« 今日と明日だけのクリスマス限定コマを使いました。植草さんバナー関連。 | トップページ | このエントリーは興味深い(笑):「痴漢冤罪は、フェミニストによる策謀」 日本の行く末は?」 »

2006年12月25日 (月)

やたらに警察官が職務質問をやる国になりつつある。このエピソードは明日のあなたかも知れない。

 今日のお勧め記事は、永田町徒然草(白川勝彦さんのBlog)の「またまた職務質問に!」です。

 なお、白川勝彦さんは元公安委員長です。その白川さんが渋谷で警察官に強引な職質を受けそうになったエピソードです。以下、白川さんのプロフィール

    * 1945年6月22日新潟県十日町市で絹織物業をしていた家庭の9人兄姉の末っ子として生まれる。
    * 地元の小中高の学校を卒業し、1963年東京大学文科1類に合格。1968年東京大学法学部を卒業。1971年司法修習を終え、弁護士となる。
    * 1975年30歳になった時、政治家をめざし衆議院選挙に立候補することを決意し、郷里の新潟4区(当時・現在の新潟6区)で政治活動を始める。最初の選挙では敗れたが、1979年の総選挙で大平首相の応援を得て34歳で初当選(以後6回当選)。宏池会に所属し、大平首相・鈴木首相・宮澤首相の薫陶を直接受ける。加藤紘一代議士は、私の文字通りの兄貴分。
    * 国土政務次官・郵政政務次官・商工委員長などを務めた後、1996年11月自治大臣・国家公安委員長に就任。自民党では、総務局長・団体総局長・新潟県連会長などを務める。
    * 2001年2月公明党との連立が固定化していくこと、また加藤の乱で党内リベラル派が殲滅されたことで自民党を見切りをつけて離党し、公明党の政権参加を批判する新党・自由と希望を設立し2001年7月の参議院選挙の比例区に出馬するも敗北。
    * 現在いずれの党にも所属せず、自由な立場からこのWebサイトで政治的メッセージを発信している者である。戦うリベラリストでありたいと思っている。政治家である矜持は捨てていないが、あえてバッチを求めるつもりはない。

※最低限の法律知識と心構えの救援ノートを読もう。

 職質は任意のはずだが、相手の無知に付け込んでいかにも正当であるかのようにずうずうしく迫ってくるのが常である。断固として応じないのが一番だが、差し支えない範囲で応対しようと考える人もいるだろう(それも本当はやめた方がよいのだが、)。その時には、必ず相手の所属・階級・名前を確認しておこう。また、警察手帳の提示も断固として命じて見せるように言うべきである。(偽警官もあるからね。と言うよりも警察官は公務を執行する者として当然に身分を明示する義務がある。)

 最近のエントリーで書いた、職質の時にも所属署、役職、名前を記録しておいた。年かさの警察官が横柄だったが、そのおまわりが離れたときに若い方の警察官に言ってメモを命じたらすなおにメモした(若い方はやりたくないのに、年かさに引っ張られてやってる感じだった)。戻ってきた年かさの警察官に「警察手帳を見せなさい」と毅然として命じたら「制服を着ていれば警察手帳の提示は必要ない」とか訳の分からないことを言っていた。3億円事件の時も、白バイの警察官は偽だったし、偽警察官の例があるのを知らないのか、おまわりのアホw。

 なお、今は性能の良いICレコーダーがあるので、いつも持ち歩いていて、上記のような場面に遭遇したならやり取りを録音してしまって、ブログなどで公開してしまうと言うのも手だ。大きさは手のひらで握ると隠れるほどの大きさであるし、1個の単4で4、5時間くらい連続録音も簡単である。音声ファイルはパソコンとの相性もいい。

 僕もICレコーダーを持ち歩いていて、普段は音楽など聴いている。なんとメモリーは1GMBでバッテリー部をはずすと下半分のUSBが出てくる。なにしろ1Gなんで、USBメモリー代わりにも使ってます。

 まず自分を守る手始めは自己可視化。自分でも使っていますが、OLYMPUS ICレコーダー、使いやすいです。


 

 以下、警察官を特定するIDについてと、吉祥寺で起きた偽警官事件の記事

 横暴な警察官には自己可視化、録音メモで防御

(↓クリックすると拡大します)スクロールして見るなら
P9debitojbcbadgeb20140303 ←右下のが一般的な識別章バッジ。左が警察手帳(この写真が載っていた記事はこちら

1、最初にIDを示す半月状の識別章でID番号を読み上げて録音メモ(向かって右側、つまり左胸についてます。IDを示す半月状の識別章の書式は英字2字に3桁の数字。従事する個人を特定されると支障が生じる強制捜索の場合など、必要に応じて反転させられる構造。更に詳しくは以下で⇒Wikipediaより) 

