« 実はどちらもシロ君なんでっす。(笑) | トップページ | 「当たり前の普通の感覚」、そしてそれを素直に表現して「はい、待ちます」と言った戸倉さんの出馬を僕も心から支持します。 »

2006年12月30日 (土)

今日で108、除夜の鐘と同じ数字になってしまった、長期拘束に沈黙するは似非言論人なり。嗚呼、惨憺たるAbEnd、UTS、偽者の群れ。

 まだ、絶望が足りないのか、、、。

 これ以上、なにを、。

※ごめんなさい。その後、植草さんバナーへの賛同リストをチェックしなおしたら、AbEndでアクティブに投稿している有力投稿者はほとんどが名を連ねていますね。有力投稿者で、むしろ名を連ねていない人の方が少数派です。どちらかと言うと、Under The Sunの方がひどい感じです。賛同リストにも少ないし、エントリーでも発言していない。

小泉の「自民党をぶっ壊す、「47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民。小選挙区制インチキ選挙。」、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題、で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー 小泉の「自民党をぶっ壊す、「47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民。小選挙区制インチキ選挙。」、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題、で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー

植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー 植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー

植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー 植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー

 植草先生の異常な長期拘束が何を意味するのか、僕の過去のエントリーでご紹介した植草先生の下記発言部分をを再掲しておきます。


植草:「権力の創出」と「権力のけん制」という言葉があり、政治学者が使います。大統領制と議院内閣制を比べた場合、大統領制は一般的なイメージと は逆に「権力のけん制」の側面を強く持つ。それは、行政権の長である大統領とは独立に連邦議会議員を選んでいるわけです。議会多数派と大統領の所属政党が 異なる場合はよくあるのですが、この場合には大統領の提案が議会をなかなか通りません。立法府と行政府が互いにけん制し合うわけです。

 これに対して議院内閣制の場合、行政権の長である内閣総理大臣を国会議員の中から選びますから、議会多数派と行政権力=内閣は基本的に同一なわけ です。その時に司法はどうかというと、司法のなかに青年将校がいるかもしれないけれど、司法当局の幹部は基本的に法務省人事の範疇に入りますから、最終権 限は結局、内閣総理大臣に帰着する。内閣総理大臣が最高権力者で三権の中で突出した権力を保持することになる。

 日銀の独立性の問題とも重なるところが多いのですね。日銀の独立性が叫ばれますが、日銀の意思決定を行うのは、総裁1人と副総裁2人、審議員6人 の合計9 人です。9人で多数決ですから5人をコントロールできれば、日銀を支配できる。この9人を誰が選ぶかが問題になりますが、最終的な任命権者は内閣総理大臣 なんです。

 内閣総理大臣が権限をフル活用すると三権の頂点に君臨する存在になる。議院内閣制は絶対権力を創出する「ポテンシャリティー」を持つ仕組みなんで すね。これまでの日本では、「自己抑制」がどこかで働いて、自民党の総裁であっても、タテマエ上、人事権をフル活用することは不可能でないのですが、それ を行使した人はいなかった。派閥均衡というのは権力者の権力行使における「自己抑制」なんですね。内閣総理大臣は司法の問題について介入しようと思えば介 入できるわけです。人事権を通じて。日銀もそうです。

 戦後の日本では政治権力者の「自己抑制」によって「三権分立」のタテマエが曲がりなりにも成立してきたと思います。小泉首相はこの不文律を根こそ ぎ破壊した最初の人間ではないか。内閣総理大臣が「自己抑制」を捨て去れば三権の頂点に君臨することは不可能ではない。「権力を持つ者が活用できる権利を 100%フルに活用するのは当然である」と考える発想法は、「市場原理主義」そのものと言えるのではないでしょうか。

 アメリカ人と日本人の違いを表す逸話で私がよく用いるのは、卑近な例ですが、混み合っている駐車場で空きスペースを捜しているときに、2台の車が 同時に空きスペースを発見したとします。多くの日本人は相手と目を見合わせて譲ろうか入ろうか迷います。アメリカでの経験を踏まえれば、アメリカでは間違 いなくアクセルを踏んで自分が真っ先に入ろうとします。

