« 今時、時給450円の残業代とは、。「研修生 千葉養豚場殺人」続報。 | トップページ | AbEndが消える瞬間を見てしまった。 »

2006年9月 4日 (月)

アホらしくて論評するのもカッタルイのだが、、。

 前半の5枚の安倍は、反小泉を標榜している(?)某有名ブログが使っている安倍大先生色男写真を利用しました。(笑)

追記:なお、テサロニケのこのエントリーは内容は恫喝だし、内容と併せると写真も恫喝と嘲笑だと思ってます。敵の武器を奪って使うの結構好きなので使わせてもらいました。(笑)

祝!安倍大先生総裁選出馬記念「ヨッ色男、だいとうりょう~っ!」バナー 祝!安倍大先生総裁選出馬記念「ヨッ色男、だいとうりょう~っ!」バナー

 当雑談日記エントリー「安倍晋三にNO!AbEndキャンペーンに参加しよう。」への、Track Back Peopleからの「削除要請」騒ぎである。それについて世に倦む日日のテサロニケは下記のように書いている。


ここまでの状況から判断して重要なポイントは、主宰者と当該ブロガーが事実として記事を誹謗中傷記事だと認めている点である。認めていなければ削除を拒絶する必要があるだろう。特に強く抵抗した形跡がなく、きわめて簡単に削除に応じていて、仮に削除応諾の主たる動機がリンクリスト保全にあったとしても、結果だけから見れば、第三者的には妙にあっさりと削除に応じている。事業者からの通告から応諾まで一日であり、事業者と主宰者の間で緊迫した交渉の往復があったようには見えない。そこまで主宰者が事業者の要求を不当だと考えたのなら、もう少し粘って有利な妥協を導く余地があっただろう。もし誹謗中傷でないという絶対的な自信があるのなら、リンクリスト削除と引き換えてでも記事削除に応じないという選択があったはずだ。

(略)

事業者側は戦わずして勝ったのであり、裁判のリスクを踏まずに、削除受諾の既成事実を手に入れた。削除受諾は(後で当事者が言い訳しても)客観的行為としてはそれを誹謗中傷だと認めたことに等しい。その点は今回の紛争に着目しての事業者側のバランスシートだが、当該ブロガーの方にフォーカスして言えば、事態はさらに深刻と言えるだろう。この既成事実は一般的なものとして機能する。すなわち、不当な誹謗中傷記事を書いて、それをプロバイダに摘発されて削除要請され、それに対して反論もせずに応諾した、そういう既成事実が残ったことになる。言わば「判例」である。踏み込んで言うなら、ある誰かが当該ブロガーの誹謗中傷記事を当該ブロガーのプロバイダに対して意見告発した場合、当該プロバイダは当該ブロガーの記事を存続させるのは論理的には容易ではない。業界の中で一度「判例」が出たからであり、業界内の一社が当該ブロガーを誹謗中傷ブロガーだと事実上認定したからである。ブラックリストに載ったことになる。その意味でも、権利の観点から言えば、簡単に妥協せず、削除に抵抗する事実を示すべきだった。


 ここには論理のすり替えがある。まるで当該記事そのものの削除を認めたかのようである。

 事実はAbEnd、つまりエントリーヘッドラインの履歴の削除であって、エントリーそのものの削除ではない。僕自身は、エントリーヘッドラインの旬はリアルタイムにヘッドライン表示されているときだけと考えている。それこそ履歴のはるかかなたに流れたものについてはほとんど意義も魅力も感じていない。

 当ココログで当該エントリーを削除した、あるいは内容を変えたのであればテサロニケ言うところの「誹謗中傷」を認めた云々となるのだろう。

 しかし、実際には「ある疑念、美爾依さまへ、このコメントはあなたのですか?そして「さっそく無難な表現に変えて下さって」って何ですか。」でも書いたように、


僕自身は「安倍晋三にNO!AbEndキャンペーンに参加しよう。」のエントリー中で「AbEndの文字の部分やその他」の部分についても訂正や修正はしていません。現に「AbEnd」のままです。変わったところと言えば安倍⇒ヒットラーのシンプルバナーを追加したところでしょうか。現にご覧になっていただければ分かるでしょう。「さっそく無難な表現に変えて下さって」のところは一体なにを意味するのか、実際そうだったと言うのなら具体的にご指摘ください。

※「Abend」は、IT用語で「異常終了」です。昔から使われていた言葉です。「AbEnd」と「E」の部分を大文字にしたのは駄洒落の類だと認識してます。故に訂正する必要を感じていません。まして相手は政治家です。この程度のことが許されないならまさに北朝鮮でしょう。


なのである。

 再度確認で申し上げるけれども、「AbEnd」はやさしい日本語で言い換えるなら「安倍をとめよう」である。「Stop Koizumi」が「小泉をとめよう」と言うのと同じ類である。「Stop Koizumi」が良くてなんで「AbEnd」が中傷なのか?「AbEnd」が"抽象"的と言うならまだ話しは分かる。「Stop Koizumi」より分かりにくいからね。(笑)

