« 隅田川の散歩、こんな素晴らしい公園もできていたとは、、。遊歩道脇の都立汐入公園。 | トップページ | ふざけてる。賛成なら賛成と理由も説明できないのか、自民党は。【ブログ放送するしかないな(笑)】 »

2006年5月15日 (月)

笑わないでくれよ、カズを選んで欲しいな、日本代表に。(^^;

 今日は、これからサッカー・ドイツW杯日本代表の発表がある。そこで、サッカー大好きの僕の希望なのだが、カズを選んで欲しい。代表に夢と言うかドラマが欲しいのだ。

 フランス大会は、とにかく初めてW杯に出て1勝でもできるのが目標だった。日本大会は開催国と言うことで決勝トーナメントに出ることが目標だった。

 正直見ていても眼一杯と言う感じで代表に余裕がない。ピンと糸が張り詰めている状態である。こういうのは本当は余裕がなくて弱いのだ。

 サッカー日本代表は野球のWBCを参考にすべきである。たとえば、代表を蹴った松井に対してイチローは喜んで助っ人にはせ参じ、若い選手の激励もした。この1点を考えてもドラマ性がある。しかし、本当の黒子として支えたのは、出番は少なかったけれど、控えで若い選手を叱咤激励した、和田一浩であり宮本慎也だったと思う。

 恐らく、松井なども出て文字通りのオールスターキャストなら両者も、そして4番の松中信彦さえ選ばれなかったかも知れない。もし、そうだったらあのドラマチックな歓喜のフィナーレも見られなかったような気がするのだ。

 いわゆる精神的な支柱である。これがなくて、しかも夢と言うかドラマ性のないチームは野球に限らずサッカーでも国際的な大舞台になるほど力を発揮できないと思う。

 ただし、代表に選ばれるからには、全然力のない選手では駄目だ。野球ならピンチヒッターのワンポイントでも仕事をできる力のある選手である。和田一浩にしても宮本慎也にしてもそれがあった。サッカーなら、たとえ5分のロスタイムでも何かを予感させてくれる選手である。カズにはまだその力があるし、ドラマ性があると思っている。もう、3回目の出場なのだから、そのくらいの余裕があっても良いだろう。

※中村俊介は前回フランス大会で選ばれなかった。才能ある選手への嫉妬かと疑いたくなるほどのトルシエの納得のいかない選考だった。もっとも、その知らせを受けた後の俊介のインタビューが良かった。「僕に力がなかったと言うことでしょう、これを糧にもっと自分が成長できればいい」と言うような趣旨のことを言っていた。言うならば俊介は存在自体がドラマ、ユニフォームを着たドラマ君のようなものだ。もし、俊介を外すならとてつもなく弱い代表になるだろうと思う。

※カズにも言っておきたい。予選で貢献しながらフランス大会で選考からもれたのは、大会参加の直前のヨーロッパ帯同の時の出来事だったと思っている。TV映像で見たのだが、リラックスした練習風景で一休みの時に岡田監督に向かって「岡ちゃ~ん」と言うシーンがあった。あれでカズは落とされたと思っている。やはり、けじめはつけなければいけない。そして徹頭徹尾フォア・ザ・チームに徹することだ。

|

« 隅田川の散歩、こんな素晴らしい公園もできていたとは、、。遊歩道脇の都立汐入公園。 | トップページ | ふざけてる。賛成なら賛成と理由も説明できないのか、自民党は。【ブログ放送するしかないな(笑)】 »

コメント

全然笑いませんよ。
私もホントの本気でカズを選べと思っています。彼は日本のサッカーのフロンティアですから、思いっきりワールドカップで戦わせないと、歴史が刻めないと思います。
まわりにいつもいってるのですが、アホかといわれます。アホはお前じゃ、といってるのですが、なかなか理解されません。

投稿: luxemburg | 2006年5月21日 (日) 20時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笑わないでくれよ、カズを選んで欲しいな、日本代表に。(^^;:

» 共謀罪7 [喜八ログ]
「権力に迎合したマスコミ人を忘れるな!」のpantaさん製作の「共謀罪のチラシ」です。素晴らしい出来映えです。どんどん配りましょう! 「共謀罪(1).pdf」をダウンロード(453KB) 「共謀罪(2).pdf」をダウンロード(460KB)    以上、ヘンリー・オーツさんの書いた...... [続きを読む]

受信: 2006年5月15日 (月) 21時25分

» 「世に倦む日日」にリコールを! [BLOG BLUES]
糾弾、訣別のエントリーをUPして以来、 「世に倦む日日」にも「改革ファシズムを止めるブロガー同盟」にも一切、 アクセスしていない。よって、詳らかではないが、当ブログに寄せられたTBを 訪ねた折々に、間接的に耳に入って来る動向がある。不愉快だし、 関わりたくないので、余程親しいブロガーのエントリーで扱われていない限り、 スルーしているのだが。 今回ばかりは、看過できない。いま一度、「世に倦む日日」を糾弾する。 なんでも、有名人の名を片端から挙げ、彼らに、護憲運動を先導させるん だと... [続きを読む]

受信: 2006年5月17日 (水) 14時57分

« 隅田川の散歩、こんな素晴らしい公園もできていたとは、、。遊歩道脇の都立汐入公園。 | トップページ | ふざけてる。賛成なら賛成と理由も説明できないのか、自民党は。【ブログ放送するしかないな(笑)】 »