 アメリカ社会のシステムは、基本的に相互不信を前提にして形成されているという印象を私は強く持っています。勝つか負けるか。弱肉強食ですから、 自分の権利を100%活用して戦ってゆくしかない。自分の安全も地位の向上も権利を100%行使して勝ち取ってゆくものだとの前提が置かれているような気 がします。だから、他者に対する配慮を自ら進んでするようなゆとりは存在しない。権力は100%行使が当然なのかも知れません。

 ルールは明確にしておき、ルールの解釈には寸分の狂いも生じないようにして、すべてを割り切っていく。これが市場原理主義だという気がします。内 閣総理大臣がタテマエ上の権力を100%行使したら、過去の権力者の100倍位のことができると思いますね。これをやっているのが小泉首相でしょう。見方 によっては斬新に見えるかも知れないが、ただ品格がないだけでしょう。

 内閣総理大臣が国会を支配し、司法を支配する。第四の権力とも第一の権力とも言われるのがマス・メディア。いろいろなメディアがありますが、巨大 メディアは行政権力のコントロール下にありますから、メディアが利益を追求するなら、権力を100%行使する権力者が出現したら、迎合しなければ事業とし て成り立たなくなります。現在がまさにこの状況です。

 メディアのなかの異分子というか青年将校がたまに線香花火を打ち上げたりはしても、営利企業の上層部が大方針を発すれば、そんな抵抗は簡単にひね りつぶされてしまう。今回のライブドア問題の摘発が検察内部の青年将校による絶対権力に対する抵抗を背景にした部分が仮にあったとしたとき、打ち上げられ た花火が火薬庫に引火して大爆発でも起こせば、絶対権力が吹き飛ぶこともあり得たのかも知れません。

 しかし、民主党の大失策で「絶対権力はここにあるんだよ。くれぐれも忘れるなよ」という空気に戻ってしまったような気がします。私は自分の裁判が、完全に政治権力にコントロールされていたことを知りました。小泉首相は日本の政治システムが前提としていない、権力者の自己抑制を初めて完全に破壊した、もっとも危険な内閣総理大臣だと思いますね。

(略)

宮崎:それで、どういうふうになっていきますかね。これから。国会そのものは無風でいくでしょうか。

平野:想定外の問題は出る可能性はありますね。どっちが勝ったとか負けたとかはわからない。それから、想定内ということでいけば、民主党がまともな 政党として生まれ変われるかどうかということでしょう。そのために今の執行部体制では前原体制を固めていこうという。国民がそれを支持するかどうかという ことでしょう。私は、支持率が一桁になったら、もたないと思うんです。朝日なり、NHKなりの。

宮崎:今、どのへんまで落ちているんですか?

植草:民主党の直近の支持率ですか? 

平野:直近で民間放送でやった時には17%くらいでしょ? 問題はやっぱり一番難しいのは10から15%くらいの間でね、こうなっていると非常に難 しい。一桁になっていると、はっきりもうみんな当選が心配ですから。明日は民主党の各県連の全国幹事長会議があるんですよ。それで、地方の連中はどれだけ 体制に不満があるかという……。

(以下、略)

「直言」特別鼎談volⅠ
第5回「腰砕け民主党と傲岸自民党公明党が作った"魔界"の正体」より。


はりまくろう! 
小泉の「自民党をぶっ壊す、「47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民。小選挙区制インチキ選挙。」、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題、で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー 小泉の「自民党をぶっ壊す、「47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民。小選挙区制インチキ選挙。」、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題、で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー

|

« 実はどちらもシロ君なんでっす。(笑) | トップページ | 「当たり前の普通の感覚」、そしてそれを素直に表現して「はい、待ちます」と言った戸倉さんの出馬を僕も心から支持します。 »

コメント

はじめまして。植草さんの問題に沈黙する同志社大学の浅野健一教授や特撮ヒーロー物、特にウルトラマンシリーズの山際永三監督といった上層部が牛耳る人権と報道・連絡会はいったい何を考えているのでしょうか。文章で抗議しましたが一切無視されました。週刊金曜日には抗議の電話をしましたが植草さんの件は今の所出ていません。
創、紙の爆弾に期待したい所です。
浅野さん、鹿砦社の松岡社長は支援しても植草さん無視とはどういうことですか。きちんと説明してください。

