« 救援ノートの最新版が出たようです。表紙も一新され、また内容も追加されています。新しいのを、もう1冊買っても良いかもネ。 | トップページ | 檄!政治は政(まつりごと)、意気ある若者は浅野さんのもとに駆けつけよ!政を楽しめ!事務所開きだ、おまつりだ!!! »

2007年3月18日 (日)

選挙とインターネット、いまや一番自民党が後ろ向きかも、。ニート・フリーター、若者の敵、反動政党の自由民主党。(笑)

 一時は、世耕つながりで随分積極的な印象があったけれど、現在ではかなり勢いもなえて、と言うか、むしろ後ろ向きになっているような印象だ。雑談日記(徒然なるままに、。)を見たらますます恐怖に駆られるかも、。(笑)

 「インターネットの敵、自民党」これもひとつのキャッチフレーズ(笑)インターネットの敵、ニート・フリーターの敵と言うことは若者の最大の敵と言うことである。

 以下、立花隆の「メディア ソシオ-ポリティクス」から転載。一昨年、9月の記事です。

※雑談日記は僕自身の備忘録・メモでもあるので資料として採録させていただきます。雑談日記内でサイト内検索したい方は、「問題提起バナー」の下にある、「雑談日記内スピード検索」をご利用ください。

関連投稿
勝手連と公職選挙法と都市伝説。
浅野さんの最新ポスター登場と選挙情勢。そして、法定1号ビラと2号ビラの印象。
政見放送、インターネットTVでなぜやらない。公職選挙法は時代遅れだ、「変な公選法」の歌をZAKIさんに作曲してほしい。(笑)
インターネットと選挙、考える材料として宮台真司さんの発言。
萎縮効果としてのきっこさんの「お知らせです。」問題と公選法、そしてケーススタディとしてのマスコミ・ウォッチング。
きっこさんの熱烈「浅野さん大好きだ」宣言に心からの拍手を送ります。


2005年9月2日
第44回 今どきナンセンスな公職選挙法 ネットは解禁でなく義務化せよ

 本日、中国上海に出発の予定。アメリカから帰国して一週間。新聞、雑誌を走り読みして、テレビをちょこちょこっと見て、その間に大きな打ち合わせを幾つかと、講演を一つこなして、一日がかりの大きな見学を一つしたので、目がまわるような忙しさだった。

 アメリカでは、インターネットで、一応日本のニュースをつかんでいたつもりだったが、たまっていた新聞、雑誌を走り読みしてみると、やはりインターネットのニュースサイトでは日本の社会と政治の現実は、もうひとつわかっていなかったとあらためて思った。やはり、活字メディアには、活字の効用というか、活字の威力があると思わせられた。

 政府はインターネット利用を積極的に推進すべき

 インターネットといえば、つい昨日(8月31日)の新聞で、民主党のホームページが衆院選の公示(30日)後にページを更新したということで、総務省がそのような行為は、公職選挙法上問題があると、イチャモンを付けたという記事があった。そして総務省が、「適切な対応」を要請したので、民主党はホームページから問題のくだりを削除したという記事を読んで「ナンダこれは」と唖然とした。

 要するに、公職選挙法がインターネットを利用した選挙運動を禁止しているからということらしいが、いまどき、選挙にインターネットを禁止するほうがおかしい。

 むしろ、政府としては、インターネット利用を積極的に推進すべきである。

 街のすみずみまでポスターの掲示場を作って、そこを運動員が一つひとつポスターを汗水たらして貼って歩くなどというバカげたことは早くやめるべきだ。その代わり、インターネット空間上に公設の一大ポスター展示場と政見発表場を設けて、そこに、各候補者が自由に入力すれば、何の労力もいらずに、選挙区のスミズミまで情報が届くようにする。

 それとともに、各候補者には、10メガバイトくらいのホームページ開設スペースを与えて、そこを自由に使わせ、書き替え更新も自由にして、選挙運動をサイバースペース中心にしたほうがいいくらいだ。そうすれば、あの日常三次元空間を流して歩く各候補者たちの大型マイクによる選挙騒音の日々から少しでも逃げられるというものだ。

 サイバースペースで政策を競え

 いまの選挙運動は、運動期間が短い。候補者たちは自分の政見をゆっくりのべることなどとてもできず、ひたすら、小泉流の一言キャッチフレーズを、毎日ただ声をからして叫びたてるだけである。およそ日本の選挙くらい、中身のない政治運動も珍しい。

 日本の政治にはただただ、おまつりさわぎとパフォーマンスしかないような気がする。もっと中身があるものにするためには、サイバー空間では事前運動を認めることにするとよい。半年くらい前から、次の選挙に立とうとする者に対して、一定の登録と供託金を置くことを前提に、1メガバイトくらいのページを与え、文字による政見発表だけは自由にさせるのである。

 そして、事前運動のページには、どのページも選挙民との自由交流空間として、誰でも自由に質問ができ、対する候補者からの答えも万人が見える空間でなされるものとすれば、日本の政治文化はずっと向上するだろう。中身がない候補者は、おそらく1メガバイトの空間を埋めるだけの政見がないだろうし、選挙民との質疑応答でもボロを出して、どんどん不適切な候補たちは自然に排除されていくだろう。

 日常の三次元空間で、マイクを使ってガアガアがなりたててよいのは、公示後の2週間だけとする。中身のある政治的議論は、それ以前にサイバー事前運動空間でガッチリやるということにすればいい。政府はずいぶん前から、21世紀は情報化の時代だとしてきた。そして、日本社会全体の情報化をスローガンとして、さまざまなプロジェクトをたちあげてきたが、まず何より先に政府が率先して、選挙の情報化を含めて、政治の情報化をすすめれば、社会全体の情報化は今の何倍も進んでいたはずである。

