« 今日は「Imagine」を聞きたくなっちゃったよ、。 | トップページ | 「カラクリ国民投票法には断固反対」Tシャツを、今日とくらさんにプレゼントで郵送します。 »

2007年2月19日 (月)

密集都市東京でのマラソン、真昼間の7時間馬鹿騒ぎファシズム。これがデモならきっと叩きまくるくせに、マスゴミ。(笑)

朝日はナンセンスだ、私たちは信じている情報の力をバナー 朝日はナンセンスだ、私たちは信じている情報の力をバナー

 (あとで新聞の地図写真等アップする予定)これから毎年やるそうなので、とりあえず反対の声を上げておく。

 あきれたのは朝日、社説でもろ手を挙げて賞賛するほどのことじゃないだろう。3万人のランナーと7時間の道路規制。この一日は急病人も救急車の出動要請もなかったと言うのじゃないだろうな。

 朝日の社説ではボストン、ロンドン、ベルリン、ニューヨーク、シカゴ、北京、などが引き比べて話題に出されている。ボストン、ロンドン、ベルリン、ニューヨーク、シカゴには行ったことがないから良く分からない。しかし、北京には観光で行ったことがある。あそこなら天安門前の直線道路だけでマラソンフルコースが取れそうだし、とにかく道路がだだっ広くてスペースだらけだからこんなマラソンもありだろうと思う。しかし、舞台は、超密集都市東京だぞ。社説で賞賛するなど正気の沙汰とは思えん。

 俺も、これがデモのような人の波が道路へ繰り出したのだったら認めたいと思う。たとえば、格差反対とかの生活に根ざしたやむにやまれぬデモとかね、。そういう時にはマスゴミは救急車がどうの、病人がどうのと言って徹底的に叩きまくるんだろう。(笑)

 きっと、冷たい雨は超密集都市東京が流した涙雨だったのだろう。

※おそらく5、6キロの都心道路を2時間でもデモの人波が占拠したならマスゴミは非難ごうごうだろう。これから先おきうる事態だろうから今回の7時間道路占拠とマスゴミの報道はしっかり覚えておこうね、雑談日記読者諸君。

(クリックすると拡大します)
Tokyomarathon 写真は、東京新聞18日朝刊から



東京マラソン 市民の新しいお祭りに【朝日 社説】

 3万人の市民ランナーが、競技者と一緒に早春の都心を駆け抜ける。初めての「東京マラソン」が行われた。

 コースは新宿、銀座、浅草など、首都の名所を結び、国際認定を受けている。いつもはクルマに占拠されている目抜き通りが、この日はランナーや応援する市民の天国になった。

 世界陸上の選考会を兼ねる大会で一流選手とともに走ることは、市民ランナーにとって、このうえない喜びだろう。

 参加者は、健脚自慢の市民だけではなかった。車いすの人、目の不自由な人、臓器移植を受けた人たちもいた。

 参加者の荷物を預かったり、コースの途中で飲料水を配ったり、さまざまな場面で運営を支えたのは、1万人を超えるボランティアである。

 沿道では、大学や高校の応援団が声援合戦をし、大道芸や屋台も登場した。

 さまざまな人が互いに助け合い、共に生きる。そんな願いが込められた首都の新しいお祭りが誕生したようだ。

 大都市の中心部を、競技者と大勢の市民が一緒に走るマラソン大会は、今や世界の流れになっている。100年以上の歴史を持つボストンだけでなく、ロンドン、ベルリン、ニューヨーク、シカゴ、北京などでも開かれている。

 とりわけニューヨークシティー・マラソンは、ボランティアが中心となった運営の見事さと、経済効果の大きさで、お手本と言われている。

 東京でもニューヨークのようなマラソン大会をやれないか。市民団体や研究者と東京都がシンポジウムを開き、構想を語り合ったのは7年前である。市民団体は都心の歩道を走るコースをつくり、マラソン行事を重ねてきた。

 そうした努力が、大きなうねりとなって実現した大会である。出場の応募者が参加枠の3倍を超える9万5千人にのぼったことからも、熱望していた市民がいかに多いかがわかる。

 そのニューヨークのマラソンも、1回目の百数十人から、次第に参加者を増やしてきた。世界でも有数の過密都市である東京で、いきなり3万人が走るとなると、交通や安全確保など都市機能への影響は計り知れない。

 警察はコース周辺の幹線道路を最長7時間近く封鎖し、前例のない交通規制を敷いた。消防署は火災時の出動で協力し合い、救急車も分散待機させた。

 あいにく冷たい雨が降ったけれど、大きな事故やトラブルがなかったのは幸いだ。事前のPRが行き渡り、運転者や街の人びとの協力が得られたからだろう。日本で初の大都市型市民マラソンは、まずは成功したと言ってよい。

