« Islamic fascism ? | トップページ | 安倍壷三、ファッショ政権の誕生を見据えて。 »

2006年8月12日 (土)

『鎮霊社』からみた靖国神社 ひっそり鉄柵の中【東京新聞】

 今日、8月12日の東京新聞朝刊「こちら特報部」欄です。大事な記事なので取り急ぎご紹介しておきます。

※Web版にない見出し部分を追加しておきました。靖国関連で早急にバナーを作る予定です。

(クリックすると拡大します)

20060812 下記、記事中に出てくる「鎮霊社」の靖国神社内の場所です。新聞に載っていた地図をスキャンしたのですが、不鮮明なのでMapionで検索した地図を載せておきます。


200608122  もう一枚の鉄柵の外側から撮った写真には、「3メートル近い鉄柵に囲まれている鎮霊社。一般参拝者は入れない」とあります。

 柵の間からのぞいた鎮霊社(東京新聞より)。


※松山大学・田村ゼミのサイト「たむ・たむ(多夢・太夢)ページにようこそ!!  」(→Internet Archive)の用語解説「靖国神社」(→Internet Archive)が靖国神社について歴史とか、その他かなり詳しく解説してます。印刷するとA4換算で約38頁のなかなかの力作です。是非お勧め。但し、ここにも「鎮霊社」だけはページ全体を検索しても出てきません。


『鎮霊社』からみた靖国神社 ひっそり鉄柵の中 A級戦犯一時祀る? 「賊軍」、外国人の霊慰める【東京新聞】

http://www.tokyo-np.co.jp/00/tokuho/20060812/mng_____tokuho__000.shtml
Internet Archive

 この夏、靖国神社をめぐる論議は新たな段階に入っている。麻生太郎外相は今月、靖国の非宗教法人化と国家管理を柱にした私案を発表。首相らの参拝の是非のみならず「靖国とは何か」という本質論が浮上している。その靖国神社の一角に「鎮霊社」というなじみの薄い社(やしろ)がある。本殿と鎮霊社の違いは何か。なぜ、四十一年前に設けられたのか。目立たぬ社から、靖国全体を逆照射すると-。

■どこにあるか知らないねぇ

 「チンレイシャ? どこにあるかも知らないねぇ。社務所で聞いてみてよ」

 靖国神社の参道脇でみやげ物屋を営む初老の夫婦は、鎮霊社についての記者の問いにびっくりしたような表情で目を見合わせた。

 参道を真っすぐに進み、本殿前の拝殿の手前で左に曲がると、こんもりとした木々の中に入る。この一角に鎮霊社はあった。

 参道からは外れているため訪れる人もいない。十平方メートル程度のごく小さな祠(ほこら)だ。屋根は本殿と同じ薄緑色だが、赤さびがかなりついている。鎮霊社の前に立て札があり、こんな由来が書かれていた。

 「明治維新以来の戦争・事変に起因して死没し、靖国神社に合祀(ごうし)されぬ人々の霊を慰めるため、昭和四十年七月に建立し、万邦諸国の戦没者も共に鎮斎する。例祭日七月十三日」

 靖国神社は「本来、国のために一命を捧(ささ)げた人たちの霊を慰めようと」(同神社作成のパンフレットから)、一八六九(明治二)年に「東京招魂社」の名前で建てられた。

 靖国神社は必ずしも軍人・軍属だけを祀(まつ)っているのではなく、沖縄戦で死亡した「ひめゆり部隊」の女学生や学徒動員中に軍需工場で爆死した学徒たちも祭神として合祀されている。

 その一方で、戊辰戦争時に官軍に敗れ、自決した会津藩白虎(びゃっこ)隊の少年兵や、維新の元勲でありながら、西南戦争で明治政府に反旗を翻した西郷隆盛は除外されている。また東京大空襲や原爆に遭った戦災者も同じだ。

 「将来、国を守る基礎をつくるため、国に殉じた人を祀るのが靖国の基本。遺族のために存在しているのでもない」と同神社に近い関係者は指摘する。

 その靖国神社ができてから、約百年後に本殿とは別に鎮霊社は建てられた。ここには白虎隊や西郷だけでなく、イラク戦争の死者など「万邦諸国の戦没者」も祀られているとされる。しかし、それらの人々の名簿はない。