 今回、あわてて「AbEnd」を「安倍ND」とヘッドライン案内表示を書き換えた方がいますがナンセンスだ。前半部を「AbE」とするか「安倍」とするかは趣味の問題なら分かる。しかし、時代の空気に棹差し少しでも知性的であろうとするなら前半部を「AbE」の方がはるかにセンスがあるのではないか。

 ナンチャッテ(^^;、どちらでも好きな方をお使いください。大事なのはより多く仲間を増やすことです。オイラはもちろん「AbEnd」です。(笑)

※今日のお勧め記事は、カナダde日本語さんの「道州制導入と誹謗・中傷を再考する」。僕が書いたのとはまた別の角度からテサロニケの詭弁を考える上で参考になります。
 もう一つの、お勧めは季節 季節の風景をさんの「柳澤 安慶さんへのお尋ね」です。このエントリーを通じてお礼を申し上げておきます。

関連投稿
もう、つぶされてもいい、徹底的にやってやる。(笑)
このバナーもきいたらしい。(笑)
祝!安倍大先生総裁選出馬記念「ヨッ色男、だいとうりょう~っ!」バナー完成しました。(笑)

|

« 今時、時給450円の残業代とは、。「研修生 千葉養豚場殺人」続報。 | トップページ | AbEndが消える瞬間を見てしまった。 »

コメント

AbEnd言い出しっぺのkojitakenです。
私が「カナダde日本語」にコメントをつけたところから始まったキャンペーン名なので、「AbEnd」にはとても思い入れがあります。
厳密には、私は「AbendならぬAbeend」と書いたのですが、内心では「AbEnd」という表記がベストだなあ、でもまさかキャンペーン名として取り上げてはくれないだろうなあと思っていました。
ところが、翌日「カナダde日本語」を開くと、キャンペーン名が「AbEnd」になっているではありませんか。これに狂喜乱舞したことは言うまでもありません(笑)。美爾依さんは人の心が読めるんでしょうか。
今回の件については、キャンペーン名が「AbEnd」であろうが「安倍ND」であろうが、中身は同じだし(前者の方が面白くて良いと思うけど)、ま、いいかと思っています。私のブログでは、プロフィール欄に「AbEnd」と「安倍ND」を両方併記してます。tbpの方は正式名称に書き換えてあげましたが、これを機に、ハムニダ薫さん提唱の祝電追及キャンペーン名ともども、「AbEnd」「安倍ND」を赤字ボールドで明記して、徹底的に安倍と闘う意思表示をしました。前より目立つはずです(笑)。
某有名ブログ(笑)の記事は、見に行くだけでも疲れるから、もう行くのを止めようと思っていたところだったので、内容を紹介していただいて有難いです(これで行かずに済みましたw)。

投稿: kojitaken | 2006年9月 4日 (月) 19時39分

前のコメントは舌足らずでした。「言いだしっぺ」というのは運動のネーミングに限ったことで、AbEnd運動の提唱者にして主宰者はもちろん「カナダde日本語」の美爾依さんです(大部分の方にとっては言うまでもないことだと思いますが、一応念のために)。

投稿: kojitaken | 2006年9月 4日 (月) 21時01分

プログ拝見。プロフィール拝見。ともにまさしく共感。私もワープロ10年、パソコン1年、IDの初心者で現在四苦八苦の75歳の爺です。プログでは訪ね歩きましたが、ようやくめぐり合えた感じです。これから落ち着いてじっくりと拝見いたします。今後よろしくご指導のほどを・・。

投稿: 小高英二 | 2006年9月 5日 (火) 19時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アホらしくて論評するのもカッタルイのだが、、。:

» 「反日ブログ監視所」…一度だけ応援します。ガンバレー!! [dr.stoneflyの戯れ言]
 ワタシが巡回する首尾一貫した記事を貫くブログとちがって、思ったこと感じたことは何でも、というかアホみたいに書きまくり、さらには内容もブレまくる拙ブログでは「盗作の和田」や「八百長の亀田」など非常に俗世的な話題にも「戯れ言」を吐いてしまう。こんなブロガーとしては、一度ぐらいとりあげてもいいかな、と思い、書いてみたりするのが「★★反日ブログ監視所★★」というブログについてである。  書いてみようかな、と思ったのも、今回「反日ブログ監視所」からはじめてTBを頂いたからだ。実は、新着TBをみた...... [続きを読む]

受信: 2006年9月 4日 (月) 08時53分

» 拝啓、安部晋三さん [権力に迎合したマスコミ人を忘れるな!]
安倍晋三さん、私は国民を戦争の惨禍から守り抜くことが、政治家の最低限の役割だと [続きを読む]

