« 共謀罪 「特高警察必要になる」元法務・検察ナンバー3も批判【東京新聞 WEBにないので紙から】 | トップページ | 「愛を知らなければ」さんの復帰を祝う。(&お勧めリストを整備し用意することを提案します) »

2006年6月 6日 (火)

隠れ小泉応援、世に倦む日日テサロニケの自慢タラタラを嗤う(わらう)。

 ここ連日、テサロニケは村上世彰ネタである。昨日の「村上世彰のインサイダー取引容疑 - 日本はいい国になったのか」の末尾で、

日本人の生活はどんどん貧しくなっている。村上世彰と同じ「日本をいい国にしたい」を言い、同じ「改革」を政治で実行してきたのが、小泉政権であり竹中平蔵だった。宮内義彦をGoogle検索すると、「世に倦む日日」が第5位に躍り出る。反新自由主義のシンボルとしての「世に倦む日日」。

と自慢している。しかし、「共謀罪」でGoogle検索すると下記のような結果である。共謀罪 の検索結果のうち 日本語のページ 約 3,200,000 件中、各ページに僕の「お勧めサイト&ブログ」でご紹介している以下のようなおなじみのブログの名前が出てきます。(1ページが10軒)

2ページ(喜八さんは随分頑張っていたので当然の結果でしょう)
喜八ブログ14

3ページ(ヤメ記者弁護士さんのトラックバックもすごかった)
情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士:共謀罪がとまらない!!

5ページ
シバレイのblog : 共謀罪特集@週刊SPA!
Under the Sun -TBC- - 共謀罪

9ページ(中学生ブロガーも健闘。たぶん、中学生ブロガーと言うことでリンク紹介かなにかのアンカーテキストが効いたのかもしれません)
日本を☆あっきーらめない~☆真実☆を探しています。 共謀罪―騙されて ...

~あとはマスコミの記事にまじって僕もトラックバックを打ったおなじみの皆さんがバンバン出てくる。

22ページ(まだ、少し努力が足りなかったか(汗))
雑談日記(徒然なるままに、。): 緊急連絡、videonews.comで「誰の ...
BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」 共謀罪とメディア

テサロニケは28ページ目にやっとである。共謀罪について書いていなかった割には不思議なほどの健闘(笑)
世に倦む日日 : 共謀罪法案の政治 - 民主党の自己欺瞞と反対派の ...

 ここで、以下の踊る新聞屋さんの「エビちゃんを超えた「共謀罪」が持ったBlogosphereの議題設定機能」のエントリーは興味深いです。
※この「Blogosphere」と言う言葉は、とくらBlogさんの「blogosphere で 共謀罪を」で初めて知りました。電網快々@ココログさんの「blogosphereはマスメディアである」などが紹介されてます。

(クリックすると拡大します)

20060605


 「共謀罪」の言及が伸びた最初のヤマは4月下旬。連休前の強行採決が観測されたころから伸び始め、ここでついに「エビちゃん」を超えることになった。
 二つ目のヤマは5月19日、表向き、河野洋平議長の要請で強行採決が見送られた前後だ。

 そして最後に、政府・与党が民主党案丸呑みの奇策パックマンディフェンスを繰り出した6月1~2日。ここではわずか一晩で、過去最高の言及数に達している。もちろん、共謀罪賛成といったスタンスのblogもわずかな割合だがある。

 踊る新聞屋さんが分析しているように、今までの山はこの3つだったと僕も思います。

 左エリアで当ブログの「共謀罪」のカテゴリーをクリックしていただくと、すべての過去の投稿をご覧いただけます。自分でも忘れてしまっているのですが、最初に共謀罪について言及したのは去年の9・11選挙の後で「2005/10/16 共謀罪 3度目の国会提出【問題ありすぎ、将来乱用されるのが目に見えるようだ。】」でした。

 エクソダス2005《脱米救国》国民運動や愚民党さんのブログを訪問するたびに「共謀罪」バナーが目に付いてはいたのですが、その後、長い空白期間があって、次の投稿が「2006/04/05 色々課題ありすぎでうっかりしてました。「共謀罪」反対バナーをトップにはります。」です。

 その後、18日間の間が開いたのですが、「何かやらなければ、なにか」の思いがふつふつと発酵していく期間でした。で、投稿したのが「2006/04/22 必読記事⇒政府が執着 『共謀罪』とは【東京新聞 こちら特報部】」です。

 自分でも初めての「共謀罪」関連バナーの作成をしました。(ちなみにこの4月22日と言うのは、直後、偶然フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』の「治安維持法」を読んで知ったのですが、「治安維持法」が公布された日でした。(法令番号 大正14年4月22日法律46号:1925年、つまりロシア革命が起きた8年後のことです))

 ここから一気呵成、連日投稿の臨戦態勢に入ります。ここで改めて踊る新聞屋さんが紹介してくれているグラフを見ると完全に僕自身の危機意識・行動とシンクロしているのが分かります。まるで自分の行動が全国の運動を盛り上げたような感じです。しかし、これは錯覚で、毎日チェックしている阿修羅掲示板を通して、また皆さんとのブログ上の交流を通して、僕自身の意識が盛り上げられたのだと思います。あるいは、池に投げ入れられた小石の波紋のようにブロガー同士の共鳴の相互作用が広がっていったのでしょう。

