« 『「戦争」を拒絶し、侮蔑と不正に連帯で応じる。この自由と生存の日に!プレカリアートの反攻の日に!』Tシャツ作ったよ。 | トップページ | 業務連絡:コ李アン君へ これが君に贈る完全オリジナルTシャツの最終的なデザインです。 »

2007年5月 4日 (金)

ヘンリー・オーツさんのマトリクス図はお粗末過ぎる。本来ならこう描くべきだ、「憲法を取り巻く現状と目指すべき方向」。

仕事で日常的に図形表示を使っていたものから見ると、ヘンリー・オーツさんのマトリクスの軸の取り方に違和感を感じます。(最初の表題です。たくさんの人に読んで欲しいので変更しました。)

◎僕ならばこう描く「実は既に手にしていた理想的な憲法」。(「憲法を取り巻く現状と目指すべき方向」から変えました。また下記のマトリクス図も再度修正しました。)

(クリックすると拡大します)
20070506_3


 下記の3個はおまけ、アニメGIFを組み込んだタイプです。クリックすると拡大し、左上に組み込んだアニメGIFも表示されます。サイドエリア設置用に幅は150ピクセルです。タグは「「実は既に手にしていた理想的な憲法」図解にアニメGIFバナーを組み込みました。かなり強烈なアピールになったかも、。(笑)」を参照願います。
実は既に手にしていた理想的な憲法を図解1 小泉の2005・9・11小選挙区制インチキ選挙のアニメGIF組込み版


実は既に手にしていた理想的な憲法を図解3 低投票率・諦めさせる・変化しないと思わせるアニメGIF版


実は既に手にしていた理想的な憲法を図解2 コマ追加、低投票率・諦めさせる・変化しないと思わせるアニメGIF版


関連投稿
憲法「表現の自由」や「異議あり」への安倍自民党の本音、「自由と生存のメーデー07――プレカリアートの反攻」デモ警備を見ればよく分かる。
立花隆さんの講演会に行ってきました。そして、その感想を元に憲法を取巻く情勢マッピング・マトリクスを修正してみました。
「実は既に手にしていた理想的な憲法」図解にアニメGIFバナーを組み込みました。かなり強烈なアピールになったかも、。(笑)
kojitakenさんのマトリクス図を分かりやすく書き直し、軸の取り方を僕の価値観を入れて逆にしてみました。
世論調査って、もちろん世論誘導の意味もあって、調査者の願いがそれとなく出ていて面白いよね。(笑)

 何はともあれ、下記を読んでください。それにしてもお粗末過ぎ。(笑)


 ヘンリー・オーツ氏の「【朗報!】憲法施行60年の今日、「改憲と護憲のポジショニング・マップ」が出来ました!」に出ていたマトリクス図についての話題です。

 マトリクスと言うと、「BCGマトリクス (BCG Growth-Share Matrix)」などがすぐに思い浮かびます。

参考:
BCGマトリクス (BCG Growth-Share Matrix)
成長率・市場占有率マトリックス

 マトリクス図は数学でよく見るxとyの座標軸表現が元になっています。つまり、上と右がプラス、下と左がマイナスです。今回のような概念について利用する場合でも、自分自身がプラスイメージを持っているものを上や右に配置するべきです。そうしないとはなはだ分かり辛くなります。(どうもマトリクスについて全然分かっていない人がいるようなので最初の表現から修正しました)。ヘンリー・オーツさんのマトリクス図はとても良くできているとは思いますが、軸の取り方が逆では台無しになると思います。

参考:政治勢力をマトリクス表示で表現したものとして「広島瀬戸内新聞主筆さとうしゅういちのブログ」さんの「政界再編の座標分析」などがあります。ただし、この図も横軸のとり方が逆ですね。(さとうしゅういちさんが所謂グローバリズムにプラスイメージを持っているように思えないので、。)

追記(2007年11月10日):「広島瀬戸内新聞主筆さとうしゅういちのブログ」さんのマトリクス図については、横軸を左に「ネオリベ」、右に「透明性のある協調的コーポラティズム」として描きなおす方が分かりやすくなるような気がします。(参考

