« な、なぬ、朝日新聞「ジャーナリスト宣言」ラジオCMのBGMは「私を泣かせてください」だと。(^^; | トップページ | 確かにあのもったいぶらせぶりはこの「ラ」としか言いようがないカモ⇒前原「お楽しみ」の結末。(イラスト) »

2006年2月26日 (日)

メール問題、今こそ阿修羅の情報解析である。

情報解析
・その情報が 誰によって 流されているか?
・その情報が なぜ今 流されているか?

★阿修羅♪

事象解析
・その事象で だれが利益を得るか ?
・ 歴史上、その事象の時何があったか?

事象解析→情報解析さかのぼり解析バナー 事象解析→情報解析さかのぼり解析バナー


 上記のうち、「誰によって 流された?」かはまだおおやけにされていない。現在推測できるのは「だれが利益を得るか ?」「なぜ今 流されているか?」だ。

 一番得をしているのは4点セットの追及を頓挫させることができた小泉や武部だろう。であるなら、メールが出た当初からの小泉の一見余裕をうかがわせる様子も種明かしを示唆しているようである。(笑)

 

野中氏の直感が図星であたっている可能性が高い。(笑)

※今回、ネット上ではさめた目で見ている人が多かったような気がする。そりゃそうだ皆さんパソコンとかにはくわしいしメールとかには一定の知識を持っている。あんな、ヘッダー情報も全部出ていなくて、しかも経由のサーバー情報ものっていないようなメールなどで、それこそ鬼の首でも取ったように騒ぐほうがおかしいのだ。
 つまり、これに関連して、このメール騒動にはもう一つの狙いがあったと見ている。いくつかある有力な小泉批判のブログなども引っ掛けて信用を落としネットの影響力をそごうとする狙いである。
 ただし、これに関してはやつらの狙いは完全にはずれた。ネットワーカーの知識と直感の方が上回っていたのだ。(笑)

※「spin :情報操作」について書いてあるブログを見つけました。一昨年、僕も阿修羅への漫画紹介の投稿で話題にしたことがあります。

※spin:元々は、糸を紡ぐ、独楽を回すと言う意味で、国民と世論をくるくると独楽のように回して、思いの方向へ誘導し、あるいは篭絡すると言うことらしい、情報操作に長じた人のことを spin doctorと言う。
(2004-02-18東京新聞朝刊、熊田亨「ヨーロッパ展望台」スパイとスピンより)

(なお英辞郎では)
■spin doctor : 報道対策{ほうどう たいさく}アドバイザー、スピンドクター

|

« な、なぬ、朝日新聞「ジャーナリスト宣言」ラジオCMのBGMは「私を泣かせてください」だと。(^^; | トップページ | 確かにあのもったいぶらせぶりはこの「ラ」としか言いようがないカモ⇒前原「お楽しみ」の結末。(イラスト) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メール問題、今こそ阿修羅の情報解析である。:

» 原口議員の国会資料-ライブドア事件 [とくらBlog]
 今日は、朝早くから予定がつまっていて、午後からも夜中まで3つの予定(防府、広島、徳山)があるので、ここで書いている場合ではないのですが、とりあえずさんがTBくださったいろいろ(2月24日)を読んでみると、佐藤立志のマスコミ日記が紹介してあり、行ってみると、探していた情報があったので、これだけ書かせて。  17日に「原口議員が重要なことを言われていたと思いますが、」と書いていましたが、二の矢が出てくるかと注目を集めた永田議員の質問の前に、原口議員が質問された内容のことや、18日に「投資事業組合の関... [続きを読む]

受信: 2006年2月26日 (日) 22時06分

» 「永田議員問題」識者はこう見る~東京新聞 [はじめの一歩]
東京新聞2月24日朝刊30面に,識者2人の声が出ています.こういう場合は両論併記が普通なんですが,読んでみるとそうではなくどちらも自民党に批判的.と言っても同じ意見が2つでなく違う視点から書かれていて,「東京新聞ナイス!」と思いました.両論併記というのも結構ですが,新聞社のそれこそジャーナリストとしての責任回避のようで好きではありません.さて,記事の内容を簡単にまとめておきます.上智大教授(憲法,メディア法)田島泰彦氏『自民,説明責任尽くすべき』 政治責任を追及するなら,それに足る条件満たすかのチ... [続きを読む]

受信: 2006年2月26日 (日) 23時49分

» スピンという情報操作を意味する言葉 [野良狸の巣]
 このブログでは三度目になる、「スピン」という言葉の話題です。週刊金曜日2003/08/29発売号のページからの情報です。 ≪スピンという情報操作 国民はいかにして騙されるか  時の政権を揺るがすスキャンダルが起きると、不思議なことに世間の好奇心を惹くような事件が起きて、スキャンダルは世間の関心から吹き飛んでしまう。  実はそんなことの繰り返しで、気づけばこんな社会になっている。  時局に応じ多種多様な情報“排気ガス”を使いわけ、世の中を煙に巻いてしまう。  そのような権力による...... [続きを読む]

受信: 2006年2月28日 (火) 19時06分

« な、なぬ、朝日新聞「ジャーナリスト宣言」ラジオCMのBGMは「私を泣かせてください」だと。(^^; | トップページ | 確かにあのもったいぶらせぶりはこの「ラ」としか言いようがないカモ⇒前原「お楽しみ」の結末。(イラスト) »