« 「反小泉ブロガー同盟ヘッドライン」だと、確かに余計なお世話だ。 | トップページ | 確かに、ヒットラーと言うよりせいぜいボカサかもね。(笑) »

2005年10月25日 (火)

『どん底のブルース』を聴いてなんともやりきれない気持ちです。

 今日TBを頂いた「改革ファシズムを止めるブロガー同盟」参加表明

を訪問したら、最後にサザンオールスターズ桑田佳祐さんの歌の一節が紹介されていました。桑田佳祐さんのリンク先で右上に試聴のボタンがあって下記末尾でご紹介しているサビの部分を聴くことが出来ます。

 今回、はからずも小泉の独裁を許してしまったのは若年無党派層の投票動向だったと言います。過去の自民党のでたらめな文教政策のもとでイジメを経験した世代です。いままでの自民党の一番悪い部分の犠牲になってきた世代が小泉独裁自民党の出現を許してしまった。「自民党をぶっ壊す」と言いながら自民党の一番悪い部分を体現しているのが小泉独裁自民党でしょう。

 「保守」を日本の古き良き部分を守ると言う意味で再定義するなら、まさに小泉は「保守」を切り捨てた「改革」の旗手なのでしょう。良き部分を投げ捨て、自民党の一番悪い部分を純化・体現した「改革」の旗手なのでしょう。(そういえば小泉は"純"一郎でしたね。(苦笑)

 自民党の一番悪い部分を純化・体現した「改革」の旗手小泉を、いままでの自民党の一番悪い部分(でたらめな文教政策)の犠牲になってきた世代が支えてしまったと考えると、このサビの部分を聴きながら涙が出そうになりました。

 昨日、筑紫哲弥のNEWS23で切り捨てられる地方の代表例として亀井静香氏の広島6区をレポートしていました。小泉を支えてしまったイジメ経験世代と、切り捨てられる地方が、「イジメ」というキーワードでつながり・ダブって見えてしまった。

 今日のニュースで、消費税引き上げを小泉独裁自民党は決めたようです。「郵政改革」だけを選挙の争点といい、その後のこれでは詐欺だろう。

※ビデオニュースドットコムで現在、下記をやってます。さわりのプレビューをアップしておきます。

「第239回 [2005年10月21日]
私はなぜ戦わなければならなかったのか
ゲスト:亀井静香衆議院議員(80分)

亀井静香氏:私はなぜ戦わなければならなかったのか(15分16秒)
videonewscom
https://youtu.be/yOZpSRbEjp4

第239回(2005年10月21日)
ゲスト:亀井静香衆院議員


桑田佳祐
どん底のブルース』4分41秒←クリックすると再生します。

僕は学校(ガッコ)で泣かされた
寄ってたかってシカトされ
先生(センセ)の前でもイジメを受けていた
よくある話と他人(ひと)は言う
事実と違うと笑われる
弱き立場の叫びが聴こえるか?

鳴呼 ひとりぼっちの路地裏で
涙を拭きながら
生きてこれたのは
夕焼け空があったから

鳴呼 人間なんて嫌だ
歌おうどん底のブルース
鳴呼 人生なんてショーだ
君に語ろう

もう人間なんて嫌だ
踊ろう暗黒のステージ
あてなどなく今日も行く

いつもドンパチやる前に
聖書に手を置く大統領(ひと)がいる
神の名におき正義に酔いしれて
隣のあの娘が輪姦(まわ)されて
綺麗なサンゴが汚(けが)れても
戦争(いくさ)に赴く基地(ベース)は安保(まも)られる

鳴呼 みんな見て見ぬフリをして
本当は知っている
この平和の裏に
愚かな過去があったのを

鳴呼 人間なんて嫌だ
歌おうどん底のブルース
鳴呼 人生なんてショーだ
誰に捧ごう

もう人間なんて嫌だ
笑おう奈落の底で
愚痴肴(さかな)に今日も飲もう

街の裏手にゃ汚泥(どろ)の河川(かわ)
ビルの谷間にゃゴミの山
"都会のオアシス"の外は"灼熱の島(ヒート・アイランド)"
どうせ死ぬのさこの俺も
現在(いま)が良ければそれでいい
他人(ひと)や地球がどうなろうと構わない

