« 石原ファミリー選挙に異変、石原“大接戦”浅野と10P差、石原「東京五輪」が命取り、都知事選大混迷 浅野猛追 石原まっ青。 | トップページ | ゲートキーパー法関連情報採取。 »

2007年3月24日 (土)

浅野県政に対する赤旗(3月2日付)記事の検証【東京をプロデュース2007】

 最終的には「特に財政面の検証など、素人の手に余る項目については公正な立場での研究者の方々にその検証を委ねております。」とのことですが、「専門家の検証を待たずして言えることを報告」と言うことですので資料として採録しておきます。

 内容的には「浅野さんに対して、これはひどい、ひどすぎる。共産党って票のためなら誹謗・中傷、嘘もデタラメも平気なんですか?」に書いたことと重複する部分がありますが、現地に直接赴いて調べた報告と言うことで

宮城県保険福祉部国保医療課の職員の方々は信じられない・・・という表情をしておられました。

「こういう書き方をされるのですか・・・」と、絶句に近い反応でしたが、

のところなどは、価値があると思います。

 「浅野さんに対して、これはひどい、ひどすぎる。共産党って票のためなら誹謗・中傷、嘘もデタラメも平気なんですか?」にも書きましたが、誹謗中傷によって選挙民の判断が狂わされるならそれは不幸なことです。共産党にとっても長い目で見て決してプラスにはならないと思います。

 以下、転載。なお、【被保険者資格証明書交付世帯数(市町村国保)】のところが元のエントリーではレイアウトが崩れていたので罫線を引いた表の表示にしました。赤字表示はSOBA

※他の資料等も雑談日記内でサイト内検索したい方は、「問題提起バナー」の下にある、「雑談日記内スピード検索」をご利用ください。


最新ニュースのIZUMI 東京をプロデュース2007 セカンドホームページ」の

浅野県政に対する赤旗(3月2日付)記事の検証【東京をプロデュース2007】

 浅野史郎氏が、赤旗に書かれているような県政を行なってきたならば、東京をプロデュースはとんでもない人物を都知事にしようとしていることになりますから、記事の出た3日後・3月5日に、事務局長と事務局次長で仙台へ赴き、県庁(選挙管理委員会、宮城県保険福祉部国保医療課、健康福祉総務課、資料室など)、共産党、社民党、無所属議員の方などを訪ねて独自に記事に関する調査を行ないました。

 特に共産党宮城県委員会には、あの記事のソースとなった資料などの提示を求めて協力していただきました。

 現在、浅野県政、特に財政面の検証など、素人の手に余る項目については公正な立場での研究者の方々にその検証を委ねております。
いくつかのマスコミで発表予定です。

 以下、専門家の検証を待たずして言えることを報告します。

※赤旗記事より抜粋
「志位氏は、前県政と比べ浅野県政の福祉切捨てで際立ったものとして、前県政では国保証取り上げがゼロだったが05年には2330世帯になったことを告発。こうした政治は、石原都知事が革新都政時代につくられた福祉の施策を根こそぎ切り捨て、巨大開発に湯水のようにお金を注ぎ込んできたのもの同じ中味だと批判しました。」

【国保証取り上げ】と表現していることの中味→
【資格証明書交付】を意味する
★国民健康保険証が、医療機関窓口に提示することによって最初から3割の自己負担となるのに対し、資格証明書は、窓口では10割を立て替えなければならないが申告によってあとで7割分が返ってくるシステム。
★国民健康保険料の1年以上滞納者について保険証の代わりに資格証明証を交付するのは県の業務ではなく、市町村業務である。(国民健康保険法9条)
★制度としては昭和62年(1987年)からあるが、義務化されたのは平成12年(2000年)である。

 国保の資格証明書が市町村業務であることについては地方自治体の首長経験のある吉田万三さん、そして志位さんも赤旗記者の方ももちろんご存知であることと思います。
 その上で浅野知事の福祉切捨てという書き方になるということに関しては県の助言・指導という役割を指しているのだと推察いたします。

 どこの都道府県も似たような助言・指導の内容かもしれませんが、宮城県においては、
① まず短期(6ヶ月、3ヶ月)の保険証交付に切り替えて更新のときを滞納分の相談に乗るきっかけにする。
② 資格証明書交付に切り替える際は、高級車が何台も車庫に置かれているなど、滞納世帯の財政状況をよく調査する。
③ その上で、行政からの再三の働きかけに応じない世帯のみ交付するように指導している。

また、滞納世帯数と資格証交付世帯数および短期保険証交付数との関係を都道府県別で示した一覧表を資料提供していただきました。(平成18年のデータで、宮城の数値は資格証明書交付世帯数が2932世帯と更に増えておりました)
資格証明書交付率=国保取り上げ率(資格証明書交付数を滞納世帯数で割った数値)で見ると、極端に少ないのが、沖縄(0.7%)、長野(0.8%)、愛知(0.9%)そして、石川(2%)、奈良(2%)、山梨(3%)に続いて、宮城(3.1%)と全国的にみても国保の取り上げは少ない方の自治体です。
 ちなみに、中間値(24位の県)は7.5%、平均値は8%、一番高い県は19%、東京都は4%で11位でした。

 そしてその国保取り上げが、前知事のときはゼロだったと批判していますが、平成5年(1994年)11月~平成17年(2005年)の浅野さんが知事だった期間を見ますと、特に資格証明書が義務化された平成12年(2000年)の前後は以下のようになっております。
(資料提供:東本高志@大分)

【被保険者資格証明書交付世帯数(市町村国保)】
http://hodanren.doc-net.or.jp/news/iryounews/070223kokuho2.pdf

