« 凛とした文章、つむぎだされた美しい日本語、バナーへのはなむけの言葉をいただいたと思っています。&修正バナーのご紹介。 | トップページ | 奪われる日本――「年次改革要望書」米国の日本改造計画 警告レポート、米国に蹂躙される医療と保険制度、関岡英之(前半) »

2005年11月18日 (金)

金閣寺での小泉、「サン!サン!、サン・オブ・カントリー!いや、カントリー・オブ・サンか」って。(^^;

 皆さんもNHKのニュース映像で見たでしょうが、「いや~今日はいい天気だね」「サン!」 空に手を向けて「サン!サン!、サン・オブ・カントリー!いや、カントリー・オブ・サンか」って、、、。この英語のレベルのすごさ。(^^;

 もう、小泉がどんな馬鹿なことを言っても、もはやニュースにもならないのでしょうね。

 小泉純一郎と日本の病理によれば、


 世界全体の動きに日本の現状を比較すれば、日本が衰退から没落に向かって急速度に進んでおり、近隣諸国に刻々と立ち遅れているのは間違いない。かつては「日本バッシング」bashing(日本叩き)だったが、いつの間にか「日本パッシング」passing(日本通過)になり、それが小泉政権になってからは、「パッシング」が「ナッシング」nothing(日本からっぽ)に変わってしまった。日本がまともに相手にされていないことは、北朝鮮をめぐる「6カ国協議」を見ても、安保理常任理事国入りを目指した国連外交を見ても、誰の目にも明らかではないだろうか。(172頁)


 

 以前に転載した、立花隆のこの記事の部分を読むまでもなく、たとえば胡錦涛(フー・チンタオ)国家主席や、韓国の盧大統領あたりが自国を称して小泉なみの英語を使ったなら、世界中がビックリしてニュースとなることだろう。(小泉の場合には「ありそうだと」すぐ浮かんでも、彼らの場合には光景を想像すること自体が難しいのだが、、)

 小泉の頭のレベルならもうマスコミも世界も驚かないと言うことなのでしょう。日本はとても恥ずかしい国になってしまった。そして国民自体がそんな状態を恥ずかしいとも思っていないように見えるから救いようがない。あわれな国民だ、、。(小泉ヨイショを続けるマスゴミの責任も大きい)

※森が首相だったとき、最初、ITを称して「イット、イット」と言っていたのもすごかったのだが、、。森の直系だからしょうがないのか。(笑)

関連投稿
やりきれない悲しみと、満腔の怒りをこめて「改革ファシズムを止めるブロガー同盟」のTB削除に断固抗議する!
そうだ、マグマだよマグマ。3419万4372票の怒りのマグマがフツフツと、地中深く静かに滾り(たぎり)はじめている。
ココフラッシュにマスコミ批評カテゴリーがついに登場。
「マスコミ批評」のカテゴリーを作りましょう。

|

« 凛とした文章、つむぎだされた美しい日本語、バナーへのはなむけの言葉をいただいたと思っています。&修正バナーのご紹介。 | トップページ | 奪われる日本――「年次改革要望書」米国の日本改造計画 警告レポート、米国に蹂躙される医療と保険制度、関岡英之(前半) »

コメント

あのIT発言、我が家ではまだ時折話題に出ます。
それにしても、道連れになりたくはないですねぇ、こんな日本になるなんて思いもしませんでした。

投稿: heiwa | 2005年11月18日 (金) 12時49分

こんにちは。
「空っぽ」になっている又は自民党政権・小泉政権によってそれが加速させられたという事に、国民の多数は気が付いていないのでしょうかね。社会保障費切り捨て、その具体例が「障害者自立支援法」かと思いますが。障害者福祉の現場で働いている人は、この法律は、もう障害者は勝手に生きていけと言うことであり、自立支援という美名?を騙った「切り捨て」であると憤慨していました。

投稿: 闘うリベラル | 2005年11月18日 (金) 15時56分

イギリスにご留学されたと聞いていますが、おかしいですね?(笑)

投稿: 非国際人 | 2005年11月18日 (金) 18時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91038/7175933

この記事へのトラックバック一覧です: 金閣寺での小泉、「サン!サン!、サン・オブ・カントリー!いや、カントリー・オブ・サンか」って。(^^;:

» ブッシュが京にやって来る [とりあえずガスパーチョ]
もうすぐクリスマスというわけで、「サンタが街にやって来る」の替え歌をご紹介しよう。日米サミットでの小泉首相の忠犬ぶりは物凄かったが、金閣寺で発したあの英語も凄かった…。 [続きを読む]

受信: 2005年12月17日 (土) 02時00分

« 凛とした文章、つむぎだされた美しい日本語、バナーへのはなむけの言葉をいただいたと思っています。&修正バナーのご紹介。 | トップページ | 奪われる日本――「年次改革要望書」米国の日本改造計画 警告レポート、米国に蹂躙される医療と保険制度、関岡英之(前半) »