鳴呼 コンクリートで塞がれた
故郷も泣いている
鋼鉄(はがね)の斧を持って
政治家(おやじ)が森林(もり)をブッタ斬っている

鳴呼 人間なんて嫌だ
歌おうどん底のブルース
鳴呼人生なんてショーだ
君に語ろう

もう人間なんて嫌だ
踊ろう暗黒のステージ
それでも陽は今日も昇る

アルバム『ROCK AND ROLL HERO』、収録です。

関連投稿
そうだ、マグマだよマグマ。3419万4372票の怒りのマグマがフツフツと、地中深く静かに滾り(たぎり)はじめている。

 

|

« 「反小泉ブロガー同盟ヘッドライン」だと、確かに余計なお世話だ。 | トップページ | 確かに、ヒットラーと言うよりせいぜいボカサかもね。(笑) »

コメント

予選落ちみたいです。ふははは、恥ずかしい。
でもモノの考え方は変わっていませんので、ひなたぼっこさんたちの活動を見守らせてもらいます(勝手に)。皆さんのつながりが、遠く、裾野まで広がるとよいですね。
トラックバック、コメント、ご迷惑なら削除されてもけっこうです。

投稿: 除名されちゃいました。 | 2005年10月29日 (土) 00時32分

「除名」とは面妖な、STOP THE KOIZUMIブロガー同盟は勝手連です。

 バナーを貼った時点で同盟員、貼り続ければ同盟員。「除名」と言う言葉の中に旧来の組織論的なこだわり偏見を感じます。

 そういえば昔ベ平連がマスコミの注目を集めだした頃、旧来の組織概念を当てはめての中傷が盛んにおこなわれた記憶があります。(ベ平連が、その後登場した勝手連の原型だと思ってます。)

 今回、リストから消されたとしても単にテサロニケ氏に嫌われたと言うだけです。バナーを貼り続けて、反小泉の論陣を張り続ければあなたも我々の仲間です。
※念のために言えば、テサロニケ氏=反小泉ブロガー同盟ではない。

投稿: SOBA | 2005年10月30日 (日) 10時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91038/6557516

この記事へのトラックバック一覧です: 『どん底のブルース』を聴いてなんともやりきれない気持ちです。:

» 負け犬の遠吠えはやめよう!……ん、ちょっとマズイかな? [逍遥録 -衒学城奇譚-]
わかるヒトはわかるが、わからんヒトはまったくわからんと思いますが、ボクは「STOP THE KOIZUMI」なるブロガァ同盟 に、てらぁーっと参加してますので、発言を不愉快なものと思われた方は、なにとぞご容赦を(と、謙虚なフリをしてみせる)。 これは何かと... [続きを読む]

受信: 2005年10月26日 (水) 00時17分

» 闘うべき相手 [北京でライフォ(≠2nd)!]
 闘う相手が本当に国家権力の中枢だったりして大変です。  こんな言葉のひとつひとつをここに綴ることをもって闘いなどと呼ぶことはできないのかもしれませんが、国家権力の中枢を国民の投票で選ぶことができて、言論の自由もあるしあわせに感謝しながら、戦争への道を進まんとする連中を次の選挙でマイノリティーに追いやるための努力を放棄する訳にはいきません。  「小さな政府大きな権力」というエントリーに、言語学研究室日誌さんのブログ炎上 「世... [続きを読む]

受信: 2005年10月28日 (金) 12時58分

» 枯れ木も山の賑わいって云うだろ? [逍遥録 -衒学城奇譚-]
ブロガァ同盟「STOP THE KOIZUMI」 に参加してたんですが、先日トラックバック したところ、今日よく見てみたら、同盟から削除されておりました。 あらら?トラックバックした記事が、よほど気に入らなかったのか? おーッ!もしかしたら、栄えある除名... [続きを読む]

受信: 2005年10月29日 (土) 00時30分

» お箸がころがってもおかしい、そんなしあわせ。 [とくらBlog]
 世界中の人がしあわせになりますように! はじめての子どもが生まれたとき、思ったことです。世界の平和とか環境の問題とか何も考えたことのない私がそんな気持ちになるなんて、とても不思議でした。きっと体の中のホルモンのバランスが一挙に変わって、そんなことを思ってしまったんだと思いますが、もう、ずっと昔のことなのに、北京でライフォさんが日本の人々が平和でしあわせであるためには、同時に世界の人々が平和でしあわせであることが必須なのです。と書かれているので、ふっと思い出して涙が出ました。  最近、ものすごく涙... [続きを読む]

受信: 2005年10月29日 (土) 11時07分

» 斬首か、切腹か [奥田健次の教育改革ぶろぐろ部]
郵政民営化法案反対議員の処分。ここに処分のグレーディングあるのだが(自民党の処分 [続きを読む]

受信: 2005年11月 2日 (水) 00時47分

« 「反小泉ブロガー同盟ヘッドライン」だと、確かに余計なお世話だ。 | トップページ | 確かに、ヒットラーと言うよりせいぜいボカサかもね。(笑) »