« 世に倦む日日のテサロニケとマネージメント。(笑) | トップページ | 隅田川遊歩道、散歩コースのある贅沢。歩ける幸せ。 »

2006年4月14日 (金)

変な英語の「STOP THE KOIZUMI」バナーじゃ恥ずかしい。日本語のバナーに変えよう。

 定冠詞の「THE」の使い方もおかしく、「STOP」の語法も変なこんなバナーは反小泉運動の恥である。(※参考:トラックバックしてくれた「翻訳blog」さんの「theについて(1)」参照)

 そもそも、「英語ファシズム」とか言っていたテサロニケがなんでバナーが英語なのか?なんで「エンドースメント」とか「「挙党体制」はスタテティックでストラクチャードな」とか石原慎太郎みたいにやたら英語使いまくりなのか?しかも、英語が得意であるかのような奴がなんで定冠詞や語法のあやしい変な英語を使うのか?

 バナー貼り運動の原点に戻り、星火燎原でバナーが広がる環境を作るべきだ。そのためには除名騒ぎで運動を後退させたテサロニケのブロガー同盟私物化にも「ノン」を突きつけよう。

 その手始めとして、例の「STOP THE KOIZUMI」のバナーをはずして別のバナーに取り替えよう!

 で、「翻訳blog」さんの提言を入れて、日本語のバナーを作りました。アニメGIFでなく動かない普通のバナーです。

弱肉強食の
新自由主義反対

モラル破壊の
新自由主義反対

格差拡大の
新自由主義反対

従米売国の
新自由主義反対

弱肉強食の新自由主義反対バナー モラル破壊の新自由主義反対バナー

格差拡大の新自由主義反対バナー 従米売国の新自由主義反対バナー

弱肉強食の新自由主義反対バナー モラル破壊の新自由主義反対バナー

格差拡大の新自由主義反対バナー 従米売国の新自由主義反対バナー

弱肉強食の新自由主義反対バナー モラル破壊の新自由主義反対バナー

格差拡大の新自由主義反対バナー 従米売国の新自由主義反対バナー

弱肉強食の新自由主義反対バナー モラル破壊の新自由主義反対バナー

格差拡大の新自由主義反対バナー 従米売国の新自由主義反対バナー

弱肉強食の新自由主義反対バナー モラル破壊の新自由主義反対バナー

格差拡大の新自由主義反対バナー 従米売国の新自由主義反対バナー

弱肉強食の新自由主義反対バナー モラル破壊の新自由主義反対バナー

格差拡大の新自由主義反対バナー 従米売国の新自由主義反対バナー

弱肉強食の新自由主義反対バナー モラル破壊の新自由主義反対バナー

格差拡大の新自由主義反対バナー 従米売国の新自由主義反対バナー

弱肉強食の新自由主義反対バナー モラル破壊の新自由主義反対バナー

格差拡大の新自由主義反対バナー 従米売国の新自由主義反対バナー

弱肉強食の新自由主義反対バナー モラル破壊の新自由主義反対バナー

格差拡大の新自由主義反対バナー 従米売国の新自由主義反対バナー

弱肉強食の新自由主義反対バナー モラル破壊の新自由主義反対バナー

格差拡大の新自由主義反対バナー 従米売国の新自由主義反対バナー


関連投稿
これって気持ち悪くないですか?あぁ~~~ぁ、ムカつく、世に倦む日日テサロニケはムカつく。(笑)
世に倦む日日のテサロニケとマネージメント。(笑)
世に倦む日日とアクセスカウンタ。(笑)
きっこの日記と世に倦む日日で検索結果を比べてみると、やはりテサロニケは怪しい。(笑)
「世に倦む日日」対「きっこの日記」、どちらが小泉にとって脅威か。
やはりテサロニケの「STOP THE KOIZUMI ブロガー同盟」は怪しかったのか?
本気でSTOP THE KOIZUMI、No Fascismをやるつもりなら。
お笑い「世に倦む日日」テサロニケのサッカー論、まるっきり馬鹿丸出し。(笑)
「もし、もし、もし」で過去の政治を語ることの馬鹿馬鹿しさ。【世に倦む日日のリンクを外しました】
世に倦む日日・テサロニケの、「お笑いファシズム」という言い方。
アクセスカウンターのやり方がもっと簡単になってますね。

参考:「バナーのタグを知るには
主張バナーコレクション

|

« 世に倦む日日のテサロニケとマネージメント。(笑) | トップページ | 隅田川遊歩道、散歩コースのある贅沢。歩ける幸せ。 »