投稿: ゴルゴ十三 | 2006年12月30日 (土) 09時22分

こんばんは。
年末年始を迎え、またフセイン元大統領死刑執行にあたり、植草さんバナーを本日(12/30)のわたしのブログエントリー内に貼らせていただきました。
本来はサイドバナーに貼ることを想定されて作られたのだとは思うのですが、直リンクだとエラーが出てしまいました。
わたしのほうが、タグなどに各種制約のある運営会社で書いているのでそのためだと思います(先日はリアヨロのタグを本文に貼ろうとしてもNGでしたし)。

投稿: Rolling Bean | 2006年12月31日 (日) 00時58分

 Rolling Bean さん今晩は。

 エントリー中でのバナーOKです。全然問題ありません。

 あくまでも原則直リンクなだけで、ダウンロードしての表示もOKです。

 今日は、明日の(って、もう今日ですが、(^^;)年越しそば用のそば粉を買ってきました。

 SOBAの僕が蕎麦を打ちます。久しぶりの蕎麦打ちです。

投稿: SOBA | 2006年12月31日 (日) 01時19分

 こんにちは。先日は私のブログへのコメントありがとうございました。

 植草さんバナー(マスゴミバージョン)を合作バナー・最重要バナーと共に、私のブログのサイドバナーに貼らせて頂きました。

 この問題に関心を持ち始めたのがつい最近、こちらを読み始めてからで、今まではまあ「マスゴミ情報鵜呑み状態」だった訳ですが、怪しい状況が多過ぎますね。そしてこの長過ぎる不当拘留。
 いわゆる痴漢冤罪には「警察がいい加減」「闇雲な点数稼ぎ」だというイメージが強いですが、それ以上のものだったら…そう考えると、「今やり過ごして見ていると後悔するかもしれない」そう思えます。

投稿: baisemoi_bullet | 2006年12月31日 (日) 17時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日で108、除夜の鐘と同じ数字になってしまった、長期拘束に沈黙するは似非言論人なり。嗚呼、惨憺たるAbEnd、UTS、偽者の群れ。:

» 続々・とくらさんを応援します [喜八ログ]
首相の地元では街頭演説を=参院選候補に選挙戦術指南??小沢民主代表  民主党の小沢一郎代表は26日午後、来年夏の参院選に選挙区から出馬する新人候補18人と党本部で個別に面談し、選挙戦術を指南した。  それぞれの候補から地元での活動状況を聴いた小沢氏は「1人でも多くの人に会って話をしなさい」...... [続きを読む]

受信: 2006年12月30日 (土) 10時41分

» 2006年を振り返って(1) ~ 民主党のUP-DOWN-UPとブログの可能性 ~+共謀罪の新情報 [日本がアブナイ!]
*******************************************************    まずは、この1年、ブログ読んで下さった方々、コメントやTBを下さった方々、 ランキングに応援クリックをして下さった方々、有難うございました。m(__)m  お陰様で、このブログも9月に無事に一周年を迎えました。そしてまた新しい年に 向かって行こうとしています。  来年は、日本の将来にとって本当に大事な参院選があります。アブナイ法案や政策 の計画もたくさんあります。私... [続きを読む]

受信: 2006年12月30日 (土) 12時54分

» 戦争の記憶が、この国を特別なものにしてきた [きまぐれな日々]
安倍晋三が総理大臣になり、「改正教育基本法案」を可決、成立させてしまった悪夢のような出来事があった2006年も、残すところ今日と明日の2日間だけとなった。 個人的には、今年は「AbEnd」の年だった。従来、掲示板で政治... [続きを読む]

受信: 2006年12月30日 (土) 13時37分

» 日の丸自民飯店の料理長闘争劇 [タカマサのきまぐれ時評]
■つぎの文章は、ポスト小泉問題が佳境にはいろうとする今年度はじめごろの風刺だが、かなりのできである。この批評精神をささえる知性、それをつつむユーモアの品性は、なかなかのもの。2006/04/12 小泉シェフの次はだ~れ?  横須賀海軍カレーは甘口だが、「俺の...... [続きを読む]

