。(笑)

 僕も、ずーーーっと無党派でしたけれどね、投票は欠かしたことはない。

 去年と違って今年、小泉は8月15日の靖国参拝を中止したらしい。マスコミなどは近隣諸国に配慮する公明党に遠慮してとか言っている。

 それもあるだろうが、一番のねらいは無党派層への受け狙いと見る。いけ面女性官僚を候補に使うのもその延長線上だろう。無党派層も随分なめられたものだ。

 孫悟空などに出てくる妖怪は女と決まっている。悪人面していては人をだませない。いけ面をならべた時点で小泉のいかがわしさを感じてしまったよ、おじさんとしては。(笑)

 小泉以上にムカつくのは、サラリーマンいじめ増税や年金問題などを取り上げず、郵政民有化だけに焦点をあてるマスゴミである。「争点限定誘導・マインドコントロール解散」の小泉にヨイショするマスゴミは庶民の敵だ。

 以下、参考として下記記事。「森田実ホームページ」で読めます。


2005.8.11(その2)
2005年森田実政治日誌[232]
戦前を知る人々の憂い――マスコミは、政治権力の手先となった。
http://www.pluto.dti.ne.jp/~mor97512/C02043.HTML

軍事政権の手先となった1930年代のマスコミの歴史を繰り返すのか。マスコミよ、正道を踏みはずすな。健康なマスコミ人よ、決起せよ!

「歴史は繰り返す。一度は悲劇だが二度目は茶番」(ヘーゲル)
[1930年代日本の大新聞は軍部に屈服し、軍部の御用新聞となった。この結果、日本は戦争を起こし、多大な被害を蒙ると同時に、アジア諸国に多大の被害をもたらした。大悲劇を起こしたのだ。いままた日本のマスコミ(民放地上波テレビと大新聞)は小泉政権の御用テレビ、御用新聞と化してしまった。この結果、従米主義の小泉政治の暴走を許し、国益が失われた。小泉政権は米国ブッシュ政権の求める政治を行っている。反省せよ!! 目覚めよ!! 政治権力の手先だけにはなるな!!]


 8月10日、二人の80代の先輩と電話で話す機会があった。二人とも同じことを言われた――「おそろしい時代になった。戦前、軍部に言論の自由を奪われていた頃を思い出す」と。
 まずAさん。
《朝から晩までテレビを見ているが、どのテレビも「小泉ヨイショ」ばかりだ。全テレビ局が小泉首相をほめたたえた上で、小泉政治の批判者を叩き、バカにしている。テレビのキャスターは小泉首相側の政治家にインタビューするときは、猫なで声でご機嫌をとるが、野党幹部や反対派幹部に対してはとたんに横柄な態度になる。いじわる質問を執拗に繰り返す。とくにひどいのがフジテレビの黒岩というキャスターだ。小泉側の人には丁寧だが、野党党首や反対派幹部には傲慢に対応する。最近はテレビ朝日の田原総一朗に似てきた。田原の方は、このごろは、さらにひどくなっている。横柄の上、傲慢。礼儀知らずで下品だ。政治家は、黒岩や田原の番組には出ない方がよい。テレビ朝日の夜の古館というキャスターも田原のマネばかりしている。全テレビが小泉の応援団になってしまった。健全な批判者がテレビから排除されてしまった。日本の未来は暗いね。》
[「諦めないでください。9月11日の一票で小泉を倒しましょう」と私は強く叫んだ――森田]

 次にBさん。
《新聞もおかしいね。どうして全紙(朝日、毎日、読売、日経、産経、東京6紙)が、そろいもそろって「郵政民営化をやれ」と主張するのかね。全社が同じことを主張しているのは気味が悪くなる。戦前の暗い時代を思い出してしまう。テレビも少しくらい批判意見を報道してもよいと思う。批判がまったくなく、すべてイエスという報道はよくない。民主主義ではないね。これを支持しているマスコミは悪い。マスコミにはもう少ししっかりしてもらいたい。民主主義を大事にしてほしい。
 本当に気味が悪い。戦前の軍部独裁時代のマスコミを思い出す。戦前の新聞、戦後のマスコミの両方とも、政治権力の手先になってしまい、言論の自由を捨て去ってしまった。マスコミが戦争と独裁の時代をつくろうとしている。おそろしい時代がくるのではないかと心配だ。》

 以上は、二人の戦中派の、いまのマスコミに対する率直な感想である。マスコミが自ら独立の精神を捨て言論の自由を否定して、政治権力の番犬になってしまったことは、おそろしいことである。頭が熱くなったマスコミ人の頭を冷やしたいが、困難かもしれない。良心を捨てたジャーナリストほど始末に負えぬものはない。
 ただ、われわれの国・日本を、狂気的なマスコミと異常な政治家・小泉にゆだねるわけにはいかない。9月11日の良識ある一票で日本を正常な平和国家、戦争をきらう国、独裁を拒否する民主主義国にしたい。狂暴なマスコミファシズムに負けてはならない。