コメント

はじめまして、時折、立ち寄りバナーなど楽しませて頂いております。
どうも最近こちらのブログでテッサロニキ氏の批判、攻撃を頻繁にやられている様子で、心配しております。確かにテッサロニキ氏はブロガー同盟運営方法や、やや独断的な議論(時に毒がある程の…)で問題がある方だと思っています。それは貴ブログでもよく勉強させて頂きました。
しかし既に袂をわかったのですから、俺は俺の道を行く、お前はお前の道を行けでいいではないですか。ちょっとこの記事ですと既に他人の運動に横から口を出しその足を引っ張るような結果にもなりかねないと思います。折角の和み系の犬のマークが台無しです。
市民ブロガーによる反小泉運動は幾つも流れがあって緩やかに連携していけばよいので、互いに力をそいではいけません。別にテッサロニキ氏の肩を持つつもりはないし、必要な批判は(小沢氏批判への反批判のように)大いにやるべきです。しかし今更Stop the Koizumiのバナーの英語をくさす、というのは精力の無駄遣いではないでしょうか。時事評論などあなたには他にやることが沢山ある筈です。バナーを新しく作るのもいいでしょう。「好漢注意せよ」と僭越ながら申し上げたく存じます。

投稿: イオン | 2006年4月15日 (土) 06時44分

失礼しました。
小生テッサロニケ氏に対して表現が適切でなかったかもしれません。このような運動といえども人間関係が問題となり、個性の強い人同士、軋轢は避け難いのかもしれません。

投稿: イオン | 2006年4月15日 (土) 07時01分

トラバありがとうございます。THEなどの使い方について、言われてみれば・・・と思いました。ただ個人的には「新自由主義」という言い方も以前から気になってました。なぜなら、それ自体は良いイメージを与えることが多いような気がするからです。とはいえ、私に代案はないのですが。。 ま、あまり神経質にならない方がイイのかも知れませんけどね。

投稿: TOCKA | 2006年4月15日 (土) 09時59分

昔,小泉,中曽根に匹敵する悪代官だった佐藤内閣の暴政に対し,「ストップ・ザ・サトウ」の標語を掲げて頑張った時代がありましたよ.英語の使い方としておかしいとは言えないのではないですか.それはそうと,「世に倦む日日」へ私のTBが全くできなくなりました.拒否設定されたことはほぼ確実です.別に心当たりはないのですが,唯一,貴ブログとの「交信」だけ引っかかります.まあ,それでもいいでしょう.まことに上の方のコメントにあるとおりです.論理自体を大事にして我々の思う「正義」の実現に向かって努力しましょう.時としてテサロニケ氏も貴殿も感情的言辞で自らを貶めています.

投稿: アルバイシンの丘 | 2006年4月15日 (土) 11時30分

ごぶさたしています。イオンさんが冷静なコメントを書いておられたので、私もちょっとだけ
thesslonikeさんをかばってみます。(笑)最近、盲目的な世に倦む日日ファンからただのファンになり、世に倦む日日のここのところの論調とはちょっと違う立場で記事を書いていることをご理解いただけるかと思います。ただ、STOP THE KOIZUMI の theについては、これまでもいろいろ言われたけれども、基本は世に倦む日日がSTOP THE KOIZUMI の運動を呼びかけられた日の記事に以下のようにあるのが、根本だと思います。http://critic2.exblog.jp/1260870/から引用しておきます。

「STOP THE KOIZUMI」のキャッチコピーは、ある年齢以上の方はすぐにピンと来るだろうけれど、35年前の革新都知事の政治史からヒントと着想を得た。当時の長期独裁政権であった自民党佐藤政権に対するアンチシンボル。美濃部亮吉は戦後民主主義の代表的知識人の一人であり、また革新共同のシンボルでもあった。社民党と共産党の合同を主張する立場からのメッセージとして、このキャッチコピーをもう一度歴史の中から掘り起こして、蘇生させ、再活用したいという意図が私にはある。さらに言えば、戦後民主主義の概念、そして「革新」という言葉、二十年間の反動側の攻勢と左翼の自堕落によって貶められ、傷つけられ、汚泥で塗り固められてしまった二つの失墜したシンボルを、私は私の力でクレンジングしてピカピカなものにリニューアルできないかと思っていて、また、それに成功すれば、新自由主義革命に対する有効な政治的カウンターになるだろうと考えているのだ。

