« 必見videonews.com、無料配信。安倍首相の歴史認識は甘い:立花隆氏講演、安倍内閣、支持率70%の中身を問う:山口二郎氏 | トップページ | “STOP THE KOIZUMI”に残っているブロガーは総括を求めなくて良いのか。揶揄されるままで、。恥ずかしくはないのだろうか。 »

2006年10月 1日 (日)

ついに雑談日記は妖怪になったらしい。ことごとくトラックバックを削除する「直言」の欺瞞。

 共産党宣言ではないが、雑談日記は今や妖怪になったらしい。

 たとえば、※必読論文としてご紹介している、「直言」の

第10回失われた5年-小泉政権・負の総決算(4)」 植草一秀(小泉政権の経済政策は2003年春に事実上、完全破綻した)』である。

 トラックバックがいったん表示されても、ものの5秒でことごとく削除されている。

(クリックすると拡大します)

1_「キックバックは竹中氏2兆円、コイズミ氏1兆円! 」を理解するために「米国債に充当され」がいかに怖いか基礎知識のトラックバック


2_8植草事件マスゴミのでたらめ。同じ人物が逆の論調で問わず語りに正体暴露、2ch以下便所紙イエロー週刊紙の文春と新潮。(笑)」のトラックバック


3aaaaaatb今あえて「AAA植草一秀氏を応援するブログAAA」をお勧めサイト&ブログに加え、TBとコメント炎上渦中に断固として殴りこむ(笑)」のトラックバック

関連投稿
米国債を大量購入していると言うことの意味。そしてそれがいかに世界中で突出していて、馬鹿げているか。
竹中平蔵ってえのは、、。
小泉のヘボ英語に続くブッシュのこの笑い、。すべてを物語るキャンプ・デービッドでの5年前の最初の記者会見。
画面キャプチャ自由自在って必要かもね。

|

« 必見videonews.com、無料配信。安倍首相の歴史認識は甘い:立花隆氏講演、安倍内閣、支持率70%の中身を問う:山口二郎氏 | トップページ | “STOP THE KOIZUMI”に残っているブロガーは総括を求めなくて良いのか。揶揄されるままで、。恥ずかしくはないのだろうか。 »

コメント

ブログ<晴天とら日和>を5月24日に開設して4カ月ちょっとになります。
で、私も細々ながら小泉・安倍ラインを瓦解させようと思って書いてはいますが。

ほのぼの系のイラストに似合わず辛口で最初はびっくり致しましたが・・・・・。
貴方のようなパワーがありません。

でも、不思議です。
私の周りには一人も小泉支持者がいません。だのに支持率が40~50%だっていう・・・・・。
何かの間違いか?、マスゴミの洗脳か?どっちなんでしょうか?
安倍の支持率も、サンプル3000人で60~70%だという。ところが、ヤフーではサンプル約1万4000人で16%だという。

安倍首相が○○の一つ覚えみたいに<美しい国づくり>って言うんだけれど、皆さんの中で<美しい国づくり>がナンなのか分かってらっしゃる方おられますか?私なんかチンプンカンプンでサッパリ分かりまへん。
それとも、なにかい、安倍首相が日本全国、掃除して回って<美しい国づくり>ってことか?それは良いことだ。ウム!

安倍首相は箒を持って日本全国掃除して回って(美しい国)にしょうって、ことか。
そりゃ~、ええこっちゃでぇ~。ムハハ。

投稿: とらちゃん | 2006年10月 2日 (月) 12時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ついに雑談日記は妖怪になったらしい。ことごとくトラックバックを削除する「直言」の欺瞞。:

» ●米国がらみの情報は第一弾の情報に注意せよ!!・・・郵貯資金での米国債購入のほんとうの恐ろしさ!!・・・ [社会・政治]
300兆円以上にも上る郵貯資金のうち、既に200兆円もの資金が米国債購入に充当させられているという話題が、ブロガーの間で駆けめぐっている!これも先の金利問題で私のブログ記事で触れたのと同じく、またも米国がらみの策略である。ここではあえて【陰謀】という言葉は... [続きを読む]

受信: 2006年10月 2日 (月) 07時59分

» 竹中経済政策の疑惑について、もう一つの警告 [とむ丸の夢]
 前回エントリー「キックバックは竹中氏2兆円、コイズミ氏1兆円!」の記事内容がブ [続きを読む]

受信: 2006年10月 2日 (月) 11時51分

» 貧困の中身 [関係性]
 7月のOECD(経済協力開発機構)報告は日本の貧困率が先進国の中で二位になったことを述べた。  これについては、8月24日付けブログ「経済格差と心の病」で整理した。  「貧困率(所得が平均の半分以下の人の割合)を見ると、次の順位となる。           18〜25歳  26〜40歳   1位:アメリカ  19%     14%   2位:日本    17%     12%   3位:イタリア  14%     11%   4位:ドイツ   14%     8%   5位:フラン... [続きを読む]

受信: 2006年10月 2日 (月) 16時26分

« 必見videonews.com、無料配信。安倍首相の歴史認識は甘い:立花隆氏講演、安倍内閣、支持率70%の中身を問う:山口二郎氏 | トップページ | “STOP THE KOIZUMI”に残っているブロガーは総括を求めなくて良いのか。揶揄されるままで、。恥ずかしくはないのだろうか。 »