関連投稿
自民党が推すホリエモンについてのナルホド。
郵政民営化とは本当は何なのか - 公社分割と株式売却の中身(なるほど、キーワードはホリエモンだ)
皆さん読んだ方がいい「海外メディアが伝えた小泉・郵政解散劇の評判」
今「時事・評論」が女性にもトレンド。嘘だらけのマスゴミなんで、当然ではある。(笑)
ネットTVで反対派荒井広幸氏(参院議員)の話しをじっくり聞きました。いや~ぁ、小泉の"郵政民営化"なんてとんでもないナ。
郵政民営化と金の流れを図に描いて考えてみた。
広告会社とマスゴミを使った洗脳チョロマカシ作戦ははたして成功するのか。
「争点限定誘導・マインドコントロール解散」だ。もし命名するとすれば。
確かに最近のマスゴミは小泉ヨイショに偏向していると思う。気持ちが悪いくらいだ。
英フィナンシャルタイムズ記事「国際金融が日本の郵貯350兆円を手に入れるのは、もうちょとの辛抱」
マスゴミが小泉をヨイショしている間に、その時まわりに誰もいなくなった状態だな~ぁ。ブッシュのポチ犬・小泉外交。
「(年次改革要望書を)見たこともありません」の竹中の大嘘答弁、小泉は「思い過ごし」とはぐらかし、それを報道しないマスゴミ。
ココフラッシュにマスコミ批評カテゴリーがついに登場。

|

« 「(年次改革要望書を)見たこともありません」の竹中の大嘘答弁、小泉は「思い過ごし」とはぐらかし、それを報道しないマスゴミ。 | トップページ | 広告会社とマスゴミを使った洗脳チョロマカシ作戦ははたして成功するのか。 »

コメント

TBありがとうございました。
どの記事も、いかに小泉がデタラメかがわかりますね。
それにしてもこの国のメディアとマスコミは腐りきっていますね。
どこもこぞって小泉大応援団ですよ。
国家権力とメディアの癒着がそれほど深いという証拠でしょうね。
メディアの既得権益を断ち切るには、小泉を勝たせないことしかありませんよ。

投稿: タイホナ | 2005年8月16日 (火) 13時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女性候補を対抗馬に使い「刺客」などとうそぶく小泉・武部、ねらいは無党派層のようだ。なめるなよ我ら無党派を。(笑):

» さらば小泉 [てやんでぇべらぼーめ]
小泉の実像がモロに見えてきたぞ。未だに盲目的に支持するアホな有権者がどれくらいい [続きを読む]

受信: 2005年8月15日 (月) 18時25分

» ★小泉将軍さまの「喜び組大作戦」 [てやんでぇべらぼーめ]
女性候補を多数擁立するんだってさ。名付けて「喜び組大作戦」。ピョンヤンくんだりま [続きを読む]

受信: 2005年8月15日 (月) 18時28分

» ◆将軍様の心 [オヤバカ男の言いたい放題 ~ストレートすぎてスマソ~]
今さらながら、小泉将軍様が民営化と言えない妥協ばかりの郵政民営化 にこんなに一生懸命になるならよ。もっと拉致問題を真剣にやってやれよな。 拉致被害者の面会には一切応じないらしいが、どういうつもりだよ。   小泉将軍様の心の比重関係 ?  郵政民営化 > 人命 ... [続きを読む]

受信: 2005年8月16日 (火) 13時30分

» ◆小泉さん、大勝利おめでとうございます [オヤバカ男の言いたい放題 ~ストレートすぎてスマソ~]
ニッポンの大手新聞、テレビ局の皆様、連日の小泉ヨイショ報道、 ゴクロウサンです。これだけ偏向しちゃうのってなんか貰ってんすか?          小泉さん、これだけメディア、マスコミが応援団になってくれたら 圧倒的な勝利は間違いないでしょう。 公明自民党の皆さ... [続きを読む]

受信: 2005年8月16日 (火) 13時31分

» 利権の再配分 [つん読?]
という題のコラムを、宮崎学さんが書いておられる。 http://miyazaki [続きを読む]

受信: 2005年8月19日 (金) 23時14分

« 「(年次改革要望書を)見たこともありません」の竹中の大嘘答弁、小泉は「思い過ごし」とはぐらかし、それを報道しないマスゴミ。 | トップページ | 広告会社とマスゴミを使った洗脳チョロマカシ作戦ははたして成功するのか。 »