投稿: とくら | 2006年4月15日 (土) 13時51分

すみません。引用した先のリンクに文字まで入ってました。

http://critic2.exblog.jp/1260870/

です。

それと、これまで、the について議論されてきたものは、SOBAさんもご存知だと思いますが、THE KOIZUMI は、小泉首相ご本人というより、小泉的なもの、小泉的な手法を指していて、仮に9月の小泉さんの任期が来ても、この言葉で問題ない、という結論になったと記憶しています。

投稿: | 2006年4月15日 (土) 15時16分

すみませ~ん、上のコメント、とくらです。入れ忘れました。

投稿: とくら | 2006年4月15日 (土) 15時18分

TBありがとうございます。テサロニケのBLOGは確かに最近面白く無いけれど...未だに除名されたこと持ち出しても恨み節にしか見えないYO!重箱の隅をつつくようなものでは無く、もっと有益な情報をTBしてくれニガー!PSEやCPEなんかのニュースとか見てても期待できる活動の芽はそこかしこで出始めてる訳だし...差異より連帯を。もっと愛を。日本人を不幸にする新自由主義には反対!って共通認識でいいんじゃない?細かい主張はみんな違っててあたりまえなのは俺も理解してるつもりYO!これからもTBしてくれYO!乱文失礼しました。よろしくです。

投稿: モロダー部のnayoung | 2006年4月16日 (日) 00時05分

訂正。日本人を不幸にする新自由主義には反対!じゃなくて日本を不幸にする新自由主義には反対!だな。

話変わって、ダイヤモンド社から出た本で「増税が日本を破壊する (本当は「財政危機ではない」これだけの理由)/菊池英博/著」ってのが面白そうですYO!

投稿: nayoung | 2006年4月16日 (日) 00時16分

訂正。世界を不幸にする新自由主義には反対!ってことで。

日本に先駆けて新自由主義でボロボロにされた「中南米」で、最近次々と誕生してる「左派政権」。気になります。うまくいけばいいなあ〜

投稿: nayoung | 2006年4月16日 (日) 00時43分

最近のthessalonike氏への個人攻撃には目に余るものがあると思ってました。これはthessalonike氏にとってもかなり打撃になっているのではないでしょうか。thessalonike氏だって繊細な心を持っています。同じ小泉政権に反対するもの同士がいがみ合ってどうするのでしょうか。thessalonike氏の意見について批判するのはかまいませんが、個人批判はよくないと思います。どうか、これ以上、thessalonike氏の名誉毀損に当たるような記事を書かないでください。

投稿: 美爾依 | 2006年4月16日 (日) 08時24分

THE KOIZUMIは全角の英字であって欧米には存在しない文字です。そのような文字を影響力のある方が盲目的に使わないで欲しいです。英語という文化に対する破壊行為だと私は思っています。

投稿: ヘンリー・オーツ | 2006年4月16日 (日) 11時09分

バナー、早速使わせていただきました♪
最近やっと画像のアップのさせ方がわかって、
二、三日前に「よみあさる毎ブロガー同盟」のバナーを貼ったところでしたが、
今回のに変えました(一個しか貼れないようなので)。
私のブログの趣旨にピッタリのもので、なんか嬉しいです。
バナー作り、お疲れ様でした、そしてありがとうございました!

投稿: heart | 2006年4月16日 (日) 13時37分

 heartさん、こんにちは。最初「どこかでお見受けしたHNだな」と思い、すぐに「あ、阿修羅でだ」と気がつきました。

 喜んでいただけて僕の方こそうれしいです。他のアニメGIFバナーはあちらこちらで発見しますが、この「・・・の新自由主義反対」バナーはheartさんが確認第1号です。

 「STOP THE KOIZUMI」バナーへの問題提起の意味もありますので、この「・・・の新自由主義反対」バナーを始めて確認できたうれしさはまた格別です。

投稿: SOBA | 2006年4月16日 (日) 15時44分

バナーを貼りました.意見や論理は議論上攻撃してもいいですが,人格攻撃まで行うと運動が目茶目茶になります.
昔から反体制の運動はなぜか分裂してしまうのです.スパイの存在もあるでしょうが,そうではない場合は運動家自身の功名心が問題ではないかと思うことがありました.目的が反体制にすることではなくて自分の売名なのかもしれません.
今の状況は,「共産党と社民党がなぜ選挙協力できないんだ!」と文句を言う資格はなくなりますよね.

