« プレカリアートTシャツ作成したのでこれから郵送します。 | トップページ | 「カルトに祝電男が憲法変えて戦後レジームからの脱却?⇒作り上げたい日本がある。米国の代わりに戦争する国づくり(属国)」 »

2007年5月 9日 (水)

雑談日記は「セクハラ被害で苦痛」-札幌地裁=と国を提訴した女性自衛隊員を心から支持する。アホ左翼は無視なんだろうね。(笑)

 自衛隊自体を認めていないアホ左翼は、無視なんだろうね。小西反戦自衛官訴訟を支援した中核派あたりなら支持するかもしれんが、。

 僕は自衛隊は憲法の理念で違憲、実態上合法・解釈改憲の立場だからこの女性自衛官を支持したいと思う。

 いままでずっと九条についてはモヤモヤしていたけれど、立花隆さんの講演会を聞いて護憲の立場からの解釈改憲と言うのがあるのを知ってすっきりした。

 憲法と言うのは理想を掲げるものでもあり、現実には実現が難しくてもそれに向けて努力すると言うのがあっても良い。「非現実的だ」とかなんとか言う奴には「はい、理想ですよ、憲法で理想を高々と掲げるのって駄目なんですか」と堂々と開き直れば良いのだ。

 僕は5月6日の立花さんの講演会を聞いて、強硬な護憲論者になった。なかでも九条については一字一句変えてはいけないと思っている。

※護憲というと社民・共産の専売特許みたいに考える人がいる。特に共産党などは己が自身のことをそう言う。まあ、日共などは街宣右翼の裏返しで、とくに幹部層は体制の中での己が位置を心得て政治的な振る舞いをしているだけであり、真剣に護憲勢力を勝利させようなど考えてはいない。そう言うふりはするだろうが。はっきり言うとビジネス左翼、飯のタネなんだと思う。

 社民・共産勢力、あるいはそれらのもつイデオロギーだけでこれからの政治決戦を勝ち抜くことができるなどと言うのはまったくの幻想である。たとえばである、一つの象徴としてブログで言うなら「喜八ログ」のようなブログを仲間として大切に扱うことだ。その逆にBLOG BLUESのような左翼オタクブログは暇つぶしに時々読む程度にしておいた方がいい(リンクもはらないので、行きたい人はGoogleで検索してください)w。

20070507_2  ←憲法九条Tシャツです。


20070507_1 出来上がりのTシャツです。写真より実物のほうがはるかに良いです。


Imgp2119  文字部分が白抜きでないタイプです。これも写真より実物のほうがはるかに良いです。


関連投稿
憲法「表現の自由」や「異議あり」への安倍自民党の本音、「自由と生存のメーデー07――プレカリアートの反攻」デモ警備を見ればよく分かる。
立花隆さんの講演会に行ってきました。そして、その感想を元に憲法を取巻く情勢マッピング・マトリクスを修正してみました。
軍事問題、言いたくても言えない思い。
憲法九条Tシャツ作ってみました。プレカリアートTシャツも格好良かったけれど、これもけっこういけます。
「実は既に手にしていた理想的な憲法」図解にアニメGIFバナーを組み込みました。かなり強烈なアピールになったかも、。(笑)
『「戦争」を拒絶し、侮蔑と不正に連帯で応じる。この自由と生存の日に!プレカリアートの反攻の日に!』Tシャツ作ったよ。
ヘンリー・オーツさんのマトリクス図はお粗末過ぎる。本来ならこう描くべきだ、「憲法を取り巻く現状と目指すべき方向」。
kojitakenさんのマトリクス図を分かりやすく書き直し、軸の取り方を僕の価値観を入れて逆にしてみました。
世論調査って、もちろん世論誘導の意味もあって、調査者の願いがそれとなく出ていて面白いよね。(笑)

