« 反小泉ブロガー同盟主催「輝け、小泉迷言大賞」(企画案)に賛同の挨拶代わりの「小泉語録」アップです。 | トップページ | 今更ながらあの時の小泉、想定内の想定外?(笑)⇒首相 堀江氏無所属は“想定外”【スポニチ】08月20日 »

2006年1月17日 (火)

テサロニケの囲い込み工作同盟「ブロガー同盟」のリストから外されてサバサバ、うれしいです。(笑)

※昨年末に記念としてキャプチャーしたものです。昨日夜以降もう雑談日記の名前はありません。こんなことでこの画像を使うことになろうとは、、。(笑)

※追記(5月20日)、これを見るとあらためて笑っちゃいますね。テサロニケもここまでは予想してなかったのだろう。

(クリックすると拡大します)

20051229
 エントリー、「反小泉ブロガー同盟主催「輝け、小泉言大賞」(企画案)に賛同の挨拶代わりの「小泉語録」アップです。」で同盟ブログ「とりあえず」さんの「『反小泉ブロガー同盟主催「輝け、小泉名言大賞」』(企画案)」を紹介したのが同盟リスト追放の表向きの理由らしい。

 「改革ファシズムを止めるブロガー同盟」は小泉の改革ファシズムを止めると言うただ1点で一致したブロガーのための勝手連バナーはり運動だと僕は理解しています。

 「同盟」とは言っても別に規約があるわけでもなく会費があるわけでもありません。いわば昔のベ平連型の運動です。

 ですから、僕自身は反小泉ブロガー同盟のリストから外されてもなんらの痛痒も感じません。今までと同じように反小泉のバナー(旗)を高く掲げ続けるだけです。

それにしても、こんなことでブロガー同盟が当初言っていた"左翼"と"右翼"の反小泉を一致点にした大連立・共闘なんてできるのか?(笑)

いっぺんのメールでの警告もなく、いきなり切って捨てると言うのは小泉のやり方よりも陰湿です。反小泉をうたっている運動体が小泉以上のファシズム原理なんて冗談がきつすぎる。追放された方が名誉かも知れないですね。(^^;

※臭いものには蓋では発展性がないので、現在見ることのできない「『反小泉ブロガー同盟主催「輝け、小泉名言大賞」』(企画案)」についてトラックバックも含めて資料として全文アップします。


反小泉ブロガー同盟主催、「輝け、小泉名言大賞」(企画案)

今までの自民党の首相たちも「不沈空母」「天皇を中心とする神の国」など、数々の名言を残して来たが、名言といえばやはり小泉首相の右に出るものはいないと思われる。
そこで今年9月に総裁の座を降りる小泉さんの名言を歴史に残すべく、今までの言行録からエントリーを募集し、どれが最高かをみんなで決めよう、という企画を提唱したい。

エントリーは一般に求めてもいいのだが、散漫になる恐れがある。そこで、小泉さんをつねづねウォッチしている、私の愛する反小泉ブロガー同盟のみなさんにあげていただければきっといいものができあがるだろうと考えた。どの時点での同盟員とするかについては、難しいところだが、今日でもいいと思っている。
ついでに、反小泉ブロガー同盟の宣伝にもなれば一石二鳥である。そこで、反小泉ブロガー同盟主催の企画となるよう、希望している。最終的には、反小泉ブロガー同盟のページに掲示していただいてよいと思う。

具体的な方法

一応来週から2週間を期間とする。

一週目:エントリー募集

同盟員の誰かもしくは、反小泉ブロガー同盟のページでコメント欄などをつかって、エントリーを募集する。例えば、私なら加藤の乱のときの「このあたりがいい落としどころ」という派閥意識丸出しの発言をエントリーに加えたい。総裁に立候補したときの「女性に『あんた立たないの』といわれて引っ込むわけに行かない』も捨てがたいなあ。推薦理由などもついているとさらに楽しいかも。また、他の人のエントリーに推薦理由を付け加えたりするのも面白い。