 日本陸上競技連盟の沢木啓祐強化委員長は「競技者と市民、街とスポーツが共存共栄することが大事だ」と語った。

 すそ野が広がれば、頂点も高くなる。競技としてのマラソンを強くするためにも、東京マラソンを根付かせて、他の都市にも広げてもらいたい。


(クリックすると拡大、コマ送りします)

朝日のジャーナリスト宣言と読み朝る毎ブロガー同盟バナー

見ましたか、朝日の~


|

« 今日は「Imagine」を聞きたくなっちゃったよ、。 | トップページ | 「カラクリ国民投票法には断固反対」Tシャツを、今日とくらさんにプレゼントで郵送します。 »

コメント

こんにちは。
石原都知事の言動でどうしても合点がいかなかったのが、この東京マラソンとオリンピック誘致の件でした。確か大阪がオリンピック誘致に名乗りをあげた時、石原氏は「オリンピックなんて発展途上国がやるものだ。」と言って大阪オリンピックに反対したはずです。それが都知事になったら「発展途上国のもの」のはずのオリンピック開催に名乗りを上げたり、「東京国際マラソン」をわざわざ市民参加の「東京マラソン」にしたり(世界選手権代表候補選手は完全に割を食っています。油谷選手なんてとんだ貧乏くじです)、一体この豹変ぶりは何なんでしょうか・・・。ひょっとして大阪の時の反対は、相手が北京だったから、でしょうかね?結局石原氏が勇ましいのは口だけで、本当は中国には頭が上がらないという事なのかもしれませんね。だとすれば、石原氏は「右翼」でも「保守派」でもなく、単に「弱い者に強く、強い者に弱いだけの人物」なのかもしれませんね。

投稿: JAXVN | 2007年2月19日 (月) 10時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 密集都市東京でのマラソン、真昼間の7時間馬鹿騒ぎファシズム。これがデモならきっと叩きまくるくせに、マスゴミ。(笑):

» 東京マラソンと花粉対策と [Like a rolling bean (new) 出来事録]
東京は冷たい雨の中、マラソンが開催されています。 実は我が家のあたりもコースに入っているので、事前の随所の改修工事やら、警察署からの巡回連絡カード のお尋ねが唐突に入るなどで、石原氏が主導していること だけでなく、あらゆる状況からも喜んでもいられないのです... [続きを読む]

受信: 2007年2月19日 (月) 10時13分

» どうしょもない柳沢厚労相と、それを擁護する人々 [嗚呼、負け犬の遠吠え日記(新館)]
 今月15日の参院厚生労働委員会で、あの柳沢伯夫厚労相がまたもや問題発言をやらかしたらしい。  今度は「工場労働者は労働時間だけが売り物」などともとれる発言をしたという。  以前のエントリーでも取り上げたが、や... [続きを読む]

受信: 2007年2月19日 (月) 19時47分

» 徳無き者と徳無き者。 [酔語酔吟 夢がたり]
「徳無き者が徳を説く」これいかに? この無理問答?は成り立つでしょうか。 [続きを読む]

受信: 2007年2月19日 (月) 20時34分

» 契約書作らず映画制作 裁判員制度PRで最高裁 [不動産鑑定士半兵衛の権力との闘い]
はじめてのかたは、トップページもお読み下さい訴訟を審理して、罪となるかならないか [続きを読む]

受信: 2007年2月20日 (火) 00時20分

» 石原の石原による石原のための東京独裁マラソン [格差拡大社会は憎いし苦痛!負け組隠遁生活ブログ]
【東京独裁マラソン】  2007年2月18日、アジアの某国の首都を支配する某独裁者は、己の権力と自己顕示欲の誇示のため、来る選挙のPR活動のため、首都の交通を閉鎖して強引にマラソン [続きを読む]

受信: 2007年2月21日 (水) 22時47分

» SOBA様、この記事捧げますYOw [憧れの風]
そちらで掲載されてた 朝日の社説とあわせて読むと ある意味で爆笑必至w ではどーぞw 東京マラソン 都民大迷惑 (ゲンダイネット) 「石原慎太郎都知事(74)の肝いりで開催され、どしゃ降りの都心を3万人が駆け回った「東京マラソン」。世界選手権の代表選考会も兼ねたレ..... [続きを読む]

受信: 2007年2月24日 (土) 00時30分

« 今日は「Imagine」を聞きたくなっちゃったよ、。 | トップページ | 「カラクリ国民投票法には断固反対」Tシャツを、今日とくらさんにプレゼントで郵送します。 »