 建立の経緯などについて靖国神社広報課に取材を申し込んだが、「業務繁多で十八日以降でないと回答できない」と言われた。

 代わりに前出の関係者は「賊軍も外国人も同様に祀るのは、人は死ねばみな仏になるという仏教にも影響を受けている」と話す。

 ただ、これは多分に建前のそしりを免れない。出雲大社や太宰府天満宮は怨霊(おんりょう)を鎮めるために建立されたとされる。この関係者は「鎮霊社もこれと同じ。怨霊を恐れ、抑えようとするのは神道の考えの根本だ」と説く。

■一般の参拝受け入れず 本殿の祭神と扱い歴然の差

 とはいえ、本殿に「祀られている祭神」とは歴然とした差がつけられている。現在は高さ三メートル弱の鉄の柵で囲われており、近くまで行けない。国籍や人種を超えた戦禍犠牲者の霊を祀るはずの鎮霊社は、なぜか一般公開すらされていない。

 〇一年に月刊誌で鎮霊社を論じた日大講師で現代史家の秦郁彦氏は、鎮霊社が建立された背景に一九四六年から七八年にかけ宮司を務め、A級戦犯の合祀には否定的だった故筑波藤麿氏の存在を指摘する。

 「靖国神社の(最高意思決定機関である)総代会がA級戦犯の合祀を決める七〇年以前に、総代たちと厚生省引揚援護局との間で合祀の根回しがあり、それに気づいた筑波さんがA級戦犯の『収まりどころ』として先手を打つ形で建立したのではないか」

 さらに、秦氏は「筑波さんは宮司の任免権を持つ総代会から合祀を求められ、拒めなかったが、同時に合祀する気もなかった。昭和天皇の意を体していたと考えられる」と解説する。

 筑波氏の死後、後任の故松平永芳宮司の時代(七八年)、A級戦犯は本殿に合祀された。秦氏は「筑波さんを補佐していた祢宜(ねぎ)に話を聞き、A級戦犯は一時、鎮霊社にいたことを確認した」と話す。つまり、鎮霊社が建立された六五年から七八年まで、A級戦犯は鎮霊社に祀られていたらしい。

 秦氏は「鎮霊社は靖国神社が独自の判断でつくったもので、部外者がとやかくいうべきでない。世界中の戦没者を追悼するというのは正論で批判できない」と話しつつ、同神社が鎮霊社への参拝を受け付けていない理由をこう推測する。

■合祀慎重派の宮司、先手か 『分祀リンク神社嫌がる』

 「(月刊誌で考察を発表した)〇一年当時、自民党内から『A級戦犯は鎮霊社にお帰りいただいたらどうか』という声が出たと聞いている。靖国神社はA級戦犯分祀論との絡みで、鎮霊社が話題になることを嫌がっているのではないか」

 一方、筑波大の千本秀樹教授(現代日本史)は「霊を鎮めるという名前には、天皇に敵対して死んだ人たちがたたって出てこないようにする意味が含まれる。鎮霊社の本来の目的は天皇制、国家に逆らって死んだ人をたたりのないように鎮めることだ」と前出の関係者と同じ見方をとる。

 鎮霊社が国内にとどまらず世界中の戦没者を祀っている点については「対象を広げているところにごまかしがある。本来は天皇のために死んだ人だけを祀る神社なのに、世界平和を祈っているというポーズをつくっている」と語る。

 さらに、靖国が市民の戦争被災者と戦死者を分ける姿勢にも疑問を呈する。

■『一視同仁の思想に矛盾』

 「靖国神社は鎮霊社に参拝しなくていいという姿勢だ。なぜ、原爆や空襲の犠牲者が、賊軍と同じ場所に祀られているのかの説明もない。鎮霊社の存在は、天皇はすべての人を平等に愛するという『一視同仁』の思想にすら矛盾する」

■過去の参拝 首相訪問はなし

 小泉純一郎首相は、鎮霊社の戦没者も追悼の対象にしているのか。首相は二〇〇一-〇四年は靖国神社の本殿に昇殿し、昨年は拝殿前での参拝にとどめた。過去五回の参拝で鎮霊社を訪れたことはない。

 首相は〇二年の参拝所感では、追悼対象を「明治維新以来のわが国の歴史において、心ならずも家族を残し、国のために命を捧げられた方々全体」「国のために尊い犠牲となった方々」と説明。少なくとも鎮霊社に祀られたとされる「世界各国すべての戦死者や戦争で亡くなられた方々」(靖国神社のホームページ)は追悼対象ではないようだ。