 いずれにしろ、政治などの意見表明でも図形表示を使うと言うことはとても良いことです。こういう技術を身につけず、いつまでも文字の世界にだけとどまっているならいつまでもわれわれは負け続けると思っています。

 自分が理解しやすいと言うことは、他人にも伝えやすいということでもあるのです。個人の内面で「腑に落ちる」と言うのは正に理解すると言うことであるし、それが他人に対して行われれば「腑に落ちる」状態にまで持って行った。つまり伝わり理解してもらえたと言うことだからです。

 単にパソコン技術だけでなく、コミュニケーションも含めた幅広い技術に挑戦するヘンリー・オーツさんはすごいと思っています。

元の図形。(クリックすると拡大します)
Gokenmap


追記:(どうもマトリクスが何たるかも知らず、脳みそ空っぽで最初にあげた参考例に脊髄反射するひとがいた(笑))末尾にも書きましたが、はっきり書かないと分からない人がいるようなので書いておきます。ズバリ言うと、この図形表示はイメージ的な訴えかけとして実に愚劣です。そもそも自民党の改憲案が時代への逆行であることが全然表現できていない。また、なんで民主国家が下で、独裁国家が上なのか?金で買収されたような者でなければこんな愚劣・拙劣な図形表現は描かない。(試しに縦軸・横軸の要素をそれぞれ反対にして描画すれば簡単に分かることです)

 下記、次にご紹介するのは直リンクの図形。(どのように改善されるのか待ってます)

憲法ポジマップ

追記:その後、タカマサのきまぐれ時評さんからトラック・バックがつきました。TB先エントリーを資料として採取しておきます。


改憲と護憲のポジショニング・マップ(ヘンリー・オーツ氏) [2007年05月04日(金)]

■「【朗報!】憲法施行60年の今日、「改憲と護憲のポジショニング・マップ」が出来ました!」の図解はすぐれものなので、転載。

Gokenmap


■リベラル左派(日本版ポリティカルコンパス 政治的左右度:-7.6 経済的左右度:-5.19)と判定がでた ハラナは、完全に ひだりしたスミ(笑)。

■自主憲法制定=「アメリカの意志」というよりは、「アメリカのネオコンのホンネ」と、「国家にとっての理想」は「ネオコンにとっての理想国家」に、「国民にとっての理想」は「自由市民にとっての理想」に訂正すべきだとおもうが。
■ ただ、そんな風に訂正をくわえると、タテ軸とヨコ軸を直交させる意味がなくなるか?(笑) ■っていうか、ヘンリー・オーツ氏のこのマッピングでも、独裁国家⇔民主国家って軸と、「国家にとっての理想」⇔「国民にとっての理想」って軸を、方便とはいえ直交させる意義は微妙だよね。■ひょっとすると、こういった問題意識を共有する層にとっては、タテ/ヨコ、ほとんどかさなっている可能性がたかい。

■ちなみに、「仕事で日常的に図形表示を使っていたものから見ると、ヘンリー・オーツさんのマトリクスの軸の取り方に違和感を感じます。」〔『雑談日記(徒然なるままに、。)』〕では、「普通マトリクスでは、右上にプラスイメージ」という《常識》は、あまり有益でないとおもう。■なぜなら、①「みぎかたあがり=善」という、無限拡大志向=思考から、そろそろわれわれは解放されるべき時期にあるとおもう(環境問題や紛争などからかんがえて、むしろ自然のはず)。■②また、小泉内閣=擬似ネオリベ内閣と、その前身にあたる、中曽根内閣・橋本内閣など、ネオコン系内閣は、まさに「改革」をはたじるしに、社会民主主義系リベラル各派を「大規模労組などに象徴される時代錯誤的抵抗勢力」とラベリングすることで、勝利をおさめてきたのだ。■③その意味では、社会民主主義系が、意識的に「真の保守主義」をうたうように、ひだりした方向への意識的ブレーキは、つねに念頭におくべき方向性だとおもう。
■ヘンリー・オーツ氏は、まさにその点を図解したのであり、タテ・ヨコ双方を逆転させて第1象限に護憲ないし現行憲法のラディカル化をもってくるのが得策かどうかは、微妙なところだろう。


