« す、す、スンゴイ、インターネット世論調査。もうぶっちぎりで安倍駄目ジャン。(笑) | トップページ | 宮台さんか、田中康夫ちゃんか、吉永小百合さんか、天木直人さんか、誰かお願いだから出てくれーーー!(ほとんど悲鳴) »

2007年2月23日 (金)

拝啓、宮台真司様。都知事選に出馬してください。

不戦敗なんて嫌だ!

宮台真司を担ぎ出そう勝手連をやろう!

時間がない、結集せよ!!


拝啓、宮台真司様

 雑談日記管理人のSOBAと申します。

 現在、民主党の菅直人さんに出馬を促す話しがさかんにマスゴミから、流れています。テレビ朝日のスパモニ・原口一博あたりも必死で煽っているようです。

 このようなマスゴミの動きは、国会質疑などで喧嘩上手な菅直人を国会の場から隔離する、もっとはっきり言えば菅直人つぶしの一環と僕は判断します。

 菅氏は国会にいてこそ生きるのであって、都知事に担ぎ上げるのは僕は絶対に反対です。ご自身も「太陽が西から昇っても、私が都知事に立候補することはありません」と言明しておられ、僕も一安心しています。(まだ油断はできませんが、。)

 でも、民主党も対抗馬をいまだに決められず、今のままでは石原が再選されてしまうような動きです。黒川紀章は日本会議のメンバーだそうで、石原の親友ともご自身臆面もなく言明しておられます。ネットで声の上がった「【都知事選】黒川紀章立候補は野党票分散にある。」と言う声もあながちうがった見方ではなく当たっていると僕自身も考えています。

※関連記事:「安晋会 菱和ライフクリエイト 黒川紀章 日本会議

 現下の政治情勢の中で、都知事選で石原を引き摺り下ろすことができれば、自民党にも痛撃を食らわせることができます。弱肉強食・従米売国路線まっしぐらの自民党への痛打となるのです。

 計り知れない政治的なアドヴァンテージを、最大勢力のわれわれ「もう少し政治もマトモになってよ」派無党派層にも、はたまた国民にも、もたらしてくれるはずです。

 首都大学東京准教授(旧東京都立大学助教授)でもあり、ご自身も東京に住んでおられ東京発情報発信の知識人として都知事にも最適であると僕は判断いたします。

 以前から先生がなされている、ナショナリズムを真摯に取り上げようとしないいわゆるへたれ「左翼」への批判にも僕は同意します。なぜなら、世界中を見渡せば解放闘争を担った者は民族主義者・ナショナリストでもあるからです。自称「真性右翼」を自称しておられる先生は、似非ナショナリスト、似非愛国者、石原慎太郎への強烈な対抗馬にもなると思います。

 マル激、トーク・オン・デマンドのファンの方々は、先生のジャーナリストとしての活動がそがれると心配されるかもしれませんが、そんなことはないと思います。今までと同じ時間を割くことはできなくなるかもしれませんが、ジャーナリストとしての活動は引き続き続ければよろしいのです。

 タレントが国会議員になるのはもはや珍しくなくなりました。今は逆に国会議員がTVの効用に気がつき、お笑い番組も含めてやたらに出たがるようなご時勢です。もうそろそろインターネット発の政治への進出があっても良い頃かと判断いたします。

 先生がリアルな政治の世界に進出することは、インターネットの真摯な現実の力を世間に知らしめる一歩ともなります。インターネットTV、マル激、トーク・オン・デマンドにも決してマイナスにはならないと判断いたします。

 似非ナショナリスト、似非愛国者の石原慎太郎を引き摺り下ろすために、ぜひご出馬をご決断ください。われわれ無党派が投票行動できず、右往左往するような無惨な状態にだけはしないでください。

 ぜひ決断してください。先生がご決断してくれれば、全国から無党派が馳せ参じることでしょう。

 ご決断を!!!


 以上の文章を宮台真司さんにメールしようとしたのですが、アドレスが分かりません。やむを得ないので「ミヤダイ・ドットコム」へトラックバックを送ります。

※何度でも言うが、今日の朝日の社説にも代表されるような、マスゴミの菅直人氏担ぎ出しの策謀には断固として反対する。手の込んだ民主党への攻撃であり、変化技の菅直人つぶしと断じる。


統一地方選 民主党は本気を見せろ【朝日 2007-02-23社説】

 東京都知事選など全国13の知事選が一斉に行われる統一地方選挙が、1カ月後に始まる。夏の参院選までの政治決戦の幕開けだ。

 昨秋に誕生した安倍政権にとって、最初の本格的な試練でもある。「選挙の顔」への期待もあって自民党総裁の座を射止めた安倍首相である。ここで踏みとどまれなければ、政権運営が苦しくなるのは避けられない。