 ただ、神社本殿の「御霊(みたま)」がそのまま首相の追悼対象とも言い切れない。首相は昨年六月の衆院予算委で「A級戦犯のために参拝しているのではない。多くの戦没者に敬意と感謝の意を表したい気持ちからだ」と述べ、追悼対象を微妙に修正している。

 首相官邸報道室は、首相の追悼対象に鎮霊社が含まれるか否かについて「分かりかねる」と答えている。

<デスクメモ>
 「中韓から文句をつけられた」ので「A級戦犯合祀が問題」という議論に首をかしげてきた。やはり、問われるべきは靖国神社とは何か、という本質論だ。それがようやく国民議論の的になってきた。ただ、戦後六十一年。関係者の多くが亡くなっている。事実関係の追跡が困難になっている現実が悩ましい。(牧)


関連投稿
ある仮説。若者のワーキングプア化とその固定化は意図的なものではないのか。
売国政策のもと、日本の若者たちは米国の傭兵として血を流すことになるのだろうか。
Ⅱ、ネット右翼都市伝説の終焉(笑)(サブタイトル:おら~~~ぁ、かかって来いよ、マツリにしてみろ。(笑))

※参考:You Tube の『安倍晋三「次の総理も、そしてその次の総理も、当然 お参りをしていただきたい」

※参考:「女性・若者ターゲットの安倍ヨイショTV(ここまでするかマスゴミ)

 靖国関連の本のご紹介。

※その他、高橋 哲哉さんの著作。
教育基本法「改正」を問う―愛国心・格差社会・憲法
新私たちはどのような時代に生きているのか―1999から2003へ 辺見 庸 高橋 哲哉
私たちはどのような時代に生きているのか 辺見 庸 高橋 哲哉
とめよう!戦争への教育―教育基本法「改正」と教科書問題 高橋 哲哉、石山 久男、俵 義文、村田 智子
緊急報告 教育基本法「改正」に抗して―全国各地からの声 高橋 哲哉、三宅 晶子、大内 裕和、小森 陽一
私の「不服従」―東京都の「命令」教育に抗して 高橋 哲哉「君が代強制反対訴訟」編集委員会
平和と平等をあきらめない 高橋 哲哉 斎藤 貴男
憲法が変わっても戦争にならないと思っている人のための本 高橋 哲哉 斎藤 貴男
教育と国家 高橋 哲哉
グローバリゼーションと戦争責任 金子 勝、山口 二郎、高橋 哲哉
“コンパッション(共感共苦)”は可能か?―歴史認識と教科書問題を考える 高橋 哲哉、中西 新太郎、徐 京植、須永 陽子
戦後責任論 高橋 哲哉
国家と犠牲 高橋 哲哉
アウシュヴィッツと私たち―死者の希望を消さないために 高橋 哲哉
茶色の朝 フランク パヴロフ、ヴィンセント ギャロ、藤本 一勇、高橋 哲哉
デリダ―脱構築 高橋 哲哉


|

« Islamic fascism ? | トップページ | 安倍壷三、ファッショ政権の誕生を見据えて。 »

コメント

トラバありがとうございます!

投稿: homupe | 2006年8月12日 (土) 19時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91038/11396617

この記事へのトラックバック一覧です: 『鎮霊社』からみた靖国神社 ひっそり鉄柵の中【東京新聞】:

» 「頼んだ覚えも、同意した覚えもない」〜靖国神社への合祀〜 [ザ・のじじズム]
8月10日の「報道ステーション」はなかなか面白かったですぞ。文民(非軍人)で唯一、A級戦犯として絞首刑になった広田弘毅の孫が広田家を代表してインタビューに応えていました。「合祀は靖国神社が勝手にやった。頼んだ覚えも、同意した覚えもない。」「合祀され....... [続きを読む]

受信: 2006年8月12日 (土) 15時50分

» 「わが亡き後に洪水よ来たれ」の靖国参拝はやめよう [大津留公彦のブログ]
昨年の靖国神社の遊就館問題の提起とそれを踏まえた各国の首脳の靖国問題に対する発言は過去の記事に書いたので、昨年の10月17日の五度目の靖国参拝以降強まった小泉靖国参拝を批判する発言をまとめて紹介します。 小泉さんがこれを読めば8・15の靖国参拝はしないはず...... [続きを読む]