 以下資料として採取。

※他の資料等も雑談日記内でサイト内検索したい方は、右上にある「一発必中検索」で探してください。Googleよりはるかに正確に一発必中で探せます。


 元記事全文は、
http://alcyone.seesaa.net/article/41259933.html

《関連記事》

☆女性自衛隊員が国を提訴=「セクハラ被害で苦痛」-札幌地裁 (時事通信)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070508-00000135-jij-soci

http://www.asyura2.com/07/war91/msg/994.html

訴 状によると、女性隊員は航空自衛隊の北部航空警戒管制団第四五警戒群(北海道当別町)に勤務していた昨年9月、夜勤中の男性隊員(32)に呼び出され、ボ イラー事務室で体を触られるなどのセクハラ被害を受けた。女性隊員は被害を男性上司に相談したが、外出許可を受けられなくなり、退職願を出すよう迫られ た。

航空自衛隊の警務隊は今年2月末、女性隊員の被害届を正式受理した。

☆女性空士長 同僚のわいせつ行為で国家賠償提訴 北海道 (毎日新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070509-00000005-mai-soci

http://www.asyura2.com/07/war91/msg/999.html 

訴 状によると、空士長は女子隊員寮で就寝していた06年9月9日午前2時半ごろ、泥酔した男性3曹(32)に内線電話で呼び出され、胸などを触られた。上司 に被害を訴えたところ、「ここまでこじれたら、自衛隊ではやっていけないんだよ」などと言われたうえ、退職を強要された。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

《訴訟当事者(女性自衛官)の記者会見声明》

本日、私は、自衛隊を相手とする国家賠償請求訴訟を起こしました。

最 初に申し上げたいのですが、加害者には家族があります。今回の事件で、ご家族には何も非はありません。マスコミ関係者の皆様にお願いしたいのは、加害者の 家族に迷惑をかけるような報道やインタビューは決して行なわないでほしいということです。私には、加害者のお子さんと同じ年の弟がおります。私はご家族の ことを大変心配しております。ですから、ご家族に対する報道は控えるよう重ねてお願い申し上げます。

私の事件は、民主主義の国において、決して許されないことです。加害者、そして部隊の上司が私に行なった数々の行為は、私の人権や女性としての尊厳を著しく踏みにじるものでした。

私 は、現在21歳です。現職のまま裁判でたたかうことを決意しました。現職で裁判を行なうことがどれだけ難しく、又、どれだけ大変かは理解しているつもりで す。私は加害者や上司を許すことができませんでした。被害者に対する陰湿な嫌がらせや、退職に追い込み、被害者が泣き寝入りする現状があってはなりませ ん。

私は現職のままたたかい、そして勝ちたいと思います。裁判所には、公平な裁判をお願いします。自衛隊には、事実を確認して、一刻も早く私の働く環境を整備することを強く要望します。

今回、国家賠償請求という裁判を起こすまで大変な苦労をしました。父や北海道合同法律事務所の佐藤弁護士のサポートがあり、裁判を起こすことができました。大変感謝しております。

私は、通信制大学に通っています。事件後約8ヶ月の間、上司に陰湿な嫌がらせを受け、通信制大学に通わせないと脅されたり、一人孤立させられたりしましたが、つらくなったりした時には勉学に励みました。

「働きながら学ぶという尊さ 働きながら通教生としての奮闘 働きながら大学生としての勉学 これほど美しく これほどすばらしき人生はない」

これは、大学の月刊誌の表紙に書いてあった言葉ですが、この言葉に励まされました。

私は、私の人権と女性としての尊厳を取り戻すため、国とたたかいたいと思います。

3年前、自衛隊に入隊したころ、私は自衛隊に対する大きな期待と夢を持っていました。

今でも私は自衛隊に期待をしております。それは、今後自衛隊が社会常識が通用する普通の組織となり、女性が安心して働ける職場になれるかどうかにかかっていると思います。

最後に、私が立ち上がることで、同じ体験をされた方に勇気と希望を与えることができればと思います。

本日は、お忙しい中お集まりいただき、誠にありがとうございました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

訴状

2007年(平成19年)5月8日

(略)