2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年
青森 0 0 1,981(1981倍) 2,938 3,491 3,787 4,316
岩手 3 29 714(24.6倍) 2,058 1,624 1,377 1,288
宮城 0 36 942(26倍) 1,205 1,879 2,330 2,932
秋田 40 22 887(40倍) 1,480 1,766 1,757 1,785
山形 19 113 589(5倍) 863 900 1,011 1,071
福島 424 443 2,046(4.6倍) 3,435 4,339 5,283 6,070

※カッコ部分は便宜のため筆者が挿入しました。

 義務化される前は、浅野さんが知事であった1994年から2000年までに関してもゼロであり、1994年以前の前知事時代に資格証明書発行がゼロなのは、単に義務化されていなかったからということが言えると思います。

 宮城県庁を訪問し、3月2日付けの赤旗をお見せした際に、宮城県保険福祉部国保医療課の職員の方々は信じられない・・・という表情をしておられました。

「こういう書き方をされるのですか・・・」と、絶句に近い反応でしたが、その実直な態度から本当にお金のない世帯を傷つけることのないように精一杯の助言・指導してきたということが感じられました。

 現地へいくと、こちらに居ながらにしてネットや資料取り寄せで調査したこと以外にもやはりいろいろわかってくることがあります。

 真実を明らかにしていく努力を続けたいと思っております。


 以上、転載終わり。

※本日エントリー、その他投稿
浅野さんのポスターは随分印象が悪い。いったいどんなセンスのないやつが作成したのか?選挙参謀の素性を洗った方がいい。

浅野史郎 夢ライン

ミンナノチカラ(浅野史郎さんを応援する公式団体「みんなの力」が運営するウェブサイト)
〒160-0004
東京都新宿区四谷3-8-9
三井ビル3F
TEL:03-5368-4600
FAX:03-5368-4601
略図はこちら(ただし、この略図は分かりづらい。東が上になっていて自転車で行く人には不向き)
普通の地図はこちら(四谷3丁目駅の、右下赤印「ふう月堂」(03-3355-0630)となっているところの3階:SOBA体験に基づくお勧め地図)
上記のSOBA体験に基づくお勧め地図を携帯で教えるときのQRコード。
みんなのちからの地図

関連記事
きっこさんの熱烈「浅野さん大好きだ」宣言に心からの拍手を送ります。
障害者の熱烈な「浅野さんがんばれ」の声を聞いた後、日共系heartの口汚い中傷を読むと怒りに震えずにはいられない。
東京都知事選挙「勝手連」情報
ネット時代の勝手連と公職選挙法
選挙とインターネット、いまや一番自民党が後ろ向きかも、。ニート・フリーター、若者の敵、反動政党の自由民主党。(笑)

「三国人発言、シナ発言、ババア発言、フランス語は数を勘定できない発言⇒都民としてそんなあなたが恥ずかしい、もう沢山だ、うんざりだ」バナー 石原慎太郎のスバラシイ花粉症対策(笑)バナー
慎太郎暴言データ集  慎太郎暴言データ集

無断転載、転用を禁止します。必ずバナーにリンクをはるか、リンクのある雑談日記作成を明示してください。

小泉の「自民党をぶっ壊す、「47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民。小選挙区制インチキ選挙。」、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題、で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー 小泉の「自民党をぶっ壊す、「47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民。小選挙区制インチキ選挙。」、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題、で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー

マンネリ共産党は結果として自民党の応援団、いつまでそんなことやるのバナー マンネリ共産党は結果として自民党の応援団、いつまでそんなことやるのバナー

「聞けわだつみ」の慟哭が聞こえないのか?

※雑談日記への連絡メールアドレス: メール送信
メールが多いので、見逃す場合があります。確実に連絡を取りたい場合にはコメントでの通知と併用してください。

|

« 石原ファミリー選挙に異変、石原“大接戦”浅野と10P差、石原「東京五輪」が命取り、都知事選大混迷 浅野猛追 石原まっ青。 | トップページ | ゲートキーパー法関連情報採取。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浅野県政に対する赤旗(3月2日付)記事の検証【東京をプロデュース2007】:

» 谷中~上野を歩いて [はじめの一歩]
今日は,浅野史郎さんの確認団体である『みんなの力』のビラ配りボランティアに参加しました.私は東京近県育ちだからか,山手線の内側は一般の庶民が住むところではないのだろうという思い込み(?)がずっとありました.今日歩いた谷中というところは,その山手線の内側,日暮里から少し歩いた辺りにあります.でも,谷中銀座という商店街をはじめ,とても庶民的なところでした.その後歩いた上野公園や上野駅前に比べると,ビラを受け取っていただける確率も高かったかもしれません. ボランティアには,学生から20代中心かと思っ... [続きを読む]

受信: 2007年3月24日 (土) 23時48分

» アサノ勝手連を立ち上げました [庶民も立ち上がるぞ!勝手連]
なにはともあれ「浅野史郎勝手連」を立ち上げることにしました。 既存の政党や団体の系列ではない「無党派・アマ市民の勝手連」です。 党則(連則?)・会費・特典などは一切ありません。 みんなでニコニコ正しい選挙、と行きましょう! (^_^)v... [続きを読む]

受信: 2007年3月25日 (日) 20時12分

« 石原ファミリー選挙に異変、石原“大接戦”浅野と10P差、石原「東京五輪」が命取り、都知事選大混迷 浅野猛追 石原まっ青。 | トップページ | ゲートキーパー法関連情報採取。 »