受信: 2006年8月12日 (土) 16時04分

» 小泉、やけっぱちで15日参拝? [ねじれ川柳惑星 ]
 小泉はモンゴルに遊びに行く前に記者団に靖国参拝について”いつ行っても批判される。いつ行っても同じだ [続きを読む]

受信: 2006年8月12日 (土) 16時11分

» 「公約」によって正当化される靖国参拝 [S氏の時事問題]
小泉首相 「8・15参拝」の意向を強く示唆…長崎市で  小泉純一郎首相は9日午前、終戦記念日(8月15日)に靖国神社を参拝するとの01年時の公約について「生きている」との認識を重ねて示すとともに、「守るべきだと思っている」と述べ、8月15日の参拝に踏み切る意向を強く示唆した。長崎市内で平和祈念式典出席後、記者団の質問に答えた。  首相は01年の自民党総裁選で「8・15参拝」を公約しながらこれまで見送っ�... [続きを読む]

受信: 2006年8月12日 (土) 16時28分

» 安倍晋三は平成の井伊直弼である! [BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」]
山口県人よ目を覚ませ! テレビのニュースで見たくないものを見てしまった。胸が悪くなったためか今日のタイトルを思いついた。 自民総裁選:安倍氏、事実上の出馬表明 地元・山口で http://www.mainichi-msn.co.jp/tod... [続きを読む]

受信: 2006年8月12日 (土) 17時55分

» 【靖国神社が財政難 戦争世代減り寄付激減】 [不条理日記]
それがどうした?俺んちの近所の小さい神社なんかボロボロだぜ。 [続きを読む]

受信: 2006年8月12日 (土) 18時00分

» 靖国神社8月15日 [ikeday1な日々]
8月15日が近づいている。様々なマスメディアは小泉首相の靖国神社参拝を今から批判し、自民党総裁選挙の論点として靖国神社参拝の是非を取り上げるべきだと息巻いているようだ。しかし、靖国神社への首相参拝の是非が我が国の総理大臣を選ぶ基準となりうるのだろうか?仮に、靖国神社の参拝を是とする安倍氏が、靖国参拝を公約として、総裁選の論点としたなら、安倍氏は自民党総裁にはなれないのか? 全然そんな事はなさそうだ。総裁選の論点として靖国問題を掲げた上で、もし安倍氏が総裁となったら、マスコミの皆さんは首相が靖国... [続きを読む]

受信: 2006年8月12日 (土) 18時10分

» 「A級戦犯分祀」に関連する自分の論考をまとめました [地球が回ればフィルムも回る]
以前から何度か、ここで書いているように、僕は靖国神社がA級戦犯を分祀するという形でこの問題の解決をはかるのがいいのではないかと考える者ですが、最近、このA級戦犯を分祀する案がニュースなどでまたよく取り上げられているようですので、自分の関連する論考をいくつか、まとめてみました。 2005/5/7 「なぜ首相の靖国神社参拝が問題なのか」 http://blue.ap.teacup.com/documentary/130.html 2005/5/22 「再び靖国神社に関して」 http://blue.... [続きを読む]

受信: 2006年8月12日 (土) 18時20分

» 神道再出発 [正直正太夫の時評]
1949年に折口信夫は「神道の新しい方向」でこう述べている。 日本精神を伝々する人々の根本の方針に誤つた点が、もしあつたとしたなら、この宗教を失つてゐた――宗教を考えることをしなかつた――、宗教をば、神道の上に考へることが罪悪であり、神を汚すことだと、さういつた考へを持つてゐたことが、根本の誤りだつたらうと思はれるのです。だからどうしてもわれわれは、ここにおいて神道が宗教として新しく復活して現�... [続きを読む]

受信: 2006年8月12日 (土) 18時35分

» 総裁選 [南城悪口三昧]
「大先生、お暑うございます」 「おう、弥七か。暑い中をご苦労だな」 「いえ、どういたしまして」 「まだお前は若いからいいようなもんじゃが、わしのように歳をとると暑いのは応えるわえ」 「ご冗談を」 「いや、本当のことじゃ。最近は世の中がおかしいので天気まで狂ってきておるようじゃ」 「ところで先生。例の自民党の総裁選とやらは、どうなっているんで?」 「うむ。自民党総裁といえば、いまは即ち宰相の職につくものじゃ」 「へえ」 「そこは、民のことを第一に考えて選んでもらわなければい...... [続きを読む]

