« これでは、民主党が勝てるわけはなかった。ナルホドだが恐い話しではある、自民の広報戦略。 | トップページ | 小泉の「郵政民営化は」「アメリカ政府との約束です」バナーをリズミカル&見やすく変えてみました。 »

2005年11月 6日 (日)

映像の威力、この証拠写真がある限り、いくらなんでも消費税。(笑)

 この一連の写真を撮ったのは、あまりにも民主党の選挙広報が拙劣で驚いたからだった。あくまでもそれとの対比で小泉の選挙CFを写して紹介しただけなのだが、こう何回も利用できるとは考えていませんでした。証拠写真の持つ威力、映像の持つ威力です。(笑)

 「民主党TV-CF政見映像には、あからさまで悪意なイメージ操作、メッセージ操作がある。(PR会社FHJは糞だ。)」の7枚目の画像です。

 全国に向かって、しかも選挙公報と言うおおやけの映像画面で、

>「郵政民営化に賛成か、反対か」を問う選挙です。

 来年の9月に小泉から他の誰かに面子を替えても「いくらなんでも消費税」である。どうせ小泉の院政だしね。(笑)
いくら国民が健忘症でも、いくら国民が痛み頂戴マゾ国民でもである。(^^;

 嘘つきは泥棒の始まりと言う。「小泉は日本国を盗んだ」「誰のため」「ブッシュ、ネオコンのため」なんてシャレにもならんゾ。

関連投稿
これでは、民主党が勝てるわけはなかった。ナルホドだが恐い話しではある、自民の広報戦略。
小泉組閣を「実力者が揃ってるだとか、本気度が出ている」だとか、民主党の前原誠司は政治音痴の馬鹿だ。
そうだ、マグマだよマグマ。3419万4372票の怒りのマグマがフツフツと、地中深く静かに滾り(たぎり)はじめている。

|

« これでは、民主党が勝てるわけはなかった。ナルホドだが恐い話しではある、自民の広報戦略。 | トップページ | 小泉の「郵政民営化は」「アメリカ政府との約束です」バナーをリズミカル&見やすく変えてみました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映像の威力、この証拠写真がある限り、いくらなんでも消費税。(笑):

« これでは、民主党が勝てるわけはなかった。ナルホドだが恐い話しではある、自民の広報戦略。 | トップページ | 小泉の「郵政民営化は」「アメリカ政府との約束です」バナーをリズミカル&見やすく変えてみました。 »