 政治の情報化に適応できない政治家は、なるべく早くこの社会から退場していただいたほうが日本の社会のためになる。政治家(公職選挙候補者)のホームページ開設とその一定の割合での絶えざる更新などは、法律で義務づけしてしまえばよいのである。

 最近、ようやく、インターネットの選挙運動利用解禁が政治家の間でも、メディアでも(日本経済新聞8月27日付社説「IT選挙解禁へ向け議論を深めよ」など)叫ばれるようになってきたが、私にいわせれば、今どき必要なのは、解禁ではなくて、その義務化だろう。


浅野史郎 夢ライン

ミンナノチカラ(浅野史郎さんを応援する公式団体「みんなの力」が運営するウェブサイト)
〒160-0004
東京都新宿区四谷3-8-9
三井ビル3F
TEL:03-5368-4600
FAX:03-5368-4601
略図はこちら(ただし、この略図は分かりづらい。東が上になっていて自転車で行く人には不向き)
普通の地図はこちら(四谷3丁目駅の、右下赤印「ふう月堂」(03-3355-0630)となっているところの3階:SOBA体験に基づくお勧め地図)
上記のSOBA体験に基づくお勧め地図を携帯で教えるときのQRコード。
みんなのちからの地図

ニュース:「アサノ勝手連を立ち上げました (庶民も立ち上がるぞ!勝手連)」

↑ 管理人:喜八さん

関連記事
東京都知事選挙「勝手連」情報
ネット時代の勝手連と公職選挙法

関連投稿
3月15日公開討論会での石原遅刻に見る「奴の意思」、そしてそれに同じ構造でシンクロする日共系「石原スルー作戦」を嗤う。
檄!政治は政(まつりごと)、意気ある若者は浅野さんのもとに駆けつけよ!政を楽しめ!事務所開きだ、おまつりだ!!!
選挙とインターネット、いまや一番自民党が後ろ向きかもね、。って言うか、恐れをなしているかも、。(笑)
浅野さんに対して、これはひどい、ひどすぎる。共産党って票のためなら誹謗・中傷、嘘もデタラメも平気なんですか?
障害者の熱烈な「浅野さんがんばれ」の声を聞いた後、日共系heartの口汚い中傷を読むと怒りに震えずにはいられない。
リアヨロ(リアルタイム世論調査)「東京都知事選支持率調査」は終了したようです。
天木直人氏も浅野さんの「埼玉新聞(2003年8月28日掲載)・埼玉知事選への寄稿文」をブログで取り上げてます。
埼玉新聞(2003年8月28日掲載)・埼玉知事選への寄稿文、浅野史郎さんの人柄がうかがえます。
昨日の「浅野史郎さんのハートに火をつけよう」集会に行けなかった人のためにYou Tube映像です。

「三国人発言、シナ発言、ババア発言、フランス語は数を勘定できない発言⇒都民としてそんなあなたが恥ずかしい、もう沢山だ、うんざりだ」バナー 石原慎太郎のスバラシイ花粉症対策(笑)バナー
慎太郎暴言データ集  慎太郎暴言データ集

無断転載、転用を禁止します。必ずバナーにリンクをはるか、リンクのある雑談日記作成を明示してください。

小泉の「自民党をぶっ壊す、「47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民。小選挙区制インチキ選挙。」、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題、で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー 小泉の「自民党をぶっ壊す、「47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民。小選挙区制インチキ選挙。」、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題、で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー

マンネリ共産党は結果として自民党の応援団、いつまでそんなことやるのバナー マンネリ共産党は結果として自民党の応援団、いつまでそんなことやるのバナー

「聞けわだつみ」の慟哭が聞こえないのか?

|

« 救援ノートの最新版が出たようです。表紙も一新され、また内容も追加されています。新しいのを、もう1冊買っても良いかもネ。 | トップページ | 檄!政治は政(まつりごと)、意気ある若者は浅野さんのもとに駆けつけよ!政を楽しめ!事務所開きだ、おまつりだ!!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 選挙とインターネット、いまや一番自民党が後ろ向きかも、。ニート・フリーター、若者の敵、反動政党の自由民主党。(笑):

» オーホホホ、私たちって低レベル・・じゃないのよ [A Tree at ease]
イノキの母A: あら、奥さん、お久しぶり。息子さん、大学に入られたんですってね。どちらの大学。 イノキの母B: おかげさまで。首都大学東京ですの。 イノキの母A: 首都大学東京・・・ああ、「旧都立大学」ね、よく頑張ったわね。イノキの母B: ありがとうございます。でもよかった。「旧都立大学」でもいいから一応わかってもらえて。実家の母に話したら「首都大学東京って何それ。えっ、大学なの?東京首都大学じゃなくて首都大学東京?なんだか『ラーメン大学横浜』みたいな名前ね。安いチェーン店みたい」ですって。ひど... [続きを読む]

受信: 2007年3月18日 (日) 09時21分

» 『許される嘘、許されない嘘』浅野史郎 [喜八ログ]
『許される嘘、許されない嘘』は前宮城県知事・浅野史郎さんの雑誌連載エッセイ「新・言語学序説」をまとめた一冊です(現在も月刊誌『年金時代』で連載中)。 「新・言語学序説」ではまるで学術論文のようではありますが、「これ自体が冗談、お遊びみたいなもの」という気楽なエッセイ集です。テーマは、エルヴィス...... [続きを読む]

受信: 2007年3月18日 (日) 20時49分

« 救援ノートの最新版が出たようです。表紙も一新され、また内容も追加されています。新しいのを、もう1冊買っても良いかもネ。 | トップページ | 檄!政治は政(まつりごと)、意気ある若者は浅野さんのもとに駆けつけよ!政を楽しめ!事務所開きだ、おまつりだ!!! »