4 時30分頃になり、A3曹は、「(5時にボイラーを動かさなければならないので)5時に起すように」と言って、同室内から外に出る3つドア(食堂に出るド ア2か所と建物の外に出るドア1つ)全てに鍵をかけ、照明を消し、仮眠をとるためソファーベッドに横になるようなしぐさをした瞬間に、原告の腕を引っ張 り、ソファーベッドに引き込んで押し倒し、腕と肩を押さえつけた。

原告は、必死に抵抗し、起き上がろうとしたが、A3曹は原告を押さえつ けながら上衣を強引に脱がして裸にし、無理やりキスをしたり、胸を触るなどの行為を執拗に行なった。原告は抵抗したが、A3曹は力が強く、かなわなかっ た。そして、本件基地内にいる交際相手に知られたら困る、早く終われ、といった気持ちも入り乱れ、パニック状態になった。途中から体の力が抜けたような状 態になった。

午前5時になり、A3曹の携帯電話のアラームが鳴った。このとき、A3曹は直ぐに気づかず原告の横で寝ていたようだった。このとき原告は逃げようとしたが、A3曹が脱がせた上衣を体の下に敷いていて取り戻せなかったので、逃げることができなかった。

気づいたA3曹は、再び原告の上に乗り、下衣も全て脱がせた。その後にA本人も全部服を脱いだ。そして、キスをしたり、胸を触ったり、さらには陰部やお尻にまで触りはじめた。

そして、原告に対して、「このことは彼氏に黙っているから」「転勤になるまで(当時、A3曹に転勤話があった)おれの相手をしてほしい」「避妊具をもっていないけど、そのままでいいよな」等と言った。原告は、「それだけはやめて」と言い、必死に抵抗し続けた。

A3曹の行為は、午前6時頃まで続き、本人は寝てしまった。原告も、A3曹との「格闘」の疲れと体中の痛み、睡魔のために動けない状態になり、そのうち、うとうとした状態になった。

午前6時30分の起床ラッパで、2人は起きた。A3曹は、呆然として動けないでいる原告の腕を引っ張るようにしてボイラー事務室から建物の外に出した。

その際に、「また次の泊まりのときに呼ぶから、また相手してくれ」「この次には〇〇(後輩の女性隊員の名前)にも相手してもらおうかな」と言った。原告は、A3曹のおぞましい言動に、何ともいえない嫌悪、恐怖を感じた。

(略)

後述するように、原告はすぐに上司に事実を話し相談したが、重大犯罪の被害者としての救援、支援の措置は何もされなかった。上司は、原告に病院への受診をすすめることもしなかった。

原告はその日の夕方から2日連続して夜勤だったことから、昼間に病院に行くことが困難であり、医師の診断を得る機会を逃した。その結果、一部写真を撮っておくにとどまった。

(略)

原告の上司(E3尉、F曹長ら)は、原告に対して、「お前は問題を起こしたから、外出させない」「公のところには出るな」と言い、本件事件以後、外出許可が出されなくなった(部隊では、休日でも外出書を提出して許可をもらわないと外出できない)。

その結果、原告は、通信制大学に2006年10月に入学したが(申込みは本件事件直前の9月8日)、地方で行なわれるスクーリングに行けなくなってしまった。

2006年忘年会、2007年新年会のほか、隊員の歓迎会や送別会、クルー会(セクションの集まり)などの行事にも参加が認められなかった。

原告は、本件基地にきてから、部隊と地元町民が一緒に活動している「当別太鼓記念保存会」に参加していたが、この活動への参加も許可されなくなった。

(略)

ところが、E3尉、F曹長(52歳)ら上司は、原告に対して「Aは男だ。お前は女だ。自衛隊がどっちを残すかと言ったら男だ」「A3曹には家庭がある」、「このまま2年間任用を継続しても、1回も外に退出させないぞ」等と言い、退職を強要した。

(略)