2、次に警察手帳で階級・氏名と証票番号(職員番号)を確認・読み上げて録音メモ。名前は漢字も確認し録音メモ(警察手帳には階級・氏名等を日本語、英語で併記、更に証票番号=職員番号。更に詳しくは以下で⇒Wikipediaより


 以下、資料として採録。表題を意訳すると「自分の権利を知ることは、偽警官への最大の防御法」。記事中、「警官を装った変人が、ノンジャパニーズ(外人、特に女性の外人)の前に現れ個人情報を聞き出そうとした事件」が吉祥寺であったと書いています。

Knowing your rights can protect against fake cops
by Debito Arudou
http://www.japantimes.co.jp/community/2014/04/02/issues/rights-can-protect-against-fake-cops/#.VljXF8p96Vp

Special To The Japan Times

P9debitojbcbadgea20140303870x568
Buisness as usual: A police officer takes a passport from a passenger at Narita International Airport, Chiba Prefecture, during a security check in August 2013. Tourists staying in Japan for less than three months must always carry a passport. | KYODO

(↓クリックすると拡大します)スクロールして見るなら
P9debitojbcbadgeb20140303 

Badge of honor: Police officers in Japan are required to display badges upon request. Genuine badges have the name of the officer's prefecture etched into the ribbon. | KYODO


Long-time readers of The Japan Times will already be aware of some of the information in today’s column. But within is an important update, so press on.

As you no doubt know (or should know), non-Japanese residents are required to carry ID 24/7 in the form of wallet-size “gaijin cards,” nowadays known as zairyū kādo (resident cards). (People without those cards — i.e., tourists here for less than three months — must instead always carry a passport.) Don’t leave home without yours, for you could face detention and a criminal penalty if a police officer suddenly demands it.

Which they can do at any time — underscoring the weakened position of non-Japanese under domestic law and social policy. According to the former Foreign Registry Law, any public official empowered by the Ministry of Justice may demand ID from a non-Japanese person, more or less whenever. Inevitably, this encourages racial profiling, as cops with systematic regularity target people who “look foreign” (including naturalized citizens, such as this writer) for public shakedowns that are intimidating, alienating and humiliating.

Exacerbating this is social policy (see Community pages passim), with the National Police Agency and other ministries expressly portraying non-Japanese as agents of crime, terrorism, hooliganism and infectious diseases. They have also encouraged the general public to pile on, unlawfully demanding that hotels and other public facilities, taxation agencies and non-Japanese employers also carry out gaijin-card checks.

Note that this sort of thing cannot be done to Japanese. Even the prospect of creating standardized IDs (let alone being forced to carry one at all times) has caused public outrage (recall the scandal over the Juki Net system). No wonder: Citizens are in fact shielded by the Police Execution of Duties Law, which states that police officers can ask personal questions only if there is probable cause — that is, adequate suspicion that a crime has been or is about to be committed. Although there are cases of Japanese being similarly harassed by police, the attitude of those on the receiving end of such treatment — at least according to numerous videos on YouTube (search for shokumu shitsumon, or 職務質問) — generally seems to be alarm over capricious invasions of privacy.

Not so for non-Japanese. Last month I received reports that police officers in Roppongi have recently included searching bags and sticking their hands down the pockets of non-Japanese, heightening the invasiveness. (This is the same police branch, remember, that came up with non-Japanese urine checks — until The Japan Times questioned its legality. See “Cops crack down with ‘I pee’ tests,” July 7, 2009.)

Moreover, as general awareness has increased that non-Japanese must carry gaijin cards, I have received reports that weirdos posing as police (most recently in Kichijoji, Tokyo) are coming up to non-Japanese (particularly women) and demanding their personal information.

One might think things changed for the better when the Foreign Registry Law was abolished in 2012 — after all, non-Japanese can finally be registered as residents with their Japanese families — but no: The section that permits spot ID checks was incorporated into the revised Immigration Control Act (Article 23).

Fortunately, so were safeguards against cop masqueraders. So here is a revised version of your legal rights:

If someone who purports to be a police officer (some prowl in plainclothes) asks for your ID, ask if this is shokumu shitsumon (literally, a professional inquiry; download a dialog you can put in your wallet at www.debito.org/shokumushitsumon.html) If he says yes, ask if there is probable cause of a crime. If he says no, ask if you may leave. Repeat as necessary. This should stop some ID checks, especially if you start videoing it with your phone. (Legally you can, as YouTube demonstrates.)

If the police officer responds that as non-Japanese, you are required by law to display ID upon request, counter that by law, cops are also required to display badges upon request. Say “Keisatsu techō o misete kudasai” and take a picture of both the badge and the hologram ID on the back. (Beware of fake badges; see an image at www.debito.org/?p=12138). This will stop most abuses. Then show your gaijin card.

If the officer refuses to show his techō (pointing to the number on his uniform lapel — or, according to one account, patting his gun — is insufficient), then head to the nearest kōban (police box). That should send imposters scurrying away. Once there, by law, you will have to show your gaijin card, but try to get a techō from somebody, because you will need all the information (on front and back) for future reference.

