« 佐高信さんの呆れ果てぶりを漫画にするなら、こんな感じかもね、、。 | トップページ | 岡田民主「日本をあきらめない」と安倍テーマソング「夢をあきらめないで」は何か関係でもあったのか。(笑) »

2006年8月19日 (土)

気になるニュース。「中国人研修生の殺傷事件」「数日前から部屋にこもって働かなくなった、」(18日の数日前と言えば、、)

 以下、紙の記事からとWeb版の記事から。どちらも東京新聞です。

 気になったのは、Web版にはなくて紙の記事の方にだけあった、表題でも書いたように「数日前から部屋にこもって働かなくなった、」のところです。18日の数日前と言えば15日頃です。

 ここで、想像力を働かせて、中国人研修生の気持ちを考えてみる。おそらく26歳と言えば中国で江沢民による愛国主義教育が急速に広められた頃の世代である。愛国主義教育の中では、日本鬼子(リーベンクイツ)の具体的な残虐行為を教えられたことはもちろんとしても、それと併行して、「一般の日本国民は同じく日本軍国主義の被害者であり、連帯すべき同じ人民だ」と教えられていたはずである。
※8月23日上記段落一部訂正、&以下加筆:江沢民の愛国主義教育や二分論についてはとむ丸の夢 の「日中は歴史にどう向き合うか」によくまとめられています。また江沢民の愛国主義教育の行き過ぎた面については矢吹 晋さんの「江沢民の愛国主義教育」が詳しい。なお矢吹 晋さんは元東洋経済新報社記者で、現在横浜市大名誉教授ですが、講演記録 があります。どれもなかなか読み応えがあります。
※――国家教育委員会が「愛国主義教育実施綱要」を各級教育機関に通知したのは1994年9月23日であり、国務院民政部が「愛国主義教育基地」百カ所を指定したのは1995年3月のことであった。
 1996年10月10日、江沢民は14期 4中全会で重要講話を行い、「とりわけ青少年の間で愛国主義教育を強化せよとよびかけた。――(矢吹 晋「江沢民の愛国主義教育」より)

 もしそうだとするなら、小泉の靖国参拝をTVなどを通してみてどのように感じただろう。TVは小泉の参拝だけでなく、それを無邪気に歓迎する、あるいは歓迎しないまでもタレントでも写すがごときノリでデジカメや携帯をかざしている若者の群れを映していたのである。

 もし自分が中国人だと想像してみるなら、なんともやり切れず絶望したに違いない。

※もしその研修生がインターネットをやっていたならと考えずにはいられません。僕のココログに来て、「佐高信氏さんの呆れ果てぶりを漫画にするなら、こんな感じかもね、、。」の漫画を見てくれていたなら、、。少なくとも最後のコマを見ていてくれたなら、、。
(クリックすると拡大します)
2_3


 以下、東京新聞。前が紙で、後ろがWeb版。


中国人研修生が3人殺傷 トラブル?直後に「服毒」 木更津の養豚場【東京新聞】8月19日(土)朝刊の12版

  18日午後6時ごろ、千葉県木更津市矢那の養豚場「森本畜産」(森本明夫代表)から「人が刺された」と110番があった。木更津署員が駆けつけると、男性二人と女性一人がナイフで刺されていた。3人は病院に運ばれたが、男性1人が死亡、別の男性と女性も重傷を負った。三人を刺したとみられる男は現場で殺虫剤を飲んで、病院に運ばれた。同署は殺人事件として男の回復を待って動機などを追及する。

 調べでは、男は中国人の農業研修生(26)。犯行に使われたナイフは全長約20㌢で、死亡した男性は腹部などを刺されており、失血死だった。

 死亡したのは社団法人千葉県農業協会職員越川駿さん(62)=同県横芝光町宮川。重傷を負ったのは同県成田市の会社員の男性(53)と千葉市稲毛区の通訳の女性(44)。

 男は、越川さんやけがをした男性の紹介により、今春から森本畜産に住み込みで働いていたが、数日前から部屋にこもって働かなくなったという。森本畜産側から「勤務態度が悪い」と苦情が寄せられ、越川さんと男性、通訳の女性が現場に集まって話し合いをしていた際に、男が次々と刺したらしい。

 現場は館山自動車道木更津南ジャンクションの東約4㌔の山間部。


男女3人刺し1人を殺害  中国人研修生、帰国促され【東京新聞】8月19日(土)web版
http://www.tokyo-np.co.jp/flash/2006081801007550.html

 18日午後5時55分ごろ、千葉県木更津市矢那の養豚場「森本畜産」から「男女3人が男にナイフで刺された」と110番があった。3人は病院に運ばれ、男性1人が死亡した。男女2人も重傷だが、命に別条はないという。

 男は中国人の農業研修生(26)。勤務態度が悪いとして帰国を促され刺したという。直後に液状の薬品を飲んで自殺を図り、病院で手当てを受けている。木更津署は男の回復を待ち、殺人容疑で取り調べる。

 死亡したのは県農業協会職員越川駿さん(62)=同県横芝光町=で、重傷の男女は成田市の男性会社員(53)と千葉市の通訳の女性(44)。

 調べでは、男は今春来日し、会社員のあっせんで森本畜産で住み込みで働いていた。会社員らは同畜産の経営者から男の勤務態度が悪いと相談を受けていた。
(共同)
(2006年08月19日 00時56分)


関連投稿
『鎮霊社』からみた靖国神社 ひっそり鉄柵の中【東京新聞】
ある仮説。若者のワーキングプア化とその固定化は意図的なものではないのか。
売国政策のもと、日本の若者たちは米国の傭兵として血を流すことになるのだろうか。
Ⅱ、ネット右翼都市伝説の終焉(笑)(サブタイトル:おら~~~ぁ、かかって来いよ、マツリにしてみろ。(笑))

