« 所得税の課税最低限国際比較『日本は最低です』(04年1月) | トップページ | 当初の「もっと大事なことがある」を「日本を、あきらめない」に途中で変更した岡田は、選挙戦術的言えば小泉の陰の応援団も同然。 »

2005年10月 3日 (月)

国勢調査はプライバシーの侵害だらけのようですね。

 下記文中、「1,人口調査ならば住民基本台帳などで充分。」の赤字部分、「530億円のお金と約百万の人手が節約できますし、調査現場のトラブルも解消します。」を見ても分かるように、また「<d> 調査員によるプライバシーの侵害」の赤字部分を読んでも分かるように、国勢調査には問題がてんこ盛りである。にもかかわらず、なにも改善せず、「国勢調査を見直しを求める会」の提言なども見向きもせず、旧態依然としてやり続ける総務省の国勢調査とは一体何なのか。一度立ち止まって考えるのも無駄ではないでしょう。

 「前回2000年東京都では提出しない世帯が5.9%」だったようだ。今年4月1日の個人情報保護法施行以降プライバシーについての意識も今までにないくらい高まっている。だからむしろ、お上のやることだからと、おとなしく羊のように提出してしまう方が、異常なのかも知れない。

 今回の国勢調査では、出すにしても必ず封印して出すとか(両面テープでなく糊付けしてしまうとか)、糊付けだけでなく未記入の白紙状態で出した人などが多くなったような気がしています。

 また、「530億円のお金」のところに注目すると印刷関係大手とか、何か利権構造があるのではと邪推したくなる今日この頃です。(汗)


国勢調査が分かる「国勢調査を見直しを求める会」

<a> 国勢調査はなんのため?

1,人口調査ならば住民基本台帳などで充分。

 統計法第4条第1項には国勢調査は「人口に関する全数調査」であると記されています。これに対して人口調査ならば住民基本台帳と外国人登録とを合計すれば充分ではないかと考えられます。そうすれば、530億円のお金と約百万の人手が節約できますし、調査現場のトラブルも解消します。国勢調査が実地調査方式(調査員が実地におもむくやり方)、住民基本台帳が業務データ活用方式(役所の記録を活用するやり方)というちがいはありますが、総務庁側の研究でも総数はほとんど同じ、という結果がでているのです。

(略)
<d> 調査員によるプライバシーの侵害

 国勢調査のたびに問題になるのがこれです。元より調査員の方、全てが悪質というわけではありません。しかし、何しろ80万人もの調査員が動員されます一部の人であれ、その数は決して無視できません。
 求める会が毎回開設するホットラインでは調査員、とくに“顔見知り”調査員の言動に関する訴えが大半を占めています

以下にその例をあげてみましょう。

調査員が顔見知りなので、その人だけには家の内容をしられたくないどうしたらいいだろうか。封したりすると、後々その人との間がきまずくなってしまう。(多数)
調査員がおしゃべりで有名な人
。(多数)
調査員が町会や自治会の役員で、その人に逆らうと大変なことになる
。(多数)
知人が調査員をしているが「あの家はああだこうだ」と話しているのを聞き、なるほどこういう形でプライバシーが洩れていくのかとよくわかった
。(台東区)
表札はひとつだが事実婚、そのことを近所にはしられたくない
。(横浜市)
失業中だが、そのことを知られたくない
。何で職業を調べるのか。(多数)
調査員が酒を飲んで来て、ドアをドンドン叩く
(札幌市)
 女だけの世帯に夜遅く調査員が来て、ドアを開けなかったらドンドンと叩かれた
(同様多数)
密封して出したら目の前で破られた
 どうせ開けるのだから、封するなと言われた
 自治会の役員が全部開封しているのを目撃した
(同様多数)

 上記以外にも次のようなのがあって、国勢調査は知れば知るほど、突っ込みどころ満載です。
<a> 国勢調査はなんのため?
   1、人口調査ならば住民基本台帳で充分
   2、人口調査としては調査項目が多すぎる
<b> 個人情報は保護されているの?
<c> 調査個票は目的外利用されている。
<d> 調査員によるプライバシーの侵害
   ホットラインによせられた苦情の例
<e> 総務庁との交渉を続けています


関連投稿
国勢調査、前回2000年東京都では提出しない世帯が5.9%もあったそうだ。

|

« 所得税の課税最低限国際比較『日本は最低です』(04年1月) | トップページ | 当初の「もっと大事なことがある」を「日本を、あきらめない」に途中で変更した岡田は、選挙戦術的言えば小泉の陰の応援団も同然。 »

コメント

僕のところにも調査員が来ました。本当は出したくなかったんだけれども、近所の人だし、結局断れずに出しました。

調査のそもそもの趣旨が統計資料の材料収集のためということならば、量的な把握が目的ということになり、個々の具体的事情である個人名や所帯名は必要ないはずです。職業はともかく、勤務先まで記載しなければならない理由は何なんでしょうか。

調査員に出す時、ささやかな抵抗の意思表示として、てんこ盛りに糊付けして、「開封厳禁」と大書して出しました。

疑問だらけの国勢調査ですね。

投稿: リュウタ | 2005年10月 3日 (月) 22時07分

>1,人口調査ならば住民基本台帳などで充分。

国勢調査では、住民登録をしていないような人(たとえば公園の青いテントで暮らしているような人も含めて余すところなく調査する必要があるため、行政情報では不十分というのが見解という事のようです。

投稿: タクミ | 2005年10月 5日 (水) 07時45分

朝方、両面テープで封をして渡したら
夕方、再訪して、
電話番号を聞かれた後
確認のためと言って
所帯数を聞かれた。
わたしは一人暮しだが、年齢的には
家族が居て当然な歳なので、
きっと開封して中身をチェックし、
一人分の記入しかなかったので、
記入漏れではないかと確認に訪れたの
ではないかと、邪推している。

投稿: musyoku | 2005年10月 5日 (水) 09時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国勢調査はプライバシーの侵害だらけのようですね。:

« 所得税の課税最低限国際比較『日本は最低です』(04年1月) | トップページ | 当初の「もっと大事なことがある」を「日本を、あきらめない」に途中で変更した岡田は、選挙戦術的言えば小泉の陰の応援団も同然。 »