そしてエントリーのナンバーをつけ、1週間ほどで締め切る。なお同盟員の範囲は、同盟開始の差異に決まったルールどおり、「同盟に賛同し、バナーを貼っているブログ」(したがって、例えば「エクソダス2005《脱米救国》国民運動」は同盟員)とする。
そして同盟員の過半数からエントリーが寄せられたり、エントリーはないが賛同のコメントが寄せられれば、反小泉ブロガー同盟「主催」企画と銘打つことにする。

二週目:投票

エントリーの募集を打ちきり、投票にはいる。投票は誰でもできるものとする。投票のための特別なページを作ってもいいが、別に厳密な世論調査でもなく、半分シャレでやるだけなので、コメント欄に「10番」とか書いてもらうだけで十分。
「輝け、小泉名言大賞」を決定、発表する。

準備段階のはなし

一応、以上が私の考えた素案だが、実施にはいる前に、同盟員のみなさんから広く意見を募集したい。実は結構忙しいので、本当は誰かがこれをやってやろう、といってくれると最高にありがたい。

なお、付言すると、この企画は何だかつぶれる、またはつぶされるような気がしないでもない。それはそれで勉強になるので、この案がこのあとどういう経過をたどるかについては興味がある。
# by luxemburg | 2006-01-16 18:29 | STOP KOIZUMI 同盟 | Trackback(6) | Comments(5)
トラックバックURL : http://luxemburg.exblog.jp/tb/2492583
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

Tracked from とくらBlog at 2006-01-16 19:29
タイトル : 「輝け、小泉名言大賞」(企画案)について
 STOP THE KOIZUMI の10月17日の発起人からのお知らせに「いろいろなアイディアやご提案を歓迎します。ただしそのときは、ご提案を出された方が「隗より」プロジェクトを立ち上げることをお願いいたします。」とありますが、とりあえずさんが、「輝け、小泉名言大賞」募集企画を提案されています。おもしろいので、私もこのプロジェクトを手伝いたいのですが、どうすればいいでしょうか?  STOP THE KOIZUMI の事務局をお手伝いしたいと手をあげておきながら、まだ何もしていないので、このプロジェ......more

Tracked from とむ丸の夢 at 2006-01-16 19:33
タイトル : 父は軍隊にいた
 お気に入りの作家のシュガーポット。もう10年以上も前の作品ですが、使わずに飾って楽しんでいます。スプーンを入れる口を横切るような真一文字は象眼です。こうしたものを買うお金がよくあったものだ、と今では呆れながらも、やはりいいものはいい。まだ子供が小学生か中学生だったときに選んだのですが、よく目を付けてくれた、と思います。 お玉おばさんの記事を読むうち、ふと五味川純平の『人間の条件』を思いだしてしまいました。もう17年ほど前になるでしょうか。大好きだった父が亡くなって、家事もほとんどせずに、とにかく......more

Tracked from 玄耕庵日乗 at 2006-01-16 19:39
タイトル : 輝け 小泉名言大賞!
「とりあえず」さんがクールな企画を提案をされた。 その名も「輝け、小泉名言大賞」「おおう!『ブッシュ妄言録』みてえだ。おもしれ~」と思い、なんか参考になるものないかな?と思ってブラブラしていると「阿修羅」に「ブッシュ迷言録のように、小泉珍語録で立派に本ができるのではないか。どこかにコレクションしたサイトなどはないかなあ。」という書き込みを発見。そだよね~、いっぺんまとめて読んでみたいなぁ。大賞を決めるのも勿論すんごくタノシイけれど、ノミネートの過程そのものも小泉政権の「ある意味」総括にもなる......more

Tracked from 雑談日記(徒然なるままに.. at 2006-01-16 22:12
タイトル : 反小泉ブロガー同盟主催、「輝け、小泉迷言大賞」(企画案)..
 『反小泉ブロガー同盟主催、「輝け、小泉迷言大賞」』http://luxembu...more

