« きっこさんに応え、断固として耐震偽装隠し告発戦線に参戦する。(3)【闘いは毎日、ファイトがわくだけ(笑)】 | トップページ | 美しい国、逆から読めば憎いし苦痛シリーズその8、『自民党をぶっ壊す』はオレオレ詐欺並みの詐欺手法だった編です。 »

2006年10月23日 (月)

いじめ問題悪乗りで教育基本法改悪なんてとんでもない。この歌でも聴いて頭を冷やしやがれ。

美しい国、逆から読んだら憎いし苦痛、下心ナイショナイショの教育基本法バナー 美しい国、逆から読んだら憎いし苦痛、下心ナイショナイショの教育基本法バナー

米国債購入で貢ぎ、今度は傭兵で上納ってかバナー 3兆円拠出いいなりの現金自動支払機あんたに説教されたくないバナー

 統一教会とかのカルト親密自民党はいじめ問題悪用で教育基本法改悪をするのだろうか。そして、マスゴミはこれからもそれに輪をかけた悪乗りキャンペーンをやったりとか、。

 こんな時には、まずは次の歌でも聴いてから。

桑田佳祐さんの『どん底のブルース

 桑田佳祐さんの『どん底のブルース』は、アルバム『ROCK AND ROLL HERO』収録です。

 桑田佳祐 『どん底のブルース』

artist:桑田佳祐
words:桑田佳祐
music:桑田佳祐
arrangement:桑田佳祐 & 小倉博和
musicians:小倉博和(Acoustic Guitar) /佐橋佳幸(Flat Mandolin) /林 憲一(12st Acoustic Guitar) /桑田佳祐(Vocal, Harmonica, Keyboards & Chorus) 小倉博和&佐橋佳幸from 山弦山弦 appears courtesy of universal polydor, a universal music company

僕は学校(ガッコ)で泣かされた
寄ってたかってシカトされ
先生(センセ)の前でもイジメを受けていた
よくある話と他人(ひと)は言う
事実と違うと笑われる
弱き立場の叫びが聴こえるか?

(クリックすると拡大します)

Imgp1402

嗚呼 ひとりぼっちの路地裏で
涙を拭きながら
生きてこれたのは
夕焼け空があったから

嗚呼 人間なんて嫌だ
歌おうどん底のブルース
嗚呼 人生なんてショーだ
君に語ろう

もう人間なんて嫌だ
踊ろう暗黒のステージ
あてなどなく今日も行く

いつもドンパチやる前に
聖書に手を置く大統領(ひと)がいる
神の名におき正義に酔いしれて
隣のあの娘が輪姦(まわ)されて
綺麗なサンゴが汚(けが)れても
戦争(いくさ)に赴く基地(ベース)は安保(まも)られる

嗚呼 みんな見て見ぬフリをして
本当は知っている
この平和の裏に
愚かな過去があったのを

嗚呼 人間なんて嫌だ
歌おうどん底のブルース
嗚呼 人生なんてショーだ
誰に捧ごう

もう人間なんて嫌だ
笑おう奈落の底で
愚痴肴(さかな)に今日も飲もう

街の裏手にゃ汚泥(どろ)の河川(かわ)
ビルの谷間にゃゴミの山
"都会のオアシス"の外は"灼熱の島(ヒート・アイランド)"
どうせ死ぬのさこの俺も
現在(いま)が良ければそれでいい
他人(ひと)や地球がどうなろうと構わない