 ここで、以下がテサロニケの数少ない「共謀罪」関連のエントリーです。奴が投稿した内容とそのタイミングを考えると非常に興味深いです。(笑)

共謀罪と対テロ戦争 - 民主党修正案における「組織犯罪集団」
# by thessalonike4 | 2006-05-02 23:30 | 共謀罪 | Trackback(3)

共謀罪法案の政治 - 民主党の自己欺瞞と反対派のパラドックス
# by thessalonike4 | 2006-05-12 23:30 | 共謀罪 | Trackback(5)

共謀罪法案丸のみの政治 - 小沢一郎を説得したのは米国大使
# by thessalonike4 | 2006-06-02 23:30 | 共謀罪 | Trackback

共謀罪はイニシアティブである - 民主党案丸のみ流産の裏側 
More
# by thessalonike4 | 2006-06-03 12:30 | 共謀罪 | Trackback(3)

|

« 共謀罪 「特高警察必要になる」元法務・検察ナンバー3も批判【東京新聞 WEBにないので紙から】 | トップページ | 「愛を知らなければ」さんの復帰を祝う。(&お勧めリストを整備し用意することを提案します) »

コメント

SOBAさん、こんばんは。
幣ブログ記事をとりあげていただきまして、ありがとうございます。
SOBAさん、オーツさんもお疲れさまでした。

共謀罪は廃案しかないですね。
今後も「長期戦」でしつこく反対したいと思います。

投稿: 喜八 | 2006年6月 8日 (木) 20時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 隠れ小泉応援、世に倦む日日テサロニケの自慢タラタラを嗤う(わらう)。:

» まだまだ気が抜けない共謀罪 [BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」]
1.そのとき歴史が変わった〜ジャーナリストたちのベトナム戦争 最近のNHKの番組としは珍しくまともな内容であった。 その時: 1973年3月29日 出来事: アメリカ軍がベトナム [続きを読む]

受信: 2006年6月 7日 (水) 15時41分

» みどりの会議にラブコールを! [BLOG BLUES]
「Under the Sun」の仲間である「doll and peace」より、 「木枯し紋次郎」について語った前回のエントリーに対し、 コメントをいただいた。僕同様、紋次郎ファンであり、中村敦夫の 「みどりの会議」の解散を残念に思い、同時にまた、「紋次郎blog」に インスパイアされ、自身のブログを始めたとの由。僕は、人後に落ちない 紋次郎ファンを自認しているが、「みどりの会議」に関しては、マスコミ報道の 範囲内でしか知らず、「紋次郎blog」も初耳だった。早速、訪ねてみたところ。 ... [続きを読む]

受信: 2006年6月 7日 (水) 19時14分

» 共謀罪14 [喜八ログ]
保坂展人衆議院議員(社民党)によると、共謀罪強行採決の危険がなくなった訳ではないようです。  「5月31日「共謀罪採決」への危惧」 いったんは「死んだ振り」をしておいて、反対勢力を油断させ、世論を弛緩させる。しかるのち一気に「強行採決という奇襲」をかける。謀略的手法を好む現政権がやり...... [続きを読む]

受信: 2006年6月 8日 (木) 20時51分

» 「週刊金曜日」購読のお願い [愛を知らなければ]
 日本史上最大の売国奴が総理大臣の地位について五年、弱者ばかりが痛い目にあう「 [続きを読む]

受信: 2006年6月 8日 (木) 21時58分

» 「僕の叔父さん」を読んで--日替わりコラム:金曜日--T.N.君の日記 [Under the Sun -HOME-]
 今週のテーマは「最近読んだ本 あるいは お勧めの本」とのことです。僕が最近読んだ本は、中沢新一「僕の叔父さん、網野善彦」(集英社新書)です。2004年2月27日に享年76歳で亡くなられた、歴史学者 網野善彦に心から憧憬と友情を抱いていた中沢新一が、叔父である網野さんを追悼して上奏した本です。  中沢新一と網野善彦の交流は中沢新一5歳の夏、父の妹が旦那である網野さんを山梨の実家に連れて来たことから始まります。網野さんは幼少期の中沢氏に、日本の歴史の物語を話して聞かせ、そのお話の面白さに中沢氏は... [続きを読む]

受信: 2006年6月 9日 (金) 00時59分

» 共謀罪、制定したい人たちの反転攻勢が始まりましたよ [踊る新聞屋-。]
 きょう9日のフジテレビが、夕方のニュースで「カナダで、共謀罪によりテログループを摘発」というニュースをやっていた。  カナダで2tの爆薬を準備していたかどで、 [続きを読む]

受信: 2006年6月 9日 (金) 23時59分

« 共謀罪 「特高警察必要になる」元法務・検察ナンバー3も批判【東京新聞 WEBにないので紙から】 | トップページ | 「愛を知らなければ」さんの復帰を祝う。(&お勧めリストを整備し用意することを提案します) »