« もはやテサロニケの「STOP THE KOIZUMI 」の限界と欺瞞は誰の目にも明らかになりつつある。 | トップページ | 必読記事⇒政府が執着 『共謀罪』とは【東京新聞 こちら特報部】 »

2006年4月21日 (金)

これって気持ち悪くないですか?あぁ~~~ぁ、ムカつく、世に倦む日日テサロニケはムカつく。(笑)

 この扇動的な、やたら修飾語満載の、無駄な言葉だらけのテサロニケの行っちゃってる文体のこの文はなんなんだ。オネンネのおねーちゃんしか引っかからないような気がするのだが、、。(笑)

 こんな奴のブログが毎日1万前後のアクセスがあるなんて(かなりカウンタが水増しだが(笑)⇒「世に倦む日日とアクセスカウンタ。(笑)」参照)時代の雰囲気はかなりファシズムなのかもしれない。

 小泉を選んだ選挙民の情況と、テサロニケの文をありがたがって読んでいるネチズンが毎日1万前後という情況は表裏一体のものではないのか?

 光市、母娘殺害事件の遺族の本村洋氏に同情はするにしても、このリンチ礼賛のテサロニケの文は一体何なのか?

 「STOP THE KOIZUMI 」を標榜する世に倦む日日テサロニケがリンチ礼賛とは、これはもう絶句するしかない。以下、テサロニケの文。


 以下、世に倦む日日の「山口県光市母子殺害事件(2) - 良妻賢母だった23歳の弥生さん」より

二日間ほどマスコミが事件を集中報道して、これまでになく数多く本村洋の発言に接することができた。顔つきが大人に変わり、刺すように鋭かった昔の雰囲気は少し変わったが、相変わらず言葉が素晴らしい。本村洋の言葉は本当に素晴らしい。言葉が常に理路整然としていて、無駄がなく、分かりやすく、聴き入るたびに興奮と感動を覚えさせられる。聴きほれる。納得と共感で心が満たされる。何もかもが絶望的なこの日本で、本村洋は私にとって宝石のような美しい貴重な存在であり、この若い、優秀な優秀な優秀な優秀な男を、国会議員にしたいと希(こいねが)う。日本国憲法が想定する国民代表の理念型は、本村洋のような人間的資質をこそ具体要請しているのである。できればこの男を総理大臣にしてみたい。今すぐに日本国の運営を任せてみたい。昔、菅直人が厚生大臣になって、薬害エイズ事件の犠牲者の遺族の前に立ち、遺影に向かってひざまずき謝罪をしたことがあった。「大臣、この子に謝罪して下さい」という悲痛な訴えの言葉が耳に残っているけれど、 それを見たとき、私も若かったが、「菅直人よくやった、総理大臣にしてやるぞっ」とテレビの前で叫んだことを覚えている。日本ではあまり見ることのない、感動的な政治の場面だった。あれから十年経ち、今では菅直人を総理大臣にしてやりたいなどとは全く思わない。それっきり、総理大臣にしたい男は私の中に一人としていなかったが、今は本村洋を内閣総理大臣にしてみたいと願望する。憲法はきっと歓迎するだろう。憲法の心を持った天皇陛下も歓迎するだろう。


 「反戦な家づくり」さんの「光市事件と拉致事件 リンチ礼賛運動」の下記部分をすべての人に読んで欲しい。

近代の法律というのは、二つの目的から生まれたと、羽仁五郎氏の本で読んだ記憶がある。
一つは、国家の横暴に縛りをかける
もう一つは、私刑=リンチの規制だ

本村氏の意見は、遺族のやむにやまれぬ心情としては理解できるが、それを「リンチ礼賛」のように報道するマスコミの意図は、また別に評価しなければならない。
(略)
こうした、近代法のプラスの面を骨抜きにしようという、その総仕上げが改憲だ。

 

関連投稿
変な英語の「STOP THE KOIZUMI」バナーじゃ恥ずかしい。日本語のバナーに変えよう。
世に倦む日日のテサロニケとマネージメント。(笑)
世に倦む日日とアクセスカウンタ。(笑)
きっこの日記と世に倦む日日で検索結果を比べてみると、やはりテサロニケは怪しい。(笑)
「世に倦む日日」対「きっこの日記」、どちらが小泉にとって脅威か。
やはりテサロニケの「STOP THE KOIZUMI ブロガー同盟」は怪しかったのか?
本気でSTOP THE KOIZUMI、No Fascismをやるつもりなら。
お笑い「世に倦む日日」テサロニケのサッカー論、まるっきり馬鹿丸出し。(笑)
「もし、もし、もし」で過去の政治を語ることの馬鹿馬鹿しさ。【世に倦む日日のリンクを外しました】
世に倦む日日・テサロニケの、「お笑いファシズム」という言い方。
アクセスカウンターのやり方がもっと簡単になってますね。

