« きっこの日記と世に倦む日日で検索結果を比べてみると、やはりテサロニケは怪しい。(笑) | トップページ | 世に倦む日日とアクセスカウンタ。(笑) »

2006年4月 9日 (日)

隅田川遊歩道、土日休み、朝のお散歩。

 恒例の、(ってさっき自分で勝手に思いつきました(汗))花見時の、写真アップです。(去年のレポート

(クリックすると拡大します)

隅田川遊歩道 土日の休みと言うことで、昨日今日近くの遊歩道を散歩しました。初めて行ったのは1週間前の土曜日、自転車で隅田川の堰堤のお花見に行きました。今日は徒歩、車で時々通ることはあっても実際歩いてこれほど素晴らしくなっているとは気がつきませんでした。(完成は今年の2月)  Web画面で見ると、構図が決まりすぎていて、右の工事中のマンションがなければ、最近はほとんど行きませんが昔の銭湯の絵みたいですね。(^^;歩道の先にかすかに見えるのが最近できた千住汐入大橋、左の高層マンションが確か伝説のロックシンガー尾崎豊さんが住んでいたマンションです。


遊覧船 土日は大型遊覧船や、レジャーボートなども通ります。現在は水もきれいで1週間前に通ったときには釣り人の姿も、、。高度成長期の時のようなドブ川の姿はもうありません。


遊歩道&水神大橋 以下の2枚は昨日土曜日早朝、航空高専のあたりから水神大橋方向です。早朝なのでほとんど散歩者もなし。


水辺の遊歩道&水神大橋 水際の遊歩道です。全部歩くと早足で片道約23分~25分の距離。
※その後、デジタル距離計がついている折畳み自転車で距離を測ってみました。汐入の遊歩道入り口から白髭のたもとまで2310mでした。つまり往復で4620m。


かなり近づいても逃げないカモメ達 まだ通行人が少ないからか、おどかす人もいないからか、かなり近づいても逃げないカモメたち。一番手前のカモメは3メートルくらい。


ひなたぼっこするカモメ達 瑞光橋の手前で、カモメが気持ちよさそうに日向ぼっこしてました。


カモメの群れ カモメの群れ。


カモメの群れ


瑞光橋、オイルフェンス?のプール?とカモメ


堤防に入るカモメさしづめマイホームに帰ってきたカモメ


瑞光橋の椅子 瑞光橋にはできたばかりの椅子とそのためのスペースがふくらませてあります。橋から見下ろすとまるでカモメの遊び場のよう。


ドウダンツツジの表示 水際遊歩道には、ふんだんの植栽です。何種類ものツツジが咲き誇るこれからが楽しみ。


クルメツツジの表示


ヘメロカリスの表示


オオムラサキツツジの表示


クチナシの表示


ユキヤナギの表示


アセビの表示


ヤマブキの表示


ヤマブキ ヤマブキ。


Imgp1139


ユキヤナギ ユキヤナギ。


ドウダンツツジドウダンツツジ


救命浮き輪


散り残った桜 帰途、桜並木で撮った若葉の間に残る桜。遊歩道に植栽された桜はまだ若くて1年生と言ったところ。1週間前には初々しくも満開でした。で、いくらなんでもこれではと言うことで、次の2枚は1週間前の土曜日近くの公園で撮った桜。


1週間前の桜


1週間目の芽吹いた桜


1週間目の芽吹いた桜 上のような華々しいのも好きですが、大きな幹に芽吹いたのもなかなかおつです。


芽吹く桜


夕方、日影も長くなった遊歩道のベンチ 遊歩道の散歩がとても快適だったので、夕方に再度浅草神谷バーまで自転車での散歩。
 隅田川の水辺にもベンチがありますが、写真は堤上の遊歩道にあるベンチ。日影も長くなり隅田川を見ながらゆったり語らう人が座るのを待っているかのようです。


調教中の犬 途中犬の訓練をしている人も、、。


白髭橋から見た青テントの列 白髭橋から見るホームレスの青テント。


ホームレスと自転車 自転車を所有している人が多い。


ハンガリー出身の舛東欧君 神谷バー手前の交差点であった、舛東欧君。琴欧州関(ブルガリア)とは部屋は別らしい。ハンガリーからだそうです。性格も良さそうなので伸びるかもしれない。「横綱になるように」と励まし、握手してから神谷バーに直行。(笑)
 なお生まれてこのかた東京で、浅草は言わば庭のようなものです。しかし、神谷バーには今回始めて行きました。)


大皿ソーセージと電気ブラン 1週間前の土曜日のお花見の時には、店内レジの前は行列で、しばらく待つもあきらめて断念してしまいました。今回分かったのは、普通のレストランと違って席は自分で見つけて確保しておいてから食券方式です。とても庶民的な感じ。かといって、変に猥雑でもなく、明治・大正・昭和の雰囲気を誇らしげに保持しているような独特な雰囲気です。たまたま隣同士になった外国からの観光客と談笑しているテーブルなどもありにぎやか。写真は大皿ソーセージ1300円。ナイフを入れた後の状態です。出されたときにはドーンと大きなボリュームでした。粒ガラシとマッチして美味しかったです。電気ブランはおかわりを含めて頼んだらウェイターが気を利かしてデカンタを勧めてくれました。実際デカンタから注いだら優に4杯分以上はありました。 (^^)
※注文したのは、大皿ソーセージ1300円。そのほか、電気ブラン260円×3、フレンチポテト410円、ほたてわさび510円くらげ酢560円、しめて3560円
 値段もそこそこに安いし、店の雰囲気もいい。今まで前を通りながら入らなかったのが不思議。
 初夏になったら、散歩で一汗して、ジョッキの生ビールと言うのもいい。「今年は何べんか来ることにしよう」と思いました。


|

« きっこの日記と世に倦む日日で検索結果を比べてみると、やはりテサロニケは怪しい。(笑) | トップページ | 世に倦む日日とアクセスカウンタ。(笑) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 隅田川遊歩道、土日休み、朝のお散歩。:

» 日替わりコラム・お題「春」「出発」――「出発は明日を生きるために」(月曜日・華氏451度) [Under the Sun -HOME-]
共通のお題を設けてみようということで、今週は「春」「出発」。前座を務めるのは、月曜担当の華氏451度でございます。これがほんとの、「1周遅れのトップ・ランナー」だなあ。UTSの企画なのでピシッと正座した感じで書かないとまずいかな、他の週の担当者から石が飛んでくるかな(どうせ投げるならオヒネリにしてほしい……)と思いつつ、そんな急に自己改造できない。というわけで、欠伸しながらのんびりとお付き合い下さいますよう。タイトルは「出発は明日を生きるために」――(「春・出発」、end なのかorなのかよくわから... [続きを読む]

受信: 2006年4月10日 (月) 01時04分

« きっこの日記と世に倦む日日で検索結果を比べてみると、やはりテサロニケは怪しい。(笑) | トップページ | 世に倦む日日とアクセスカウンタ。(笑) »