« この歌を聴きながら、沖縄に願いよとどけ、。沖縄の人々は幸せになる権利がある、きっと、必ず、。 | トップページ | 今現在(2006-11-19 22:41:31)仲井真弘多当確、開票率73% »

2006年11月19日 (日)

バナーとも関連重要記事⇒選挙は結果がすべて「よりまし」で手を結ぶことをしなければ権力には勝てない。【山口二郎の政治時評】

 週刊金曜日の2006.11.3(629号)の記事です。重要な記事だと思います。右サイドにはっている日共批判バナーとも関連した内容です。

 ただし、僕的にはこのバナーを作ったのが先で、この記事に気がついたのは後です。まったく僕が考えていたのと山口先生が書いた内容がぴったり合ったと言うことです。

※今日はこれから週刊金曜日主催の集会に行ってきます。

あとで追加:「ちょっと待った、緊急市民集会行ってきました。(旗ふるな、旗ふらすな、旗伏せよ、旗たため、限りある命のために)追加。携帯版←こちらはかなり軽いです)」(インターネット放送、mp3で城山三郎さんの声を聴けます。)

※区立図書館のインターネット検索で週刊金曜日の2006.11.3(629号)を探し、借りたのをOCRで起こしました。誤変換は気がつく限り直しましたが、もしあれば再度直します。

(創価以外のそのバナーは明日エントリー中にはります。⇒AbEndに頓珍漢なエントリーが入ったので繰り上げてはっときます。)

美しい国、自民党創価学会なければ選挙負けてるじゃん、自民党は創価学会党だ編 自民党のHP、どうも気になる「創」バナー

マンネリ共産党は結果として自民党の応援団、いつまでそんなことやるのバナー 「内緒内緒外交戦略」だって?なんじゃそりゃ(笑)カルトのだましと同じじゃんアニメGIFバナー src=


選挙は結果がすべて「よりまし」で手を結ぶことをしなければ権力には勝てない。【山口二郎の政治時評】週刊金曜日、2006.11.3(629号)

 われわれ左派の安倍政治への批判は、すっかり空振りに終わった。安倍が「能ある鷹」とは思えないが、ともかく爪を隠したことだけは確かである。もちろん、戦後五〇周年の「村山談話」の継承、中韓両国との関係修復などは正しい路線であり、これについて本心は別だろうなどと難癖をつけても始まらない。安倍首相のブレーンといわれる右派知識人から変節という非難を浴びても政権の滑り出しは穏健路線で行こう、という決断は尊重しなければならない。さらに、安倍政権発足を祝うかのように北朝鮮が核実験を行ない、当分の間日本国内で落ち着いた政策論議ができる雰囲気にはならないであろう。一〇月二二日の衆議院補欠選挙では、自民党が完勝し、民主党の中がまたしてもざわつき始めたことも、政治の転換を遠ざける要因となっている。

 安倍首相とブッシュ大統領とにはよく似た構図がある。どちらも本人はそれほど有能とは思えない。親の七光りで権カの座に就いた。九・一一以降のテロの脅威や北朝鮮の核の脅威が、政権を支える大きな追い風となつている。さすがにプッシュ政権は、イラク戦争の失敗が明らかになり、今月の中間選挙では国民の強い批判を浴びることになるかもしれない。それにしても、無能で腐敗した為政者であっても、外敵の脅威をあおり、メディアを巧みに操縦することによって二期八年の任期を全うできるというのは、日本にとって不吉な教訓である。安倍を決して侮ってはならない。

 安倍政治と対決する理念は、きわめて単純明快である。外における平和、内における平等、この二つの価値を尊重する者が、立場を超えて協力することによって、日本の政治を転換することができるはずである。私自身、この二つの理念を共有できると思える人々とは、鈴木宗男氏から民主党や共産党支持者にいたるまで対話をしてきた。そこでつくづく感じるのは、政治における現実主義、結果志向の必要性である。選択肢は無限にあるわけではない。そうした現実主義が左派、市民派、護憲派に徹底していないことが、日本政治の転換を妨げている。

 衆議院の補選と同じ日に、滋賀県栗東市の市長選挙が行なわれた。この選挙ではさる七月の滋賀県知事選挙で問われた新幹線新駅建設が最大の争点となった。嘉田由紀子知事は建設凍結を訴えて当選したが、地元の現職市長は建設推進派で、嘉田県政の改革路線にとっての最大の障害となっていた。知事選直後の市長選挙は、新駅建設事業を食い止める最大のチャンスであった。しかし、反現職陣営が分裂し、建設凍結派の侯補と建設中止派の侯補が票を食い合って、現職が漁夫の利を得る結果となった。票数から見れぱ、市民の圧倒的な意思は建設反対であるにもかかわらず、現職が当選したために建設推進が市民の選択だという言い抜けを許すことになった。なんとも情けない話である。

 地元には地元の事情があり、外部の者が一方的な解釈を加えることには反発もあるだろう。しかし、結果から見れば、建設中止を訴えて三位に終わった侯補こそ、現職の勝利をもたらした最大の功労者であり、新幹線駅の建設を進める最大の張本人である。政治の世界では結果がすべてであり、当人の意図は別だなどという言い訳は通らない。私は別に共産党を敵視するつもりはないし、むしろ平和と平等のためには共産党の力は不可欠だと思っている。しかし、栗東市長選挙であえて建設中止を主張する侯補を支援して、みすみす利権市政に終止符を打つチャンスをつぶした共産党の姿を見ると、この党は日本政治の結果に責任を負う意思があるのかどうか、疑いたくなる。権カ者に敵対するつもりの行動が、逆に権力者を応援している結果につながるということは、政治の世界ではしばしぱ起こる。私は、共産党支持の全労連系の労働組合で活動している人々の善意は疑わない。不利な状況の中であえて少数派になることを恐れず、信念を貫こうとするそうした人々の不屈の戦いにはむしろ尊敬さえ覚える。しかし、信念を貫くことと、少しでもましな政治を実現するために他の考えを持つ人々と柔軟に協力することとは、矛盾しないはずである。

