« 残業代不払い法の話題がネットニュースから一斉に消えちゃったみたいね。(笑) | トップページ | 日共はアホが多い。雑談日記作成のバナーを使っていながら平気でバナーを揶揄・侮辱。馬鹿は死ななきゃ直らない。(笑) »

2007年1月11日 (木)

じわり「小泉再登板論」【産経】⇒これって、「安部批判をやめないとこうなるよ」って変化球恫喝だろう。望むところだ子鼠(笑)

 ネットでの安倍批判の広がり⇒支持率低下⇒小泉再登板説が、じわり、だって。(笑)

 ブロガーの一部に、「困る」みたいな論調があるけれど、そんな弱気を見せた時点で既に負けている。

 相手にとって不足はない。面白いじゃないの、政治決戦。待ってるぞ、小泉。今以上に強烈なバナーを作って叩きまくってやるからな。(笑)

小泉の「自民党をぶっ壊す、「47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民。小選挙区制インチキ選挙。」、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題、で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー 小泉の「自民党をぶっ壊す、「47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民。小選挙区制インチキ選挙。」、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題、で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー

植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー 植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー


じわり「小泉再登板論」【産経】

2007年1月8日(月)07:57

    * 産経新聞

 ■厳しい政権環境/首相と距離?/根強い人気

 昨年9月の退陣後、沈黙を続ける小泉純一郎前首相の動向が再び注目を集め始めている。安倍内閣の支持率が急落する中、小泉人気は依然高く、本人は強く否定するものの自民党内には再登板を望む声すら出つつある。(河合雅司)

                   ◇

 小泉氏は今年、長めの正月休みをとった。議員会館にある小泉事務所の「仕事始め」は連休明けの9日。年末に殺到した新春用の新聞やテレビ、雑誌のインタビュー申し込みはすべて断ったという。公的な活動も極力控え、国会開会中に衆院本会議に出席する程度。退陣後は、就任前に住んでいた東京都港区の議員宿舎に戻り、時折、武部勤前幹事長や山崎拓元副総裁といった旧知の仲間と酒を酌み交わすのが話題になるくらいだ。

 皮肉なことに、メディアに露出しない分、表に出る数少ない発言が逆に重みを増している。

 郵政造反組の復党問題でも当初は「既得権者、郵便局の票をあてにしたら参院選は負ける」と批判的だったが、復党の流れが固まると安倍晋三首相を擁護するため「白旗をあげ、土下座までしたんだから、もういいじゃないか」と容認姿勢を示し、反対派を沈黙させた。

 だが、小泉氏に近い議員は「本音では面白く思っていない。安倍政権と微妙な距離が生まれた」とみている。

 自民党の強い抵抗を受け、手紙などの集配事業への民間参入を促す信書便法改正案の国会上程が先送り濃厚になるなど、「安倍政権で郵政民営化への熱意が冷めてきたことに小泉サイドが不信感を持ち始めている」(自民党若手)との見方が党内にある。

 それを裏付けるように小泉氏側近の安倍首相への視線は厳しい。

 「復党問題は参院選まで尾を引く。安倍内閣の支持率四十数%のうち35%分ぐらいは小泉支持層。小泉氏がそっぽを向けば支持率はさらにどんどん落ちる」と側近は強調する。安倍政権は小泉改革を引き継ぐ形で誕生したにもかかわらず、造反組の復党で「古い自民党に戻った」との印象を国民に与えたというわけだ。

 安倍内閣の支持率がじりじりと下がる中、自民党内には選挙基盤の弱い「小泉チルドレン」を中心に小泉再登板待望論が出始めている。待望論には、夏の参院選で与党が過半数を割った場合、「ポスト安倍」候補として福田康夫元官房長官の名前が党内の一部で再び浮上し始めたことも背景にある。「福田政権になれば小泉改革路線は完全に否定される」(自民党中堅)との危機感が小泉支持グループにあるからだ。

 小泉氏自身は「再登板は100%ない」と周囲に漏らす。小泉氏は、党内に波風を立てぬよう武部氏が立ち上げた議員グループ「新しい風」の会合への出席を断ったほか、顧問に就任した自民党中堅・若手議員らの「改革加速議員連盟」への出席も当面見送ることにしている。周辺は「会合に出れば、あいさつで安倍政権の是非に触れざるを得なくなる。いまはそういう時期でない」と語る。

 しかし、佐田玄一郎前行政改革担当相が辞任に追い込まれるなど、安倍政権をとりまく環境は厳しい。自民党の参院選候補者の多くが小泉氏の応援を要請しており、夏以降、政局の表舞台に前首相が再び登場する可能性は捨てきれない。

                   ◇

 ■内閣支持率45% 不支持率に並ぶ

 フジテレビの「報道2001」が7日公表した世論調査(4日実施・首都圏の成人500人対象)で、安倍内閣の支持率が政権発足以来、初めて不支持率と並ぶ45%になった。

 安倍内閣が発足した直後の昨年9月28日の調査では67%の高支持率を獲得したが、郵政民営化に反対した「造反組」の自民党復党問題や、本間正明前政府税調会長の辞任問題などで支持率は下落傾向にあった。さらに昨年末に、不明朗な政治資金問題の責任をとって佐田玄一郎前行革担当相が引責辞任に追い込まれたのも影響したものとみられる。

残業代ただ働き法案が少子化対策になる?どんな風が吹けば桶屋が儲かるだ、ニャンたる連想の差(笑)バナー 残業代ただ働き法案参院選前には導入中止?終わればすぐにやるつもり、ニャンたる、自民党をぶっ潰せバナー

|

« 残業代不払い法の話題がネットニュースから一斉に消えちゃったみたいね。(笑) | トップページ | 日共はアホが多い。雑談日記作成のバナーを使っていながら平気でバナーを揶揄・侮辱。馬鹿は死ななきゃ直らない。(笑) »

コメント

こんばんわ!
植草さんのこのTBがお仲間さんたちに貼れない・・・・・
どうしてかなぁ・・・・・

投稿: とらちゃん | 2007年1月11日 (木) 18時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: じわり「小泉再登板論」【産経】⇒これって、「安部批判をやめないとこうなるよ」って変化球恫喝だろう。望むところだ子鼠(笑):

» 天木直人氏がブログを再開 [カナダde日本語]
市民社会フォーラムのMLで天木直人氏が新年からブログを再開されたことを知った。天木氏の名前を初めて知ったのは、ヤマボウシさんの防衛省についてのメッセージでだが、天木氏のプロフィールやブログの説明に書かれている彼の... [続きを読む]

受信: 2007年1月11日 (木) 13時04分

» “経済政策”論議に首を突っ込むようになったわけ [晴耕雨読]
興味深いレスありがとうございます。 このサイトを閲覧したり投稿をするようになったのは昨年10月中頃からです。 経済問題に集中的に投稿をしている実態から見るとウソのようですが、しばらくは、「戦争」ボードや「空耳」ボードに政治的宗教的投稿をするだけで、経済問題については、記事内容を批判するかたちでレスを書いたり、政策を揶揄する内容を書くという程度でした。 これは、いみじくも貴殿が書かれた「日本経済は地獄を見なければならない」という思いに基づく行為です。(「日本国民は地獄を見なければならない」というほ... [続きを読む]

受信: 2007年1月11日 (木) 22時18分

« 残業代不払い法の話題がネットニュースから一斉に消えちゃったみたいね。(笑) | トップページ | 日共はアホが多い。雑談日記作成のバナーを使っていながら平気でバナーを揶揄・侮辱。馬鹿は死ななきゃ直らない。(笑) »