嗚呼 コンクリートで塞がれた
故郷も泣いている
鋼鉄(はがね)の斧を持って
政治家(おやじ)が森林(もり)をブッタ斬っている

嗚呼 人間なんて嫌だ
歌おうどん底のブルース
嗚呼人生なんてショーだ
君に語ろう

もう人間なんて嫌だ
踊ろう暗黒のステージ
それでも陽は今日も昇る


 それにしても、「世に倦む日日」のテサロニケが「いじめ自殺事件(1) - 担任教師に業務上過失致死罪の適用を」の末尾で、

許せない。日教組にも責任がある。この問題は次に書く。私は、日本の学校から本当にいじめを根絶できるのなら、教育基本法を変えてもいいと思っている。

と書いていたのにはあきれてしまった。「いよいよ正体を現してきましたね」と言ったところです。

とりあえずのアップ、この稿追加あり。

関連投稿
『どん底のブルース』を聴いてなんともやりきれない気持ちです。

|

« きっこさんに応え、断固として耐震偽装隠し告発戦線に参戦する。(3)【闘いは毎日、ファイトがわくだけ(笑)】 | トップページ | 美しい国、逆から読めば憎いし苦痛シリーズその8、『自民党をぶっ壊す』はオレオレ詐欺並みの詐欺手法だった編です。 »

コメント

安倍リンクに

安倍晋三に牙を剥いて立ち上がれ小沢代表&藤田社長

をTBしましたが、ライブドァのアホ!勝手に2度送りしてる。私、送信できるまで待ってただけなのに。ブツ、ブツ、ブツ、・・・・・・

アベシ、どれだけ調子に乗るかなぁ・・・・・
○○は何も考えずに休んどきゃ~いいものを。
○○が動くから傍迷惑で仕方ないわ。ははは

投稿: とらちゃん | 2006年10月23日 (月) 12時34分

はじめまして。すごいいい歌ですね。ズシンときました。いま、ボクは仕事に追われ休みもロクロク取れない状態でホントにしんどいのですが、この歌きいて、なんとなく元気がわいてきました。マイナーな暗い感じの歌なのに元気が出るってのもヘンかもしれませんが、現実離れした甘っちょろいファンタジーに逃げ込んでる曲全盛のこの国の音楽シーンの中でほとんど直球ともいえるようなこの曲は、広い意味で「たたかい(魂)の歌」だという気がぼくにはしたんですね。さっそく買って聴いてみたい思います。いい歌を教えていただいて、ほんとうにありがとうございました。

投稿: 二世乃朋 | 2006年10月23日 (月) 15時51分

初めまして。
どん底のブルース聞かせて頂きました。
不覚にも泣いてしまいました。この歌を
頭の腐りきった政治家共に聞かせてやりたいです。
 最近、阿修羅の記事等を読んでいると、どんどん生きていくのが嫌になって行きますが、
この歌を聴いて、それでも頑張って生きて行かねばと思いました。
 心に深く突き刺さる歌をありがとうございました!

投稿: かまいたち | 2006年10月23日 (月) 19時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いじめ問題悪乗りで教育基本法改悪なんてとんでもない。この歌でも聴いて頭を冷やしやがれ。:

» 教育基本法改悪する前に受験をなくせ! [カナダde日本語]
昨日は『OhmyNews』に「ほんの少しの勇気を持つと」という題で、 少し前に書いたいじめに関するエピソードが載った。この題は編集者によって変えられた題なのだが、わたしとしては、自分がつけた「いじめをなくすために... [続きを読む]

受信: 2006年11月 3日 (金) 04時52分

» 真面目で誠実な生徒が犠牲になる理不尽さ [うつ病を克服し、ストレスフリーな生活を手に入れる方法]
ここ最近、学生のいじめによる自殺があるたびに記事にしておりますが、その度にいろんな思いが浮かびあがります。岐阜県瑞浪市で中学2年生の女子生徒(14)が自殺した問題で、この生徒はバスケットボールのクラブ活動について「行くと1日気がおかしくなってしまう」と...... [続きを読む]

受信: 2006年11月 7日 (火) 23時24分

« きっこさんに応え、断固として耐震偽装隠し告発戦線に参戦する。(3)【闘いは毎日、ファイトがわくだけ(笑)】 | トップページ | 美しい国、逆から読めば憎いし苦痛シリーズその8、『自民党をぶっ壊す』はオレオレ詐欺並みの詐欺手法だった編です。 »