If the officer demands a bag or pocket search, ask if he has a warrant, and that you won’t comply until he gets one. Say “Reijō ga arimasu ka? Reijō ga nai to dekimasen.”

If you feel as though you have suffered abusive treatment, then contact the Public Safety Commission (kōan iinkai)  in your prefecture (Tokyo’s is at www.kouaniinkai.metro.tokyo.jp/osirase.html) with the exact details of the officer’s badge. You can file a formal complaint in English — they have translators. Admittedly, these are wolves policing other wolves, but do something and you might get an answer; do nothing and there is no possibility of a check or balance on abusive cops or cosplay stalkers.

Remember: Only police and other officials of the Justice Ministry (such as immigration officials) may demand to see your gaijin card specifically. When necessary, you can choose to show other ID, such as a driver’s license or health insurance card, like any Japanese.

The point is, be aware of your rights. Like anywhere, Japan has people with foreigner fixations (such as killers Joji Obara and Tatsuya Ichihashi), and they prey on the weakened position of non-Japanese in Japanese society. Empower yourself.

Debito Arudou is the author of the “Guidebook for Relocation and Assimilation into Japan” ( www.debito.org/handbook.html) A discussion of this issue is at  www.debito.org/?p=12138. Send comments and story ideas to community@japantimes.co.jp.

始めに戻る

|

« 今日と明日だけのクリスマス限定コマを使いました。植草さんバナー関連。 | トップページ | このエントリーは興味深い(笑):「痴漢冤罪は、フェミニストによる策謀」 日本の行く末は?」 »

コメント

やりとりの様子を録音しとくってのは、いい方法やと思いますね!
最近は、携帯にもそうゆう録音機能が付いてるので、それを利用したいけど・・・

ただ、良質な警察官ならともかく、そうゆう風な警察官の場合、そんなもん引っ張り出して録音しようとしたりしたら、相当な剣幕になって怒られそうやけど(;^_^A アセアセ
どんな場面でも、正当な権利が認められにくい世の中のような気がします・・・

投稿: ゴーヤン | 2006年12月25日 (月) 01時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やたらに警察官が職務質問をやる国になりつつある。このエピソードは明日のあなたかも知れない。:

» 支持率下落、当たり前だのクラッカー~~♪ [青山はここにありました::社会批判がてんこ盛り!!]
支持率下落、当たり前だのクラッカー~~♪ やっと、日本人民も、世耕氏の情報操作の輪の中から逃げ出してきたようだ。日系の世論調査が、当然の値を示している。当初の71%の支持率から、51%の支持率に下落(落下とも呼べるくらいの下落ぶり)... [続きを読む]

受信: 2006年12月25日 (月) 03時24分

» 【超お薦め!】『犯罪不安社会』を読んで、明るい2007年へ! [多文化・多民族・多国籍社会で「人として」]
2006.12.25.03:25ころ ほーほーほーほー、さんたくろーす!!! 『 [続きを読む]

受信: 2006年12月25日 (月) 03時32分

» クリスマス・イブ [ミクロネシアの小さな島・ヤップより]
クリスマス・イブの夜、思い立って教会に行ってみた。といっても、わたしはクリスチャンじゃないから、午前0時から始まるミサに人が集まる直前の、ひっそりしたセント・メリー(カソリック)教会を、そっと写真に収めてきた。 セント・メリー教会では、例年ミサの前にヤップの伝統的な女踊りが奉納される。ストーリーはイエス・キリストの生誕を祝うもので、もちろん正真正銘の民族衣装で踊られる。トップレスになることを極端に嫌うプロテスタントと違って、カソリックはこういうところは鷹揚だ。 こちらはエヴァンジェリカ(福音... [続きを読む]

受信: 2006年12月25日 (月) 10時01分

» 漆間巌警察庁長官が「捜査費」で宴会を開いていた! [日本国憲法擁護連合〜法大OBのブログ]
漆間巌警察庁長官が「捜査費」で宴会を開いていた!  漆間巌(うるま・いわお)警察庁長官(60歳)が愛知県警察本部長時代(1996年8月20日〜1999年1月8日)、「捜査費」(国費)で宴会を開いていたことが、筆者が情報公開法により入手した「3月分捜査費明細書」という文書からわかった。 「捜査費」はその名前のとおり、「捜査」に使う費用。それが漆間本部長(当時)らの飲み食いに使われていたとなれば、国民から強い批判が巻き起こるのは必至だ。  漆間本部長(同)が「本部長激励慰労」なる宴会を開いていたのは... [続きを読む]

受信: 2006年12月27日 (水) 20時56分

« 今日と明日だけのクリスマス限定コマを使いました。植草さんバナー関連。 | トップページ | このエントリーは興味深い(笑):「痴漢冤罪は、フェミニストによる策謀」 日本の行く末は?」 »