Tracked from 華氏451度 at 2006-01-16 22:43
タイトル : おもしろい!「輝け、小泉名言大賞」
luxemburgさんが、ブログ「とりあえず」で「輝け、小泉名言大賞」の企画を提案されている。読んでまず「おもしろい!」と思った。次に、「楽しいことはイイコトだ」と思った。そして3番目に、「同盟員がそれぞれにおもしろい企画を打ち出していくことは、ブロガー同盟にとって大いに意味がある」とも思った。重要な課題について深刻な顔で語ることもむろん必要だが、そればかりでは息が切れ、言葉にも余裕がなくなってくる。かなり意識して――時には冗談を言いながら、時には遊びながら、時には居眠りもしながら歩いていかなけ......more

Tracked from STOP THE KOI.. at 2006-01-17 00:38
タイトル : 発起人よりのおしらせ  (1/16)
以前より、繰り返してお願いしておりますが、ブロガー同盟の新規プロジェクトおよびその他のご提案につきましては、ブロガー同盟事務局まで直接にメールフォームにてご相談をお願いいたします。 さきほどテレビのニュースで、ライブドア本社と堀江貴文社長宅に東京地検特捜部が、証券取引法違反容疑で強制捜査に入った旨の報道がありました。日本の新自由主義が崩壊に向かう転機となればと祈っています。 ...more

[上記、「発起人よりのおしらせ」は最初は下記だった。すぐに削除した模様。]
発起人よりのおしらせ  (1/16)
以前より、繰り返してお願いしておりますが、ブロガー同盟の新規プロジェクトおよびその他のご提案につきましては、ブロガー同盟事務局まで直接にメールフォームにてご相談をお願いいたします。  なお、一部に「反小泉ブロガー同盟主催」と僭称して、ブロガー同盟の企画を捏造して宣伝している向きがありますが、それはわれわれの運動とは無関係の取り組みですので、賛同メンバーの皆様には誤解のないようによろしくお願いします。...more


関連投稿
これって気持ち悪くないですか?あぁ~~~ぁ、ムカつく、世に倦む日日テサロニケはムカつく。(笑)
囲い込み誘導工作ブログ・世に倦む日日テサロニケのマーケティング戦略の迷走。(笑)
世に倦む日日テサロニケのモメンタムと蹉跌。(笑)
テサロニケの世に倦む日日は"隠れ小泉応援"工作ブログだろう。
やはりテサロニケの「STOP THE KOIZUMI ブロガー同盟」は怪しかったのか?
画面キャプチャ自由自在って必要かもね。
狂牛病、耐震偽装問題をあきれるくらいに書かない時事ブログ・世に倦む日日の怪しさ。
同"盟"について。
反小泉ブロガー同盟主催「輝け、小泉迷言大賞」(企画案)に賛同の挨拶代わりの「小泉語録」アップです。
ストップ・ザ・小泉ブロガー同盟が好きだ。(汗)
世に倦む日日・テサロニケの、「お笑いファシズム」という言い方。
今こそ、敢えて「孤立は恐れないが連帯を求める」でいこう。組織に属するものも今こそ、合流してほしいものだ。
「もし、もし、もし」で過去の政治を語ることの馬鹿馬鹿しさ。【世に倦む日日のリンクを外しました】
やりきれない悲しみと、満腔の怒りをこめて「改革ファシズムを止めるブロガー同盟」のTB削除に断固抗議する!
「世に倦む日日」対「きっこの日記」、どちらが小泉にとって脅威か。
東京新聞が今まで大マスコミが隠しつづけてきた“真実”を報道した!(森田実政治日誌)【遅くてもやらないよりはいい】
カリスマなんて待ってたって駄目だ。草莽崛起だ。そして心を鬼にしてヤンチャ路線でいく。(^^;
断固として「すき家好きやねんブロガー同盟」に参加することを宣言します。(爆)
同盟リストから外されたブログへのコメント。
そうだ、マグマだよマグマ。3419万4372票の怒りのマグマがフツフツと、地中深く静かに滾り(たぎり)はじめている。
改革ファシズムを止めろ STOP THE KOIZUMI ブロガー同盟に賛同します。

|

« 反小泉ブロガー同盟主催「輝け、小泉迷言大賞」(企画案)に賛同の挨拶代わりの「小泉語録」アップです。 | トップページ | 今更ながらあの時の小泉、想定内の想定外?(笑)⇒首相 堀江氏無所属は“想定外”【スポニチ】08月20日 »