と言うものです。TB先に行ってコメントをつけてきました。

 まったくトンチンカンです。

 視覚表現的に下手すぎます。

 右肩上がり云々の話しではありません。

 一つだけ言いましょう。問題は縦軸です。なんで民主国家が下で独裁国家が上なんですか。

 こんなマトリクスなら自民党はイメージ戦略として喜ぶでしょうね。(笑)

 エントリーでは奥歯にものが挟まったようなゆるい表現をしましたが、「ヘンリー・オーツ氏はついに媚薬をかがされたか、あるいはついに金を握らされて買収されたか」とまで思いましたよ。

です。こんな稚拙な図形表現しかできないようなら、そしてこんな拙劣な図形表現がわれわれの間で広まるようなら、宣伝戦の上でやる前から勝負がついているとまで言ってもいい。

 電通など広告会社については知らないが、少なくとも自分がいたビジネスの現場での図解表現やプレゼンの研修、また日常でのレビューとかの研鑽は半端じゃなかった。政治的な表現の分野でもそういったスキルが生かされても良いころではないかと思う。

関連投稿
以前から図に描いて理解したりするの好きでした。
理解しやすいと言う事は伝えやすいということで、小泉には世耕がいて、なぜ「さよく」は駄目なのかとぼやいたりして。(^^;」 (もっとも世耕は「陰険な2チャンネラー出身で秘密情報工作担当」のチンピラのようだが、、(笑))

お勧めエントリー
改憲しやすい国民投票法と改憲しにくい国民投票法がたぶんあるのだろう。それにしても尻に火がついたように今慌てるとは。
安倍が改憲を急ぐわけ
疲弊する米軍 」【田中宇の国際ニュース解説】
売国政策のもと、日本の若者たちは米国の傭兵として血を流すことになるのだろうか。
続・「横田めぐみが帰ってくる」、安倍晋三流北朝鮮談合拉致被害者喰い物術 @帰国予定「期間」は7月1日~7月20日の間の参議院選直前のインサイダー取引

関連記事
権力に完全屈服の「きっこ」の無様さ。「HP著作利権主義者」はこんなもの・・・
「きっこの日記」が当局により摘発されるかもしれないとの噂流れる

インターネット選挙運動とは何か?【宮台真司】」
ンターネット選挙は公職選挙法違反か --「馬」は「自動車」か 諸野脇 正@インターネット哲学者
インターネット選挙になるべきだった選挙 -- あなたも公職選挙法に「違反」してみませんか 諸野脇 正@インターネット哲学者
外山恒一氏の政見放送の動画削除要請は著作権法に違反する言論弾圧だ!
ネット時代の勝手連と公職選挙法

関連投稿
三権分立を考えるとき、この植草さんの発言を思い出さずにはいられない。なぜはめられ、長期拘束されたかの謎もわかる。
「めぐみさん帰国の拉致問題で参院選自民圧勝、謀略の筋書き」警戒せよ、先回り予告バナー貼りまくりで茶番・猿芝居を無効化しよう!
萎縮効果としてのきっこさんの「お知らせです。」問題と公選法、そしてケーススタディとしてのマスコミ・ウォッチング。
全国の隅々まで届け浅野史郎の新宿東口最終演説「これは終わりではなく、新たなスタートです。」インターネット放送しときます。
結局 外山恒一氏だけ見た。政見放送を自由に見たいのに見れない。公選法は有権者に優しくないぞ、俺たちの願いをかなえてくれるのはどの政党だ?
NHK開票速報、8:30放送開始と同時の当確速報を嗤い、その悪意あるメッセージ性に注目しよう。
浅野さんの最新ポスター登場と選挙情勢。そして、法定1号ビラと2号ビラの印象。
政見放送、インターネットTVでなぜやらない。公職選挙法は時代遅れだ、「変な公選法」の歌をZAKIさんに作曲してほしい。(笑)
インターネットと選挙、考える材料として宮台真司さんの発言。
きっこさんの熱烈「浅野さん大好きだ」宣言に心からの拍手を送ります。
選挙とインターネット、いまや一番自民党が後ろ向きかも、。ニート・フリーター、若者の敵、反動政党の自由民主党。(笑)