参考:「バナーのタグを知るには
主張バナーコレクション


 テサロニケは、批判の文を書かれるとリンク変更したりとか卑怯なところがあるので、上記の文も削除される可能性がなくはないので資料として全文採録しておきます。

山口県光市母子殺害事件(2) - 良妻賢母だった23歳の弥生さん
http://critic2.exblog.jp/3258643/

二日間ほどマスコミが事件を集中報道して、これまでになく数多く本村洋の発言に接することができた。顔つきが大人に変わり、刺すように鋭かった昔の雰囲気は少し変わったが、相変わらず言葉が素晴らしい。本村洋の言葉は本当に素晴らしい。言葉が常に理路整然としていて、無駄がなく、分かりやすく、聴き入るたびに興奮と感動を覚えさせられる。聴きほれる。納得と共感で心が満たされる。何もかもが絶望的なこの日本で、本村洋は私にとって宝石のような美しい貴重な存在であり、この若い、優秀な優秀な優秀な優秀な男を、国会議員にしたいと希(こいねが)う。日本国憲法が想定する国民代表の理念型は、本村洋のような人間的資質をこそ具体要請しているのである。できればこの男を総理大臣にしてみたい。今すぐに日本国の運営を任せてみたい。昔、菅直人が厚生大臣になって、薬害エイズ事件の犠牲者の遺族の前に立ち、遺影に向かってひざまずき謝罪をしたことがあった。「大臣、この子に謝罪して下さい」という悲痛な訴えの言葉が耳に残っているけれど、それを見たとき、私も若かったが、「菅直人よくやった、総理大臣にしてやるぞっ」とテレビの前で叫んだことを覚えている。日本ではあまり見ることのない、感動的な政治の場面だった。あれから十年経ち、今では菅直人を総理大臣にしてやりたいなどとは全く思わない。それっきり、総理大臣にしたい男は私の中に一人としていなかったが、今は本村洋を内閣総理大臣にしてみたいと願望する。憲法はきっと歓迎するだろう。憲法の心を持った天皇陛下も歓迎するだろう。今朝はTBSの「朝ズバ」に生出演して、被告人の福田孝行に対して、「謝罪の言葉は裁判が終わったときに聞きたい」と言っていた。「極刑の判決を受け入れ、自分の命で罪を償って、あの世で妻と娘に謝罪をして欲しい」と言っていた。「この世での謝罪は謝罪にはならない。私は被告人に謝罪は求めておらず、あの世で妻と娘に存分にしてもらいたい」と。隣で話を聞いていた土本武司は、「正論だと思いますね」と頷き、日本の刑事裁判の判決における権力主義と抑制主義の問題を指摘していた。

刑法の基本思想が応報刑論であることも語っていた。土本武司は、同じ検事出身の法曹解説者の中でも、今後の捜査や裁判の予想といった具体論の方面の話題ではなく、むしろ刑法学者として理論的学問的な中身でコメントを埋める方を好む。横で語る本村洋に触発されたように、刑法総論の基礎を説き始めていた。刑事事件の解説はそれでよい。茶の間を法学部の刑法講義の空間に変えなければならない。本村洋はさらに続けた。「被害者の遺族は何度も警察に呼び出され、仕事も休んで事情聴取を受けさせられる。長い時間を耐え、答えたくない苦痛な質問に答え、認めたくない調書に署名するのは、検察がきっと仇を取ってくれると信じているからだ。検察に全面協力する以外に被害者の遺族には相手と戦う手段がないからだ。裁判の間、犯人と弁護士が何を言っても、傍聴席の被害者遺族は何もできない。黙って我慢してジッと彼らの話を聞くしかない。それを耐えられるのは、裁判が復讐の場であり、最後に遺族に代わって復讐を遂げてくれる日を待っているからだ」。

