« 植草一秀氏の不当長期拘束は共謀罪ファッショ体制の先取りである。一体何時まで?日数をカウント毎日更新バナーを作りました。 | トップページ | 防衛庁⇒防衛省に関連して「大臣と長官の違い」はお勧め記事です。 »

2006年12月 1日 (金)

植草さん公判情報です。(東京地裁の地図情報を調べてみました。ついでに国会周辺の地図情報も調べました。)

 阿修羅より転載で、末尾にコピペしておきます。

※必読:「国思う者を救うのは今(植草先生は無罪)」←この表題本来は無実とすべきと思う。

 なお、それとは別に、東京地裁の地図情報を調べてみました。まずGoogle、

(クリックすると拡大します)

1_14


2google 最初にご案内した地図は、 12月6日傍聴後の経験を元に細かく注意点を入れてアップしなおしました。地図に書き込んだ注意書きを参考にしてください。
 地下鉄は日比谷線と丸の内線でともに「霞ヶ関」駅です。出口はA1が一番近いです。参考に市販ソフトのProAtlasの地図も載せておきます。

3_6 上に小さく写っているスケールの縮尺は単位メートルです。参考にしてください。
4_6  A1の出口が一番近いです。
 以下、国会周辺までの地図です。 5_6 どうも、ヘンリー・オーツさんが回り道をして行っているようなので調べてみました。

 日比谷線なら乗り換えなしで行けます。

 JRだと少し歩きますが、やはり乗り換えなしで行けます。ただし、乗り換えも利用するのであれば、JR有楽町駅からだと、日比谷線に乗り換えて「霞ヶ関」駅まで一駅です。
6_6  地下鉄日比谷線霞ヶ関駅の場合、出口はA3かA8で、そこから徒歩4、5分です。JRの有楽町駅から歩いたとしても20分もあれば楽に行くでしょう。

 ただし、一番の最寄り駅は地下鉄丸の内線「国会議事堂前」、地下鉄千代田線「国会議事堂前」です。


植草公判詳細
http://www.asyura2.com/0610/senkyo28/msg/741.html

投稿者 あん密結社 日時 2006 年 12 月 01 日 21:19:59: 2oKkclqEI9/Dc 

未確認情報
↓これがそうらしいです。

http://www.courts.go.jp/search/jbsp0010?crtName=15

裁判所名 東京地方裁判所 刑事第2部 
日時・場所 2006年12月06日 午前9時20分 東京地方裁判所正門玄関1番交付所 
事件名 迷惑防止条例違反 平成18年特(わ)第4205号 
備考 <抽選>当日午前9時20分までに指定場所に来られた方を対象に抽選します。
開廷時間は午前10時です。


関連する歌と、その歌に関連するエントリー

※必読
第10回失われた5年-小泉政権・負の総決算(4)」 植草一秀(小泉政権の経済政策は2003年春に事実上、完全破綻した)』

 

関連投稿
米国債を大量購入していると言うことの意味。そしてそれがいかに世界中で突出していて、馬鹿げているか。
植草事件マスゴミのでたらめ。同じ人物が逆の論調で問わず語りに正体暴露、2ch以下便所紙イエロー週刊紙の文春と新潮。(笑)
植草一秀氏の不当長期勾留は共謀罪ファッショ体制の先取りである。一体何時まで?日数をカウント毎日更新バナーを作りました。

|

« 植草一秀氏の不当長期拘束は共謀罪ファッショ体制の先取りである。一体何時まで?日数をカウント毎日更新バナーを作りました。 | トップページ | 防衛庁⇒防衛省に関連して「大臣と長官の違い」はお勧め記事です。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91038/12896481

この記事へのトラックバック一覧です: 植草さん公判情報です。(東京地裁の地図情報を調べてみました。ついでに国会周辺の地図情報も調べました。):

» 教育基本法「改正」も共謀罪も憲法「改正」も反対! [薫のハムニダ日記]
ここのところ、教育基本法「改正」、防衛「省」昇格、共謀罪と、私たちに考えるヒマも与えないかのように、つぎつぎと立て続けに、進められています。 そんな流れに反対すべく、他のブロガーさんたちから教えていただいた各地でのアクションをこちらに転載いたします。個人でできることは限られていますが、できることからやっていって、どんどん輪を広げていきましょう。 *字数制限の関係上、一部のみ転載しました。詳細はリンク先をご参照ください。 「おおきな原野のちいさな家」のkokemomoさん 教え... [続きを読む]

受信: 2006年12月 1日 (金) 23時51分

» またも骨片発見 韓国輸入牛 [晴耕雨読]
 韓国は9月初めに米国産牛肉の輸入再開を決定した。しかし、韓国は、とりわけ米国が混入不可避とする骨片を含む輸入肉は廃棄するか送還するとしてきた。このために、輸出してもすぐに再停止となることを恐れる多くのミートパッカーが輸出をためらってきた。これまでに輸出したのはクリークストーンファーム・プレミアムビーフ社とPremium Protein Products LLC社である。 しかし、 韓国農林部が1日、先月23日に輸入された米国産牛肉3.2トンから3個の骨片が発見されたことを明らかにした。この肉はネ... [続きを読む]

受信: 2006年12月 2日 (土) 00時44分

« 植草一秀氏の不当長期拘束は共謀罪ファッショ体制の先取りである。一体何時まで?日数をカウント毎日更新バナーを作りました。 | トップページ | 防衛庁⇒防衛省に関連して「大臣と長官の違い」はお勧め記事です。 »