※参考:You Tube の『安倍晋三「次の総理も、そしてその次の総理も、当然 お参りをしていただきたい」

※参考:「女性・若者ターゲットの安倍ヨイショTV(ここまでするかマスゴミ)

 靖国関連の本のご紹介。

※その他、高橋 哲哉さんの著作。
教育基本法「改正」を問う―愛国心・格差社会・憲法
新私たちはどのような時代に生きているのか―1999から2003へ 辺見 庸 高橋 哲哉
私たちはどのような時代に生きているのか 辺見 庸 高橋 哲哉
とめよう!戦争への教育―教育基本法「改正」と教科書問題 高橋 哲哉、石山 久男、俵 義文、村田 智子
緊急報告 教育基本法「改正」に抗して―全国各地からの声 高橋 哲哉、三宅 晶子、大内 裕和、小森 陽一
私の「不服従」―東京都の「命令」教育に抗して 高橋 哲哉「君が代強制反対訴訟」編集委員会
平和と平等をあきらめない 高橋 哲哉 斎藤 貴男
憲法が変わっても戦争にならないと思っている人のための本 高橋 哲哉 斎藤 貴男
教育と国家 高橋 哲哉
グローバリゼーションと戦争責任 金子 勝、山口 二郎、高橋 哲哉
“コンパッション(共感共苦)”は可能か?―歴史認識と教科書問題を考える 高橋 哲哉、中西 新太郎、徐 京植、須永 陽子
戦後責任論 高橋 哲哉
国家と犠牲 高橋 哲哉
アウシュヴィッツと私たち―死者の希望を消さないために 高橋 哲哉
茶色の朝 フランク パヴロフ、ヴィンセント ギャロ、藤本 一勇、高橋 哲哉
デリダ―脱構築 高橋 哲哉 


|

« 佐高信さんの呆れ果てぶりを漫画にするなら、こんな感じかもね、、。 | トップページ | 岡田民主「日本をあきらめない」と安倍テーマソング「夢をあきらめないで」は何か関係でもあったのか。(笑) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気になるニュース。「中国人研修生の殺傷事件」「数日前から部屋にこもって働かなくなった、」(18日の数日前と言えば、、):

» いきなり思いついた寓話の世界(苦笑 [憧れの風]
<撮影会>安倍長官との2ショットに県議ら殺到 神奈川 アホーッ!! ・・・と叫んでみた(爆 どこのタレントだよ、どこの。 おっさん同士、 並んでピースy( ̄ー ̄)yピースピース ・・・バカッ。 キモイ(ノヘ;) こーゆーやつらが 露骨に持ち上げて それをマスコミがさらに持..... [続きを読む]

受信: 2006年8月20日 (日) 02時12分

» 小泉の最後ッ屁----心底クサイ [とりあえず]
 靖国について書いたのは小泉の参拝前だった。参拝後、おおむね落ち着いたところで世論調査などの結果をふまえて少し。  参拝についてはよかったとするのがおおむね過半数となっているらしい。◆ 世論調査より  共同通信によると 参拝してよかったと思う 51.5 参拝すべきでなかった  41.8 その理由というのが、 参拝は他国に影響されるべきでない 56.6 首相が慰霊をするのは当然だから  34.0 ところが、次期首相については 参拝すべき 39.6 すべきでない44.9 ... [続きを読む]

受信: 2006年8月20日 (日) 07時36分

» 小泉の靖国参拝アフォーマンス その後 [カナダde日本語]
今日はカナダでも騒がれているロシア船に日本の漁船が銃撃・拿捕された事件で、日本の外務省の無能ぶりを書こうと思ったのだが、『きっこのブログ』を読んで気が変わってしまった。 昨日、8月18日の『きっこのブログ』... [続きを読む]

受信: 2006年8月20日 (日) 17時55分

» 国際政治学者の文章を読んでみよう(4) [薫のハムニダ日記]
週末ですから(職場以外ではあまりパソコン画面みたくないのよん)、翻訳ストックしていたものを載せてお茶を濁しておきます。 以下の文章は、北朝鮮のミサイル発射から1週間も経っていない7月11日にハンギョレ新聞に掲載された李鍾元(イ・ジョンウォン)立教大学教授の寄稿文です。まだ日本がアメリカの威を借りてキイキイいっていた頃ですね。いや~、ちゃんとリアルタイムに翻訳しておけばよかった。もったいない。 北朝鮮ミサイル発射と日中“新冷戦”/李鍾元 北朝鮮のミサイル発射を契機に日中間の葛藤が... [続きを読む]

受信: 2006年8月20日 (日) 19時19分

» 安倍=小泉路線のゆくえ4 [花・髪切と思考の浮游空間]
高橋哲哉の言説からはじめよう高橋哲哉東大教授の話からはじめよう。高橋はつぎのようにのべている。ことし6月以降「A級戦犯分祀論」もとりざたされています。これは東京裁判で問われた満州事変以降の責任だけを考える議論です。しかし、靖国神社は近代日本が『大日本帝国』として台湾,挑戦への侵略と植民地支配をおこなったその歴史と不可分の存在でした。日経新聞がスクープした富田メモでA級戦犯が「合祀」されていることに天皇が不快感を示し... [続きを読む]

受信: 2006年8月21日 (月) 09時42分

« 佐高信さんの呆れ果てぶりを漫画にするなら、こんな感じかもね、、。 | トップページ | 岡田民主「日本をあきらめない」と安倍テーマソング「夢をあきらめないで」は何か関係でもあったのか。(笑) »