許せないことは本当に多くあり、安田好弘と足立修一の問題については稿を別にするが、一審の山口地裁で裁判を担当した判事の渡辺了造は、法廷に被害者の遺影を持ち込もうとした本村洋に対して、判決を言い渡す前に、被害者の顔が見えると被告人の人権を侵害するからという理由で写真に布を被せるよう命令している。この遺影事件は当時も大きな話題になった。もう一人、一審で福田孝行の弁護人を務めた弁護士の中光弘治。この男は判決で無期懲役が出たとき、何と被害者遺族が傍聴席にいる前でガッツポーズをして見せたと言われている。この中光弘治の熱心な弁護によって一審は無期懲役になったわけだが、この男は被告人の福田孝行について、「公判を重ねるたびに反省の度を深めている」と証言している。ところが福田孝行は、周知のとおり、拘置所の中から友人へ宛てた手紙の中で「私を裁けるものはこの世におらず」「7年そこそこで地表にひょっこり芽を出すからよろしく」と言っている。「反省の度を深めている」という弁護人証言は嘘だった。

殺された妻の弥生さんについて少し触れたい。七年前の事件発生から一審求刑の当時より、この二日間の方が弥生さんに関する情報が多く出ていて、テレビでは何枚も母と子が写っている写真がスタジオに掲げられている。それから本村洋との交換日記が紹介されている。当時は気づかなかったことだが、弥生さんという女性が実にいい感じの良妻賢母なのだ。23歳なのだが、落ち着いていて、二十代前半という年齢で想定する未熟さが表情にない。正直なところ、七年前だとこういう人もまだいたのかなと時代を思い返してしまう。現在の日本では、三十代の半ばか後半で女が子どもを産むのが当然になり、二十代の前半で子どもを持っていると、逆にこちらの方が大丈夫だろうかと不安になってしまう社会的環境がある。二十代前半で子どもを持つ母親は、何か訳ありだったり、金髪だったりする。だから弥生さんの写真を見ていると不思議であり、とてもいいものを見ている気分になり、何と惜しいことをしたのだろうという感情が自然に沸いてくるのだ。この夫婦なら、どれほど素晴らしい家庭が築けていただろう。それがどれほど日本と地域の財産になっただろう。

写真を見ながら、良妻賢母という言葉を思い出し、昔の日本はよかったなという感慨を深くした。


|

« もはやテサロニケの「STOP THE KOIZUMI 」の限界と欺瞞は誰の目にも明らかになりつつある。 | トップページ | 必読記事⇒政府が執着 『共謀罪』とは【東京新聞 こちら特報部】 »

コメント

前原君というお友達をなくしたせいで、ますます、分けわかんなくなってますね。
お友達は大切にすればいいのにねぇ。

投稿: spring | 2006年4月21日 (金) 16時19分

テサロニケが遂に本性を現しましたね。

「世に倦む日日」の検索窓で「共謀罪」を検索してみたところ、ヒットはゼロでした。

テサロニケは小泉政権に操られた工作員の可能性もありますね。

投稿: kuroneko | 2006年4月21日 (金) 19時02分

>テサロニケは小泉政権に操られた工作員の可能性もありますね。

今ごろになって解った?

投稿: thessalonike** | 2006年4月22日 (土) 10時19分

あそこまで復讐を煽ったら
共謀罪に引っかかるかもしれませんね。

自分がそういう状況に置かれたらと考えると、やっぱり復讐を考えるでしょう。
でも、当事者以外は必死にそれを思いとどまらせるのが、あるべき人間の姿だと思います。

投稿: miya | 2006年4月22日 (土) 18時50分

仰る通りですね!
是非国会議員に!法務大臣に!
痛みのわかる政治家を渇望します。

本村さんはもとより、この事件から社会は、そして私たちは何を学ぶか?大きな課題を与えられた気がします。
本村さんの長い闘いがまた始まりましたね・・・

投稿: 葉山晶一 | 2006年6月21日 (水) 03時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これって気持ち悪くないですか?あぁ~~~ぁ、ムカつく、世に倦む日日テサロニケはムカつく。(笑):

» トクラ座の愛は凄いらしい----もっと愛を語りたい [とりあえず]
 本当はトクラ座の「愛人」は凄いらしい、にしたかったがやめた。あまり書いて図星だったら大変だから(嘘)。  [続きを読む]

受信: 2006年4月21日 (金) 06時47分

» 今、私たちにできることとは? [BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」]
今日のNHKの朝ドラ「純情きらり」にはハッとさせられた。主人公桜子の友人のお兄さんが出征することになり壮行会が開かれるのだがそこでその友人が「君死にたもうことなかれ」という書 [続きを読む]