受信: 2006年12月30日 (土) 13時38分

» 【共謀罪】共謀罪の対象削減 大幅修正与党検討(東京新聞) [散策]
犯行に至らなくても話し合っただけで罪に問われる「共謀罪」を創設する組織犯罪処罰法改正案をめぐり、与党が大幅修正を検討していることが二十九日分かった。提出後四年近く経過しても成立のめどが立っていないためで、修正は、現在の政府案で六百を超えている対象犯罪を絞り込み、条文で列挙する内容。来年七月の参院選後に召集予定の臨時国会で成立を目指す。 ... [続きを読む]

受信: 2006年12月30日 (土) 14時41分

» 皆様、良いお年を♪ [らんきーブログ]
今年一年間、皆様にはお世話になりました。有難うございます。 この一年の間で様々な事がありました。 ブログでいえば、たくさんの方との出会いもあり、また別れもありました。 昨日も、この頃親しくなったばかりのブ... [続きを読む]

受信: 2006年12月30日 (土) 17時45分

» 「嘆」 「怒」 「悲」 「笑」 [酔語酔吟 夢がたり]
毎年、大晦日の深夜には、各地の山や海に出向き、御来光とともに、元旦を迎えられる方も、多くいらっしゃるでしょう。 [続きを読む]

受信: 2006年12月30日 (土) 18時10分

» ランチャーの役目を終えたから? [Like a rolling bean (new) 出来事録]
東京は20度過ぎからいきなりの低温(さらに特急で山沿いに行っていたため、さらに寒かった・・・)。 そんな仕事納めの日、また、アベの家臣のスネの傷が発覚しそうになっています。 (この、「スネに傷」の表現については、サンプラザ中野氏のこちらでの表現 をお借りしまし... [続きを読む]

受信: 2006年12月31日 (日) 00時00分

» この年末の暴挙からの復活を願って [Like a rolling bean (new) 出来事録]
年の瀬のあいさつをしたのですが、フセイン元大統領の死刑が執行されたので少しでも書いておきたいと思います。 (大晦日から夫の実家に帰省です) ちょうど本日のJMMの配信で冷泉彰彦氏の『from 911/USAレポート』第284回 「年の瀬の葬送」では、21世紀の戦争の不可... [続きを読む]

受信: 2006年12月31日 (日) 00時19分

» 新自由主義について [飯大蔵の言いたい事]
 ◇「長時間」の規制必要--関西大教授・森岡孝二氏と言う論説がある。12月27日には労働時間規制の撤廃と言うもっと長い論説がある。まだネットに見つからないので見つかったら紹介したい。... [続きを読む]

受信: 2006年12月31日 (日) 00時20分

» まぼろしの法案 [たんぽぽのなみだ~運営日誌]
「反対派の精神構造と思考構造」の下の、「まぼろしの通称法案」と 「反対派は譲歩を受け入れるか?」を、書き直しました。 (高市早苗氏に関する、新しい情報にもとづいて、だいぶ更新。) ... [続きを読む]

受信: 2007年1月 1日 (月) 11時08分

» 抗わなければならない時代 [薫のハムニダ日記]
12月24日のハンギョレ新聞に掲載されていた高橋哲哉氏のコラムです。 この記事を翻訳しながら考えてしまったのは、“抗争”という単語についてです。日本では一般的に光州“事件”と言われている歴史上の出来事は、韓国語では光州“抗争”とも言われているんです(もちろん立場や時代によって様々な表記がありますが)。日本語ではなんとなく「ヤクザ同士の抗争」みたいなイメージのある“抗争”という単語ですが、漢字をそのまま読むと「抗(あらが)う争い」なんですね。 教育基本法が「改正」され、共謀罪の導入、日本国... [続きを読む]

受信: 2007年1月 2日 (火) 13時06分

« 実はどちらもシロ君なんでっす。(笑) | トップページ | 「当たり前の普通の感覚」、そしてそれを素直に表現して「はい、待ちます」と言った戸倉さんの出馬を僕も心から支持します。 »