コメント

SOBAさん 栄えある除名おめでとうございます!どこぞのお方は組織を自分の私物と勘違いしておられるようですね。もし民主的な組織であれば構成員の意志でトップが更迭されるのはあたりまえ。もしそうではないとすれば北朝鮮と一緒です。彼こそが除名されるべきなのです。

投稿: ヘンリー・オーツ | 2006年1月17日 (火) 07時59分

 すみません、私があんな提案をして、雑談日記さんなら乗って下さるだろうみたいなこといってたからですね。
 ヘンリー・オーツさんは大丈夫でしょうか。喜ぶ人は出てくるし、どうしようかな、という感じです。

投稿: luxemburg | 2006年1月17日 (火) 20時24分

ははは ついに私も名誉ある除名処分を受けたようです。

投稿: ヘンリー・オーツ | 2006年1月18日 (水) 09時38分

SOBAさんの批判者、つまり小泉容認派に言わせれば
もはやテサロニケに付いていく者は馬鹿としか
言いようがありませんね┐(´ー`)┌
反小泉を貫くのならあらゆる方法をとって徐々に
打撃を与えて当然でありますのでね┐(´ー`)┌
要するに自己中心的な考えで反小泉を叫んでいる
に過ぎないと。そんな浅はかな考えでヤられる位
なら既に倒閣されてますって!!

貴方がテサロニケに「除名」されたのは寧ろ
貴方にとって好都合な事と私は「警戒」して
おりますが(貴方の批判者として!)
テサロニケの馬鹿言動を他山の石として
我々小泉容認派の批判に耐えられる活動を
期待しております。というか、テサロニケ
如きにナメられるようでは小泉政治打倒
なんぞ夢のまた夢!

投稿: abusan | 2006年1月18日 (水) 23時29分

 ヘンリー・オーツさん、こんばんは。

 名誉ある除名処分おめでとうござい。それにしても、このすがすがしさは何なんでしょう。以前から書きたいことを書きまくっていていつリストから削除されるかと考えていたのですが、さすがに最初にその事実を知ったときには少しだけびっくりしました。

 でも、そのあとなにやらうれしさがこみあげてくるのです。ここ何回か、テサロニケの「笑い」について、またサッカー論に名を借りた独裁運営擁護のあからさまさなファシスト性を糾弾しました。

 その、テサロニケと袂をわかったと思うとうれしさがこみあげてくるのです。

 それにしても、ワンフレーズの小泉に騙された日本の政治状況も不気味ですが、その小泉に反対する運動体の中でテサロニケのやり方に異議ありの声が出てこないこの静けさの方が僕には不気味です。

 党の無謬性を信仰したり、ファシストの前に党を守るためにとかの理由でスターリニズムに拝跪したのと似ていませんか、このブロガー同盟の現状。ものすごい醜悪なものをわれわれは目撃しているのかも知れないですね。

投稿: SOBA | 2006年1月18日 (水) 23時35分

 abusanさん、こんばんは。

 軟弱で中身のない味方より、強力な敵の方が勉強になると思っています。

 歓迎します。また遊びに来てください。

投稿: SOBA | 2006年1月18日 (水) 23時44分

 luxemburgさんおはようございます。

 気にしないでください。小生も当初から想定していたことです。

 むしろ、テサロニケと袂を分かってすがすがしい喜びの方が大きいです。

投稿: SOBA | 2006年1月19日 (木) 07時49分

>その小泉に反対する運動体の中でテサロニケのやり方に異議ありの声が出てこないこの静けさの方が僕には不気味です。

↑SOBAさんのこういう意見って鋭いと思います。同感!

