« "「安倍晋三人気」なんてものは、ない。"に同意し、バナーを作りました。(笑) | トップページ | 終戦の日、秋山ちえ子さん朗読「かわいそうなぞう」。 »

2006年8月15日 (火)

TVで見ていると、最近の安倍は人相が悪くなりましたね。

 ほっぺたのたるみも大きくなったし、少し太ったみたいです。また、最近気になったのは向かって右、安倍自身で言うと左目の上のまぶたに何か出来物ができて脹らんでいるように見えることです。

 聞いたところではアテロームとかの可能性があるみたいですね。高脂血症が促進要因でなるみたいです。美食と言うか贅沢なものばかり食べているのかもしれないですね。こんな人に「再チャレンジ」とか言ってニートとか若者の再就職対策なんてできるんでしょうか。

 もっとも、人によっては顔が良くなったなんて感じる人もいるかも分かりません。さもありなん、TVでは比較的映りのよいのを選別して流しているようにも見受けられるからです。散々聞かされまくった、「国民的な人気」の頻発「枕ことば」でも分かるように、どうも安倍晋三売出しキャンペーンのようなプロジェクトが進行しているのかも知れないですね。こういうやり方って小泉も使ったし、元々はヒトラーが使いまくったやり方じゃないですか。

「安倍晋三人気」なんてものは、ない。仕掛け元は誰だ(笑)アニメGIFバナー 「安倍晋三人気」なんてものは、ない。仕掛け元は誰だ(笑)アニメGIFバナー

 ですから、少なくとも批判者を自認するならノー天気に「顔が良くなった」なんて軽々しく言うもんじゃありません。選別で流されている映像でも注意深く観察すれば分かる人には分かる情報もあるのですから、。

関連投稿
もう日本は駄目かも分からんね、ズボズボにやられてしまっているのだろうか。
安倍が統一協会へ祝電を送った事実を再度確認しておこう。(サブタイトル:検索のお勉強)
『鎮霊社』からみた靖国神社 ひっそり鉄柵の中【東京新聞】
ある仮説。若者のワーキングプア化とその固定化は意図的なものではないのか。
売国政策のもと、日本の若者たちは米国の傭兵として血を流すことになるのだろうか。
Ⅱ、ネット右翼都市伝説の終焉(笑)(サブタイトル:おら~~~ぁ、かかって来いよ、マツリにしてみろ。(笑))

※参考:You Tube の『安倍晋三「次の総理も、そしてその次の総理も、当然 お参りをしていただきたい」

※参考:「女性・若者ターゲットの安倍ヨイショTV(ここまでするかマスゴミ)

 靖国関連の本のご紹介。

※その他、高橋 哲哉さんの著作。
教育基本法「改正」を問う―愛国心・格差社会・憲法
新私たちはどのような時代に生きているのか―1999から2003へ 辺見 庸 高橋 哲哉
私たちはどのような時代に生きているのか 辺見 庸 高橋 哲哉
とめよう!戦争への教育―教育基本法「改正」と教科書問題 高橋 哲哉、石山 久男、俵 義文、村田 智子
緊急報告 教育基本法「改正」に抗して―全国各地からの声 高橋 哲哉、三宅 晶子、大内 裕和、小森 陽一
私の「不服従」―東京都の「命令」教育に抗して 高橋 哲哉「君が代強制反対訴訟」編集委員会
平和と平等をあきらめない 高橋 哲哉 斎藤 貴男
憲法が変わっても戦争にならないと思っている人のための本 高橋 哲哉 斎藤 貴男
教育と国家 高橋 哲哉
グローバリゼーションと戦争責任 金子 勝、山口 二郎、高橋 哲哉
“コンパッション(共感共苦)”は可能か?―歴史認識と教科書問題を考える 高橋 哲哉、中西 新太郎、徐 京植、須永 陽子
戦後責任論 高橋 哲哉
国家と犠牲 高橋 哲哉
アウシュヴィッツと私たち―死者の希望を消さないために 高橋 哲哉
茶色の朝 フランク パヴロフ、ヴィンセント ギャロ、藤本 一勇、高橋 哲哉
デリダ―脱構築 高橋 哲哉 


|

« "「安倍晋三人気」なんてものは、ない。"に同意し、バナーを作りました。(笑) | トップページ | 終戦の日、秋山ちえ子さん朗読「かわいそうなぞう」。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TVで見ていると、最近の安倍は人相が悪くなりましたね。:

» 小泉首相が靖国参拝、安倍晋三はどうふるまうか [花・髪切と思考の浮游空間]
小泉首相が15日、靖国神社を参拝することを、自民党の山崎拓前副総裁が明らかにした。共同通信社はつぎのように伝えた。        自民党の山崎拓前副総裁は14日午前のTBS番組で、小泉純一郎首相の靖国神社参拝について「公約を守るという立場で参拝すると思う」と述べ、終戦記念日の8月15日に参拝すると明言した2001年の自民党総裁選での公約を実行するとの見方を強調した。 一方、加藤紘一元幹事長は首相�... [続きを読む]

受信: 2006年8月15日 (火) 09時23分

» 戦死者は国ために戦い殺されたのか? [愛を知らなければ]
「いつ参拝してもうだうだ言われるから今日参拝するのが適切だと判断した」ってな、コ [続きを読む]

受信: 2006年8月15日 (火) 20時05分

» 『ロッキード事件「葬られた真実」』 [喜八ログ]
「ロッキード事件の真相とは何か。そして、その事件の真相を闇に葬った真犯人は誰なのか」という戦後史最大のミステリーに挑んだ一冊。読み応えがありました。 『ロッキード事件「葬られた真実」』著者の平野貞夫さんは1935年高知県生まれ。衆議院事務局職員として33年間勤務。田中角栄・竹下登総理の「隠れた...... [続きを読む]

受信: 2006年8月15日 (火) 21時15分

» 「深夜政権」の時代となるか? [嗚呼、負け犬の遠吠え日記]
 小泉政権から安倍政権への移行がほぼ確実視されている(かに見える)今日この頃。  このブログによくコメントをよせてくださる常連さんの一人、r氏が昨今の社会・政治状況を、1930年代日本の状況に例えて分析してくださった。  以下、r氏のご了承を得た上で、その文を以下に引用し、エントリーとさせていただく。  そして私と同じく、「小泉から安倍へ」への流れがほぼ確実視されている状況に懸念を持っておられるだろう諸氏にも、呼びかけとしていきたい。 (以下、引用。赤字部分は管理人による) >... [続きを読む]

受信: 2006年8月15日 (火) 22時30分

« "「安倍晋三人気」なんてものは、ない。"に同意し、バナーを作りました。(笑) | トップページ | 終戦の日、秋山ちえ子さん朗読「かわいそうなぞう」。 »