受信: 2006年8月12日 (土) 19時15分

» みんなで囲んじゃえっ!イスラエルを @国連停戦行動のアメリカによる妨害と防衛という名の民間人殺戮 [ぬぬぬ?]
北朝鮮より先にイスラエルが滅亡への火蓋を切ってしまった レバノン、パレスチナを相手取った2正面作戦 軍事戦略的には最悪だ シリアやイランも敵に回した 実は背後では最大の支援国であったアメリカの"見限り"が... [続きを読む]

受信: 2006年8月12日 (土) 19時21分

» ハンギョレ新聞を読んでみよう(10) [薫のハムニダ日記]
今日はハンギョレ新聞の記事から今話題(っていうか、別に今でなくても話題だわな)の“靖国神社”に関する記事を見つけたので、こちらを翻訳してみました。 なんかよく「中国や韓国が反対するから靖国参拝はダメだというのか、キイキイ」という方がおられますが、違います。大間違いです。 小泉首相のご主人様であらせられるアメリカの有力者も最近は首相の靖国参拝や、遊就館の戦争賛美的な性格に対して苦言を呈しています。ですから、従米ポチ派としては首相の靖国神社参拝には反対するべきでしょう。あ、靖国神社側はアメリ... [続きを読む]

受信: 2006年8月12日 (土) 19時32分

» 安倍晋三にお灸を!〜教科書採択問題で提訴へ [情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士]
つくる会教科書採択問題にからんで安倍晋三を被告として損害賠償請求訴訟を提訴しようという動きがあるそうだ(ここ参照←クリック)。提訴理由は,教育への不当な介入ということらしい。 具体的には,【「つくる会」と共に行動してきた「日本の前途と歴史教育を考える若手議員の会」主催の「正しい歴史教育を子どもたちに!国会議員・地方議会合同シンポジウム」(2004年6月14日)への参加要請を安倍氏(当時自民党幹事長)は全国の自民党支部に送る。同シンポの目的は、地... [続きを読む]

受信: 2006年8月12日 (土) 19時51分

» 小泉首相、あくまでも靖国参拝にこだわるのか [かわうそ実記]
小泉首相は、靖国参拝について、「(2001年総裁選での)公約は生きている」と発言 [続きを読む]

受信: 2006年8月12日 (土) 21時08分

» 安倍官房長官が靖国参拝していた [かわうそ実記]
自民党総裁選で“最有力”とされる安倍官房長官が4月、靖国神社に参拝していたことが [続きを読む]

受信: 2006年8月12日 (土) 21時09分

» 墓穴を掘った靖国神社 [土佐高知の雑記帳]
靖国神社はやっぱ時代錯誤的世界に存在する。 「ニュース23」に総代(通常10人だそうだ)が何人か出ていて、その話をきいたが「この人たちは8月15日以前の世界に住んでいる住人」との印象を強くもった。... [続きを読む]

受信: 2006年8月12日 (土) 21時24分

» 太平洋戦争は避けることができた@ヤップ [ミクロネシアの小さな島・ヤップより]
今年は満州事変の起きた昭和6年の状況によく似ているという。この75年も前の出来事は、わたしにとっては「誰かの生きた時代」であって自分に引きつけて考えたことなんてなかったけど、昨今の世の動きを考えると、そうかもしれない、という気がしてくる。以前はセピア色になった古写真を眺めるようなつもりで見ていたその時代が、このごろはすぐ身近に感じられるようになった。明治維新というクーデターから始まったニホンという国の体制は、1945年の敗戦を経ても根っこでは何も変わっていないのではないか。そして靖国神社はそのひとつ... [続きを読む]

受信: 2006年8月12日 (土) 21時35分

» 靖国合祀続報(当時の次官証言/遺族提訴) [タカマサのきまぐれ時評]
■朝日のキャンペーンとかではなくて、佐賀新聞の記事(2006/08/08)。■当事者が佐賀市在住なんだとか。 靖国合祀の名簿 厚生省担当課が〝独断〟提供?  靖国神社のA級戦犯合祀(ごうし)の手続きとして、旧厚生省が1966(昭和41)年、氏名や階級、...... [続きを読む]

受信: 2006年8月12日 (土) 22時45分

» 靖国問題は人為的なのか? [らんきーブログ]
明々後日の8月15日に最早、日本国の恥ずかしい象徴的な代表となった小泉は自分の公約通りにして何が悪いと鼻息を荒くし、靖国参拝を実施し自分なりの有終の美を飾る雰囲気だ。他の公約に関してもこれくらいの断固たる決意があれば... [続きを読む]

