« 100万アクセスを前に、1日アクセス1000前後だし、放置状態だったアフィリエイトをちゃんとやろうと考えています。 | トップページ | 言い逃れで墓穴を掘る古舘と加藤千洋(朝日新聞論説委員)とテレビ朝日。みっともないからジャーナリストの看板を下ろしなさい。 »

2007年4月15日 (日)

都知事選政見放送ネット投稿 公選法の問題点浮き彫り【東京新聞】⇒公選法は民主主義にも反する時代遅れの天下の悪法だ!!!

※参考として雑談日記の今回の都知事選公示日から投票日までのエントリーです。「2007年4月」「2007年3月」3月22日から4月8日までのエントリーを参考に見てください。お~い、総務省、東京都選挙管理委員会、警察、待ってるぞ。公選法違反でやれるものならやってみろ。(笑)

※追記(4月17日):カレンダーをココログデフォルトのカレンダーから暴想さんの「ココログ最強カレンダー」にバージョンアップしました。最初にバックナンバーをご案内しましたが、右上のカレンダーを使うほうが効率的にエントリーをチェックできます。日付部分にポインターを持って行くとエントリー名がポップアップします。上部にある矢印をクリックすると3月のカレンダーになります。ココログのブログパーツから導入しました。導入時じゃっかん分かりづらい点があったので、導入方法の解説をあとで「ひなたぼっこ (おじさんのIT的情報生活(^^;)」に書くつもりです。余談ですが「ひなたぼっこ、今日の英和対訳天声人語、雑談日記」それぞれに設置しているサイト内スピード検索も暴想さんが作成されたものです。雑談日記では右上にある「一発必中検索」がそれです。

※追記(4月19日):「いいな、いい、ココログ最強カレンダー、もうぶっちぎり、って言うか今までのココログのカレンダーがお粗末過ぎたのだが、。(笑)

関連投稿
改憲しやすい国民投票法と改憲しにくい国民投票法がたぶんあるのだろう。それにしても尻に火がついたように今慌てるとは。
きっこの日記、今日のエントリー、「二枚舌」で言ってた自民党のポスターを撮ってきました。地方には見せたくないかもネ。(笑)
全国の隅々まで届け浅野史郎の新宿東口最終演説「これは終わりではなく、新たなスタートです。」インターネット放送しときます。
結局 外山恒一氏だけ見た。政見放送を自由に見たいのに見れない。公選法は有権者に優しくないぞ、俺たちの願いをかなえてくれるのはどの政党だ?
浅野さんの最新ポスター登場と選挙情勢。そして、法定1号ビラと2号ビラの印象。
政見放送、インターネットTVでなぜやらない。公職選挙法は時代遅れだ、「変な公選法」の歌をZAKIさんに作曲してほしい。(笑)
インターネットと選挙、考える材料として宮台真司さんの発言。
萎縮効果としてのきっこさんの「お知らせです。」問題と公選法、そしてケーススタディとしてのマスコミ・ウォッチング。
きっこさんの熱烈「浅野さん大好きだ」宣言に心からの拍手を送ります。
選挙とインターネット、いまや一番自民党が後ろ向きかも、。ニート・フリーター、若者の敵、反動政党の自由民主党。(笑)

 外山氏の政見放送は、BGMつきのもあるようです。(SOBA感想:これを撮影したカメラマンは凄いと思う。SOBAだったら何度やっても笑ってしまって、その声が入ってしまうと思う。あまり笑いを押し殺そうとしたら悶絶してしまうかも、。)


追記:以下、サウスパーク風バージョン。

 以下転載。

※他の資料等も雑談日記内でサイト内検索したい方は、「問題提起バナー」の下にある、「雑談日記内スピード検索」をご利用ください。 


都知事選政見放送ネット投稿 公選法の問題点浮き彫り【東京新聞】

2007年4月15日 08時55分

米投稿動画サイト「YouTube」では外山氏の政見放送で、閲覧数が30万件を超えたものもある
写真

 先の東京都知事選で、放送時間や放送回数が制限されている立候補者の政見放送の一部が、インターネットの投稿動画サイトで見放題になる状況が発生した。都選管は削除要請をするなど対応に追われたが、今回の事態は、現行公選法の問題点を浮き彫りにするとともに、政見放送の在り方にも一石を投じたといえそうだ。