受信: 2006年4月21日 (金) 14時05分

» 社会主義的弁護士を望むthessalonike2氏 [玄倉川の岸辺]
最近は全然見ていなかった「世に倦む日々」だが、finalventさんが取り上げていたので久しぶりに読んでみた。 世に倦む日日 : 本村洋の復讐論と安田好弘の怠業 − 山口県光市母子殺人事件弁護士だから被告人の量刑を軽くするべく尽力するのが当然だという議論もあるが、裁判が正義と真実を明らかにするものであり、弁護士もその司法の大義に仕える一部であるのなら、弁護活動の目的の第一は被告人の量刑軽減ではなく、正義の実現と真実の解明ではないのか。これは... [続きを読む]

受信: 2006年4月22日 (土) 01時16分

» いのち その2 [晴耕雨読]
35億年前には原初的生物は古細菌と真正細菌へと大きく二つに分かれていきました。真正細菌の一種であるシアノバクテリアは光合成をおこない始めました。光のエネルギーを用いて水(H2O)を酸化して水素原子を取り出し、その水素原子を使って大気中に豊富に存在した二酸化炭素を還元して有機物を作り出しました。このとき生成した酸素は気体として大気中に放出し、光のエネルギーを貯えた有機物は地球表層の炭素の循環に送り込む、というのが光合成の働きなのです。20億年前には、古細菌から進化した真核生物の祖先が、酸素を使ってエネ... [続きを読む]

受信: 2006年4月22日 (土) 21時44分

» 2チャンネル糾弾闘争 [アッテンボロー]
 私が2チャンネルの存在を知ったのは2000年であったか01年であったかの部落解 [続きを読む]

受信: 2006年4月23日 (日) 00時18分

» 日替わりコラム-今週のテーマは「愛」だぜ! [そぞろ日記]
チキンレースのトリを受け持っていることに今日気がついた私であります。 (もっと早 [続きを読む]

受信: 2006年4月23日 (日) 11時32分

» 安田弁護士の人権感覚 [アルバイシンの丘]
 残念ながら,安田弁護士の記者会見はじっくり見ていないのだ.それでもテレビの前を通りながら,ちらちらと見る機会はあった.内容は,おおよそイラストを使って殺意の否認や強姦の意図のなかったことを説明したのだと思う.しかし,イラストもじっくり見られず詳しく書けないのだが,他のブログやコメントなどからの情報を信ずるとすれば,被害者(奥さん)が包丁を持っていたこと,奥さんの姿が生々しく描かれていたこと,などは確からしい. 私は安田弁護士の人権感覚を疑う.ほんとに人権派と呼ばれているのだろうか.この人の頭の中に... [続きを読む]

受信: 2006年4月25日 (火) 23時10分

» 支持政党であれば一党だけでよいか(4/26追記) [よろずもめごと論]
 民主党は千葉補選を紙一重の差で勝ち抜いて、かろうじて政権から遠ざかる道を折り返した。  しかし次期総裁候補総出演でありながら小泉チルドレンの応援やあのわけのわからない合い言葉から武部幹事長率いる選挙戦術が酷評されていたのに対して、小沢代表の選挙戦術の評価は高かった。それにも関わらずこの僅差であったのだから民主党は大いに危機感を抱かねばならない。相手が偉大なるイエスマン幹事長でなければ負けていて当然だったのだ。... [続きを読む]

受信: 2006年4月26日 (水) 13時46分

» 支持政党であれば一党だけでよいか(4/26追記) [よろずもめごと論]
 民主党は千葉補選を紙一重の差で勝ち抜いて、かろうじて政権から遠ざかる道を折り返した。  しかし次期総裁候補総出演でありながら小泉チルドレンの応援やあのわけのわからない合い言葉から武部幹事長率いる選挙戦術が酷評されていたのに対して、小沢代表の選挙戦術の評価は高かった。それにも関わらずこの僅差であったのだから民主党は大いに危機感を抱かねばならない。相手が偉大なるイエスマン幹事長でなければ負けていて当然だったのだ。... [続きを読む]

受信: 2006年4月26日 (水) 19時43分

« もはやテサロニケの「STOP THE KOIZUMI 」の限界と欺瞞は誰の目にも明らかになりつつある。 | トップページ | 必読記事⇒政府が執着 『共謀罪』とは【東京新聞 こちら特報部】 »