受信: 2006年8月12日 (土) 23時07分

» 小泉(総理)は禁止ワード [コ李アン・CA]
 韓国語のWindowsを使う私の友人、「ML君」 時々プールで合うんです。 前回に合ったときは「小泉は禁止ワード」と教えられ、 昨日合ったときは「小泉参拝すんねんなー」と合ったとき... [続きを読む]

受信: 2006年8月13日 (日) 00時40分

» 新聞・テレビの報道では世の中のことはわからなくなっている [雑木帖]
 最近ますますその感を深くしている。 「議題設定機能」。これは踊る新聞屋さんの言葉だが、世の中がその時々に話題にするもの、考えるものをメディアが設定する機能のことをいうのだと思う。  これは、今のところ、依然として次のものと同意であるような気もしている。 「多くの人々にとって、メディアに取り上げられない事象は、存在していないことと同じである。現実にわれわれが見聞きできるもの、逆にわれわれが�... [続きを読む]

受信: 2006年8月13日 (日) 01時34分

» 今更ながら、靖国問題がそもそも巷間言われているような問題なのかどうかを再検証しました [ビデオジャーナリスト神保哲生のブログ]
マル激トーク・オン・ディマンド 第280回[8月11収録] 靖国を「問題」にして... [続きを読む]

受信: 2006年8月13日 (日) 02時09分

» 高知新聞のアンチ靖国キャンペーン【画像】 [奥田健次の教育改革ぶろぐろ部]
1コ前のエントリーで紹介した高知新聞の画像ね。まあ、無理矢理な解説やね。 画像 [続きを読む]

受信: 2006年8月13日 (日) 02時23分

» 逆切れメディア批判で、小泉のしっぺ返し &米牛輸入問題 &佐藤隆騎手追悼 [日本がアブナイ!]
今回は他の記事を用意して(書きかけて)いたのだが・・・  10日の小泉発言にあまりに唖然とさせられたのと同時に、今後アップする予定の 記事<メディアのあり方、靖国参拝問題など>に関連する内容なので、そのことを メインに書いてみたいと思う。  あと当ブログでこだわっている米国産牛肉輸入の情報と、落馬事故が原因で8日に 他界した船橋競馬の名騎手・佐藤隆氏への追悼の記も書き添えたい。 * * * * * *   小泉首相は10日からモンゴルに外遊している。 日本の小学校の国語の... [続きを読む]

受信: 2006年8月13日 (日) 03時28分

» 「靖国神社」…かってに祀るなよ!! [dr.stoneflyの戯れ言]
 戦没者が「英霊」として祀られている……、ずっと違和感があった。そう「お国」(第2次対戦終戦前は「天皇」)のために殉じた人々のための靖国神社である。「A級(BC)戦犯合祀」が問題になっているが、そも戦犯者以外の戦没者は、納得して靖国に祀られているのだろうか?という疑問であり違和感である。「お国のために斃れた(たおれた)英霊の顕彰」(英霊:戦死者の霊を敬っていう語 顕彰:隠れた善行や功績などを広く知らせること)などと言われるが、「お国」が他国を侵略するのに、強制的に徴兵し、勝手に殺しておいて...... [続きを読む]

受信: 2006年8月13日 (日) 05時33分

» 「一回だけ認める」 [Independents' Weblog]
靖国問題で、中国、韓国の妥協案を日本政府に提示しているらしい。 共同通信 要するに、総理就任後の参拝を一回はやってもいいです、と言うものなのだが 小泉のこれまでの発言からすると、これは 「大きなお世話だ」 と言うことになるだろう。 しかし、この図式は、一体何なのだろうか。 「このおもちゃ、沢山欲しいの!」 と、おもちゃ屋の店先で泣き喚く子供。それをもてあます両親。 駄々っ子の子供に手を焼いた両親が、 「じゃあ一個だけ『おもちゃ』買ってあげるよ。」 と言っているのと同じことの... [続きを読む]

受信: 2006年8月13日 (日) 05時37分

» ある庶民の戦争観「拝啓天皇陛下様」 [再出発日記]
野村芳太郎監督の「拝啓天皇陛下様」(1963)をDVDで見る。昭和6年、現在岡山大学のある練兵場の初年兵から、昭和25年足立区千住大橋の近くでトラックに撥ねられ死ぬまでの、愚直な男の半生を描く。主演 渥美清  助演 長門裕之 左幸子桂小金治 中村メイ子...... [続きを読む]