投稿: ヘンリー・オーツ | 2006年1月19日 (木) 09時04分

何度となくTBどうもです。
私自身、先程脱退の申し出をしてきました。

ただ、正直言って扇動目的でのTBには、こちらも少々参ってます。削除こそしませんが(無断での削除は、それこそ貴方が嫌う某氏と同じになってしまうので)、少しばかり慎重になったほうがいいのでは?と思います。

生意気なことを喋りましたけど、これからも頑張ってくださいませ。影から「反小泉」が実現できるよう願うところです。

投稿: ジョカトーレ・F | 2006年1月20日 (金) 23時44分

SOBAさん、いろんなことがあったんですね。heart

投稿: murasakinonioeru | 2009年11月26日 (木) 12時25分

色々な事を思い出しました。

そうそう、「桃園の誓い」(僕も含め、全国から6名のブロガーが招請のお誘いを受けました)なんてのもありました。スピード検索で調べると関連エントリーが出てきます。

一つだけエントリー教えます。

本気でSTOP THE KOIZUMI、No Fascismをやるつもりなら。
http://soba.txt-nifty.com/zatudan/2005/12/no_fascism_0988.html

このころ世に倦む日日のテサロニケ氏に「書記長」のご指名を受けビックリしたことがあります。

上記リンク先で出てくる「桃園の誓い」の話題に出てくるY県のTさんと言うのは、その後2007年の参院選と2009年の衆院選に出ました。当時のSTKについて知っている人にはイニシャルで書かなくても皆が知っている人でした。

テサロニケ氏はなかなか人を見る目があったようです。

その後、バナー職人に変貌したSOBAについては期待はずれだったかもネ(笑)

なお、反戦な家づくりさんはご自分から脱退されています。

今から振り返るとSTKにはその後活躍するブログが多数リストに入っています。それだけ当時は小泉の登場に対して危機感が強かったと言う事です。

投稿: SOBA | 2009年11月27日 (金) 18時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91038/8199406

この記事へのトラックバック一覧です: テサロニケの囲い込み工作同盟「ブロガー同盟」のリストから外されてサバサバ、うれしいです。(笑) :

» 最高裁判事、真野毅氏 [晴耕雨読]
衆議院解散無効確認請求 判例 昭和27年: 日本国憲法の精神、行政権の肥大化と独走(暴走)の危険性とその抑止の為の三権分立と抑制均衡の考え方が明確に論じられています。 節度のない「7条解散」を繰り返したあげく、歯止めを失って、ついに独裁政権の誕生を許してしまった現在を真野判事はどの様に見ているでしょうか? 何度か、他ブログでも取り上げられている判例ですのでご存じの方も多いと思いますが、今敢えて取り上げさせて頂きます。 半世紀前の昭和27年の衆議院解散無効確認請求に対し最高裁判所 大法廷は「現行法... [続きを読む]

受信: 2006年1月17日 (火) 22時52分

» smile again (^_^) [権力に迎合したマスコミ人を忘れるな!]
ヘンリー・オーツさんからコメントを頂いたこともあって、紅白の"smile ag [続きを読む]

受信: 2006年1月22日 (日) 13時40分

» アリバイ的/偽善的/大和的 [タカマサのきまぐれ時評]
■『読売』/『産経』あたりの保守的媒体のばあいは、論外として、『朝日』など自称リベラル系の全国紙や 米軍基地をかかえる地域の新聞〔たとえば『神奈川新聞』など〕でも、安保体制の矛盾が沖縄島近辺に異常に集中しているという、異様な事態の直視をさけてきた。■問題...... [続きを読む]

受信: 2006年1月24日 (火) 02時45分

« 反小泉ブロガー同盟主催「輝け、小泉迷言大賞」(企画案)に賛同の挨拶代わりの「小泉語録」アップです。 | トップページ | 今更ながらあの時の小泉、想定内の想定外?(笑)⇒首相 堀江氏無所属は“想定外”【スポニチ】08月20日 »