« 「世に倦む日日」対「きっこの日記」、どちらが小泉にとって脅威か。 | トップページ | やりきれない悲しみと、満腔の怒りをこめて「改革ファシズムを止めるブロガー同盟」のTB削除に断固抗議する! »

2005年12月27日 (火)

東京新聞が今まで大マスコミが隠しつづけてきた“真実”を報道した!(森田実政治日誌)【遅くてもやらないよりはいい】

投稿後の追加。
※今朝、このエントリーを「改革ファシズムを止めるブロガー同盟」の「森田実 - 小泉政治終焉のため頑張ってください  (11/17)」のエントリーにトラックバックしました。ところがその後そのTBが削除されてしまいました。詳しくは、「やりきれない悲しみと、満腔の怒りをこめて「改革ファシズムを止めるブロガー同盟」のTB削除に断固抗議する!」ご参照ください。


2005.12.25(その1) 2005年森田実政治日誌[537]
 東京新聞が今まで大マスコミが隠しつづけてきた“真実”を報道した!「郵政民営化は、単なる国内問題ではなく、ブッシュ大統領と小泉首相との間の中心的政治問題だった」ことをやっと報道した東京新聞。真実の情報を隠しつづけてきた大新聞の一角が崩れた。他の大新聞は、まだ報道せず、この問題の本質を隠しつづけている
(以下略)


 12月18日および12月19日朝刊の東京新聞1面「ブッシュと小泉 構造改革の底流」囲み記事のことです。12月4日から提唱している、「定期購読を中止・ボイコットして翼賛・御用マスコミを震撼たらしめよ。【ブログに、もしこのバナーが星火燎原で拡がるなら、、】
これってすごいのかも、、。(笑)」のバナーはり運動も少なからず影響していると自負しています。東京新聞の集金人が部数が増えていると喜んでいましたから、、。
 マスコミのひどいところはたたき、良い場合には褒め励ますことが大事だと思っています。反小泉ブロガー同盟もこのバナーはり運動の重要性に早く気がついて欲しいです。(創意工夫、新鮮さのない運動はすぐにあきられます。このバナーはり運動は、図解分析の一人ブレーンストーミングで結論した僕自身の対マスコミ戦略です。)

(朝一なのでとりあえずの投稿です。この稿追加あり。12月18日および12月19日朝刊の東京新聞1面「ブッシュと小泉 構造改革の底流」についてはWeb版ではないのであとでOCR処理でおこし全文アップします。)

※バナーの上にポインタを持っていくとリンクで森田実さんの記事に飛べます。僕はQTClipの上の窓に下記のタグを登録して使っています。とても楽。

全国紙ボイコット地方紙にしようバナー

全国紙ボイコット地方紙にしようバナー大

※追加作成:読朝る毎ブロガー同盟(よみあさるまいブロガー同盟)バージョンです。バナーをクリックすると僕の「これってすごいのかも、、。(笑)」に飛びます。(汗)

よみあさるまいブロガー同盟バナー

よみあさるまいブロガー同盟バナー大

参考、
今日の日本のマスコミは小泉独裁政権の生みの親であり、用心棒である【森田実政治日誌[486]】
そうだ、マグマだよマグマ。3419万4372票の怒りのマグマがフツフツと、地中深く静かに滾り(たぎり)はじめている。

関連投稿
「世に倦む日日」対「きっこの日記」、どちらが小泉にとって脅威か。
「もし、もし、もし」で過去の政治を語ることの馬鹿馬鹿しさ。【世に倦む日日のリンクを外しました】
アニメGIFの順番がほぼ僕の戦略を語っている。
カリスマなんて待ってたって駄目だ。草莽崛起だ。そして心を鬼にしてヤンチャ路線でいく。(^^;

|

« 「世に倦む日日」対「きっこの日記」、どちらが小泉にとって脅威か。 | トップページ | やりきれない悲しみと、満腔の怒りをこめて「改革ファシズムを止めるブロガー同盟」のTB削除に断固抗議する! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京新聞が今まで大マスコミが隠しつづけてきた“真実”を報道した!(森田実政治日誌)【遅くてもやらないよりはいい】:

» あなたも読朝る毎ブロガー同盟へ----全国紙は価値あることを書いてるのか? [とりあえず]
 今回は読売新聞の社説を取り上げてみた。というのは社説はその新聞の顔であること、読売新聞は表向き部数が一番多いことになっている、さらに以前から「読売新聞の社説はどうなの」というブログがあり、どうなんだろうと思ったからだ。  で、読んでみたら、「どうなの」、どころではなかった。2005年12月21日の社説。 まずタイトルから読むと・・・ [耐震偽装捜査]「安全無視のコスト削減を問え」  この時点で、もはや読む価値がないことが丸わかりである。書いていて恥ずかしくないのだろうか。 「お金が儲かれ... [続きを読む]

受信: 2005年12月28日 (水) 23時39分

« 「世に倦む日日」対「きっこの日記」、どちらが小泉にとって脅威か。 | トップページ | やりきれない悲しみと、満腔の怒りをこめて「改革ファシズムを止めるブロガー同盟」のTB削除に断固抗議する! »