受信: 2006年8月13日 (日) 08時54分

» 若手自民党員の質 [王様の耳はロバの耳]
首相の靖国参拝、継続を…自民中堅・若手が提言 (読売新聞) - goo ニュース 読売新聞の報道によれば自民党の中堅・若手議員約130人が歴代総理は継続して靖国神社を参拝するよう求めたとある {/hiyo_oro/} 政治の目的は「国民の生活が50年100年にわたって安全平穏であり実り豊かなである様国のあり方の大綱を決める事」としてこの人たちをどう評価したら良いであろうか? {/kaeru_cry/} 自民党衆参両院の数は408... [続きを読む]

受信: 2006年8月13日 (日) 12時23分

» この映像を見て恥ずかしくなるのは私だけでしょうか? [薫のハムニダ日記]
昨日は韓国のスポーツ・チャンネルで広島-巨人戦を見ながら、「いや~、韓国でカープの試合をテレビで見られるようになるなんて、いい時代になったなぁ。イ・スンヨプのおかげだなぁ。“巨人は嫌いだけど、スンヨプは好き!”」とつくづく感じておりました(広島がサヨナラ勝ちしたしィ~)。 そんなんで、昨日の午後はニュースを見ていなかったのですが、ある方から「韓国の議員が靖国に行った」ということを教えていただきました。どうやらこのニュースのことのようです。↓ 靖国参拝問題:韓国議員、靖国神社に質疑書(毎日... [続きを読む]

受信: 2006年8月13日 (日) 19時02分

» 戦争のつくりかた [ロバの耳]
国民保護法ウォッチャーズより 絵本 戦争のつくりかた Web版 [続きを読む]

受信: 2006年8月13日 (日) 23時07分

» 旅客機同時テロ計画を疑う [季節]
海外のことでもあり、扱いは小さくなっているが、そもそも本当にこうした計画自体があったのだろうか? 無論実行されれば、犠牲となるのは殆どが無辜の民でしか無いので、、現実となっては困るのだが。 ... [続きを読む]

受信: 2006年8月14日 (月) 13時37分

» 平和のためなら参拝するな!! [愛と勇気vv]
もうすぐ、8月15日がやってくる。 彼氏さんは8月15日に靖国参拝するらしい某氏への抗議行動に出発した。 有羽ちゃんが言いたいのはひとつだけ。 font size=5へいわのためなら、 慰霊のためなら、 靖国参拝するな!!/font...... [続きを読む]

受信: 2006年8月14日 (月) 19時33分

» 靖国麻生私案の背後にあるもの [非国際人養成講座]
終戦記念日を前にして、本来政治問題になるはずではなかった靖国神社の問題が大きな争点になってきました。この背後にはアメリカ議会からの圧力があったらしいという仮説をてっくさんが立てていらっしゃいます。 Let's Blow! 毒吐き@てっく: [靖国]報道されなかった米議会決..... [続きを読む]

受信: 2006年8月15日 (火) 10時23分

» 靖国参拝はアメリカの意志なんですぅ! [BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」]
私は一生懸命自分の意志で行ってるように演じているだけです。へへへなかなかの名演でしょう。小泉劇場のトップ俳優はなんと言っても私でしょう?職務として行ってるのではないなんてまっかな嘘です。職務でなければ寝てるよ... [続きを読む]

受信: 2006年8月15日 (火) 12時37分

» 小泉首相がとうとうこの日に靖国参拝 [ニュース・ワーカー]
 小泉純一郎首相が15日、靖国神社に参拝した。かねてから予測されていたことであり、あらためて驚くことでもなくなっている。首相が靖国神社に参拝することのどこに問題があるかについても、既にありとあらゆる論点が出尽くしている感があるので、ここでは触れない。わたし自身の考えは、「憲法違反」であり明確に「反対」だ。  少し突き放して眺めてみて感じることを書いておきたい。  ひとつは「公約」のことだ。小泉首相が8月15日にこだわり、最後のチャンスの今年、強行したのは、5年前の自民党総裁選での公約だったからだ... [続きを読む]