 以下、お勧め。「ぬぬぬ? いろいろあるけど...明日晴れるといいね」より
結果を受け入れざるを得ない民主主義の弱点攻撃

【1】 異常に早期化する"当確"選挙速報とシナリオ掴んだ記者たちの我慢汁
【2】 「そういうことになってますから」の世の中のシナリオ書きの反復練習 
【3】 「横田めぐみが帰ってくる」衆院解散同日選挙と"安倍改憲翼賛体制"の確立 
【4】 結果と数字の目晦まし、新手のセコー戦術は世論偽装のクリックスクラム 
【5】 「あきらめてもらうシナリオ」への最大のレジスタンスは「あきらめてやんないこと」

|

« 『「戦争」を拒絶し、侮蔑と不正に連帯で応じる。この自由と生存の日に!プレカリアートの反攻の日に!』Tシャツ作ったよ。 | トップページ | 業務連絡:コ李アン君へ これが君に贈る完全オリジナルTシャツの最終的なデザインです。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヘンリー・オーツさんのマトリクス図はお粗末過ぎる。本来ならこう描くべきだ、「憲法を取り巻く現状と目指すべき方向」。:

» 改憲と護憲のポジショニング・マップ(ヘンリー・オーツ氏) [タカマサのきまぐれ時評]
■「【朗報!】憲法施行60年の今日、「改憲と護憲のポジショニング・マップ」が出来ました!」の図解はすぐれものなので、転載。■リベラル左派(日本版ポリティカルコンパス 政治的左右度:-7.6 経済的左右度:-5.19)と判定がでた ハラナは、完全に ひだりしたスミ(笑...... [続きを読む]

受信: 2007年5月 4日 (金) 22時01分

» 本当の意味の自由すらない  それが日本のブログ。 [らんきーブログ]
何とか今日もブログを更新するのだ(笑) 私が何かの事業をしているとする。 例えば、それが塾だとする。 しかし実生活と、ネットと関連して書いていくことは難しい。 私が、例えば塾経営をやっているとして、その... [続きを読む]

受信: 2007年5月 5日 (土) 16時43分

» 激怒してみのもんたにキック!+息抜きに大爆笑、ゲラゲラ・・・ [晴天とら日和]
●「みのもんた」動画の大御所! お 笑 い み の も ん た 劇 場 ▼ニッカンスポーツ 2007年04月19日 みのもんた「不二家を応援したい」  TBS系報道番組「みのもんたの朝ズバッ!」が18日、一連の不二家報道について「誤解を招きかねない表現があっ...... [続きを読む]

受信: 2007年5月 5日 (土) 20時31分

» SOBA氏の政治的位置マッピング [タカマサのきまぐれ時評]
■「改憲と護憲のポジショニング・マップ(ヘンリー・オーツ氏)」の続編。■「ヘンリー・オーツさんのマトリクス図はお粗末過ぎる。本来ならこう描くべきだ、「憲法を取り巻く現状と目指すべき方向」。」への暫定的回答でもある。■まずは、「改憲と護憲のポジショニング...... [続きを読む]

受信: 2007年5月 5日 (土) 22時22分

« 『「戦争」を拒絶し、侮蔑と不正に連帯で応じる。この自由と生存の日に!プレカリアートの反攻の日に!』Tシャツ作ったよ。 | トップページ | 業務連絡:コ李アン君へ これが君に贈る完全オリジナルTシャツの最終的なデザインです。 »