 政治を具体的に転換するために多数派を作ろうとするならば、現存の勢力から見て、どうしても民主党が中心とならざるを得ない。私は民主党に甘いと不満を持っている読者もいることだろう。もちろん民主党の悪口を言うのは簡単である。しかし、民主党を改憲勢力と斬って捨てることは、自己実現的予言となる。安倍政治に反対する市民が民主党を敵視すれば、民主党の中にいる平和と平等を担う人々が孤立し、結果として民主党はますます右に行くということである。

 小沢体制の中で、民主党は外においてはアメリカの一極主義的軍事行動を批判し、内においては小泉改革によってもたらされた格差社会を批判するというスタンスを取り、一応平和と平等の担い手としての性格を明らかにしてきた。しかし、北朝鮮核実験のせいで、党内右派の蠢動が始まった。周辺事態法の発動に対して小沢一郎代表は一貫して慎重であるが、前原誠司前代表など対米追随論者は小沢代表を弱腰だと批判している。北朝鮮の脅威に対して自民党と民主党が強硬姿勢を競うのは日本の政党政治の自殺につながる最悪のシナリオだが、それを理解しない愚かな政治家が民主党にいるのも事実である。だからこそ、小沢代表には今しばらく求心力を保ってもらわなけれぱ困る。

 民主党が平和と平等の理念を保持し、非自公勢力が結束を強めていくためには、選挙での勝利が何よりもの薬となる。これから統一地方選挙までの間、沖縄県、愛知県、福岡市、北九州市など重要な地方選挙が目白押しである。まずは、今月の沖縄県知事選挙で糸数慶子侯補の勝利を期して、自公政治に反対するすべての人が協力すべきである。
(やまぐちじろう・北海道大学教授)


マンネリ共産党は結果として自民党の応援団、いつまでそんなことやるのバナー 自民党のHP、どうも気になる「創」バナー

この曲を聴きながら沖縄へ願いよとどけ。

関連投稿
この歌を聴きながら、沖縄に願いよとどけ、。沖縄の人々は幸せになる権利がある、きっと、必ず、。

(クリックで拡大)
今日は、沖縄県知事選です。糸数さんがんばれ!

Photo_12


トラの応援団ツッパリモードバージョン

Photo_13


|

« この歌を聴きながら、沖縄に願いよとどけ、。沖縄の人々は幸せになる権利がある、きっと、必ず、。 | トップページ | 今現在(2006-11-19 22:41:31)仲井真弘多当確、開票率73% »

コメント

おはようございます。
糸数さん必勝で!
エイ、エイ、オ~!

投稿: とらちゃん | 2006年11月19日 (日) 11時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バナーとも関連重要記事⇒選挙は結果がすべて「よりまし」で手を結ぶことをしなければ権力には勝てない。【山口二郎の政治時評】:

» 大江健三郎が語る安倍政治 [花・髪切と思考の浮游空間]
大江健三郎がいまの安倍政治を語っている(「この国はどこに行こうとしているのか」、毎日新聞11・17)。大江は、教育基本法の審議をとおしてみえてくる日本の政治の現状を痛烈に批判している。この記事は大江の少年時代の思い出からはじまっている。以下、引用する。 ―――――――――――――――大江さんは「四国の森の中」(本人)に生まれ育った。国民学校入学の年に太平洋戦争が始まり、終戦時は10... [続きを読む]

受信: 2006年11月19日 (日) 10時53分

» 『美しい国』と煙草ーー美しい厚化粧と悪臭 [田村伊知朗政治学研究室]
 安倍総理による『美しい国』の建設が論壇の話題になっている。この美しい国は、もち [続きを読む]

受信: 2006年11月19日 (日) 11時28分

» 「開かれた地域共同体」での”合理性” [晴耕雨読]
「開かれた地域共同体」での”合理性” ■ 『Re: 価値観問題や「開かれた共同体」の仕事や土地について』 まさちゃん: 1つは前半に出てくる“今風の合理的「システム設計」”、もう1つは後半に出てくる“根源的に合理的な社会”です。 この“今風の合理的”と“根源的に合理的”の間にはどのような違いがあるのでしょうか? 「今風の合理」:資本(集積され組織された貨幣)が増加するかどうかが判断基準となる合理性です。現在は、資本家のみならず雇われ人や国家機構も、資本の増殖を通じて、生存を維持したり生活の向上... [続きを読む]

受信: 2006年11月19日 (日) 14時16分

» 中川秀直幹事長さん、野党は、昔の少数派とは違いますよ。 [とくらBlog]
 いろんなブログにお伺いして、どこで読んだかわからなくなったのですが、野党が共闘して審議拒否したことについて、中川秀直さんが、少数派の横暴だ、と言われたという記事を読みました。検索していたら、どうやら、小沢さんの言葉を引用されているらしいのですが、でも、よく考えていただきたいです。今の野党と昔の野党とその議員さんたちが背負っている数(の割合)は、まったく違いますよ!  今の野党を はたして簡単に少数派と呼んでいいのでしょうか?たしか、郵政民営化の是非を問う9.11選挙での獲得票数は、拮抗していて、... [続きを読む]

受信: 2006年11月19日 (日) 22時19分

« この歌を聴きながら、沖縄に願いよとどけ、。沖縄の人々は幸せになる権利がある、きっと、必ず、。 | トップページ | 今現在(2006-11-19 22:41:31)仲井真弘多当確、開票率73% »