 「こんな国はもう滅ぼせ!」「私が当選したら奴(やつ)らはビビる。私もビビる」。都知事選に立候補(落選)したストリートミュージシャン・外山恒一氏の政見放送。「どうせ選挙じゃ何も変わらないんだよー!」と絶叫して終わる。頭をそり上げた風ぼうに独特の語り口、過激な内容が注目を集め、ネットの動画サイトに投稿されるや一気に広まった。政見放送そのままのほか、音楽を入れたり、画像を編集した改変版も次々にアップされた。

 政見放送は、公選法や「政見放送及び経歴放送実施規程」で、放送時間や放送回数などが細かく定められている。都知事選の場合、候補者一人につき1回5分30秒以内、テレビ・ラジオを通じて8回。だが、ネットでは、いつでも何回でも見られる状況になった。

 都選挙管理委員会は、「公平性を欠く」として、サイト運営者に削除を要請。国内最大級の投稿動画サイト「アメーバビジョン」を運営するサイバーエージェント(東京都渋谷区)は、動画28件を削除するとともに、利用者に注意を促すお知らせを掲載した。

 これに対し、利用者からは「決められた回数を放送することが、公正とは思えない」「公選法が時代遅れ。立法府の怠慢だ」など、公選法に批判的なコメントも。主要候補しか取り上げないマスコミ報道を問題視する意見や「単におもしろがっているだけ」といった声も寄せられた。

     ◇

 開票日の8日夜、JR高円寺駅前の広場にテレビを持ち込んで、開票を見守った外山氏。「政見放送でも言っているように選挙なんて意味がない」と前置きした上で、こう指摘する。「意味があるようにするなら、興味がある人がいつでも政見放送を見られるようにするべきですよ」

 都知事選でのテレビの政見放送は、NHK(午前6時からと午後11時からの2回)とテレビ朝日(3回とも午前4時半から)が放送。有権者の重要な判断材料にもかかわらず、いずれも早朝と深夜だった。

 政見放送の実施規定は、局側に「なるべく効果的に行われるように放送時間帯の決定について配慮しなければならない」としているが、局側は、どのように放送時間帯を決めているのか。

 テレ朝は「選管からの申し入れを受けて総合的に編成している」(広報部)と説明。NHKも「視聴者の幅広い意見を考慮して総合的に判断している」(広報局)とするだけ。定時放送の変更に対する視聴者の反応や、候補者が多い場合の時間枠確保など編成上の問題があるとみられる。

     ◇

 一方、今回の統一地方選では、新宿区議選や三鷹市長選で、独自に収録した“政見放送”をネット配信する動きも。ネットテレビ局「新宿放送局」は、新宿区議選立候補予定者の政見を今月2日から告示前日の14日まで放送。配信前1日1500-2千件だったホームページ(HP)閲覧数は、6500-7千件に増加。立候補予定者から「有権者の反響が大きい」といった声も届いたという。

 有権者により多くの候補者情報を提供するという意味では、政見放送のネット配信は有効。ただ、改ざんやひぼう中傷、なりすまし対策をどうするかといった課題も多い。現行公選法では、衆院選の無所属候補は政見放送ができないという不平等も存在する。

 小林良彰・慶応大法学部教授(政治学)は「現行の公選法が想定していないことが実際に起きている。インターネットはボーダーレスで、海外サイトの問題もある。時代に合った法整備を急いだ方がいい」と指摘する。

 米投稿動画サイト「YouTube」では外山氏の政見放送は、まだ削除されておらず、閲覧数が30万件を超えたものもある。

 (東京新聞・近藤晶)


 以上、転載終わり。

|

« 100万アクセスを前に、1日アクセス1000前後だし、放置状態だったアフィリエイトをちゃんとやろうと考えています。 | トップページ | 言い逃れで墓穴を掘る古舘と加藤千洋(朝日新聞論説委員)とテレビ朝日。みっともないからジャーナリストの看板を下ろしなさい。 »

コメント

総務省自治行政局の職員、特に東大法学部・京大法学部卒の国家一種採用者(成績優秀でないと採用されない)は公職選挙法に手を付けるという面倒な仕事よりも自治体に出向して出世を重ねて自民党国会議員か都道府県知事、政令市長という上がりポストに早く就いて利権や裏金、退職金といった美味しい見返りと勲章という栄誉しか頭に無いのでしょうね。

投稿: ゴルゴ十三 | 2007年4月16日 (月) 09時12分

 ゴルゴ十三さんが仰るように、確かにその通りだと思います。

 それにしてもあきらめているのか「異議あり、改正せよ」の声が小さいのが気になります。

 少なくともインターネットで政見放送をオンデマンドで見られるようにしないとどうしようもないですね。

投稿: SOBA | 2007年4月16日 (月) 09時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 都知事選政見放送ネット投稿 公選法の問題点浮き彫り【東京新聞】⇒公選法は民主主義にも反する時代遅れの天下の悪法だ!!!:

» 証券優遇税制。金持ち優遇ばかりでなによ!+守銭奴もいるわな。 [晴天とら日和]
金持ちはドンドン金持ちになっていく。 そりゃぁ〜、政府が、金持ち・大企業優遇政策をとっている限り、富裕層はドンドン 富裕層になっていく、・・・・・ 日本という国は欲の皮ツッパラかした奴ばかりが、富裕層になるようで、こういう連中で慈善団体に寄附したとか、....... [続きを読む]

受信: 2007年4月17日 (火) 07時10分

» 佐藤優さんの護憲論2 [喜八ログ]
雑誌『世界』2007年05月号掲載の佐藤優(起訴休職外務事務官)による記事「山川 均の平和憲法推進戦略――「新たな共同体」を遠く望んで」から「護憲」に関する部分を紹介します。 [続きを読む]

受信: 2007年4月17日 (火) 12時46分

» 第二次世界大戦は「米英支配層とナチスドイツの合作」 [晴耕雨読]
日本という国家をある方向に誘導するためには、軍部がなくなった戦後、日銀・財務(大蔵)省・外務省・厚生労働(厚生)省・通産省とりわけ最初の三つを抑えればいいはずです。 80年代後半のバブル形成そして90年からのバブル崩壊は、日銀と大蔵省のペアだけで可能な仕掛けでした。 中央銀行である日銀は、単独で「デフレ不況」を解消する能力を持ってはいませんが、単独でバブルを形成し崩壊させる能力は持っています。 大蔵省は、財政政策や税制を通じて、バブルの形成や崩壊を加速させることができます。 バブル形成当時の日銀営... [続きを読む]

受信: 2007年4月17日 (火) 19時20分

» いきなり、空転か! [晴天とら日和]
◆asahi 2007年04月16日20時57分 国民投票法案の参院審議 野党は最低投票率などに焦点  参院は16日の本会議で、憲法改正の手続きを定める国民投票法案の審議に入り、野党側は(1)最低投票率制の有無(2)公務員の政治的行為の制限(3)テレビ広告規制――....... [続きを読む]

受信: 2007年4月18日 (水) 00時26分

» 哀悼・伊藤長崎市長 [晴天とら日和]
< 伊 藤 一 長 長 崎 市 長 > ここに、謹んでご冥福をお祈り致します。 ●長崎平和宣言  「人間は、いったい何をしているのか」  被爆から61年目を迎えた今、ここ長崎では怒りといらだちの声が渦巻いています。1945年8月9日11時2分、長崎....... [続きを読む]

受信: 2007年4月18日 (水) 22時30分

» 伊藤長崎市長報道のテレ朝+報道に異議あり! [晴天とら日和]
< 伊 藤 一 長 長 崎 市 長 > ここに、謹んでご冥福をお祈り致します。 ●asahi ⇒長 崎 市 長 銃 撃 ⇒2007年04月19日06時04分 市長への (=前半略=)発砲、背後1メートルから 支持者装って接近 調べでは、殺害に使われたのは米国...... [続きを読む]

受信: 2007年4月19日 (木) 19時22分

» 産業資本家と労働者は本当に対立(敵対)関係にあるのか? [晴耕雨読]
マルクス主義系統左翼理論の根底的な誤りは、剰余価値説(不払い労働の搾取)に基づく資本家階級と労働者階級の対立を基礎とする「社会観」にある。 左翼政治運動が混迷と閉塞に陥っているのは、偏に、この「階級闘争史観」にあるといっても過言ではない。 日本共産党をはじめ先進近代国家の多くの共産党が社会民主主義的改良主義に堕したのも、「剰余価値説」や「階級闘争史観」がもたらした弊害だと考えている。 心情主義的で思考怠惰な左翼のために予め言っておくと、資本家階級(企業経営者)と労働者(被雇用者)に利害対立がない... [続きを読む]

受信: 2007年4月19日 (木) 22時23分

« 100万アクセスを前に、1日アクセス1000前後だし、放置状態だったアフィリエイトをちゃんとやろうと考えています。 | トップページ | 言い逃れで墓穴を掘る古舘と加藤千洋(朝日新聞論説委員)とテレビ朝日。みっともないからジャーナリストの看板を下ろしなさい。 »