 政権をうかがう民主党には、待ちに待った反転攻勢の第1歩であるはずだ。なのに、動きに迫力が見えないのはどうしたことか。

 8都県の知事選で候補が決められない。なかでも国民が注視する都知事選の混迷ぶりは深刻だ。ここでの戦いぶりが参院選に向けて弾みをつけられるかどうか、政治決戦の帰趨(きすう)を決しかねない。

 3期目を狙う石原慎太郎知事は、豪華な海外出張や四男の都事業への起用などで公私混同批判を浴びている。自民党はそれでも推薦を決め、石原氏に辞退されても押しかけ支援するという。

 ことここに至っては、「政策においても、人物においても、打倒石原知事を最も期待できる人」を党内から立てるべきだ。民主党都議団がきのう、そんな決議をしたのは当然だろう。

 決議文はこう訴えている。「今ここで民主党が本気で立ち上がらなければ、国民は民主党を決して信用せず、政権奪取など夢のまた夢となりかねません」

 私たちもそう思う。決議文は名前をあげていないが、民主党で「最も期待できる人」といえば、東京を選挙区とする菅直人代表代行というのが党内外の一致した見方だ。

 厚相時代に薬害エイズ問題でみせた実績や国会での論争力などから、知名度は抜群だ。政策にも明るい。

 そうした党内の期待に対し、当の本人は「私が国会からいなくなって一番喜ぶのはだれか。安倍首相だ」などと国政にとどまる意向を強調した。

 国政への意欲は分かる。だが、菅氏にはこう尋ねたい。逆に、民主党が「最も期待できる人」の擁立に失敗して一番喜ぶのはだれか――。それも、安倍首相であることは疑いようもない。

 安倍内閣が支持率の下落に苦しんでいるのに、民主党もぱっとしない。政権を託すもう一つの選択肢として、有権者の目に映っていないのだ。

 菅氏を立てて、首都決戦で勝負を挑む。政権奪取を目指す民主党の「本気」を有権者にアピールするには、またとない好機ではないのか。菅氏が手腕を都政で発揮すれば、民主党の政権担当能力や政策力を示すことにもなる。

 都知事選には、建築家の黒川紀章氏が「反石原」の立場で名乗りをあげた。石原氏と黒川氏は右派系の団体である日本会議の代表委員を務め、思想的には似ている。選挙戦の構図はまだ流動的だ。

 小沢代表や鳩山由紀夫幹事長は菅氏説得に動くべきではないか。


↓click⇒enlarge&move
朝日のジャーナリスト宣言と読み朝る毎ブロガー同盟バナー 見ましたか、朝日の~

朝日はナンセンスだ、私たちは信じている情報の力をバナー


関連投稿
見ましたか、朝日の1月25日の127周年創刊記念日からの唐突な「ジャーナリスト宣言。」キャンペーン(笑)
選挙期間中の小泉ヨイショ翼賛体制と古舘起用継続に抗議の意味で「今日の英和対訳天声人語」の更新を中止します。

|

« す、す、スンゴイ、インターネット世論調査。もうぶっちぎりで安倍駄目ジャン。(笑) | トップページ | 宮台さんか、田中康夫ちゃんか、吉永小百合さんか、天木直人さんか、誰かお願いだから出てくれーーー!(ほとんど悲鳴) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 拝啓、宮台真司様。都知事選に出馬してください。:

» (石原をお払い箱に!)ポ〜イのポイ!ついでにブラックリヴァーもサラバでござるの巻。その1 [晴天とら日和]
黒川紀章がイシハラシの批判票の分断を狙って、イシハラシ援護を買って出た、と言う方が(見方が)多いようですが、私はそうはみていません。 逆のことが考えられるってことです。 つまり、・・・・・ 仮に、黒川紀章シとイシハラシがタッグを組んで、裏工作(イシハラ....... [続きを読む]

受信: 2007年2月23日 (金) 15時01分

» 「皇室は最後の抵抗勢力」:小泉前首相が重大発言! [嗚呼、負け犬の遠吠え日記(新館)]
 「皇室は最後の抵抗勢力」  なんと、あの小泉純一郎前首相がこのような発言をしたという。  これは明治天皇の血を引く旧皇族の作家・竹田恒泰氏が、2月5日の講演会で明らかにしたことである。  皇室敵視・否定ともとれ... [続きを読む]

受信: 2007年2月23日 (金) 20時10分

« す、す、スンゴイ、インターネット世論調査。もうぶっちぎりで安倍駄目ジャン。(笑) | トップページ | 宮台さんか、田中康夫ちゃんか、吉永小百合さんか、天木直人さんか、誰かお願いだから出てくれーーー!(ほとんど悲鳴) »