本件基地には准曹士先任(カウンセラー)がいるが、専門知識がなく、男性であるため、相談することができなかった。警務隊の捜査が入ってから相談に行ったときでさえ「事情がよくわからないから、相談されても困る」という対応だった。

(略)

2月6日、病院から部隊に帰る車中で、F曹長が「お前もう終了だよ」と言った。原告が「何が終了なんですか」と反問すると、「自衛隊にいる存在が終了だって言ってんだよ」と言った。

|

« プレカリアートTシャツ作成したのでこれから郵送します。 | トップページ | 「カルトに祝電男が憲法変えて戦後レジームからの脱却?⇒作り上げたい日本がある。米国の代わりに戦争する国づくり(属国)」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雑談日記は「セクハラ被害で苦痛」-札幌地裁=と国を提訴した女性自衛隊員を心から支持する。アホ左翼は無視なんだろうね。(笑):

» セクハラとは、セクハラの基準とは、どうして起こるセクハラ、セクハラのどこが悪い? [セクハラ]
セクハラとは、セクハラの基準とは、どうして起こるセクハラ、セクハラのどこが悪い? あなたはセクハラを体験したことがありますか?またどんなセクハラを受けましたか? [続きを読む]

受信: 2007年5月 9日 (水) 16時14分

» 「民主政」確立に共通する面白さは、被支配的庶民を戦争に動員しなければならないときだったということ [晴耕雨読]
>ただフランス革命及びそれに付随した民主主義に関して言うと、前近代(自然秩序)に対する近代(啓蒙思想)の勝利という見方がありますよね。 それは確かにその通りだと思うのですが、それに参加もしくは支持をした大勢の一般庶民には「自らの暮らしを守るために圧政者(注)を倒す!」という現実認識があったのだと思います(その認識の正否は置くとしてですが)。 啓蒙思想が“生の自然”を捨象し抽象的な観念世界に人々を取り込もうとするものであったとしても、前近代が自然秩序だったとは思っていません。 (啓蒙思想は、生きる活... [続きを読む]

受信: 2007年5月 9日 (水) 21時26分

» 【風神雷神Ⅱ事故】天下りが絡むエキスポランドの運営体制。 [晴天とら日和]
●「TBSラジオポッドキャスティング」 エキスポ事件についての勝谷誠彦のコメント (ラジオですので、音声だけです。3分前後からどうぞ!) なかなか貴重な意見です。 傾聴して頂きたいと思います。 ●YouTube 朝日放送「ムーブ!」より (1/2) 【風神雷....... [続きを読む]

受信: 2007年5月10日 (木) 21時59分

» その向こうへ行こう ~ トヨタ実質世界一に [はじめの一歩]
5月10日東京新聞1面に,『トヨタ,実質世界一』の記事.記事の最後には,「他社を意識するより,顧客に満足してもらえる車を売ることに全力を傾けるのが第一」という社長のコメントがあります.何気ないコメントのようですが,とても考えさせられるものです.社長コメントのすぐ下には,別の記事のこんな見出しが:CO2排出量 16%増先進国で削減が進んでいないことを書いていますが,こんな記述も:急増が目立ったのは新興市場国として成長が著しい中国とインド.(略) 排出量全体では中国が米国に次ぐ二位,インドが五位となった... [続きを読む]

受信: 2007年5月10日 (木) 23時51分

» 女性自衛隊員が「性的暴行被害の隠蔽」で国を提訴〜許しがたい人権侵害である! [Because It's There]
「きっこのブログ」さんを見ていたら、「「美しい国」の犠牲者は子供たち」(2007.05.10)というエントリーで注目すべき報道に触れていました。それは、北海道内の航空自衛隊施設に勤務する女性隊員(21)が、夜勤中に泥酔し... [続きを読む]

受信: 2007年5月12日 (土) 04時44分

« プレカリアートTシャツ作成したのでこれから郵送します。 | トップページ | 「カルトに祝電男が憲法変えて戦後レジームからの脱却?⇒作り上げたい日本がある。米国の代わりに戦争する国づくり(属国)」 »