« ど、ドッキリ、朝日の記事見出し。(笑) | トップページ | 読朝る毎ブロガー同盟(よみあさるまいブロガー同盟)バナー新バージョン作りました。 »

2006年1月 4日 (水)

大阪朝鮮高級学校サッカーがんばれ!!!全力で戦い抜け。そうすることが君たちの義務だ。

 大久保(マジョルカ)や平山(ヘラクレス)を排出した強豪国見を大阪朝鮮が破った。今年の国見は戦力が落ちているとはいえ、過去6度の優勝を誇る上位常連の伝統校である。

 その国見を大阪朝鮮が破り、明日5日の準々決勝に駒を進めた。番狂わせと言っても良いだろう。

 かつて長いこと、朝鮮高校は全国大会に出場を認められていなかった。練習試合ではほとんどの日本の高校が歯が立たないといわれたころである。

 できればそのころから出場可能だったらと思う。真の強者がいるかもしれないと思うことはなんとも言えず落ち着かない状態ではあった。

 現在、わけ隔てなく参加できるようになり、しかも強豪高に勝利を収めた。

 檄!大阪朝鮮のサッカー部の諸君、力およばずして敗れた国見の選手たちの思いもこめて全力で戦い、決勝まで戦いぬけ。気力をふりしぼって戦い続けよ。


亡き弟と国立へ、大阪朝鮮・堅守支える安主将【読売】

 サッカーの全国高校選手権で快進撃を続け、8強入りを果たした大阪朝鮮(大阪)。3試合無失点の堅守を支えているDFの安泰成(アン・テソン)主将は、昨年5月に亡くした弟のため、夢の国立競技場を目指している。

 右腕にフェルトペンで大きく書かれた「2 泰栄(テヨン)」。1996年から出場を認められた民族学校として、悲願の初勝利を挙げた1回戦(昨年12月31日)の直後、ユニホームの右そでをめくり上げながら言った。「いつも試合の時には書いているんです。弟と一緒に戦っている気持ちです」

 弟は白血病で、亡くなった時は中学2年、13歳だった。兄と同じサッカー選手で、ポジションも同じDF。「高校選手権にあこがれ、『出たい』と言っていました」と振り返る。

 そんな弟の思いをも背負い、ピッチに立つ。2回戦(1月2日)で、強豪の岐阜工(岐阜)に完勝、3回戦(1月3日)では過去6度の優勝を誇る国見(長崎)の攻撃陣を封じ込めた。ピンチには体を張り、大声で仲間を鼓舞。

 MF梁泰雄(リャン・テウン)は「みんながキャプテンを信頼し、彼もみんなを信じてくれている。それでチームが一つになっている」と、強烈な指導力で個性の強いチームをまとめるその姿を表現する。

 「このチームなら伝説を作れる」と安。“伝説”とは、国立競技場のピッチに立つこと。チームの仲間だけでなく、もちろん、弟とともに――。(野崎尉)
(2006年1月4日12時57分  読売新聞)

|

« ど、ドッキリ、朝日の記事見出し。(笑) | トップページ | 読朝る毎ブロガー同盟(よみあさるまいブロガー同盟)バナー新バージョン作りました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪朝鮮高級学校サッカーがんばれ!!!全力で戦い抜け。そうすることが君たちの義務だ。:

« ど、ドッキリ、朝日の記事見出し。(笑) | トップページ | 読朝る毎ブロガー同盟(よみあさるまいブロガー同盟)バナー新バージョン作りました。 »