« 本気でSTOP THE KOIZUMI、No Fascismをやるつもりなら。 | トップページ | 米国産牛輸入再開に反対するアニメGIFの主張部分を募集します。 »

2005年12月12日 (月)

カリスマなんて待ってたって駄目だ。草莽崛起だ。そして心を鬼にしてヤンチャ路線でいく。(^^;

 確かにそう思いたい気持ちも分からなくはないが、、。しかし考えると、小田実や鶴見良行、鶴見俊輔さんなどは当時を思い出すとカリスマというよりは普通のおっさんの仲間という感じだったなぁ~。カリスマという熱狂とも無縁の人たちだった。

 これだけは言える、まず間違いなく「カリスマ」なんていうと当人たちが逆にビックリするだろう。集会とか何べんも間近に見たけれどね、、。一言でいうとやんちゃなおっさんというような印象だった。たとえば日共が「暴力学生云々」とか非難しても、決して奨励はしないが平気な顔で「非難などしないヨ」というような雰囲気がそれとなく感じられる(笑)ふつうのおっさんだった。特に小田実さんは「カリスマ」なんて言われたら間違いなく嫌がる人である。小田実や鶴見良行さんとかをカリスマというようだとテサロニケ氏は実際集会に参加したこともないような気がする。いったいどこにいたのだろう。だんだん疑念が広がる。今日、テサロニケ氏の限界をはっきり感じた。(笑)

 それにしても久しぶりに昔を思い出して懐かしいな。ベ平連は良識派が多かったけれど、文字通りのヤンチャの若者もいて、別にそれをことさら変とも思わず当たり前のこととしていた。そんな平気で渾然一体としている感じがおかしかったのである。

 いつだったか、定例でなく国際反戦デーかなにかのデモの時、途中で道一杯にデモが広がった。かなりの人数だけれどややまばらな中に乗用車が入ってきた。その車が前方の人をよけさせるためにクラクションを鳴らした。するとあっという間にデモ参加者の若者に取り囲まれてしまった。鳴らし方が刺激的と受け取ったのだろう、中には殺気立って怒鳴るものも出始めた。車の中の運転手を見ると普通の若者である。多勢に無勢で青くなっている。たぶんそのまま放っておいたらヤバイことになっていたと思う。いわゆる当時の過激派の場合だとそのまま突っ走ってしまうこともあった。ベ平連の場合にはそうならないようにリードするものが自然発生的にいたような気がする。しかし、その時はたまたま他にいなかった。(汗)

 で、いつもは目立つことが嫌いな僕ではあるが、「これはヤバイな」という限界と思った時に、「オイ、あけてやれ、あけてやれ、道を通すように!!!」と一喝した。空手とか剣道の経験があるので声だけはやたら大きい。(笑)サッと道が開いた。そのあとはクラクションを鳴らすこともなくソロソロと車は人ごみを掻き分けて行ったのだった。そんな、自由であり、統制が取れていないようでいて、大事なところではなんとなくうまくまとまる、そんなデモがベ平連のデモだった。

※今日、「 定期購読を中止・ボイコットして翼賛・御用マスコミを震撼たらしめよ。【ブログに、もしこのバナーが星火燎原で拡がるなら、、】」に下記のコメントがついた。こういうのって弱いんだよな。でも大新聞への怒りのほうが上回っている。ここは、心を鬼にしてヤンチャ路線でいく。「新聞拡販員諸君、全国紙でなく地方紙の拡販員に転職せよ。徹底的に全国紙たたいて地方紙を宣伝するから、諸君もそれに呼応して地方紙拡販の仕事に励め」(「転職せよ」とは無茶とはわかってはいる。しかし、それはともかくとして。大汗)

>定期購読、止めないで下さい。
>飯が食えなくなります。(;>_<;)ビェェン
>
>まあ、大都市圏の販売競争はちょっとアレで
>すが…
>そういった運動されても、巷の新聞屋が干上
>がるだけで、大新聞社は「押し紙」(新聞販
>売数の押しつけ)をするだけです。

※マスコミ批評関連の投稿の時には下記のバナーをはるようにしています。バナーの上にポインタを持っていくとリンクで森田実さんの記事に飛べます。僕はQTClipの上の窓に下記のタグを登録して使っています。とても楽。
よみあさるまいブロガー同盟バナー
定期購読を中止・ボイコットして翼賛・御用マスコミを震撼たらしめよ。【ブログに、もしこのバナーが星火燎原で拡がるなら、、】
これってすごいのかも、、。(笑)
・「そうだ、マグマだよマグマ。3419万4372票の怒りのマグマがフツフツと、地中深く静かに滾り(たぎり)はじめている。
QTClipは必需品、ココログ・アフィリエイトをやるからには。

関連投稿
やりきれない悲しみと、満腔の怒りをこめて「改革ファシズムを止めるブロガー同盟」のTB削除に断固抗議する!
「世に倦む日日」対「きっこの日記」、どちらが小泉にとって脅威か。
「もし、もし、もし」で過去の政治を語ることの馬鹿馬鹿しさ。【世に倦む日日のリンクを外しました】
東京新聞が今まで大マスコミが隠しつづけてきた“真実”を報道した!(森田実政治日誌)【遅くてもやらないよりはいい】
アニメGIFの順番がほぼ僕の戦略を語っている。

|

« 本気でSTOP THE KOIZUMI、No Fascismをやるつもりなら。 | トップページ | 米国産牛輸入再開に反対するアニメGIFの主張部分を募集します。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カリスマなんて待ってたって駄目だ。草莽崛起だ。そして心を鬼にしてヤンチャ路線でいく。(^^;:

» 文学者の影が薄い [美しい季節とは誰にも言わせまい・・・・]
私がよく立ち寄る紀伊国屋書店の某地方支店の文庫コーナーになぜか開高健の『ベトナム戦記』が平積みになっている。文庫担当者の意向なのかはわからない。関岡英之の『拒否できない日本』も新書コーナーで平積みになっていた。担当者に拍手。 さて、開高健だが、彼のベトナム体験から生まれた名作『輝ける闇』を読んだのは随分以前だが、当時のべ平連を持ち出すまでもなく、文学者や、その周辺にいた人達には元気があり、社会に訴求する力もかなりあったのだろう。... [続きを読む]

受信: 2005年12月14日 (水) 18時22分

» 思想的浮気について再度 [お玉おばさんでもわかる政治のお話]
脳を鍛える以前にお玉は思想的浮気のお話しを書きましたが、あのとき書き足りてないことがあります。思想的浮気心がなく、ましてやふだんあんまし物事を深く考えずにすごしておりますと、結構簡単にいろんな事に引っかかります。キャッチセールスなんかも引っかかりやすい人....... [続きを読む]

受信: 2005年12月29日 (木) 14時21分

« 本気でSTOP THE KOIZUMI、No Fascismをやるつもりなら。 | トップページ | 米国産牛輸入再開に反対するアニメGIFの主張部分を募集します。 »