« 美しい国、憎いし苦痛シリーズ、「自民党創価学会なければ編」 | トップページ | 藤田社長からの映像メッセージ »

2006年10月29日 (日)

ニャンともひどい話しだ。きっこの日記で聞いた猫殺し税理士の話し。

ニャンともひどい話しだ。きっこの日記で聞いた猫殺し税理士の話しバナー ニャンともひどい話しだ。きっこの日記で聞いた猫殺し税理士の話しバナー

悪魔の猫殺し税理士」です。

 僕とトラにはバナーを作ることくらいしかできないけれど、該当の税理士と戸畑署・福岡警察の不誠実な対応に断固として抗議したいと思います。

|

« 美しい国、憎いし苦痛シリーズ、「自民党創価学会なければ編」 | トップページ | 藤田社長からの映像メッセージ »

コメント

トラックバックから、拝見させて頂きました。ひどい、ひどすぎる話ですね。県警の方にはメールで抗議しておきました。そういう話ばかりで、いやになりますね。犬や猫そのほかのすべての動物に優しい国になったらいいですね。

投稿: みーや | 2006年10月29日 (日) 21時47分

ワタクシもトラックバックからです!
動物好きの如何にかかわらず、同じ“人として”許すまじことで・・・絶句でした。
同じ目にあわせてやりたいです。その悪人の野郎を!
いつの時代から、そういう人でなしが存在するようになったのでしょう。悲しい限りです。
またオカミも同罪じゃぁ!
全員が全員じゃなくても奴等、働く気とか罪の意識とかあるのでしょうかねぇ。
荒んだ世の中になったものですね。

投稿: ピエールです。 | 2006年11月 1日 (水) 17時55分

トラックバックありがとうございました。

投稿: ミヤンビック | 2006年11月 2日 (木) 12時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91038/12476111

この記事へのトラックバック一覧です: ニャンともひどい話しだ。きっこの日記で聞いた猫殺し税理士の話し。:

» 可愛いニャンコたち [たなぼた]
知っていると思うけれど、僕のハンドル名である『ピーちゃんの身元引受人』のピーとい [続きを読む]

受信: 2006年11月 2日 (木) 05時00分

« 美しい国、憎いし苦痛シリーズ、「自民党創価学会なければ編」 | トップページ | 藤田社長からの映像メッセージ »