受信: 2006年8月15日 (火) 16時08分

» 靖国神社参拝 …そのねらいは… [★平和と健康★ 守ろう生かそう憲法9条25条]
 小泉首相が靖国神社を参拝しました。A級戦犯が「神」としてまつられている靖国神社。首相が終戦記念日に参拝するのは21年ぶりだそうです。中国や韓国をはじめ東南アジア諸国から強い非難を受けながらも、靖国参拝を強行した小泉首相のねらいは何だったのでしょう。  靖国神社は、「神社」と名乗っているものの、全国各地にある氏神様をまつった神社とは性格がまったく違います。かつては「東京招魂社」といい、戦死者を「神」としてまつりその武勲を讃える「戦争推進のための社」でした。  小泉首相の言うような「戦没者への哀悼... [続きを読む]

受信: 2006年8月15日 (火) 16時42分

» 小泉首相が靖国参拝(東京新聞=共同通信) [かわうそ実記]
小泉首相がやはり靖国神社を参拝しました。 「小泉首相が靖国参拝 中韓、強く反発」 [続きを読む]

受信: 2006年8月15日 (火) 19時02分

» 小泉首相、靖国神社参拝…現職で15日は21年ぶり [所謂雑感]
小泉首相は終戦記念日の15日朝、東京・九段北の靖国神社を参拝した。 本殿に昇り、首相名で記帳した。首相は2001年の自民党総裁選で8月15日の参拝を公約したが、従来は中国、韓国などに配慮し、日付をずらして年1回参拝してきた。在任中の最後の参拝で公約を実現し、靖国参拝批判に譲歩しない姿勢を明確にした。 現職首相の8月15日の参拝は1985年の中曽根首相(当時)の公式参拝以来、21年ぶりだ。中韓両国は強く反発しており、9月の自民党総裁選で靖国問題が大きな争点となるのは確実だ。 小泉首相の...... [続きを読む]

受信: 2006年8月15日 (火) 23時03分

» 8月15日に靖国参拝をした小泉への批判と感謝 [カナダde日本語]
8月15日、やっぱり小泉は靖国参拝を実行したのか。 昨日は一日中働いた後、家探しをしていて、ブログを更新するひまもなかったけど、小泉の靖国参拝のことを書いた記事のおかげでアクセスがかなりあったようだ。 あと、... [続きを読む]

受信: 2006年8月16日 (水) 15時07分

» 敵もまたお国の民であり [ニュースは踊る]
最後の「実質的な大奥の指導者」であった「天障院」は薩摩の出身です。この人、今度NHKの大河の主人公になるそうです。民放の「大奥」にも出てました。菅野美穂がやってました。数回見ましたが、個人の争いばかりを描いていました。あまりに卑小化されていて、天障院のために涙したい気分になりました。 本当の天障院はたぶん、資料で調べる限り、全く違う人間です。個人の問題を超えたもっと大きな問題を背負っていたし、考�... [続きを読む]

受信: 2006年8月16日 (水) 21時34分

» 「蟻の兵隊」その2 [天にいたる波も一滴の露より成れリ]
昨日取り上げた映画「蟻の兵隊」の中にも、靖国神社で演説する小野田さんに向かって奥村さんが、「侵略戦争を賛美するのですか?」と声をかけるシーンがあった。 小野田さんは「侵略を賛美などしていない」(というようなことをモゴモゴと)言い、小野田さんをかばうように立ちはだかった女性は、「侵略戦争なんて、なかったんです!」と奥村さんをさえぎった。 「侵略戦争だったのか、なかったのか」という議論には、実は私はあまり意味のないことだと考えてい... [続きを読む]

受信: 2006年8月20日 (日) 11時47分

» コーソツ主婦の靖国問題(1) [doll and peace]
この文章を書くにあたり、まず無学な一主婦が、何故こんな問題に首を突っ込んで頭を悩 [続きを読む]

受信: 2006年8月21日 (月) 17時44分

» ☆国の借金770兆円を超える!!!☆ [KISSES☆ももちゃんのブログ]
シェアブログ23に投稿無差別大量殺人鬼ブッシュの飼い犬ポチこと小泉鈍一郎のめちゃくちゃな構造改革のおかげで、国民の経済格差は大幅に拡大した。2006年7月27日現在の国の借金は約770兆円。国民一人あたりの借金額は約1,600万円。この事実をどのぐらいの人が認識してい...... [続きを読む]

受信: 2006年10月 8日 (日) 09時28分

« Islamic fascism ? | トップページ | 安倍壷三、ファッショ政権の誕生を見据えて。 »