受信: 2006年9月 4日 (月) 19時00分

» 「世に倦む日日」は言論人失格 [BLOG BLUES]
僕は、「世に倦む日日」に対して、過去「発起人がアホやから同盟ができへん」と 「世に倦む日日にリコールを!」の2つの糾弾エントリーをUPした。 1回目のときは、賛同者も少なかった。「とくらBlog」も「とりあえず」も、 沈黙をまもったままだった。づあんねん。2回目のときは、もう大分バケの皮が 剥がれかかっていて、多くの賛意が寄せられた。 そして今回、これはもう、決定的なんてもんじゃない、決定。 ゲームオーバーですね。とにかく彼の言動は、新自由主義や改憲に反対する、 僕らの運動の足を引... [続きを読む]

受信: 2006年9月 4日 (月) 19時20分

» 猛暑の原因は水循環の破壊?! [晴耕雨読]
 夏になると毎年のように気象記録を更新する勢いで猛暑が続いています。年配の方は、夏には夕立が付きものだったことを覚えておいででしょう。夕立はどこへ行ってしまったのでしょうか?  マスコミは『夏の暑さは温暖化の影響』と言った類の解説をしていますが、これは本当でしょうか?  このエントリーでは、日本の夏の暑さの原因は、ヒートアイランド現象によるという説を紹介します。ヒートアイランドといえば、東京など大都市圏のみの現象と捉えているかも知れませんが、実は日本全土に及んでいるという説です。一言で言えばヒートア... [続きを読む]

受信: 2006年9月 4日 (月) 19時38分

» ルンプロ市民(ウヨニート・ウヨコモリ)の正体 [ウヨニート・ウヨコモリ研究所]
秀逸なコピーを見つけたので張っておきます。 なかなか面白い。 まぁ、中には私のことをサヨとかレッテル貼って煙たがる人も いると思いますが。 便宜上彼らのことをネット上ではネットウヨクとカタカナで 呼んでいる人が多いと思いますが、でも冷静に観察すると彼ら....... [続きを読む]

受信: 2006年9月 4日 (月) 20時31分

» もういい加減止めときゃ良いのに [kojitakenの日記]
せっかく、ぶいっちゃん「らんきーブログ」のコメント欄に、あそこをフォローするコメントを入れといたのに、まだやってるみたいだ。もうあそこには行くつもりないけど(行くだけで疲れるんだもの)、記事の内容は、SOBAさんのブログを読んで知ったので、コメントを入れとい... [続きを読む]

受信: 2006年9月 4日 (月) 21時02分

» 足元が揺れる気配 [華氏451度]
 既に次期総理の椅子が約束されたかのように見える安倍官房長官が、総理に就任したあかつきは憲法と教育基本法の改定を最優先課題と考えると明言した。(ずっと下のほう、◇◇◇以下にニュース記事をコピーしておくので、まだキャッチしていない方はご参照下さい)  ついにここまで来たか、と思うのは私だけではあるまい。 「強い国幻想」を持つ政治家達は、過去にも大勢いた。憲法や教育基本法を変えた... [続きを読む]

受信: 2006年9月 5日 (火) 01時09分

» 本当に必要な総裁選 [thethe]
自民党総裁選が一向に盛り上がらないのは当然。何しろ本当に求められている総裁選をやんないのだから。最初から安倍長官で決まっているのなら、やる必要Nothing。 [続きを読む]

受信: 2006年9月 5日 (火) 01時21分

» http://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-258.html [カナダde日本語]
Blog Peopleの件でさまざまな意見が飛び交っているようなので、もういちど最初からの経過を説明したい。 1.2006年6月16日 最初は日本の次期総理に安倍がなったらいかに危険かということを世間に知らしめるためにトラック... [続きを読む]

受信: 2006年9月 5日 (火) 02時19分

» Blog Peopleの異様な圧力 [季節]
それに拠れば、削除要請は、美爾依氏の要請受諾でエスカレートし、当該記事自体の削除まで、求めて来たとの事だ。 ここまで来ると、ファンコミュニケーションズ社長 柳澤 安慶さんに求めるべきは、単なる無知と誤解による勇み足の釈明、そこに止まる事では無くなる。... [続きを読む]

受信: 2006年9月 5日 (火) 05時00分

» 政界秋の陣の座標分析 [広島瀬戸内新聞ブログ版]
上の図を見てください。上は、政治家・政党の立ち位置を表しています。私は、この図により、今の政界で起こっている動き、特に今秋以降の動きが大部分読み解けると考えます。 黄色の領域が、政治的リベラル−グローバリズムの組み合わせです。グローバリズムとは、社会保障カットや規制緩和に賛成で、外交面ではアメリカに従属する。政治的リベラルとは、たとえば、男女平等志向、古臭い因習は絶つ、分権的という傾向があります。 水色の領域が、政治的保守−グローバリズムの組み合わせ。アメリカに従属した経済・外交政策..... [続きを読む]

受信: 2006年9月 5日 (火) 22時05分

« 今時、時給450円の残業代とは、。「研修生 千葉養豚場殺人」続報。 | トップページ | AbEndが消える瞬間を見てしまった。 »