投稿: アルバイシンの丘 | 2006年4月16日 (日) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 変な英語の「STOP THE KOIZUMI」バナーじゃ恥ずかしい。日本語のバナーに変えよう。:

» ストップ・ザ・コイズミ? [翻訳blog]
 theについて(1)で、STOP THE KOIZUMIはおかしいだろうと書い [続きを読む]

受信: 2006年4月15日 (土) 10時21分

» 小沢民主党 感想編 [アルバイシンの丘]
 小沢代表のテレビでの発言を聞いた.今の諸悪の根源である「小選挙区制」の推進者としての「罪」は,今民主党再生の時にあたって不問にしておこう.今日は昨夜(正確には今日の早朝まで)の深酒の所為でなかなか起きられず,サンデープロジェクトしか聞いてないが,その発言の趣旨は以下のようなことではなかったかと思う. ・規制緩和や自由競争は行うべきであるが,野放図にやるべきではない.  ・日本型の年功序列と終身雇用は残すべきである.そしてキャリアレースや社長レース   の部分に競争原理を適用すればよい.  ・... [続きを読む]

受信: 2006年4月15日 (土) 12時00分

» 小沢民主党 規制緩和編 [アルバイシンの丘]
 小沢代表はかねてより「規制緩和」推進論者(ただし,小泉・竹中のそれとは一線を画するものであろうと希望的観測を抱いているが)であるようだから,ここでは「規制緩和」について若干のことを書いておきたい.いわゆる小泉流構造改革とやらによって,ハード・ソフトともに新自由主義に都合のよい社会システムが構築されてきたが,その反動で行き過ぎた規制緩和を反省する機運も出てきた.その代表例が耐震偽装問題であって,建築審査を民間にやらせる,という前代未聞の悪策だ.これなどは,敏感な禿げ鷹には不正な金儲けの絶好のチャンス... [続きを読む]

受信: 2006年4月15日 (土) 12時02分

» 政治家一家のお坊ちゃん達は、自らが戦地に行くことはきっと無いんでしょう。 [ふしぶじゑ日記]
 戦地に赴いたことも無い坊ちゃん政治家の、人気取りとしか思えない言動に、腹を立ててらっしゃる戦争体験者の方々も多勢いらっしゃることを忘れないでいただきたいですね。その立場上、戦地へ兵隊を送る命令を出す側であっても、決して戦地へ赴く側とはならないでしょう。政治家の2世3世だったりすれば、本人はもとより、身の回りの者たちもそういう立場だったんじゃあないでしょうか?  こんな発言で人気取りする暇があったら、未だかつての激戦地に眠ったままの夥しい数のご遺骨の収集を率先して行うことが、ご本人やご遺族への... [続きを読む]

受信: 2006年4月15日 (土) 13時21分

» 「春」の思い出-抵抗の「出発点」 日替わりコラム2回目 [Under the Sun -HOME-]
サタデーコラムニスト「そぞろ日記」のみやう?でございます。 連載第2回目にしてすでに危機。お題の「春」「出発」と聞いて、「そんな爽やかすぎるテーマで私に書けと?」と、いきなり暗闇に隠れていたところを懐中電灯で照らされてあわてふためく台所のあの虫のようにじたばたしているわけですが、あの虫(ええ、みなさまご想像のとおりの黒いアレです)もときに人間様の顔面めがけて飛んでみたりするように、清水の舞台から飛び降りるような気持ちで爽やかなテーマに挑んでみたいと思います。 春の印象深い思い出といえば、中学... [続きを読む]

受信: 2006年4月15日 (土) 15時14分

» 敵の敵は味方 [アッテンボロー]
 十日頃から昨日まで暫く体調不良で新聞が読めないのは勿論のこと、今まで毎日読んで [続きを読む]

受信: 2006年4月17日 (月) 01時17分

» 【AML緊急配信】ついに共謀罪法案が再審議入りする.4月28日の強行採決が確定した模様. [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
我々貧民からは青テントさえ奪ってゆくこの大泥棒たちは,これで枕を高くして眠ることができるだろう.この↓黒い家と呼ばれてきた泥棒ガラスの巣窟がパタンと風で倒れるまでのことではあるがね.この書割を見ればそれがあながち遠い話でもないことが分かるんじゃない?   画像ソース:http://societyforarts.com/kozyra.htm --------------------------------------------------------------------------------... [続きを読む]

受信: 2006年4月20日 (木) 23時51分

« 世に倦む日日のテサロニケとマネージメント。(笑) | トップページ | 隅田川遊歩道、散歩コースのある贅沢。歩ける幸せ。 »